道路元標

2020年08月27日

日本海側を走る国道8号を原付で走破する!

DSC_6724


今日は盆休みを利用して国道8号を原付で走破したので紹介します。


愛車のホンダ・Dio110
(原付2種)で栃木県那須塩原市の自宅を4:00に出発して、国道8号線の起点のある新潟市の本町交差点を目指しました。




DSC_6732

国道8号は新潟県新潟市の本町交差点を起点とし、終点の京都府京都市の烏丸五条交差点までの602.1劼魴襪崙本で7番目に長い一般国道です。


  国道8号のウィキペディアはコチラ





DSC_6733

起点の本町交差点の横には新潟市道路元標が設置されています。





DSC_6737

新潟市道路元標は交差点の歩道上に埋め込まれあるので、知らない人が見るとただのマンホールと思うかもしれませんが、道路の起点となる大切なものなんですよ。




DSC_6727

クリックして画像を大きくし読んでみましょう。





DSC_6729

ここ本町交差点は青森県青森市までを結ぶ日本で8番目に長い国道7号を始め、国道8号・国道113号・国道289号・国道350号の起点となっていて、また日本の道路の起点で日本道路元標のある日本橋を起点とする国道17号の終点であり、国道116号・国道402号の終点でもあります。





DSC_6730

国道8号は途中まで国道7号との重複区間となっており、道路上の標識は格上の国道7号の表示がされています。


それでは行ってみよう〜 原付国道走破!


この日は台風から変わった温帯低気圧の影響で新潟県内に入ったくらいから生憎の雨でしたが・・
 

8:00 国道8号の起点・本町交差点をスタート!




DSC_6739

走り出して3分程で、初めての国道標識(通称おにぎり)が出てきましたが、表示は格上の国道7号だけです。




DSC_6741

主要国道に1卷茲棒瀉屬気譴討い襯ロポストです。1劼離ロポストは見落としか設置されていないのか? 見つける事ができませんでしたが、重複区間ではキロポストも格上の国道7号の表示でした。




DSC_6742

8:10 国道8号は今代司の日本酒を醸す今代司酒造の酒蔵の横を通過します。




DSC_6744

8:15 ここは紫竹山交差点です。

起点から約4劼僚蠅砲△觧臙飮蓋鮑硬世嚢馥7号と国道8号の重複区間が終わります。標識を見てみると、国道7号と国道8号が分かれているのが分かります。




DSC_6746

国道7号との重複区間が終わり、国道8号単独区間に入ると暫く、3車線の広々とした道が続きます。主要都市までの距離標識が出てきました。長岡まで56辧繊,海蛙軍礇丱ぅ僖垢楼貳牝擦世制限時速が70/hとスピードを出して走る事が出来ます。でもこの道は歩行者・自転車・50娑焚爾慮局佞猟鵡圓篭愡澆箸覆辰討い泙后ちなみに私の愛車は原付2種に該当し排気量は110佞覆里把鵡垈椎修任后




DSC_6747

8:27 8劼離ロポストに到達

今まで起点の本町から〇劼班充┐気譴討泙靴燭、

8夘婉瓩ら新潟から〇劼班充┐吠僂錣蠅泙靴拭





DSC_6749

8:28 走り出して約30分

国道8号単独区間に入り、やっと国道8号の国道標識(おにぎり)が設置されていました。





DSC_6750

9:00 ここは新潟県三条市

ここで新たな距離標識が出てきました。上越まで98辧




DSC_6751

10:25 ここは新潟県柏崎市

   起点から100卉賄世謀達!

この辺りから朝から降り続いた雨が上がり始めました。



DSC_6752

10:30 ここも新潟県柏崎市

次の県の県庁所在地・富山までの距離標識が出てきました。

     富山まで146辧





DSC_6757

10:37 ここは新潟県上越市

この手前の柏崎市と上越市との市境辺りから国道8号線は日本海沿いを走り始めます。





DSC_6758

11:35 新潟県上越市名立区の国道8号線沿いにある、名立ドライブインでちょっと早めの昼食を食べました。




DSC_6760

ドライブインは国道沿いの波打ち際にあり、荒れた日本海の白波が凄かったです。




DSC_6767

食べたのは刺身定食で1200円でした。刺身の量はちょっと少ない感じがしたが、新鮮な地物の刺身は最高に美味しかったです。


  腹ごしらえをして出発〜




DSC_6780

上越市を抜けて新潟県最後の町・糸魚川市に入ると国道8号は海沿いの断崖絶壁の波打ち際を走り、国道で一番の難所と言われている親不知(おやしらず)に差し掛かります。




DSC_6781

親不知に差し掛かる手前付近では国道8号は旧北陸本線で現在は第三セクター鉄道会社に移管された路線、えちごトキめき鉄道の日本海ひすいラインと北陸道に挟まれる感じで走っています。





DSC_6782

14:15 ここは新潟県糸魚川市

親不知記念広場の展望台から見た親不知です。

ここから富山県との県境に向かって、国道8号は断崖絶壁の岩場を縫う様にして走ります。




DSC_6783

看板には親不知について書かれています。クリニックして読んでみましょう。




DSC_6784

カーブの連続の親不知の国道の難所を抜けると、

14:25 国道8号2つ目の県・富山県に入りました。




DSC_6788

14:30 ここは富山県朝日町

    富山県に入ってすぐの所にありました。

     国道8号200劼離ロポスト!

