2020年05月10日

銀海酒造の酒・銀仙を飲む!肴は那珂湊で買ったあんこう

銀仙

今日は兵庫県養父市にある酒蔵・銀海酒造600円で購入した酒「銀仙」を飲みました。酒は王冠口の3デシ壜に入っていて、ラベルに精米歩合は70%と書かれているものの特定名称酒の表示は無いので、糖類無添加の普通酒と思われます。グラスに注ぐとかなり黄色い色が付いていて飲むと強めの酸味のある淡麗の辛口の酒でかなり老ねています。酸が浮いてますが後味は熟成された古酒独特の味わいもあって結構美味しかったです。




◎原材料名/米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール

◎精米歩合/70%

◎アルコール分/15度

◎内容量/300㎖





銀海酒造



銀海酒造有限会社



兵庫県養父市関宮756-5




DSC_6027

今日は酒の肴に昨日、茨城県の那珂湊にある森田水産で激安の1000円で買った地元産のあんこうをさばきました。




DSC_5993

店ではこんな感じで売られていましたが、家に帰って大きさを測ってみると55僂△辰峠鼎気3圓らいありました。




DSC_6029

まず腹を開いてあん肝と胃袋を取り出しました。結構大きなあん肝が入ってました。




DSC_6031

プロのさばき方の吊るし切りができない私は、出刃包丁とクッキングバサミを用いて30分かけてあんこうをさばいたと言いうか切り刻みました。左がズルズル系の皮やヒレ等の部位で右は身です。白いボールはあん肝と胃袋です。結構な量がとれて10人前くらいはありそうです。





DSC_6033

昆布で出汁をとってあんこう鍋にしました。




DSC_6034

昆布の出汁とあんこうの旨味が合わさって美味しく、ポン酢で食べるとサッパリとしてメチャ美味しい〜 酒が進んで仕方なかったです。今日は安くて美味しいあんこうを鱈腹食べれて幸せでした。^^


tanjo0711 at 23:20│Comments(0) 兵庫県の日本酒 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