三福酒造

2022年03月08日

小山地酒・日光男山と肴は小山だちょう園で買ったダチョウのすじ肉

日光男山・純米酒

今日は栃木県那須塩原市のベイシア那須塩原店1466円で購入した、小山市の酒蔵・三福酒造の酒「日光男山・純米酒」を飲みました。三福酒造は自醸していないのでラベルには製造者では無く加工者と書かれているので、壜詰や加水・ブレントなどの何らかの酒の加工は行ってる様です。そして、この日光男山の銘柄なんですが、栃木市の安酒メーカー・北関酒造にも同じ銘柄の酒があり商標などで問題とかは無いのだろうか・・・ まぁそれは置いといて 酒は精米歩合70%の純米酒で安酒だがアルコール分もちゃんと15度台あって標準です。飲んだ感想は淡麗の少し辛く感じる酒で、スッキリとしていて飲みやすくゴクゴクいけます。後味は淡麗ながら旨味も結構感じられて、1.8ℓで1466円の純米酒としてはとても美味しくお買い得ですね。





◎原材料名/米(国産)・米麹(国産米)

◎精米歩合/70%

◎アルコール分/15.0度以上16.0度未満

◎内容量/1.8ℓ







三福酒造5



加工者



三福酒造株式会社



栃木県小山市大字南小林87番地




栃木県酒造組合(酒々楽)のホームページ







ダチョウすじ肉

今日は栃木県小山市の小山だちょう園で直売してもらって、長期冷凍保存していたダチョウのすじ肉を調理しました。






ダチョウすじ煮込み

ダチョウのすじ肉は解凍して一口サイズに切って、醤油・酒・味醂・砂糖で煮込んで、酒の肴にダチョウのすじ肉煮込みを作りました。4〜5時間煮込む事で筋の部位が柔らかくトロトロになり癖が無くて食べやすくとても美味しかったです。酒の肴にも合いますがご飯のおかずとしても食べてもメチャ美味しかったです。

tanjo0711 at 21:50|PermalinkComments(0)

2021年11月03日

小山地酒・うづま錦と酒の肴は小山だちょう園のダチョウのフィレ刺身

うずま錦

今日は栃木県小山市の道の駅・思川314円で購入した、同市の酒蔵・三福酒造の酒「うづま錦・手造りお米だけの酒」を冷酒で飲みました。ここ三福酒造はもう結構前から自醸はしておらず、他所から酒を買って壜詰や調合・割水などの酒の加工をしているので、ラベルには製造者では無く加工者と書かれています。酒は醸造アルコールは添加していないが純米酒の規格に該当しない、いわゆる「米だけの酒」と言う類いの酒です。飲んだ感想は淡麗のスッキリとしたやや辛口の酒で飲んでて少し糠臭と酸味がありますが、後味は熟成した旨味も感じられ300㎖で314円と言う値段からすればとても美味しかったです。






◎原材料名/米(国産)・米こうじ(国産米)

◎アルコール分/14.0度以上15.0度未満

◎内容量/300㎖








三福酒造5



加工者




三福酒造株式会社




栃木県小山市大字南小林87番地








三福酒造



 栃木県酒造組合(酒々楽)のホームページ






ダチョウフィレ

今日の酒の肴は小山市の小山だちょう園で直売してもらったダチョウのフィレ刺身です。





ダチョウフィレ刺身

解凍してスライスしてニンニク醤油で食べました。食べた感想は癖は無く柔らかくて脂が無くてサッパリとしてて食べやすくて旨味もそこそこあって美味しかったです。

tanjo0711 at 20:14|PermalinkComments(0)

2019年12月10日

とちぎの地酒物語と肴は栃木しゃも(内臓)

P1390108

今日は那須塩原市内にあるドラッグストアーのカワチ・下永田店858円で購入した、小山市の酒蔵・三福酒造の酒「とちぎの地酒物語・純米酒」を飲みました。酒は精米歩合68%の米で仕込んだ純米酒で飲んだ感想はやや淡麗のキリッとした辛口の酒で、飲んでて少し強めの酸味と後味に苦味がありますが、淡麗の純米酒ながら適度な旨味が感じられる酒で、4合壜で858円の純米酒としては結構美味しかったです。