     起点から200卉賄世謀達〜




DSC_6789

15:06 ここは富山県黒部市

国道8号の主要都市・金沢までの距離標識が出てきました。

      金沢まで102辧




DSC_6790

15:09  ここも富山県黒部市

   国道8号222劼離哨輒椶離ロポスト発見!

      
111劼離哨輒椶離ロポストは見落とし(泣)





DSC_6797

17:00 富山県高岡市の道の駅・万葉の里高岡の前にある万葉の里交差点まで走って本日の原付国道走破は終了〜


 高岡市内の北陸健康センター・アラピアに移動して、

 
 風呂とサウナを堪能し、カップ酒を飲んで爆睡!


4:30 起床〜


5:40 昨日、原付国道走破を打ち切った万葉の里交差点から2日目スタート!







DSC_6798

6:10 ここは富山県小矢部市

国道8号の主要都市・福井までの距離標識が出てきました。

    福井まで107辧




DSC_6799

6:25 国道8号3つ目の県・石川県に入りました。




DSC_6801

6:30 ここは石川県津幡町

    起点から300卉賄世謀達!




DSC_6802

6:37 ここ石川県津幡町内で国道8号は国道159号と重複区間になります。重複区間は津幡バイパスの舟橋JCTから今町JCTまでの約6.5劼任后9馥刺玄韻呂舛磴鵑罰焚爾旅馥159号の標識も表示され、ダブルおにぎりになってます。^^ しかもご丁寧に「重複区間」の補助標識付き!




DSC_6806

7:10 ここは石川県白山市

   国道8号 333劼離哨輒椶離ロポスト発見!^^





DSC_6807

7:35 ここは石川県小松市

343劼離ロポストから親切に起点の新潟から〇〇劼班充┐気譴襪茲Δ砲泙靴拭でもこの後、数キロ走ったらまた新潟から〇〇劼良充┐肋辰┐泙靴拭





DSC_6808

7:47 ここは石川県加賀市

国道8号の国道標識(おにぎり)はただ単に国道標識のみで設置されてましたが、加賀市内に入ってからは国道標識の下に補助標識で地名が書かれるようになりました。たいていの国道の国道標識の下には地名が書かれてる事が多いが国道8号は少ないです。





DSC_6810

8:30 国道8号4つ目の県・福井県に入りました。





DSC_6812

8:50 ここは福井県坂井市

    起点から400卉賄世謀達!





DSC_6817

10:25 ここは福井県越前市

国道8号の主要都市・大津までの距離標識が出てきました。

     大津まで120辧






DSC_6818

10:40 ここは福井県南越前町

国道8号 444劼離哨輒椶離ロポストを発見!
(^∀^)






DSC_6820

10:50 ここは南越前町の道の駅・河野です。





DSC_6819

道の駅の駐車場からは日本海が一望できます。

この辺りから国道8号は海沿いを走ります。




DSC_6822

11:00 ここは福井県敦賀市

ここで国道8号の終点・京都までの距離標識が出てきました。

    
終点の京都まで111辧




DSC_6824

11:03 ここも福井県敦賀市

国道8号は綺麗な若狭湾の海を望みながら走ります。






DSC_6826

11:11 ここは敦賀市の国道8号線沿いにある、

     帰り山観音霊場





DSC_6827

ここでは霊水を汲む事ができるので、維持費の協力金を支払ってペットボトルに霊水を詰めてもらいました。冷たくて美味しかったです。




DSC_6833

12:10 国道8号5つ目の県・滋賀県に入りました。





DSC_6834

12:30 ここは滋賀県長浜市

国道8号は日本最大の湖・琵琶湖の横を少しだけかすめます。





DSC_6836

12:33 長浜市の塩津交差点で国道8号は国道303号と重複区間になります。 重複区間を示すダブルおにぎりもちゃんとありました。




DSC_6838

12:40 ここは長浜市の木之本I,C口交差点

ここから国道365号との重複区間にもなり、約550mほどですが国道8号・303号・365号の3国道の重複区間になります。そしてそんな短い区間にもちゃんと3国道の重複区間を示すトリプルおにぎりがありました。これはレア〜





DSC_6840

12:55 ここもまだ滋賀県長浜市ですが

     国道8号 500卉賄世謀達!





DSC_6841

13:00 まだまだ長浜市ですが、

    ここの地名おもろいですね。 っですよ!^^





DSC_6843

14:50 ここは滋賀県野洲市

国道8号最後のゾロ目の555劼離ロポストを発見!




