酒造組合非加盟

2022年10月25日

酒造組合非加盟の仙台地酒を醸す森民酒造本家の本醸造と肴は三陸産の塩くじら

森ノ菊川・本醸造

今日は宮城県美里町のウジエスーパー美里店405円で購入した、仙台市の酒造組合非加盟の酒蔵・森民酒造本家の酒「森乃菊川・本醸造」を冷やして飲みました。飲んだ感想はやや淡麗の強い酸味のある辛口の酒で後味は少し老ねた感じがありますが、旨味も適度にあってまぁ普通に美味しかったです。




◎原材料名/米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール

◎精米歩合/70%

◎アルコール分/15度

◎内容量/300㎖






DSC_4970



森民酒造本家 森徳英



いつの間にか森民酒造本家の代表者名が森さちさんから森徳英さんに変わっているので代替わりしたのかもしれませね。





宮城県仙台市若林区荒町53





塩くじら

今日の酒の肴は宮城県塩竃市の小幡商店が販売する三陸産の塩鯨です。






塩鯨

塩鯨は塩分濃度が非常に高いので30分ほど水に浸してからフライパンで焼きました。それでも焼いてると水分が蒸発して肉の表面が少し白くなり塩の結晶が出てきました。食べてみるとまだ結構塩辛いです。辛いので2枚ほど食べて飲んだ〆に肉を小さく刻んで緑茶をかけてお茶漬けにして食べたら良い塩加減で美味しかったです。今度、焼いて食べる時は十分に塩抜きしてから焼きたいと思います。

鯨食文化

tanjo0711 at 21:37|PermalinkComments(4)

2022年08月17日

宮城地酒・名取駒の本醸造カップを飲む!

名取駒カップ

今日は宮城県岩沼市の酒造組合非加盟の酒蔵・相傳商店242円で購入した酒「名取駒・本醸造カップ」を冷やして飲みました。酒は精米歩合60%の米を使用していて飲んだ感想は淡麗のやや辛口の酒で以前飲んだ4合の本醸造には無かったが、この酒にはカビ臭がついていました。でも飲み込むとカビ臭はスッと消えて後味は旨味もあって結構美味しかったです。





◎原材料名/米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール

◎精米歩合/60%

◎アルコール分/15度以上16度未満

◎内容量/180㎖








DSC_0184

 カップの絵柄はコミカルな可愛らしい絵柄でした。



DSC_0182



DSC_0183




製造者



株式会社 相傳商店



宮城県岩沼市中央3丁目1-24





tanjo0711 at 20:54|PermalinkComments(0)

2022年07月12日

酒造組合非加盟の茨城地酒・旭桜の辛口と肴はなまず山椒煮

旭桜・辛口

今日は茨城県大子町の酒蔵・珂北酒造1000円で購入した酒「旭桜・上撰辛口」を冷やして飲みました。ここ珂北酒造は茨城県酒造組合非加盟の酒蔵で独自の路線で日本酒を製造して販売している珍しい酒蔵でもあります。ラベルに特定名称酒の表示は無く糖類無添加の普通酒と思われます。飲んだ感想は淡麗の少し薄っぺらく感じる辛口の酒で薄っぺらいので軽くてスッキリと飲みやすく辛さの中に旨味もちゃんと感じられとても美味しかったです。





◎原材料名/米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール

◎アルコール分/14.0度以上15.0度未満

◎内容量/720㎖







珂北酒造22



製造者



珂北酒造有限会社




茨城県大子町大字内大野1887





なまず山椒煮

今日の酒の肴は茨城県行方市のなまず屋が製造するなまず山椒煮です。





なまず

袋から取り出してレンチンで頂きます。食べた感想は臭味は無いが少し身がパサパサしていて山椒の香りも控えめな感じです。醤油味で身に旨味があり美味しかったです。


tanjo0711 at 19:22|PermalinkComments(0)

2022年06月28日

宮城地酒・名取駒と肴はほや塩辛

名取駒・本醸造

今日は宮城県岩沼市の酒蔵・相傳商店858円で購入した酒「名取駒・本醸造」を飲みました。ここ相傳商店は現在、奈良漬の製造販売が主な様で店舗に少しだけ日本酒も販売されているものの、自醸しているかは分かりません。純米系の商品のラベルに書かれた社名の後にはSの製造所固有記号がありましたが、本醸造などには製造所固有記号はありませんでした。ちなみに宮城県酒造組合には非加盟の様です。飲んだ感想は淡麗のちょっと薄っぺらい感じのするやや辛口の酒で後味はアルコール辛さがあるものの、飲み口が良くゴクゴクと飲めて適度な旨味もあって値段も安く美味しかったです。