◎原材料名/米(国産)・米こうじ(国産米)

◎精米歩合/68%

◎アルコール分/15度

◎内容量/720㎖




三福酒造5



三福酒造株式会社



栃木県小山市南小林87



栃木県酒造組合のホームページ




DSC_4390

今日は矢板市にある肉屋さん・山久で買った、栃木しゃもの内臓を調理しました。




DSC_4391

しゃも(軍鶏)を1匹分さばいた内臓なのか・・・?レバーや砂肝・きんかんを始めいろいろな部位が入っていました。




DSC_4393

酒の肴に作ったのは、しゃもの内臓に玉葱を入れて、醤油・酒・味醂・生姜で味付けをして煮込みにしました。しゃもの内臓は少し癖がある様な感じがしますが、濃いめの味付けをしたので結構美味しく食べれました。



tanjo0711 at 19:26|PermalinkComments(0)

2015年03月17日

純米酒を30%ブレンドした糖類添加酒を飲む!

蔵人のいつもの酒 (1)

「今日の晩酌!VOL.1173」今日は小山市内にある道の駅・思川で購入した、同市の蔵元・三福酒造の酒「蔵人のいつもの酒・純米酒ブレンド」を飲みました。値段は忘れてしまいましたが確か4合壜で850円くらいだったと思います。


蔵人のいつもの酒 (2)

この酒、ラベルの原材料を見てみると糖類入りの糖類添加酒なんですが、少し変わってて糖添酒に30%だけ純米酒をブレンドした酒なんです。安い糖添酒じゃ パッとしないから、純米酒をブレンドする事で純米酒じゃないけど「純米酒」と言う文字だけは使えますからねぇ・・・ それで良い印象を与えようとしているのか・・・? こすいねぇ〜 でも酒税法で「純米酒の規格に該当していません。」と書かなくてはいけませんから、仕方なく小さく書いています。 赤字でやや大きめに「純米酒ブレンド」を強調して客を欺く商法ですかね? 私は騙されたわけではありませんよ!あえて買ってみました。^^  でも 糖類添加酒に純米酒を混ぜても糖類添加酒は糖類添加酒です! 

 
それでは気になるお味の方は・・・

やや軽く感じる淡麗の甘口の酒で、少しくどい旨味(アミノ酸)の様な味があります。そして後味に少し苦辛さを感じ、くどいですが旨味があるので糖類添加酒の割にはまぁまぁ美味しかったです。これも糖類添加酒に30%純米酒をブレンドしたからなんでしょうかねぇ〜・・・?

◎原材料名/米・米こうじ・醸造アルコール・糖類

◎アルコール分/14,0度以上15,0度未満

◎純米酒30%ブレンド


三福酒造1403 (5)


三福酒造株式会社

栃木県小山市大字南小林87番地



三福酒造1403 (3)


栃木県酒造組合(酒々楽)のホームページ

 栃木の酒で乾杯!

以前に紹介した栃木の酒の記事はコチラ!



黒はんぺん (1)

今日の酒の肴は静岡の焼津特産の「黒はんぺん」です!


黒はんぺん (2)

黒はんぺんは味が付いてて、そのままでも食べれますが、私は少しレンジでチンして温めてワサビ醤油で頂きます。パサパサとした食感ですが、魚の旨味があって美味しく酒の肴にも良く合います。


tanjo0711 at 21:37|PermalinkComments(0)

2014年05月03日

栃木の酒!うづま錦を飲む!