DSC_6848

15:05 ここは滋賀県栗東市

名神高速の栗東I,C入口付近で国道8号は終点の京都市下京区の烏丸五条交差点まで国道1号との重複区間となります。I,C入口を過ぎた所からの標識は格上の国道1号の表示となり格下の国道8号の表示は無くなりました。





DSC_6846

I,C入口にあった560.7のキロポストが国道8号最後のキロポストでした。




DSC_6851

その次にあったキロポストは国道1号のキロポストで469.7は国道1号の起点・東京の日本橋からの距離になります。





DSC_6854

15:13 ここも滋賀県栗東市

重複区間に入って数キロ走ると出てきました国道標識のおにぎり!でも表示は国道1号のみで国道8号の表示はありません。




DSC_6855

15:17 ここは滋賀県草津市

キロポストも国道1号の表示のみです。





DSC_6858

15:45 国道8号6つ目、最後の県・京都府に入りました。





DSC_6859

15:53 ここは京都府京都市

京都府に入ると標識には親切に格下の国道8号も表示されるようになりました。





DSC_6862

16:03 ここは京都市東山区

京都府内の国道8号の区間は7.9劼斑擦い任垢、

    1か所だけありました!

国道1号と国道8号のダブルおにぎりの国道標識!

       激レア〜




DSC_6863

16:10 国道8号の終点・烏丸五条交差点に到着!




DSC_6865

国道8号線 新潟ー京都間 602.1劼鯀破!

     
      国道8号・原付走破達成〜



到着して交差点の周りを歩き回って国道8号終点を示すキロポストや標識等が無いか探しましたがありませんでした。残念・・・



2日間の内、初日の半日は雨に見舞われその他は猛暑で、雨にぬれたり暑かったりと結構辛かったですが、国道8号は都市部では車線が2〜4車線もあり、北陸地方の積雪の多い地域を走る国道なので道幅が少し広く、除雪の雪をためるスペースなのでしょう。路肩が広く作られていて原付は非常に走りやすい環境でした。(滋賀県・京都府を除く)日本海の海沿いを走る区間の景色がとても綺麗で、そして何と言っても国道8号線沿いには道の駅が多い事!営業時間内だった道の駅には全て立ち寄りましたが、その地域の特産品や地酒等が買えて結構楽しめました。前から走破してみたかった日本海側を走る国道8号を原付で走破できて感無量です。



走破時間 19時間30分(食事・トイレ・休憩含む)

平均時速 30/h

給油回数 2回(新潟県糸魚川市・石川県加賀市)

ガソリン代 1313円




tanjo0711 at 19:57|PermalinkComments(0)

2019年06月11日

国道122号を原付で走破する!

DSC_3901

ツーリングの季節到来〜 (^∀^)って梅雨入りしてもうたけど・・・(汗)

今日は先週の土曜日に国道122号線を愛車の原付・ホンダDio110で友人と2ケツ(2人乗り)で走破したので紹介します。


国道122号は栃木県日光市の神橋交差点を起点に東京都豊島区の西須鴨交差点までの163.9kmを結ぶ一般国道です。




DSC_3903

これが交差点の名前にもなっている神橋です。神橋は日本三大奇橋の一つらしいです。




DSC_3904

神橋の下を流れる大谷川(だいやがわ)の川の水がとても綺麗でした。



DSC_3906

神橋交差点の真ん中にある、日光国立公園の看板の下には・・・




DSC_3905

日光町道路元標が設置されています。



5:40 国道122号の起点・日光市の神橋交差点をスタート!



DSC_3908

走り出して300mほどで、一番最初の国道標識(おにぎり)が出てきました。でも国道標識は国道120号となっています。起点の神橋交差点から細尾大谷橋交差点までは国道120号と国道122号の重複区間となっており、この区間では格下の国道122号を示す標識は一切ありませんでした。





DSC_3911

起点から6kmほど走ると、国道120号と国道122号との分岐点の細尾大谷橋交差点です。ここで初めて標識に国道122号が表示されるようになりました。



DSC_3913

ここが細尾大谷橋交差点です。ここを左折すると国道122号の単独区間が始まります。



DSC_3914

国道122号の単独区間に入って300mくらい走るとありました。国道122号の国道標識・通称おにぎりが・・・




DSC_3915

単独区間に入って500mくらい走ると国道122号の主要な町までの距離標識が出てきました。




DSC_3918

国道122号で一番長い、日光と足尾銅山で有名な足尾町とを結ぶトンネル・日足トンネルは2765mもあります。距離が長い為、入口に非常時用のトンネル信号が付いています。




DSC_3920


    足尾トンネル  483m




DSC_3923


6:30 群馬県みどり市に入りました。




DSC_3924
 
群馬県に入るとすぐに、水が流れる石のオブジェがありました。




DSC_3925

群馬県に入って山を下り始めると、国道122号1つ目の道の駅・富弘美術館があります。ここは美術館で道の駅ですが、産直とかはなさそうです。





DSC_3926


国道122号は群馬の水がめ?草木ダムの横を通過します。




DSC_3928

ここは群馬県みどり市内ですが、いきなり標識に神戸駅が出てきて驚いてたら・・・

「こうべ」では無く「ごうど」でした。確か岐阜県にも神戸と書いて、「ごうど」と読む神戸町があった様な・・・




DSC_3931

7:01 みどり市の国道122号沿いにある、

人気スポット・丸美屋自販機コーナーに到着です!




DSC_3936

さすが山の中にある人気スポット!