◎原材料名/米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール

◎精米歩合/60%

◎アルコール分/15.0度以上16.0度未満

◎内容量/720㎖







相傳商店




株式会社 相傳商店




宮城県岩沼市中央3丁目1-24







ほや塩辛

今日の酒の肴は宮城県産のほやで作ったほや塩辛です。白石市のカキヤと言う会社が製造しています。






ほや塩辛2

塩辛なのでそのまま頂きます。食べた感想は適度な塩味に強烈なホヤの磯臭い臭いがあります。これは食べ慣れていない人には受け入れ難い味わいですが、食べ慣れてると意外に美味しいんですよねぇ〜 ちょっと臭いけど酒の酒の肴に良くあって酒が進みます。


tanjo0711 at 21:01|PermalinkComments(0)

2022年03月07日

自醸してなくて酒造組合非加盟の淡路島の南長のカップ酒を飲む

南長カップ酒

今日は兵庫県の瀬戸内海に浮かぶ島・淡路島の酒蔵・本庄酒造のカップ酒「南長・上撰カップ」を飲みました。本庄酒造はもう随分前から自醸はしておらず、また酒造組合非加盟の酒蔵です。どこから酒を買ってるのか気になるところですが、現在の食品表示法を遵守してないラベルなので製造者・販売者などの明確な記載がされていません。






南長自販機

酒は酒蔵の前にある自販機で200円で買いました。飲んだ感想は酒は糖類無添加の普通酒ですが、淡麗のちょっと酸の浮いた辛口の酒で、飲んでて少し糠臭い感じもありますが、旨味は少しながら感じられまぁまぁ美味しかったです。




◎原材料名/米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール

◎アルコール分/書いていません。

◎内容量/180㎖





本庄酒造株式会社



兵庫県南あわじ市阿万下町4





tanjo0711 at 21:10|PermalinkComments(0)

2022年02月03日

節分の日の晩酌は鬼ごろしと決めています。

淡路の鬼ごろし

本日、2月3日は年中行事の節分です。私は数年前から節分の日の晩酌は鬼ごろしと決めているので、今日の晩酌は兵庫県南あわじ市の酒のDS・リカーメイツ南淡路店の前にある自販機で1020円で購入した、同市の酒蔵・本庄酒造のパック酒「淡路の鬼ごろし」を飲みました。ここ本庄酒造は随分前から自醸はしておらず他社から酒を買って販売していて酒造組合非加盟の酒蔵です。そしてこの酒、1.8ℓで1020円と安いので糖類・酸味料入りのバリバリの増醸酒でアルコール度数も14度台とやや低めとなっています。飲んだ感想は淡麗のやや辛口の酒でアルコール分が低いので軽い感じでゴクゴク飲めます。後味は酸味とちょっと容器のコーティングのビニール臭がありますが、少し老ねてて熟成した様な旨味も感じられ、バリバリの増醸酒としては飲みやすくて美味しく値段と量を考えればお買い得だと思います。金欠の時におすすめの酒ですね。




◎原材料名/米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール・糖類・酸味料

◎アルコール分/14度

◎内容量/1.8ℓ








本庄酒造88



本庄酒造株式会社



兵庫県南あわじ市阿万下町4番地







自販機10

リカーメイツの自販機では本庄酒造の今回飲んだ鬼ころしや南長のパック酒とカップ酒も買えます。






節分の晩酌

今日の酒の肴は節分なのでもちろん!恵方巻と焼き鰯と炒り豆です。海鮮の恵方巻は値が張るけどメチャ美味し〜い 鰯は鬼が近寄らないだけあって焼いてる時から臭いですね。でも味は良いですけどね・・・






まめまき

  晩酌の後は恒例の豆まき大会〜 (^∀^)v






マメまき

  鬼ごろしを飲ましても鬼は死なへんでぇ〜 ^^






豆まき

  おりゃぁ〜  捕まえたぁ〜 

いつも豆まきの後はそのまま、戦いごっこになってます。^^






柊鰯

豆まきの後は食べた鰯の頭で柊鰯を作って玄関の前に飾りました。これで鬼も近寄らないでしょう。

tanjo0711 at 23:57|PermalinkComments(0)

2022年01月25日

酒造組合非加盟の酒蔵・弘前銘醸の酒・弘前城の純米酒と肴は八戸産のするめ

弘前城・純米酒

今日は青森県弘前市内の酒のDS・やまや弘前樹木店594円で購入した、同市の酒蔵・弘前銘醸の酒「弘前城・純米酒」を冷やして飲みました。ここ弘前銘醸は青森県の酒造組合非加盟の酒蔵で会社のHPによると昭和60年より自醸を止めて、同市の「じょっぱり」の銘柄で有名な六花酒造に醸造を委託しています。趣のある煉瓦造りの酒蔵は現在、良質な地下水を利用しての製氷業と貸し倉庫業に利用されているらしいです。酒は精米歩合60%と純米酒としてはやや削り込んだ米を使用していて、飲んだ感想はやや淡麗のほのかに甘く感じる酒でスッキリと飲みやすく、後味には熟成された旨味をしっかりと感じる酒で私好みの味わいでとても美味しかったです。この酒は美味くておすすめですね。◎