うづま錦・米だけの酒


「今日の晩酌!VOL.1087」今日は小山市にある道の駅・思川299円で購入した、同市の蔵元・三福酒造の酒「うづま錦・お米だけの酒」を冷酒で飲みました。この酒、いわゆる「米だけの酒」で米と米麹しか使用していませんが、純米酒の規格に該当していないので純米酒ではありません。その為、純米酒に必須の記載事項の精米歩合も書かれていません。アルコール度数は14度台と少し低めですが、値段が3デシ壜に入って299円と安いです。三福酒造は現在自醸してないらしいですが、何処から酒を移入してるのやら・・・ 私が思い当たるのが福島県西郷村の安酒メーカーの白河銘醸で、ここは「米だけの酒」を販売しており、隣県なので比較的輸送経費も掛からないので、白河銘醸を睨んでいるのですが・・・ 
 そして飲んだ感想はやや淡麗の少し辛く感じる酒で、酸が浮いた様な感じと若干糠臭がありますが、安いながら雑味の後に旨みも少し感じられて意外に飲めて価格を考慮するとまぁまぁ美味しかったです。299円はまぁ適価だと思います。

◎原材料名/米(国産)・米こうじ 純米酒の規格に該当していません。

◎アルコール分/14,0度以上15,0度未満


三福酒造1403 (2)

三福酒造株式会社

栃木県小山市大字南小林87番地

栃木県酒造組合(酒々楽)のホームページ

 栃木の酒で乾杯!

以前に紹介した栃木の酒の記事はコチラ!


小女子 (1)

今日は三陸産の小女子が安く売られていたので酒の肴に買ってみました。


小女子 (2)

小さい女の子と書いて小女子(こうなご)と読みます。東日本ではこの呼び名だが、西日本ではイカナゴです。関西出身の私にとってはイカナゴの方が親しみを感じます。食べ方は刺身用だったので、酢醤油に生姜を溶いて洗って生で頂きました。食べた感想は内臓の部分が少し苦いですが、噛めば後から旨みと甘みが出てきて美味しかったです。関西では釘煮と言って佃煮にして食べますが、生でもなかなかいけますね。


うづまがわ

酒蔵近くを流れる利根川水系の巴波川(うづま川)です。おそらく「うづま錦」の銘柄は巴波川から名づけられたと思われます。

tanjo0711 at 21:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年03月19日

肴は鮒・酒は三福!

三福・福酒

「今日の晩酌!VOL.1073」今日は小山市内にある酒のDS・一徳本店で購入した、同市の酒蔵・三福酒造の酒「三福・福酒」を飲みました。この酒、糖類添加酒ですが値段は1升壜で1180円と結構安かったです。飲んだ感想はやや淡麗の甘口の酒でスッキリと飲みやすく、糖類添加酒にありがちなベトベトした甘さやアルコール辛さは無く、まろやかで少し熟成感と旨みがあって美味しいです。安酒は水で薄め過ぎで低アルコール傾向ですが、この酒はちゃんとアルコール度数が15度台あり、飲み応えがあって味のバランスも崩れてなく、とても良かったです。糖類添加酒ではありますが、この味わいで1升壜で1180円はお買い得かもしれません。

◎原材料名/米・米こうじ・醸造アルコール・糖類

◎アルコール分/15,0度以上16,0度未満


三福醸造

三福・福酒の王冠です!社名は三福酒造なのに、何故か王冠には「三福醸造」って書かれているんです。発注ミスの王冠を転用してるのか?それとも「三福で醸造した」って事なのかは、分かりませんが「三福醸造」ちょっと気になりました。(^∀^)


三福酒造1403 (1)

三福株式会社

栃木小山市大字南小林87番地


三福酒造1403 (4)

栃木県酒造組合のホームページ

 栃木の酒で乾杯!

以前に飲んだ栃木の酒の記事はコチラ


鮒甘露煮

今日の酒の肴は川魚の鮒の甘露煮です!小山の道の駅で購入〜 鮒は意外に癖もなく食べやすくて美味しかったです!甘辛く煮詰めてあるので酒の肴にも合いますが、白飯一緒に食べても美味しかったです。

tanjo0711 at 22:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年02月08日

栃木の酒!三福を飲む!

