国道120号

2019年07月23日

国道120号を原付で走破する!

DSC_3347

今日は今月初めに原付で国道120号線を走破したので紹介します。


国道120号は栃木県日光市の神橋交差点を起点とし終点の群馬県沼田市の下川田町交差点までの96.3kmを結ぶ一般国道です。






DSC_3348

起点の神橋交差点の横にあるのは交差点の名前になってる神橋です。





DSC_3350

神橋交差点の真ん中の歩道上に日光町の道路元標が埋め込まれています。





DSC_3349

ちなみにここ神橋交差点は国道119号・120号・122号の起点となっています。


6:00 起点の神橋交差点をスタート!


起点から最初の約6kmは国道120号と122号の重複区間になります。





DSC_3351

走り出して300mで出てきました!国道120号最初の国道標識(通称おにぎり)!





DSC_3352

走り出して3分ほどで国道120号の距離標識が出てきました。終点のある沼田市まで87辧





DSC_3354

ここは起点から6km先にある細尾大谷橋交差点です。ここで国道120号と122号の重複区間は終わり、ここから単独区間になります。





DSC_3355

走り出して15分ほどで走り屋さん達の間では有名ないろは坂に差し掛かります。





DSC_3356

ここは標高差500mもあり、上りと下りは別々で一方通行となっています。





DSC_3357

いろは坂は一方通行で2車線と走りやすそうですが、駐停車禁止で制限速度は40km/hとスピードが出せない様になっていますが・・・ 走り屋の人たちは御構い無しにビュンビュン飛ばして走って行きましたけどね・・・





DSC_3358

いろは坂は上りと下り合わせて48つのカーブがあり、それをいろは48音に例えてカーブごとに、い→ろ→は→に→ほ→へ→とと言う様に標識が設置されています。





DSC_3359


DSC_3360

こんな感じで登坂の急カーブが続きます。





DSC_3362

走り出して25分で標高1000m地点を通過!





DSC_3364

15カーブまで来ました。上りのカーブはあと5つ!




DSC_3365

登ってきたきた後ろを見渡すと、山の下一面に雲がかかっており、かなり標高が高い事が伺えます。





DSC_3366

走り出して30分 海抜1173m地点に到達!

ここには日本の道100選の石碑がありました。





DSC_3367

いろは坂も日本の道100選に選ばれているんですね。確かに普通の道と比べれば変わってるし景色も素晴らしいですからね。





DSC_3368

6:35 明智平ロープウェイのりばの横を通過します。





DSC_3370
 
明智平ロープウェイのりばからは一方通行じゃなくなり、急に対面通行に変わるので注意が必要です。





DSC_3371

6:40 この先の二荒橋前交差点でいろは坂の一方通行区間の合流地点になります。





DSC_3372

6:42 国道120号は二荒山神社の大きな鳥居の下をくぐります。そして左手に見えるのは中禅寺湖です。





DSC_3373

   中禅寺湖の前で記念撮影〜





DSC_3374

6:55 ここは三本松園地 標高は1395mです。




DSC_3376

三本松園地の先は有名な戦場ヶ原で一直線の道が続きます。




DSC_3377

ここが戦場ヶ原です。高い山の上に平らな土地が広がります。





DSC_3378

戦場ヶ原を抜けると、国道120号は金精道路になります。ここから先、群馬県境までは冬季通行止めとなり冬場は閉鎖されて国道120号は分断されます。




DSC_3382

金精道路に入ると急な登坂になります。




DSC_3385

後を振り返ると登ってきた道が小さく見えます。右奥に見える水たまりは湯ノ湖です。





DSC_3386

坂を上り切ると栃木県と群馬県を結ぶ金精トンネルがあります。





DSC_3388

7:18 群馬県に入りました!

金精トンネルの真ん中あたりに県境がありました。

トンネルのあるここ金精峠付近は国道120号で一番標高の高い所で、標高は1840mもあり、国道としては国道292号・国道299号に次いで3番目に高い所を走る国道です。





DSC_3389

  トンネルを抜けると・・・

7:20 群馬県片品村に入りました。




DSC_3391

トンネルを抜けると断続的に急な下り坂が続きます。





DSC_3392

群馬県内に入ると3桁国道には基本設置されていキロポストがありました。





DSC_3393

ここは丸沼湖畔近くです。ここから先は大雨が降ると通行止めになります。また落石の多い区間でもあるので注意が必要です。





DSC_3394

7:45 起点から50km地点に到達

ここで国道120号の約半分を走破しました。






DSC_3395

この辺りでは大滝川が国道120号沿いを流れます。






DSC_3396

山を下り片品村の市街地に出ると、国道120号1つ目の道の駅・尾瀬かたしながあります。






DSC_3398

8:00 国道120号最後の街・沼田市に入りました。





DSC_3399

沼田市に入ると国道120号は天然記念物と名勝に指定されている吹割の滝の横を通過します。





DSC_3401

せっかくなので吹割の滝を見に行きました。国道から遊歩道を歩いて10分くらいです。





DSC_3402

行った日はちょうど前日に雨が降った事もあり、水量が多く轟音を立てて滝が流れていて迫力がありました。





DSC_3404
 
吹割の滝を後にして、少し走ると「左大臣」の銘柄の日本酒を醸す大利根酒造の酒蔵の前を国道120号は走ります。ここで休憩がてらに日本酒を買いました。^^





DSC_3405

8:35 国道120号2つ目の道の駅・白沢がありました。





DSC_3406

8:55 国道120号86卉賄世謀達!終点まであと少し





DSC_3407

ここは国道120号の終点・下川田町交差点の手前にある標識です。この標識を見ると、この先の下川田町交差点で国道120号が終わってるのがわかります。




DSC_3409

9:05 国道120号の終点・下川田町交差点に到着〜





DSC_3408

 
 国道120号 96.3km 原付走破〜





走破時間:3時間5分(休憩時間含む)

走行距離:96.3km

平均時速:31.2/h

給油回数:0回




起点の日光市の神橋交差点から群馬県との県境・金精峠を抜けるまでひたすら登坂で、その間、いろは坂や華厳の滝(下り側)・中禅寺湖・戦場ヶ原など国内有数の観光名所を通る国道120号線、群馬県側も吹割の滝がある等、見どころ満載で標高が高く大自然の中を突き抜ける国道で走ってて景色が良く空気が美味しくて楽しかったです。また早朝に走ったので交通量が非常に少なかったのも印象的です。冬季は閉鎖され走れなくなる国道なので、避暑地を求めて夏場や紅葉の綺麗な秋に走るのがおすすめかもしれませんね。


tanjo0711 at 23:23|PermalinkComments(0)