鹿児島県

2018年09月15日

鹿児島県曽於市のご当地飲料!

DSC_2647

今日は鹿児島県曽於市にある、道の駅・すえよし162円で購入した、地元・曽於市末吉町のメセナ食彩センターが製造販売する清涼飲料水「ゆず吉くん」を飲みました。この飲料、塩入りで塩は鹿児島県にある離島・甑島の海洋深層水の塩を使用しています。飲んだ感想はちょっと薄っぺらい感じのゆずドリンクで、塩味がちょっと私的に気になります。後味にゆずの苦味が口の中に残り少しエグイ感じもしますが普通に美味しいです。このドリンクは普通に飲むより、運動などで汗をかいた後に飲むと美味しいかもしれませんね。



◎原材料名/ハチミツ・ゆず果汁・加糖ぶどう糖液糖・塩

  ↑ 原材料名に果糖ぶどう糖液糖ではなく加糖ぶどう糖液糖と表示されていますが、

      表示ミスなのかなぁ・・・


◎内容量/350ml



(株)メセナ食彩センター



鹿児島県曽於市末吉町二之方371-3



tanjo0711 at 22:13|PermalinkComments(0)

2009年10月24日

鹿児島の伝統酒「地酒」を飲む!

タカラボシ地酒

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

     今日は鹿児島に行った時に県内のスーパーで660円で購入した、鹿児島県の伝統酒「地酒」を飲んだ! ちなみに鹿児島の「地酒」は(じざけ)と読まずに(じしゅ)と読みます。現在、鹿児島県では前回にもブログで紹介した東酒造「高砂の峰」と今日飲んだ本坊酒造「タカラボシ地酒」の2つだけが生産されています。そして今日は、氷を入れてロックで飲みました。味は超老ね老ねの超濃醇甘口の日本酒みたいな味わいで、まぁ 飲用味醂とほとんど同じ味です!なんせ極甘なのでストレートでは飲みにくいので、氷を入れて冷やして少しづつ薄めながら飲むと美味しいです!料理と一緒に飲んでもあまり美味しくないですが、メチャメチャ体力を使って疲れている時に飲むと結構いけますよぉ〜 (^∀^)  ちなみに鹿児島では正月の御屠蘇や料理の調味料として使われていて、そのまま飲んだりはしないそうです!^^

◎原材料/米・米麹・もち米・醸造アルコール・糖類・木灰

◎エキス分/16度以上

◎アルコール分/13,5度以上14,5度未満

◎酒類の分類/雑酒(みりん類似)

本坊酒造株式会社 津貫工場

鹿児島県南さつま市加世田津貫6594



tanjo0711 at 18:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年10月02日

離島・種子島の本格焼酎を飲む!

甘露

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

     
今日は去年の7月に種子島と屋久島を原付で旅した時に、種子島で購入した種子島の高崎酒造の本格焼酎「種子島・甘露」(しまかんろ)をロックで飲んだ!この本格焼酎、種子島産のサツマイモを100%使用していて、ラベルの左上にマークがありますが、鹿児島県ふるさと認証食品に認定されています。飲んだ感想は、芋焼酎独特の香ばしい様な香りがあり、口に含むと甘くスッキリと飲み口が良くアルコール度数を忘れてスルスル飲めて美味しかったです。芋焼酎最高〜(^∀^)


◎原材料/種子島産さつまいも・米麹

◎アルコール分/25度

◎内容量/360ml



高崎酒造株式会社


鹿児島県西之表市安納字苗代岡1861-2




P1000234

 

(蔵元風景1)





P1000233

 

(蔵元風景2)

P1000231

 

(甘露看板・西之表港付近の食堂で撮影)




P1000232

 

 

 (甘露看板・蔵元付近の県道で撮影)



tanjo0711 at 19:32|PermalinkComments(0)

2009年06月01日

鹿児島県の伝統酒を飲む!

高砂の峰・灰持酒

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

     今日は鹿児島県に行った時に鹿児島市内のスーパーで680円で購入した、鹿児島県の伝統酒である地酒「高砂の峰」を飲みました。鹿児島県で言う地酒は日本酒を指さずに米と米麹と木灰を使って造った味醂の様な甘い酒を指します。また読み方も地酒は「じざけ」と読まずに「じしゅ」と読みます。地酒は日本酒によく似た原料と製法ですが、酒を搾った後に日本酒は火入れ(加熱殺菌)をするのに対し地酒は火入れをしないで木灰を入れる事によって酸性の酒をアルカリ性に変えて保存性を高めます。この事から地酒(じしゅ)は灰持酒(あくもちさけ)とも呼ばれます。飲んだ感想は、グラスに注いだ感じは香りと色共に飲用味醂と変わらない感じです。味は飲用味醂と同じく極甘でエキス分が濃くベタベタと甘ったるいです。原料に木灰が使われているが木灰の味は感じず、飲用味醂とほとんど同じ味わいです!お猪口に一杯程度、少しだけ飲めば美味しいが、たくさん飲むと甘過ぎて喉が痛くなります。(^∀^) 焼酎と1:1で割って柳陰にして飲んでも美味しいかもしれませんね!現在 鹿児島の地酒はそのまま飲むよりも主に鹿児島の郷土料理である「酒ずし」や「薩摩すもじ」などの料理に使われている様です。

◎原材料名/米・米麹・醸造アルコール・醸造用糖類・木灰

◎アルコール分/13,5度以上14,5度未満

◎エキス分/16度以上

◎酒類の分類/雑酒

東酒造株式会社

鹿児島市小松原1-37-1 



tanjo0711 at 22:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)