◎原材料名/米(国産)・米麹(国産米)

◎精米歩合/60%

◎アルコール分/15度

◎内容量/300㎖






六花酒造8



製造者



六花酒造株式会社



青森県弘前市向外瀬字豊田217-1







弘前銘醸



販売元



弘前銘醸株式会社




青森県弘前市富田3丁目7-1







弘前銘醸2

製氷業を行ってるので建物には「氷」と書かれた看板が掲げれています。





弘前銘醸3

歴史を感じる煉瓦造りの建物は貸し倉庫業の倉庫として現役で稼働しています。






スルメ

今日の酒の肴は八戸産のいかのするめです。






八戸産するめ

年々日本でのイカの漁獲量は減り売られているイカのするめは殆どが外国産の中、国産は少し高いですが、たまに食べるとしっかりと硬さと噛めば濃い旨味があって美味しいですね。


tanjo0711 at 21:58|PermalinkComments(0)

2022年01月22日

山梨地酒・天子菊と肴は馬もつの煮込み

天子菊生貯蔵酒

今日は山梨県南部町の山梨県酒造組合非加盟の酒蔵・横山酒造店440円で購入した酒「天子菊・生貯蔵」を冷酒で飲みました。酒はラベルを見る限りでは特定名称酒の表示は無く、糖類無添加の普通酒の生貯蔵酒と思われます。飲んだ感想は口に含むと吟醸酒の様なフルーティーな香りがある淡麗のやや辛口の酒で、後味は甘みが口の中に広がりスッキリとしていて飲みやすく、旨味もあってとても美味しかったです。






◎原材料名/米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール

◎アルコール分/14.0度以上15.0度未満

◎内容量/300㎖








横山酒造店



有限会社 横山酒造店



山梨県南巨摩郡南部町南部8255







馬もつ

今日の酒の肴は山梨県富士川町の割烹立よしの製造する馬もつの煮込みです。






馬もつ煮

レトルトパックに入ってるので袋から取り出してレンチンで頂きます。馬モツはポーランド産を使用していますが下処理が上手にできているのでしょう。癖が全く無くて柔らかく白味噌で煮込んでるのか?上品な甘めの味つけで馬モツの旨味も感じられてとても美味しく酒の肴に最適でした。

tanjo0711 at 20:58|PermalinkComments(0)

2021年12月30日

淡路島の地酒・南長と肴は杭瀬中市場のひらの鮮魚店の刺身!

南長・金印

今日は兵庫県南あわじ市にある酒のDS・リカーメイツ南淡路店1477円で購入した、同市の酒蔵・本庄酒造の酒「南長・金印」を飲みました。ここ本庄酒造は噂によると、もう随分前から自醸してなくて酒造組合にも非加盟の酒蔵です。なのでどこから酒を買ってるのかは不明ですが、同じ淡路島の酒蔵の酒だったら表向きだけじゃなく中味も淡路島地酒なのでちょっと個人的には嬉しいんですが・・・ 酒は糖類無添加の普通酒でアルコール度数も15度台と標準です。飲んだ感想はやや淡麗の少し苦辛い酒で、飲んでて少しアミノ酸のくどい味わいがありますが、飲んでると意外に味に慣れてきて結構普通の飲めて美味しかったです。





◎原材料名/米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール

◎アルコール分/15度以上16度未満

◎内容量/1.8ℓ







本庄酒造8



本庄酒造株式会社



兵庫県南あわじ市阿万下町4






杭瀬市場

今日は兵庫県尼崎市の昭和の雰囲気が残る杭瀬中市場に買い物に行きました。





ひらの鮮魚店

そして商店街の中にあるひらの鮮魚店で刺身を買いました。






刺身

今日の酒の肴はひらの鮮魚店真鯛の刺身(500円)鯖のきずし(350円)です。まずはきずし、酢が効いててサッパリとしていますが脂もしっかりとのってて値段も安く美味しかぅったです。そして真鯛は大当たりでしたね。鮮度抜群で身に弾力かあり適度に脂がのってて噛めば旨味があってメチャ美味しい〜 これは酒が進む一品ですね!^^

tanjo0711 at 23:59|PermalinkComments(0)

