2014年11月08日

新潟の安い純米吟醸

越の華・純米吟醸

「今日の晩酌!VOL.1137」今日は新潟市内の小樽行きのフェリーターミナル近くにあった酒のDS・セルフ片山1138円で購入した、同市の蔵元・越の華酒造の酒「越の華・純米吟醸」を冷やで飲みました。この酒、精米歩合は60%の米を使用していて値段も安いしラベルには特に原料米の表示も無いので、「飯米を使用してるんやろなぁ・・・?」っと思って気になったので調べてみたら蔵元のHPに原料米の表示があり新潟県産の「こしいぶき」と言う米を使ってるとの事、この「こしいぶき」はコシヒカリを親に持つ「どまんなか」と「ひとめぼれ」を交配させた比較的新しい品種の飯米の様です。酒造用として使ってるんで「作り過ぎ・・・?」・「人気無いの・・・?」って考えてしまいますが、余ってるんでしょうかねぇ・・・ 飲んだ感想はやや淡麗に感じ酸味のある辛口の酒で、吟醸香と言った華やかな香りは全く無く老ね老ねの酒ですが、私好みにイイ感じに老ねてて辛い酒の割りに後味にはしっかりとした濃い旨味がある酒でとても美味しかったです。この味わいで1138円は私的には満足ですね。◎

◎原材料名/米(国産)・米こうじ(国産米)

◎精米歩合/60%

◎アルコール分/15度以上16度未満


越の華酒造 (1)

越の華酒造株式会社

新潟市中央区沼垂西3丁目8-6


越の華酒造 (2)


鮎塩焼き

今日の酒の肴、地元の那珂川で獲れた鮎の炭火焼!適度に脂がのってて美味しい〜


tanjo0711 at 21:25│Comments(4)TrackBack(0) 新潟県の日本酒 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 黒煎りごま   2014年11月08日 22:00
こしいぶきは新潟県では掛米としてすっかりメジャーな存在になってしまいました。どうしてそうなったのか私も理由が知りたいです。
2. Posted by skekhtehuacso   2014年11月08日 23:54
5 どうせオエノングループのやることですから。
3. Posted by 丹醸   2014年11月16日 22:46
黒煎りごまさん はじめまして

こんばんは

「こしいぶき」新潟酒の掛米としては定着しつつあるんですね。知りませんでした。情報有難うございます。
4. Posted by 丹醸   2014年11月16日 22:49
skekhtehuacsoさん こんばんは

私もググッて越の華酒造が、オエノングループだと知りましたが、今回飲んだ越の華の酒ラベルにはオエノングループに関しては一切書かれていませんでした。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