早朝からバイクのツーリング客や他県ナンバーの車で賑わっていました。




DSC_3932

ここ丸美屋自販機コーナーは昭和なレトロな自販機が今も現役で稼働しているオートレストラン(自販機食堂)です。



DSC_3934

朝食に唐揚げラーメン(300円)を食べました。お金を入れて30秒ほどで熱々のラーメンが出てきます。具はラーメンに唐揚げ2個とウズラの煮卵が1個とシンプルですが、美味しかったです。




DSC_3935

友人は天ぷらうどんとチャーシューメンの麺類を2杯も食べてました。^^



DSC_3933

私は次にトーストサンドを食べました。




DSC_3937

自販機に200円を入れて40秒待って出てきました!

ツナトースト(マスタード入り)

トーストは厚く無くて薄っぺらいですが、超熱々で美味しかったです。


腹ごしらえをして出発〜!



DSC_3938

7:35 次の街 群馬県桐生市に入りました。

群馬県に入ってから国道122号は1車線の下り坂が続きます。




DSC_3939

国道122号2つ目の道の駅は桐生市にある、道の駅くろほね・やまびこです。ここは産直とかがありますが、朝早かったので営業時間外でした。




DSC_3940

ここは群馬県みどり市の大間々の市街地です。山を下り切り町中を国道122号は走ります。ここは関東平野の外れでここから終点の西須鴨まで平坦な道が続きます。


さっき桐生市に入ったのに、またみどり市に戻りました。桐生市は平成の大合併により、市が東西に分断された形となっており、その真ん中をみどり市が貫いているので、国道122号はみどり市→桐生市(西側地区)→みどり市→桐生市(東側地区)とみどり市と桐生市を2回ずつ通過します。




DSC_3943

ここもみどり市大間々の市街地ですが、国道122号は赤城山の銘柄の日本酒を醸す近藤酒造の酒蔵の横を通過します。




DSC_3944

みどり市の大間々町6丁目中交差点から桐生市の広沢町四丁目交差点までの約7.4kmは国道122号と国道353号との重複区間になります。重複区間には親切に重複区間を示すダブルおにぎりがありました。






DSC_3947

広沢町四丁目交差点で国道353号との重複区間が終わると、今度は広沢町四丁目交差点から国道122号は国道50号との重複区間となります。車線も2車線となり走りやすいです。そして重複区間を示すダブルおにぎりもちゃんとありました。^^




DSC_3949

8:42 群馬県太田市に入りました。





DSC_3951

国道50号との重複区間にみどり市の酒蔵・近藤酒造の倉庫らしき建物がありました。





DSC_3953

桐生市の広沢町四丁目交差点から約8.7km重複区間が続き、この先の太田市の只上交差点で重複区間が終わります。




DSC_3954

重複区間が終わり単独区間に入っても車線は2車線と走りやすいです。




DSC_3955

9:08 群馬県邑楽町に入りました。

邑楽町に入る少し手前で2車線から1車線になり、また道が狭くなりました。





DSC_3956

邑楽町に入ると次の主要都市までの距離標識が出てきました。




DSC_3957

9:25 群馬県館林市に入りました。





DSC_3958

館林市に入ると国道122号は群馬県の県道7号との重複区間になります。




DSC_3960

9:40 群馬県明和町に入りました。

    1車線の道が続いています。




DSC_3962

明和町の途中から道幅が広くなり2車線になり走りやすいです。




DSC_3964

9:47 埼玉県羽生市に入りました。




DSC_3965

国道122号線3つ目の道の駅・はにゅうです。ここでは鯉の洗いや鮒の甘露煮等の川魚のお惣菜などが買えます。




DSC_3966

10:15 埼玉県加須市に入りました。




DSC_3967

距離標識に埼玉県最後の街・川口市までの距離が出てきました。




DSC_3968

10:29 埼玉県久喜市に入りました。




DSC_3969

10:40 埼玉県白岡市に入りました。




DSC_3970

10:43 埼玉県蓮田市に入りました。





DSC_3971

蓮田市に入り、国道122号は清龍の銘柄の日本酒を醸す清龍酒造の酒蔵の横を通ります。




DSC_3972

10:59 埼玉県さいたま市に入りました。




DSC_3982

さいたま市に入ると国道122号は東北道の横を並走します。




DSC_3975

距離標識に東京都北区の赤羽までの距離が表示されました。もう少しで国道122号の終点です。




DSC_3983

11:28 埼玉県川口市に入りました。




DSC_3984

終点が近いですねぇ〜 北区の王子までの距離が表示されました。




DSC_3986

11:55 東京都北区に入りました。

    ゴール目前! あと少しです。




DSC_3988

この先の王子駅前の王子駅前歩道橋交差点で国道122号は有名な「明治通り」になります。




DSC_3991

王子駅前歩道橋交差点を右折し、明治通りになると都電荒川線が400mほどですが国道122号を走ります。路面電車の軌道敷内は車は通行できますが、バイクは通行禁止となっています。




DSC_3993

この先の西巣鴨交差点で国道122号は終点となります。標識を見ると交差点の向こう側は都道305号になっています。







DSC_3999

西巣鴨の交差点にあった、この標識を見れば国道122号の終点がうかがえます。




DSC_3997

12:20 国道122号の終点・西巣鴨交差点に到着です!