2021年09月10日

山梨の酒造組合非加盟の横山酒造店の酒・日の出菊と酒の肴は山梨の駄菓子・よっちゃんいか

日の出菊

今日は山梨県南部町の酒蔵・横山酒造店310円で購入した酒「日の出菊」を飲みました。ここ横山酒造店は山梨県酒造組合に非加盟の酒蔵で、酒を買いに行って見た感じは酒蔵と言うより街の酒屋さんって感じでした。おそらく現在は自醸してなくてどこかから酒を買ってると思われます。酒は糖類無添加の普通酒で飲んだ感想はやや濃醇な辛口の酒で飲んでて雑味が無くて、後味は辛さの中にしっかりと旨味が感じられる酒でとても美味しい普通酒でした。





◎原材料名/米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール

◎アルコール分/15.0度以上16.0度未満

◎内容量/300㎖








横山酒造店


有限会社 横山酒造店



山梨県南巨摩郡南部町南部8255





よっちゃんいか

今日の酒の肴は駄菓子のよっちゃんいかです!よっちゃんいかは山梨県中央市のよっちゃん食品工業が製造していて、赤色の酢イカが有名ですが、青色のイカそうめんと黄色の少し唐辛子の入ったスルメの3種類が発売されています。今では1つ54円もします。





よっちゃんイカ3種

袋から取り出すとこんな感じです。赤の酢イカは昔懐かしい安っぽい味わいですが、どこか美味しいです。イカそうめんとピリ辛スルメは普通の美味しく酒の肴になりますね。久々に食べたよっちゃんいかシリーズ美味しかったです。





1



tanjo0711 at 23:57|PermalinkComments(4)

2021年07月27日

青森地酒・玉垂と肴は青森県産のムラサキイカの刺身

玉垂・上撰

今日は青森県弘前市のマックスバリュ安原店374円で購入した、黒石市の酒蔵・(株)中村亀吉の酒「玉垂・上撰・あどはだり」を冷酒で飲みました。中村亀吉は青森県酒造組合に非加盟の酒蔵なので青森県酒造組合のHPでは紹介されていません。酒は糖類無添加の普通酒で、酒の名前の「あどはだり」は津軽弁で「おかわり」の意味だそうです。飲んだ感想はやや淡麗の苦辛い酒ですが、後味はスッキリとしてて苦辛さの中に旨味もあって普通酒ながら結構美味しかったです。





◎原材料名/米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール

◎アルコール分/15.0度以上16.0度未満

◎内容量/300㎖





製造者


株式会社 中村亀吉



青森県黒石市中町12







むらさきいか

今日の酒の肴は近所のスーパーで買った、青森県産のむらさきいかの刺身です。






紫イカ2

食べた感想はねとっとした食感に甘みが強く旨味もあって美味しい〜 

tanjo0711 at 22:24|PermalinkComments(0)

2021年07月20日

鯨の缶詰に合う日本酒・コレ、ス鯨と肴は鯨大和煮缶詰

コレ、ス鯨

今日は宮城県石巻市にある石川酒造店の販売する酒「北上川・辛口特別純米酒・コレ、ス鯨」を冷やして飲みました。石川酒造店は石巻の酒蔵ですが、平成10年に石巻を襲った台風の影響で酒蔵が全壊し自醸を断念して現在は加美町の「真鶴」の銘柄の酒を醸す田中酒造店に製造を委託しています。酒蔵の跡地では現在、石川屋酒店を営んでいますが、屋号は(株)石川酒造店として存続しています。酒は石巻市のいしのまき元気いちば825円で買いました。ちょっと特別純米酒の3デシ壜で825円は価格設定が高いですね。






鯨のコラボ

そしてこの酒、石巻市の水産会社・木の屋石巻水産とのコラボ商品でコンセプトは鯨缶専用日本酒で「辛口のスッキリとした味わいが甘めに味付けされた大和煮に最適」らしいです。
飲んだ感想はやや淡麗の辛口の酒で飲んでて少し苦味がありますが、適度な酸味と熟成した旨味がしっかりと乗ってる酒でとても美味しかったです。
また鯨缶のデザインが昭和って感じで味があって良いですね。鯨缶は235g入りで540円でした。




◎原材料名/米(国産)・米麹(国産米)

◎精米歩合/60%

◎アルコール分/15度

◎内容量/300㎖






石川酒造店


販売者



株式会社 石川酒造店





宮城県石巻市住吉町2-1-31








田中酒造店


製造者



株式会社 田中酒造店





宮城県加美郡加美町字西町88-1








鯨大和煮

酒の肴の鯨の大和煮は、ひげ鯨の赤肉を使用していて身は少しパサパサとしていますが、柔らかく生姜が効いてて癖も無くて食べやすく、甘辛い味付けが確かに辛口のコレ、ス鯨に良く合います!^^ 540円の割に結構肉の量が多く食べ応えがあって美味しかったです。






人気ブログランキング


鯨食文化万歳!〜 

tanjo0711 at 20:27|PermalinkComments(0)

2020年11月28日

まだ存続してる兵庫県朝来市の木村酒造場の虎臥城の酒を飲む!

