多賀

2010年11月01日

滋賀の地酒・多賀・純米酒と郷土料理を食べる!

多賀・純米酒

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    







「今日の晩酌!VOL.681」今日は一昨日に滋賀県に行った時に多賀町内にある地酒屋さん「大津屋」1000円で購入した、多賀町の蔵元・多賀が醸す酒「多賀・純米酒」を飲んだ!この酒、原料米に平成10年に滋賀県で開発された新品種の近江米「秋の詩」を100%使用した酒で、「秋の詩」は滋賀県のみで栽培されているそうです。飲んだ感想はやや淡麗の辛口の酒で、淡麗の割りに熟成感があり旨味もしっかりとあって最初は美味しく感じるのだが、吟醸酒の様な華やかな香りがあり、それが強すぎて飲んでいるとだんだんダルく感じ始めあまり沢山飲める酒ではないです。それから燗も付けてみたが、香りは飛んでしまい苦辛くて糠臭が出てきて燗酒はイマイチでした。常温で飲むのがベストです。




◎原材料名/米・米麹

◎原料米/近江米多賀町産「秋の詩」100%使用

◎精米歩合/70%

◎アルコール分/16度

多賀株式会社

滋賀県犬上郡多賀町中川原102




鮒鮨・琵琶湖産ニゴロブナ

 

今日の酒の肴は滋賀県の郷土料理である鮒鮨で〜す!この鮒鮨は琵琶湖産のニゴロブナで作った鮒鮨です。 匂いは臭く酸味が強くて、もろ醗酵食品!って感じがしますが、噛むとニゴロブナの旨味が出てきて旨味が酸味がマッチして私的には結構美味しかったが、メチャ個性の強い料理なので嫌いな方がほとんどだと思いますが、日本酒にも結構合うんですよぉ〜 (^∀^)



多賀2010









 

 

 

 

 

 

多賀菰樽



tanjo0711 at 23:02|PermalinkComments(0)