走破時間:6時間40分(休憩時間含む)

 走行距離:163.9km

 給油回数:0回

 平均時速:約24.5km/h



 国道122号原付走破です!(^∀^)




起点の日光市から群馬県みどり市の市街地までは自然あふれる気持ちの良い国道でしたが、みどり市の市街地から終点の西巣鴨までは、平坦ですが町中を通るルートなので、交通量が多く渋滞箇所もいくつかあって走りにくかったです。そして排気ガスで顔が真っ黒にもなりましたが、都会の道と田舎の山道を併せ持つ国道122号を走破できて良かったです。でも2人乗りはしんどかったぁ・・・


tanjo0711 at 21:33|PermalinkComments(2)

2018年08月12日

国道2号を原付で走破する!

DSC_1775

先日の国道1号原付走破の紹介に続き、今日は国道2号の原付走破を紹介します。国道2号(通称:ニコク)は大阪府大阪市の梅田新道交差点を起点とし終点の福岡県北九州市門司区の老松公園前交差点までの537kmを結ぶ一般国道です。まずは起点の梅田新道交差点にある大阪市道路元標の前で記念撮影です!^^



DSC_1767

国道2号には起点を示す、標識やキロポストは設置されていません・・・ この画像は国道176号線の梅田新道交差点の前にある標識ですが、この標識を見ると梅田新道交差点が、国道1号と国道2号との境目であることを知る事ができます。




DSC_1774

4:20 国道2号の起点・梅田新道交差点をスタート!




DSC_1778

スタートして5kmくらい走ると大阪市西淀川区の歌島橋交差点の手前で、国道2号で初めての国道標識(通称おにぎり)が出てきました。



DSC_1780

4:32 出発して早くも次の県の兵庫県に入りました。

  大阪府内の国道2号は非常に短く6km程しかありません。




DSC_1781

ここは兵庫県尼崎市

大阪府内の国道2号には主要都市までの距離標識は無く、兵庫県内に入って初めての距離標識が出てきました。

兵庫県の県庁所在地・神戸まで25km!




DSC_1782

兵庫県に入って国道2号線・7km地点で、初めて主要国道に1km毎に設置されているキロポストがありました。不親切なのか大阪府内は国道2号に関する道路標識等が少ない様な気がしました。



DSC_1783

4:50 東の田園調布と並び西の高級住宅街のある、兵庫県芦屋市に入りました。



DSC_1785

5:18 神戸市中央区・税関前交差点

この交差点は日本で一番短い国道の国道174号との分岐の交差点で、国道174号は起点から終点までの距離は187.1mとメチャ短いです。



DSC_1796

5:51 ここは神戸市垂水区 

国道2号は明石海峡大橋のたもとを走り抜けます。



DSC_1801

6:00 ここは兵庫県明石市

国道2号は東経135度・日本標準時子午線を横切ります。

郵便局後ろに頭を出しているのは、日本で初めて竣工された天文科学館の明石市立天文科学館で、建物は東経135度の日本標準時子午線上に建っています。



DSC_1803

ここは兵庫県明石市内、

次の県の主要都市・岡山までの距離標識が出てきました。

岡山まで117km!



DSC_1806

7:30 兵庫県太子町

国道2号起点の大阪から100km地点に到達!



DSC_1809

8:18 国道2号 2つ目の県・岡山県に入りました!



DSC_1810

ここは岡山県備前市の三石第二トンネルの前です。

ここで次の県の主要都市・広島までの距離標識が出てきました。

広島まで205km!



DSC_1812

県境の峠を下り国道250号との重複区間に入り岡山市内で出てきました!国道2号と国道250号との重複区間を示すダブルおにぎりの標識が・・・^^



DSC_1813

10:48 岡山県倉敷市 国道2号・200km地点に到達!



DSC_1816

11:25 国道2号3つ目の県、広島県に入りました。



DSC_1817
 
12:12 広島県尾道市に入って国道2号は本土と芸予諸島の向島との間に架かる、しまなみ海道の尾道大橋の下をくぐります。



DSC_1818

広島県尾道市で発見!通常の国道標識(おにぎり)より遥かに大きく、3〜4倍はありそうな巨大おにぎり!^^ 画像ではあまり大きさが実感できませんが・・・



DSC_1819

ここは広島県三原市 

国道2号の情報掲示板に不安なお知らせが・・・

 「 国道2号・30キロ先災害通行止 」



DSC_1822

広島県三原市・国道2号は海岸線沿いを走り、沖に見える芸予諸島の島々がとても綺麗でした。



DSC_1824

12:48 西日本豪雨で甚大な被害を受けた広島県三原市本郷地区に入ると、国道2号は道路の陥没や路肩が崩れたりしてる箇所が多くなってきました。この先、数キロ走った所で通行止めとなり、被害の大きかった集落を避けながらナビでバイクで走れそうな道を探しながら迂回しつつ国道2号の走行可能地点を目指しました。



DSC_1825

15:57 被災地を迂回しながら走ること約3時間、なんとか広島市内に出てくる事ができましたが、道中被害現場を数多く目撃して悲惨過ぎる事態に昔、阪神大震災で被災した時の記憶が蘇り走りながら涙がとまりませんでした。