三福・米だけの酒

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 







「今日の晩酌!VOL.843」
今日はさくら市内にある酒のDS・ジャパリカ氏家店789円で購入した、小山市の酒蔵・三福酒造が販売している激安のパック酒「寒造り地酒・お米だけの酒」を飲みました。三福酒造は噂によれば自醸はしてないらしいが、安酒をたくさん販売しています。白河銘醸等の地方の安酒メーカーから酒を買っているんでしょうねぇ〜 しかもパック酒の内容量が2001ml詰めと、かなり!せこい!!! まぁ インパクトはあるが・・・ 精米歩合は73%ですが、等外米使用か麹使用率が規定より低い為、純米酒の規格を満たしていません。飲んだ感想は淡麗のやや辛口の酒で、アルコール度数が13%と少し低いせいもあってか?スッキリと飲みやすく口の中にスッと入って行きます。安酒にしては雑味が少なく旨みもそこそこ感じられて美味しいです。値段と量からすればかなりお買い得の酒だと思います◎ 燗酒はパックにお勧めの飲み方と書かれていたが、燗酒は薄っぺらく感じて辛さが増してイマイチでした。私的には常温がベストでした。

 


 

◎原材料名/米・米麹

◎精米歩合/73%

◎アルコール分/13,0度以上14,0度未満

 


 

三福パック酒売り場

 

DSのジャパリカでは三福酒造の激安パックがこんな感じで売られていました。今日紹介した純米酒もどきの酒の他に2001mlパックシリーズで、無糖添の「絹麗辛口パック」と糖類添加酒の「うまくち辛口パック」が売られていました。気になるので今度買って味見してみたいと思います。


09 (1)

 

三福酒造株式会社



栃木県小山市南小林87

09 (2)



 

  栃木県酒造組合(酒々楽)のホームページ

 


 

          栃木の酒で乾杯!

     以前に飲んだ栃木の酒の記事はコチラ!


 



tanjo0711 at 23:58|PermalinkComments(3)

2011年02月08日

栃木の酒で乾杯!

栃木の酒


栃木の酒で乾杯!

 

 「栃木の酒で乾杯!」の最新記事は上をクリックすると飛びます! ↑ ↑

 

今まで兵庫県の尼崎市に住んでいたので、地元の酒・灘酒や大阪酒・伏見酒を良く飲んでいたが、今回 栃木県の那須塩原市に引っ越したのを機に「栃木の酒で乾杯!」と言う新しいカテゴリを作って栃木の酒をバリバリ飲んで栃木の酒に関する事を紹介して行きたいと思います!(^∀^)v 栃木県内には現在、自醸蔵・製造委託蔵は別として栃木県酒造組合に加盟している酒蔵と加盟していない酒蔵を合わせて41蔵ありますが全蔵制覇目指して頑張ります!




           栃木県内の酒蔵一覧





地域 酒造会社銘柄 
那須塩原市熊久保商店那須野泉平和寿くろいそ巻狩の里殺生石
  酒造組合脱退 
大田原市池島酒造池錦那須乙女
 菊の里酒造菊の里大那那須五峰
 天鷹酒造天鷹
 平山酒造藤の盛那須高原の四季乃木之誉
 鳳鸞酒造鳳鸞那須自慢 R1年12月廃業
 渡邉酒造旭興たまか那須逍遥
   
矢板市富川酒造店忠愛富美川
 森戸酒造十一正宗尚仁沢たかはら
   
塩谷町小島酒造店新郎かんなびの里
 松井酒造店松の寿男の友情
   
那珂川町白相酒造松の井御用邸とちあかね

 

金子酒造 栄冠白梅の里鳴竜 いつの間にか廃業

 

さくら市

 

仙禽酒造

 

仙禽葵日光平家

   
日光市

片山酒造

柏盛日光路
 渡辺佐平商店清開日光誉
   

那須烏山市

那須銘醸 共同壜詰場東力士
 島崎酒造東力士熟露枯
   
  
市貝町惣誉酒造惣誉
   
宇都宮市宇都宮酒造四季桜
 井上清吉商店澤姫
 外池荘五郎商店東錦天琴伝楽 
 虎屋本店七水 
  ↓ 阿部酒造店は廃業 茂木駅前の酒屋の店主曰く「震災を機に廃業」したとの事
茂木町阿部酒造店千代の白菊茂木百騎・棚田の雫
 島崎泉治商店泉月花棚田の雫 噂ではH26・3に廃業したらしい
   