虎臥城 (1)

今日は兵庫県朝来市の竹田城の城下にあった木村酒造場の酒「虎臥城・特別純米酒・雲海」を飲みました。木村酒造場は昭和50年代に自醸を止めて姫路の本田商店から酒を買って販売してました。そして平成17年頃に25年ぶりに自醸を再開して一時は復活しましたが、この後、酒蔵を襲った台風で酒蔵は甚大な被害を被り廃業しました。そして酒蔵は朝来市に買い取られ、市は3億6千万円を投じて酒蔵を改築して、2013年にホテル・カフェ・レストラン・観光案内所等を備える複合商業施設・ENとして生まれ変わらせました。今回飲んだ酒はENの土産物屋で1380円で購入しました。木村酒造場は廃業して酒蔵自体も無くなりましたが、酒のラベルを見る感じではラベルに製造者・木村酒造場(木村眞智子)hと書かれており、現在も会社として存続しているみたいでhのアルファベットは本田商店のhの製造所固有記号です。酒は精米歩合65%に磨いた酒造好適米の五百万石を100%使用した特別純米酒で飲んだん感想はやや濃醇な苦辛い酒で飲んでて少しセメダインみたいな香りを感じました。重たくて雑味がありますが、旨味もそこそこ感じまぁ普通でした。






虎臥城 (2)


◎原材料名/米(国産)・米麹(国産米)

◎原料米/五百万石100%使用

◎精米歩合/65%

◎アルコール分/16度以上17度未満

◎内容量/720㎖





製造者



木村酒造場(木村眞智子)




兵庫県朝来市和田山町竹田343






旧木村酒造場

画像は改築されてホテルとして生まれ変わった竹田城城下町ホテルENです。






木村酒造場看板

建物は文化財にも指定されています。






木村酒造場23

ENの土産物屋や観光案内所のある建物です。






木村酒造場の裏手

施設の裏手にはJR播但線が走っていて竹田駅がすぐ近くにあります。





DSC_7880

今日の酒の肴は近所の産直・来夢くんで買った岩手県山田町産の〆さばドンコの肝たたきです。





DSC_7883

まずは〆さばから、ちょっと酢の効きがあまい感じがするのと厚切りで大味な感じがしますが、さば本来の旨味があって脂も適度にのってて美味しかったです。




DSC_7884

2品目、ドンコの肝たたきです。 画像を取り忘れて半分食べてしまったが、ドンコの淡白な身と濃厚な肝の旨味が合わさりワサビ醤油で食べると最高に美味いです!今回、岩手に来て一番ハマった食べ物ですねぇ。これは美味い!




tanjo0711 at 23:26|PermalinkComments(0)

2020年11月01日

岩手地酒・あさ開の山田魂と肴は山田町産のマンボウ

山田魂

今日は岩手県山田町にある道の駅・やまだ440円で購入した、盛岡市の酒蔵・(株)あさ開の酒「あさ開・本醸造・山田魂」を冷やして飲みました。酒は精米歩合65%の米で仕込んだ本醸造酒でこの酒、売上金の一部を義援金として山田町に寄付されるそうです。飲んだ感想はやや淡麗の辛口の酒で少し苦味が口の中にまとわりつく酒ですが、後味には少しながら旨味も感じられまぁまぁ美味しかったです。




◎原材料名/米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール

◎精米歩合/65%

◎アルコール分/15度

◎内容量/300㎖







あさ開


製造者



株式会社 あさ開



岩手県盛岡市大慈寺町10番34号







まんぼう

今日の酒の肴は山田町の産直はなまる市場で購入した山田町産のまんぼうです。





まんぼう刺身

身は生と湯引きにして酢味噌で頂きました。鮮度抜群なので臭味が一切出ておらず、メチャ美味しかったです。





まんぼう肝和え

そして肝はたたいて身と和えて肝和えにしました。濃厚な旨味のあるマンボウの肝は身と和えて酢味噌で食べると濃厚で旨味があって美味しいかったです。





まんぼう腸

マンボウのコワダ(腸)はフライパンで焼いて焼肉のタレで食べました。牛のミノみたいな食感で噛めば旨味があり魚って感じじゃなくホルモンですね。メチャ美味しかったです。








tanjo0711 at 23:50|PermalinkComments(2)