西日本豪雨で被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。

また一日も早い復旧と被災された皆様の日常生活が早く戻る事を心よりお祈り申し上げます。



DSC_1829

16:45 ここは広島県廿日市市、国道2号は宮島競艇場の横を通り、その間には広電宮島線が走ります。運良く宮島口行きのグリーンムーバーが通過していきました。



DSC_1830

またこの場所は、国道2号が広電宮島線とJRの山陽本線に挟まれる様にして走る区間で、停車中に運良く山陽本線の電車もきました。



DSC_1831

国道2号線沿いから見た世界遺産の厳島神社のある安芸の宮島です。さすが日本三景の一つでとても美しいです。画像を拡大すると小さく厳島神社の大鳥居が見えます。




DSC_1833

17:10 4つ目の県・山口県に入りました。



DSC_1834

国道2号は山口県岩国市に入ると小規模な崖崩れの場所が数箇所ありました。迂回も覚悟しましたが、運良く復旧作業が終わってたり、仮道路ができてたりと迂回する事なく走行できました。画像は国道2号の岩国市内の山奥に突如現れるテーマパークみたいな食事処・いろり山賊です。秘密のケンミンショーにも紹介された地元で大人気のお店らしいです。でもこの日は豪雨の影響で臨時休業してました。



DSC_1835

18:08 ここは山口県岩国市玖珂町

    国道2号・400km地点に到達!



DSC_1836

19:30 ここは山口県防府市

ここで国道2号の終点・北九州までの距離標識が出てきました。

終点・北九州まで87km!



DSC_1839

20:30 今日は山口県宇部市の瓜生野交差点まで走り、

     国道490号を南下し宇部市の市街地へ

そして宇部市内にある健康ランド・カッタの湯で1泊しました。



DSC_1838

疲れたカラダを癒す為にひとっ風呂浴びて、夕食に唐揚げ定食を食べました。風呂と仮眠室の利用と夕食が付いた湯ったりセットが平日1280円とメチャ安かったです。

爆睡して、朝3時半起床!

4:30 カッタの湯を出発して、昨日国道2号を離脱した宇部市内の瓜生野交差点に戻りスタート!



DSC_1860

6:10 ここは山口県下関市

国道2号を走る事、1時間20分 本州と九州の間にある関門海峡に付きました。



DSC_1842

国道2号は関門トンネルを通って九州に渡りますが、その関門トンネルは51cc以上の二輪車と乗用車・バス・トラック等は通行できますが、その他の歩行者や自転車・50ccの原付は通行できません。その為、国道2号線から少し離れた場所に関門トンネル人道があり、そこから歩行者等は九州に渡る事ができます。まずはバイクで九州に渡らずに、バイクを止めて関門トンネル人道を歩いて九州に渡ってみました。



DSC_1858

入口には料金箱があり歩行者は無料ですが、自転車と原付は通行料20円を支払わなくてはなりません。



DSC_1859

この大きなエレベーターに乗って、地下のトンネル道まで降ります。



DSC_1845

ここがエレベーターを降りた先にある関門トンネル人道です。そしてトンネルの壁をよ〜く見てください!国道2号のおにぎりがあります。国道2号から少し離れた関門トンネル人道もれっきとした国道2号に指定されています。



DSC_1846

なが〜い地下道が続きます!長すぎてゴールが見えません!



DSC_1856

関門トンネル人道内での自転車と原付は乗る事が禁止されていて、歩行者同様に歩いて移動しなければなりません。乗って移動すると監視カメラで監視されていて、拡声器で降りる様に注意されるそうです。



DSC_1848

トンネルの真ん中にありました!

山口県と福岡県の県境です。

ここが本州と九州の境目です!レア〜^^



DSC_1849

この関門トンネル人道は長さが780mあるようです。



DSC_1850

トンネルを歩くこと約10分!福岡県北九州市側に着きました。



DSC_1851

関門トンネルの紹介がされています。



DSC_1855

北九州市側の関門トンネル人道の入口に出てきました。

この人道トンネルは防犯上の安全を考慮してか・・・?

午前6時から午後10までしか通行する事ができません。



DSC_1854

関門トンネル人道を通り抜け北九州市側から見た関門海峡です。潮の流れが非常に速く感じられ、たくさんの船が行き来し素晴らしい風景でした。対岸に見えるのは山口県の下関市です。



DSC_1861

関門トンネル人道で九州側に歩いて行った後は本州側に戻り、今度はバイクで関門トンネルを通ります。私の愛車は原付の分類に属しますが、排気量が110ccあるので関門トンネルを通行する事ができます。料金所で通行料の20円を払い、関門トンネルにGO〜!



DSC_1862

7:02 ここが関門トンネルの入口です!長さは3461m



DSC_1866

関門トンネルの内部です。北九州方面行きは通勤ラッシュの時間帯でもあったので渋滞したました。



DSC_1867

7:08 関門トンネル底部にありました。

    山口県と福岡県との県境〜

    国道2号最後の県・福岡県に入りました。



DSC_1869

関門トンネルを抜けて少し走ると国道2号終点の老松公園前交差点が見えてきました。福岡県内の国道2号の区間は2.3kmと国道2号が走る6府県の中で一番短いです。画像は老松公園前交差点手前にある標識で、この標識を見るとこの先で国道2号が終わり、国道3号に変わるのが分かります。




DSC_1873

7:20 国道2号の終点・老松公園前交差点に到着です!