足利市和泉酒造店尊氏泉川 
   
佐野市相沢酒造愛乃澤
 第一酒造開華みがき竹皮
 吉井酒造初戎
   
益子町外池酒造店燦爛
   
真岡市辻善兵衛商店桜川辻善兵衛
   
栃木市北関酒造北冠日光一文字
 飯沼銘醸杉並木冨貴姿
大平酒造※ 酒造組合脱退黒龍
相良酒造朝日榮ありがとう・吾一・三毳山
小山市小林酒造鳳凰金賞鳳凰美田・美田鶴
一徳酒造一徳 廃業しました。
 三福酒造三福・うづま錦
 杉田酒造雄東正宗くろかみ
 西堀酒造若盛門外不出奥座敷・一本槍
 若駒酒造若駒・羽衣伝説
                         

ブログの「栃木の酒で乾杯!」で紹介した酒蔵・銘柄は赤字で表示




 栃木県酒造組合のホームページ クリック




栃木県酒造組合のホームページ「酒々楽」では、酒蔵のイベント情報や蔵元紹介等の栃木の酒に関する情報が発信されています。HPも比較的に更新されていて最新の栃木の酒の情報を得る事ができますよ〜    (^∀^)

酒々楽11

画像を見ると一見、普通の民家の様に見えるが、ここは宇都宮市の栃木県庁近くにある栃木県酒造組合の「栃木の酒・きき酒処・酒々楽」です。ここでは39の酒蔵の酒を常時3種類取り揃え約120種類の酒を唎々酒する事ができます。私は何も下調べしないで土曜日の昼間にぶら〜っと行ってみたら閉まっていました。酒々楽は土日祝休みで、平日の17:00〜19:00の2時間のみ営業なので行く時は要注意ですよっ!^^ 今度は平日に必ず行ってみたいと思います。(泣)



  栃木の酒・きき酒処 酒々楽

◎営業時間/17:00〜19:00

◎定休日/土・日・祝

◎住所/栃木県宇都宮市本町12-31

◎TEL/028-622-5071



以前に私のブログで紹介した栃木の酒のリンク集 ↓ ↓

     北関酒造・「日光戦場ヶ原・純米鬼ころし」

     島崎酒造・「東力士・にごり酒カップ」  

     井上清吉商店・「澤姫・サワヒメカップ」

     西堀酒造・「若盛・SAKECUP」

     熊久保商店・「那須野泉・原酒」

     渡辺酒造・「旭興・Seishu Cup」 

     島崎酒造・「東力士・普通酒」

     天鷹酒造・「天鷹・カップテンタカ」

     第一酒造・「開華・本醸造カップ」 

     片山酒造・「柏盛・原酒」

     池島酒造・「池錦・普通酒」

     平山酒造店・「藤の盛・本醸造・生」

     天鷹酒造・「天鷹・心・純米吟醸」

     鳳鸞酒造・「鳳鸞・低温熟成カップ」

     菊の里酒造・「大那・特別純米酒」

     渡辺酒造・「旭興・純米酒」

     鳳鸞酒造・「鳳鸞・寒仕込カップ」

     鳳鸞酒造・「鳳鸞・特別本醸造・那須誉」

     池島酒造・「池錦・純米酒・復刻版」

     池島酒造・「池錦・特別純米酒・那須乙女」

    北関酒造・「水のすみか・日光連山おいしい天然水仕込み」

    蠅擦鵑ん・「仙禽・特別純米酒」

 韓国で良く売られている北関酒造の酒を紹介〜 ↓ ↓ ↓

     北関酒造・「日光・鬼・冷酒」

      北関酒造のカップ酒「大冠」

      北関酒造・「鮮」

今までも栃木の酒が好きで栃木に行くたびに買って飲んで来ましたが、今は栃木県内に住んでいるので栃木の酒が手に入れやすいのでバリバリ飲んで、たくさん紹介して行きたいと思いますのでご期待ください!^^



tanjo0711 at 23:03|PermalinkComments(0)