2013年05月20日

灘酒プロジェクト2012・灘の生一本・大関

大関・灘の生一本 (1)
「今日の晩酌!VOL.970」
今日は西宮市にある酒のDS・東鶴1050円で購入した灘五郷は今津郷の大関の酒「大関・純米酒・灘の生一本」を飲みました。この酒は、灘酒研究会の中の特別研究グループ・酒質審査委員会の灘酒プロジェクトの酒で2012年は大関日本盛白鹿櫻正宗剣菱菊正宗白鶴沢の鶴の8社が参加表明し、兵庫県産の原料米を用い各社が単一の醸造場で造られた純米酒である生一本で個性のある純米酒を発表しました。今回飲んだ1本目の大関の生一本ですが、原料米に大関独自育成酒米「いにしえの舞」を100%使用していて、清酒コク味成分のα-EGをたくさん含んでいるのが特徴らしいです。飲んだ感想はやや重い感じの甘口の酒で後味に少し苦味を感じますが、濃厚な米の旨みを感じる酒で味があってとても美味しい酒でした。定価は1200円らしいですが、この値段でこの味はありえませんね!クオリティー高過ぎです!さすが酒質審査委員会が推奨しているだけの事はあります。この酒は売切れ次第終売らしいので店頭で見かけたら即買いですよぉ〜(^∀^)

大関・灘の生一本 (2)



◎原材料名/米(国産)・米こうじ(国産米)

◎原料米/いにしえの舞100%

◎精米歩合/70%

◎アルコール分/15度以上16度未満


※この酒、表ラベル(胴貼)には純米酒と書かれていますが、特別純米酒の基準をクリアしているので裏ラベル(裏貼)には小さく特別純米酒と書かれています。

大関1212 (1)


大関株式会社


兵庫県西宮市今津出在家町4-9




    灘酒研究会

 酒質審査委員会のホームページ




 灘五郷酒造組合のホームページ


※灘酒研究会・酒質審査委員会の灘酒プロジェクトの他の酒のブログ記事は↓下の灘酒プロジェクトタグをクリックすると見る事ができます。↓ ↓ ↓




tanjo0711 at 21:12│Comments(0)TrackBack(0) 灘五郷の酒(兵庫県) 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