2020年10月29日

宮城地酒・酔舞の特別純米酒と肴は豚足

酔舞・特別純米

今日は宮城県大崎市にある道の駅おおさき1215円で購入した、同市の酒蔵・浅勘酒造店の酒「酔舞・特別純米酒」を飲みました。ここ浅勘酒造店は酒造組合非加盟の自醸してる酒蔵です。原料米に地元・大崎市産のササニシキを精米歩合60%に精白して使用しています。飲んだ感想はやや濃醇な適度な酸味のあるやや辛口の酒で飲み込むと辛さはスッと消えて甘みが口の中に広がり、そしてしっかりとした旨味があってとても美味しかったです。





◎原材料名/米(国産)・米麹(国産米)

◎原料米/宮城県大崎市産ササニシキ100%使用

◎精米歩合/60%

◎アルコール分/15度

◎内容量/720㎖







浅勘酒造店



株式会社 浅勘酒造店




宮城県大崎市古川矢目字北谷地87





酔舞琺瑯看板

酒蔵の直売所にはレトロな酔舞の琺瑯看板と斗壜が飾られていました。






とんそく

今日の酒の肴は宮城県利府町の船田食品製造(株)が製造するとんそくです。





とんそく2

袋から取り出してレンチンして、付属と酢味噌をつけて頂きます。食べた感想はパッケージに「筋まで柔らか 」と書かれていますが、今までいろいろなメーカーの豚足を食べてる私ですが他社の豚足と比べると全体的に少し硬めな感じがしました。でも豚臭さは無く酢味噌の味も良くて美味しく食べれました。

tanjo0711 at 21:00|PermalinkComments(0)

2020年09月27日

盛岡地酒・水神と肴は山田町産のイナダの刺身と花オクラのお浸し

水神・純米大辛口

今日は岩手県盛岡市の酒蔵・(株)あさ開の直売所で484円で購入した酒「水神・純米大辛口」を飲みました。酒は精米歩合70%の米を使用していて日本酒度は+10でアルコール度数は16度台とやや高めです。飲んだ感想は淡麗の大辛口の酒で後味は辛さがカーッって口に中に広がります。また苦味も少しありますが、活性炭濾過を控えてるらしく酒に少し色が付いていますが大辛口ながら旨味もしっかりとあって結構美味しかったです。



◎原材料名/米(国産)・米麹(国産米)

◎精米歩合/70%

◎アルコール分/16度以上17度未満

◎内容量/300㎖







あさ開



株式会社 あさ開



岩手県盛岡市大慈寺町10番34番






イナダ

今日の酒の肴は近所の産直で買った岩手県山田町産のイナダの刺身です。






稲田

量が結構多いので今晩は半身だけ食べて残りは漬けにして明日の朝食にします。脂はあまりのってませんが鮮度が良くて癖も無く美味しくてバクバクいけますねぇ〜







花オクラ

そしてもう一品 産直で買った花オクラです。






花オクラのおひたし

熱湯に数十秒くぐらせておひたしで頂きます。ポン酢に付けて食べると、シャキシャキとした食感に花の中心部はオクラみたいにヌルヌルとしていて2つの食感が楽しめて、また甘味があってこれは美味い!初めて花オクラを食べたがこれは美味しいですねぇ〜 花オクラはまりそうです。^^

tanjo0711 at 20:57|PermalinkComments(2)

2020年09月16日

仙台・国分町の地酒?千松島と肴は宮城県産の煮ツブ

千松島・純米酒

今日は宮城県仙台市の繁華街・国分町にある酒蔵・・・? 昔は酒蔵だったらしいが今はメインは駐車場の運営で、その傍ら酒屋(小売店)をしていて、屋号は(株)千松島で社名に酒造の文字は無く酒造組合にも加盟していないし、おそらく酒造免許を返納して販売だけをしている会社と思います。今回飲んだ酒は「千松島・純米酒」で千松島の駐車場の横で営んでる直営の酒屋さんで1496円で買いました。酒の製造は宮城県加美町の田中酒造店に委託していて、酒は精米歩合55%まで削った宮城県産のササニシキで仕込んだ純米酒です。飲んだ感想はやや淡麗に感じる辛口の酒で酒に結構色が付いてて老ねていますが、淡麗でスッキリしてる割に熟成した旨味も感じられて結構美味しかったです。




◎原材料名/米(国産)・米麹(国産米)

◎原料米/宮城県産ササニシキ100%

◎精米歩合/55%

◎アルコール分/15度以上16度未満

◎内容量/720㎖







DSC_4976

(株)千松島の駐車場と酒屋さんです。酒屋は国分町の飲み屋が相手なんでしょうね。酒屋としては珍しい夕方からの営業です。



販売者



株式会社 千松島



宮城県仙台市青葉区国分町2丁目11-11







DSC_4974

酒屋と駐車場の入口には、千松島の通い徳利と現在販売している千松島の純米酒と上撰の普通酒が飾られていました。






DSC_4975




田中酒造店


製造者



株式会社 田中酒造店



宮城県加美郡加美町字西町88-1





製造場



株式会社 田中酒造店 大崎蔵



宮城県大崎市古川馬寄字屋敷3-2







煮ツブ

今日の酒の肴は宮城県産の煮ツブです。






煮つぶ

ボイルしてあるのでそのまま頂きます。食べた感想はブヨブヨとしたゴムみたいな食感ですが、濃い貝の旨味があって美味しかったです。

tanjo0711 at 21:28|PermalinkComments(2)

