金龍蔵

2020年03月15日

栗原市内限定発売の金龍・しぼりたて原酒と肴は今が旬の宮城県産の白魚

金龍

今日は宮城県栗原市内にある酒蔵・(株)一ノ蔵・金龍蔵1330円で購入した酒「金龍・本醸造しぼりたて原酒・にごり酒」を冷やして飲みました。一ノ蔵と言えば大崎市の酒蔵で、ひめぜん・すず音などを製造する宮城県でも有名な大きな酒蔵ですが、栗原市内にも金龍蔵があり、ここでは現在でも岩手県から南部杜氏が職人を連れて蔵入りし、泊り込んで酒造りをする昔ながらのスタイルで小仕込み少量生産で吟醸酒等の高級酒を中心に造っています。金龍蔵は元々栗原市の一迫の酒蔵でしたが、蔵元が亡くなって親戚であった一ノ蔵と業務提携し平成3年から一ノ蔵・金龍蔵として操業しているらしいです。関西人の私にとっては金龍と言えば焼肉のタレか道頓堀の金龍ラーメンが思い浮かびますが、日本酒の銘柄で金龍があったんですね。^^ まぁ前置きが長くなってしまったが、精米歩合65%宮城県産のトヨニシキで仕込んだ、本醸造のしぼりたて原酒のにごり酒です。飲んだ感想は酵母が生きてるので発酵で炭酸を含んでおり、シュワシュワとしたガス感のあるやや甘口の酒で、しぼりたての新酒独特の味わいがあり非常に滑らかで飲み口が良く、アルコール度数が18度と高めですが、高いアルコール度数を感じさせずゴクゴクと飲めてしまいます。久々に美味しいにごり酒に出会いました。これは美味い!素晴らしい〜◎




◎原材料名/米(宮城県産)・米こうじ(宮城県産米)・醸造アルコール

◎精米歩合/65%

◎アルコール分/18度

◎内容量/720㎖





DSC_5242


株式会社 一ノ蔵



宮城県大崎市松山千石字大欅14番地


↑ 壜に記載されてる住所は一ノ蔵の本社の住所なので製造は栗原でして壜詰は大崎でしてるのでしょうね。




DSC_5241


金龍蔵の住所は ↓


宮城県栗原市一迫字川口中町55




DSC_5240



DS

今日の酒の肴は今が旬の宮城県産の白魚です。



D52

生姜醤油で食べましたが、白魚の特徴的な苦みを少し感じるものの、コリコリとした食感と甘味があってメチャ美味しかったです。




DSC

酒も美味しく、白魚も美味しく酒が進んで仕方ないです。(^∀^)






DSC_

2時間ちょっとで4合壜全部飲んでしまった。 明日二日酔いになってなかったら良いが・・・


tanjo0711 at 21:21|PermalinkComments(2)