富士高砂酒造

2024年05月25日

静岡地酒・高砂からくち生詰と肴は黒はんぺん

高砂・からくち生詰

今日は静岡県富士宮市のスーパー・マックスバリュ富士宮若宮店605円で購入した、同市の酒蔵・富士高砂酒造の酒「高砂・からくち生詰」を冷酒で飲みました。酒はラベルに特定名称酒の表示が無いので普通酒の生詰だと思われます。飲んだ感想はやや淡麗のスッキリとした飲み口の良い酒で、日本酒度は+10だが酸度が1.0と低いので、あまり強い辛みを感じませんがフレッシュ感のある瑞々しい酒でとても美味しかったです。





◎原材料名/米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール

◎日本酒度/+10

◎酸度/1.0

◎アルコール分/14度

◎内容量/300㎖







富士高砂



製造者



富士高砂酒造株式会社



静岡県富士宮市宝町9番25号







黒はんぺん555

今日の酒の肴は静岡市駿河区の丸六食品の製造する国産魚肉で作った黒はんぺんです。





黒はんぺん556

スライスしてわさび醤油で頂きました。食べた感想は黒はんぺんとしてはふんわりと柔らかくて旨味も強くわさび醬油で食べるとメチャ美味しかったです。







菰樽

富士山本宮浅間大社の境内には富士宮市の酒蔵の菰樽がずらりと並んでいました。

tanjo0711 at 20:41|PermalinkComments(0)

2011年01月11日

静岡県富士宮の肴と酒を飲む!

高砂・10年熟成・純米吟醸・琥珀

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

     







「今日の晩酌!VOL.716」今日は8月に富士山へ登山に行った時に富士宮市にある酒蔵・富士高砂酒造で購入した酒「高砂・10年熟成純米吟醸・琥珀」を飲みました。この酒、精米歩合55%の米で醸した純米吟醸酒を10年熟成させた酒の割りに値段は3デシ壜で450円くらいと結構安かったです。飲んだ感想はやや濃醇な甘口の酒で、熟成されて口当たりが良くまろやかに感じますが、最初はまろやかに感じた味わいも後味には辛さが残ります。でも熟成されてしっかりとした旨みと古酒独特の好き嫌いがハッキリする火薬っぽい味わいもありますが、私的には好きな味で美味しかったです。


そして最後にラベルに重大なミスを発見しました。この酒、ラベルに10年熟成純米吟醸酒と書かれているのに、原材料名には米・米麹・醸造アルコールと書かれて醸造アルコールが添加されています。どちらが正しいのかハッキリして欲しいものです。


◎原材料名/米・米麹・醸造アルコール←純米吟醸酒やのになんでやねん!

◎精米歩合/55%

◎アルコール分/15度以上16度未満


富士高砂酒造株式会社



静岡県富士宮市宝町9の25



鱒甘露煮

 

今日の富士宮の地酒の肴は富士宮市にある白糸の滝の売店で買った「鱒の甘露煮」を食べました。甘露煮なので甘辛くどんな魚を使用しても同じ様な味がする気がするのだが、骨ごと食べられて臭味がなく結構美味しかったです。濃醇な古酒との相性はとても良かったです。


富士高砂酒造

 

 


 

富士高砂酒造 (1)



tanjo0711 at 20:55|PermalinkComments(0)