2020年09月08日

新しくなった茨城の藤田酒造店の流氷生を飲む!肴は茨城の涸沼産しじみ

富士泉・流氷

今日は茨城県石岡市にあるフレンドリーマートすずき468円で購入した、同市の酒蔵・藤田酒造店の酒「富士泉・特別本醸造・流氷生」を冷酒で飲みました。この酒、飲むのは今回で3回目ですが飲む度にスペックが変更になっています。初めて飲んだ時は精米歩合65%の米で仕込んだ普通酒でした。2回目飲んだ時は精米歩合70%の普通酒でしたが、今回3回目飲んでみると精米歩合は60%で普通酒から特別本醸造にグレードアップしていました。1回目と2回目飲んだ時は、製造者で代表者は藤田聡となっていましたが、3回目は代表者が世代交代で藤田醸司に変更されていて自醸も止めた事から、製造者ではなく加工者に表示が変わっていました。飲んだ感想はやや淡麗の苦辛い酒でアルコール辛さがカーッってきます。飲んでて何か独特の味わいがあり、カビ臭っぽくも感じるのだが・・・ ちょっと荒い感じの酒ですが、旨味も少しながら感じられて不味くはないが普通でした。





◎原材料名/米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール

◎精米歩合/60%

◎アルコール分/15度以上16度未満

◎内容量/300㎖






藤田酒造店2




加工者



藤田酒造店 藤田醸司



茨城県石岡市井関994-1





藤田酒造店



ヤマキ川魚店

今日の酒の肴は7月に茨城県茨城町の涸沼に行った時に涸沼近くにあるヤマキ川魚店で買った冷凍しじみです。





涸沼・シジミ

画像右の生しじみは買ってすぐに食べましたが、今回は冷凍で買った砂抜きの冷凍しじみを冷凍保存してたので醤油漬にしました。




しじみ

これが冷凍しじみの醤油漬です。醤油に酒・味醂・生姜・唐辛子・にんにくを入れてひと煮立ちさせて冷ました醤油を凍ったままのしじみにかけて2日ほど漬け込んだ物です。食べた感想はピリッと辛い醤油味で濃いしじみの旨味があり、しじみの身は生なのでつるっとした食感で癖になる味わいでとても美味しかったです。また熱々ご飯と一緒に食べても最高でした。


tanjo0711 at 23:59|PermalinkComments(0)

2020年07月24日

茨城地酒・富士泉と肴は茨城の霞ヶ浦・涸沼の湖の幸!

富士泉・旨口 (1)

今日は茨城県石岡市にあるフレンドリーマートすずき1820円で購入した、同市の酒蔵・藤田酒造店の酒「富士泉・旨口」を飲みました。ここ藤田酒造店は前回もブログで紹介しましたが、酒造組合非加盟で代替わりして自醸を止めて他社から買った酒をブレンドして製品化している酒蔵ですが、今回飲んだ旨口は糖類入りの糖類添加酒でした。




DSC_6639

そしてちょっと気になったのが、この王冠!水戸市の大手酒類メーカーの明利酒類が自醸してない酒蔵に酒を売る時に使用してる王冠でした。ラベルに製造所固有記号
(明利酒類の場合MM)などは書かれていませんでしたが、もしかりたら明利の酒の可能性もありえます。たまたまかぶって同じ王冠を使用しているだけなのかもしれませんが・・・ まぁそれは置いといて、飲んだ感想はやや濃醇な糖添酒にありがちな甘辛い酒で後味はアルコール辛く旨味も少なくてまぁ普通の酒でしたが、燗を付けてみると驚き!甘味が増して辛さは意外に控えめになり、また旨味がかなり増して燗映えしてとても美味しく飲めました。この酒はひやより燗酒向けの酒ですね。私的には・・・ 富士泉の普通酒は虎の子が最強に美味いかなぁ〜






富士泉・旨口 (2)