DSC_1871

老松公園前交差点の真ん中には国道2号の終点を示す、大阪から537km地点のキロポストが設置されていました。


国道2号線・大阪(梅田)-福岡(門司)間 537kmを走破!


  国道2号・原付走破ほぼ達成です。

豪雨の影響で迂回もしたので、完全な走破とは言えませんが、念願の国道2号走破ができて感慨無量です。


走破時間 18時間20分(食事・トイレ休憩時間含む)

平均時速 29km/h

給油回数 2回(岡山県倉敷市・広島県廿日市市)

ガソリン代 1372円



この次は続いて国道3号を走破します!^^


tanjo0711 at 20:53|PermalinkComments(0)

2018年07月25日

国道1号を原付で走破する!

DSC_1540

今月、日本の一般道の大動脈で起点を東京・日本橋とし終点の大阪・梅田新道交差点までの543.1kmを結ぶ国道1号を原付で走破したので紹介します。




DSC_1543

日本橋のたもとには、東京市道路元標と日本国道路元標が設置されています。でもこの日本国道路元標はレプリカで本物は・・・


   ここ!  ↓



DSC_1538

日本橋の橋の中心部分に埋め込まれています。




DSC_1537

これが本物の日本国道路元標です。


8:50 起点の日本橋を出発し終点の大阪の梅田を目指します!




DSC_1544

走り出して2〜300mほどで日本橋交差点があり、ここに国道1号線最初のおにぎり(国道標識)が登場します。しかもここは重複区間なのでダブルおにぎりです!^^ ここで国道1号と国道15号が分かれます。




DSC_1548

9:15 皇居の桜田門の前を横切ります。




DSC_1549

9:35  バックに東京の旧シンボル?東京タワーを望む事ができます。




DSC_1551

ここは東京都大田区 

ここで国道1号が通過する主要都市の静岡までの距離標識が出てきました。

静岡まで162km!




DSC_1552

10:07 走り出して約1時間20分

東京都を抜けて神奈川県に入りました。




DSC_1553

ここは神奈川県川崎市の幸区 この様に国道1号線には1km毎に日本橋から距離を示すキロポスト(距離標)が設置されています。




DSC_1554

ここは神奈川県大磯町この先の、大磯駅入口交差点で国道134号との重複区間が終わります。



DSC_1557

日本橋から86km地点 ここは神奈川県小田原市内です。

ここで国道1号は箱根登山鉄道の線路を横切り箱根越えの登り道に入ります。



DSC_1560

ここは国道1号の箱根越えの途中にある、箱根駅伝でもお馴染みの箱根登山鉄道の小涌谷踏切です。



DSC_1562

ちょうど写真を撮ってる時に運良く遮断機が閉まり電車が来ました。



DSC_1565

13:40 箱根越えの途中で国道1号最高地点(874m)を通過!

山を登るに連れて天候が悪化し嵐になってきました。



DSC_1566

13:48 箱根の山を登り国道1号は観光地の芦ノ湖の前を横切りますが、大荒れの天気で湖がかなり荒れてました。



DSC_1568

国道1号線沿いにある、道の駅・箱根峠です。ここで昼食休憩をしました。



DSC_1570

14:14 箱根峠・標高846m地点!

悪天候の中、静岡県に入りました。



DSC_1572

悪天候で100km地点の記念すべきキロポスト(距離標)は見過ごしてしまい、103kmのキロポスト!^^



DSC_1574

箱根峠を下る途中に見えた下界

山の下は天気が良さそうでした。




DSC_1576

箱根峠を下ると予想通り天気で、悪天候だったのは箱根の峠越えだけでした。(泣)

ここは静岡県沼津市内です。ここで次の県の主要都市・名古屋までの距離標識が出てきました。

  名古屋まで234km!




DSC_1578

ここは静岡県富士市内です。時期的なものもあるのか・・・?上空は雲に覆われて国道1号を走行中、富士山は1度も姿を現しませんでした。(泣)



DSC_1577

ここは静岡市清水区蒲原の東京から153km地点です。この辺りは駿河湾沿いの浪打際を国道1号が走ります。



DSC_1581

静岡市駿河区中吉田の交差点です。ここには東海道の起点の京都まで320kmを示す石柱が立てられていました。



DSC_1587

17:00 今日は日本橋から静岡県藤枝市まで国道1号を走破し、国道をそれて焼津市に向かいJR焼津駅近くにある、エキチカ温泉くろしおで1泊しました。




1530817283129

まずはひとっ風呂浴びてリフレッシュします!




1530817276963

ひとっ風呂浴びた後は夕食!平日限定のセット料金で付いてきた、ネバネバの物が沢山入ったネバネバそば!ご当地もんの桜エビが入ってたのが嬉しかったです!とても美味しかったです。



DSC_1584

仮眠スペースです!ここで爆睡して、

2日目 朝3時起床!  

ひとっ風呂浴びて梅雨前線停滞で大雨の中、4時出発!






DSC_1588

4:17 ここは静岡県藤枝市の旧国道1号の瀬戸川の橋の上です。現在は藤枝バイパスが2015年に国道1号に昇格したため、この旧国道1号は県道381号に降格しました。その為、201km地点のキロポストには国道1号の表示が消されています。今回、原付で国道1号走破ですが、残念ながら国道1号の藤枝バイパスは125cc以下の原動機付自転車の通行が禁止されている為、走行できず、やむなく県道(旧国道)で藤枝バイパスを抜けるまで走行します。200km地点のキロポストは雨と暗さから見落とし(泣)




DSC_1590

5:38 静岡県浜松市の弁天島付近です。

     横に見えるのは浜名湖です!



DSC_1591

6:03 東京を出発して3つ目の県・愛知県に入りました。



DSC_1592

6:28 国道1号線を路面電車の豊橋鉄道東田本線が走ります。

     ここは豊橋公園前の電停です。



DSC_1595

ここは愛知県豊川市です!やっと念願のキリバン!

300kmのキロポストに到達!^^
 100km・200kmは見落とし







DSC_1597

国道1号線沿いにあるのは名鉄の車両基地でしょうか・・・?



DSC_1599

ここは愛知県岡崎市内、早くも滋賀県の県庁所在地である大津までの距離標識が出てきました。

大津まで154km!



DSC_1600

8:32 国道1号の中間地点にある大都市・名古屋市に入りました。



DSC_1603

10:10 東京を出発して4つ目の県・三重県に入りました。



DSC_1605

10:50 ここは三重県四日市市 

     東京から400kmのキロポストに到達!



DSC_1606

三重県内にもありました。

国道1号と国道25号の重複区間にダブルおにぎり!

しかもご丁寧に「重複区間」の補助標識付で・・・



DSC_1607

11:11 鈴鹿峠の手前にある、道の駅・関宿です。

     ここで朝昼兼用の食事休憩〜



DSC_1608

11:36 ここは鈴鹿峠に向かう上り坂、

鈴鹿峠越えの三重県側の国道1号は上り線・下り線別々で一方通行になっています。



DSC_1609

11:40 出発して5つ目の県・滋賀県に入りました。



DSC_1610

滋賀県内に入って西日本を襲う連日の大雨の影響で、名神高速の栗東ー豊中間が通行止めになり、高速道路の車やトラックが国道1号になだれ込み大渋滞を起こしました。



DSC_1611

13:35 雨が降り大渋滞の中、黙々と走り・・・

      京都府に入りました。



DSC_1614

京都市山科区内です。ここで国道1号の終点・大阪までの距離標識が出てきました。

大阪まで55km! 

朝3時に起きて雨の中、ひたすら走り続けて体力の限界が・・・ なんせ雨合羽の中は蒸れて服がビチョビチョで超不快で体力を奪います。 



DSC_1618

ここは京都市山科区・東山五条交差点近くです。ここにはここ1ヵ所にしか存在しない、レアな国道1号と国道8号の重複区間を示すダブルおにぎりがあります。国道8号は栗東市内で国道1号と合流し国道8号終点の烏丸五条交差点までの約30kmが重複区間となります。



DSC_1615

先ほどの国道標識から少し進んだ所の東山五条交差点近くです。この先から500mほどですが、二輪車は国道1号の高架道路を通れず、側道へ降ろされます。



DSC_1616

ここがその側道の降り口で、本線側には二輪車通行禁止の標識があります。



DSC_1619

14:07 国道1号は古都京都の文化財として世界遺産にも登録されている本願寺(西本願寺)の前を通ります。



DSC_1622

14:12 本願寺を通り過ぎて少し走ると、今度は世界遺産にも登録されている東寺の前を走ります。



DSC_1623

14:32 ゆるやかな洞ヶ峠を登り切ると、県境?いや府境で

     国道1号最後の都道府県・大阪府に入ります。



DSC_1625

15:23 ここは大阪市都島区です。ここで国道1号終点の梅田新道交差点までの距離標識が出てきました。

終点・梅田新道交差点まで4km!



DSC_1626

東京から540km地点!大阪市都島区東野田町

あと3.1kmでゴールです!^^



DSC_1628

15:30 国道1号が桜の通り抜けで有名な大阪造幣局の前を通ります。



DSC_1629

15:34 国道1号は日本一長い商店街で有名な天神橋筋商店街を横切ります。



DSC_1630

国道1号の終点・梅田新道交差点手前の標識です。

国道1号には終点を示す標識やキロポストが設置されていないのですが、この標識を見ると直進は国道2号、左折は国道25号、右折は国道176号となっており、この先で国道1号の終点をうかがい知る事ができます。



DSC_1631

15:40 国道1号の終点・梅田新道交差点に到着です!




DSC_1635

国道1号・原付走破の後は、梅田新道交差点の際にある「大阪市道路元標」の前で記念撮影〜(^∀^)v




DSC_1638

大阪市道路元標の経緯が書かれています。画像を大きくして読んでみてください。




DSC_1639

国道1号線・東京-大阪間 543.1kmを走破!


   国道1号・原付走破達成です!


2日目は終日、雨でかなり疲れましたが、

7年半ぶりにまた国道1号を走破できて感無量です。



走破時間 19時間50分(食事・トイレ休憩時間含む)

平均時速 27km/h

給油回数 2回
(静岡県藤枝市・愛知県弥富市)

ガソリン代 1338円



この次は続いて国道2号を走破します!^^


tanjo0711 at 22:45|PermalinkComments(0)