◎原材料名/米・米こうじ・醸造アルコール・糖類


◎アルコール分/15.0度以上16.0度未満

◎内容量/1.8ℓ






DSC_6604


藤田酒造店(藤田聡) ←先代の名義




茨城県石岡市大字井関994-1




DSC_6603


DSC_6628

今日の酒の肴は行方市観光物産館で買った霞ヶ浦の湖の幸です。




DSC_6631

1品目 生白魚 生姜醤油をかけて刺身で頂きます。

少し苦味がありますが甘味も結構あってコリコリとした食感も良くメチャ美味しかったです。




DSC_6632

2品目 鯉の洗いと鯉の唐揚げ甘酢がけ

癖の少ない鯉の洗いは酢味噌との相性抜群でさっぱりして美味しい〜 唐揚げは鯉の旨味が閉じ込められていて甘酢とマッチして淡白な洗いとは逆にパンチが効いてて美味しかったです。




DSC_6634

3品目 生えび  
名前は分かりません。



DSC_6635

フライパンで炒って塩味を振って出来上がり! エビの旨味と塩味がマッチして美味しいです。殻ごと食べるので少しトゲトゲして口の中が痛い時がありますが、カルシウムがたくさん摂れそうですね。




DSC_6608

次に今日は茨城町の涸沼の近くにあるヤマキ川魚店に行って涸沼産のヤマトシジミを買ってきました。





DSC_6611

店内にはシジミ漁をする家族の写真が飾られていました。また店のおばちゃんが涸沼のシジミについていろいろ丁寧に説明してくれました。




DSC_6624

冷凍と生のシジミを買いました。今日は生の方を食べます!





DSC_6643

飲んだ後の〆 しじみのお味噌汁

身がぷりぷりとした比較的大粒の涸沼のヤマトシジミは良い出汁が良く出てメチャ美味しいです!今まで食べたしじみ汁の中で一番美味しかったです。これで肝臓も少しはいたわれるでしょう。^^ 美味しかったので、また涸沼方面に行った際には買おうと思います。

tanjo0711 at 23:58|PermalinkComments(0)

2020年06月04日

いわき市の櫛田酒造の酒・蜂龍と肴はノドグロの煮付けと塩焼き

蜂龍金紋

今日は福島県いわき市にある櫛田酒造1330円で直売してもらった酒「蜂龍・金紋」を飲みました。ここ櫛田酒造は福島県の酒造組合非加盟の酒蔵で現在は日本酒は自醸しておらず、二本松市の奥の松酒造に製造を委託しています。酒蔵では日本酒は製造していませんが、日本酒の酒粕を原料に作られた「出づ味」と言う味醂風の純米発酵調味料の製造を行っています。酒は糖類・酸味料入りのバリバリの糖類添加酒です。おそらくスペックからして奥の松酒造の一番ランク下の酒・金紋奥の松と中味は同じ酒と思われます。飲んだ感想は淡麗の甘口の酒で糖類・酸味料入りなので少しベタベタした感じもありますが、意外にスッキリとしてて雑味が無くて飲みやすく糖類添加酒としてはとても美味しく、一升壜で1330円なら結構お買い得かもしれませんね。




◎原材料名/米・米こうじ・醸造アルコール・糖類・酸味料

◎アルコール分/15.0度以上16.0度未満

◎内容量/1800㎖






蜂龍

ラベルには櫛田酒造は発売元となっていて、壜詰工場が奥の松酒造となっています。




出づ味

これが現在、櫛田酒造が独自で製造している味醂風の純米発酵調味料の「出づ味」です。原材料に食塩を使用して不可飲処置を行っている製品なので酒税がかかっていません。値段は1ℓで350円と安かったです。




櫛田酒造いわき



発売元




櫛田酒造合資会社





福島県いわき市遠野町根岸字川畑135-1




櫛田酒造


櫛田酒造3

酒蔵の敷地は結構広く、酒蔵って感じより田舎にある食品会社って感じでした。まぁ実際にそうなんですが・・・




櫛田酒造2

今も現役で活躍している、井戸水を汲み上げて溜めてる水タンク 昔は酒造りに使ってたタンクなんでしょうね。




松野屋

今日は茨城県北部方面にツーリングに行ったので、その帰りに北茨城市にある松野屋に行きました。




のどぐろ

地元・大津港産の地物のノドグロが小振りですが1盛300円と安かったので買いました。




塩焼き

1品目 のどぐろの塩焼きです。脂がのってて濃い旨味があってメチャ美味しいです。さすがノドグロって感じですね。




煮付け

2品目 のどぐろの煮付けです。醤油・砂糖・日本酒と今回買った櫛田酒造の純米発酵調味料の「出づ味」を使って作りました。味醂の様に照りが出て煮崩れせず、味も良くて美味しく仕上がりました。ノドグロの煮付けメチャ美味しかったです。



tanjo0711 at 20:28|PermalinkComments(0)

2020年05月29日

茨城の藤田酒造店の富士泉・流氷生を飲む!肴は豚足

流氷

今日は茨城県石岡市にある酒造組合非加盟の酒蔵で現在は自醸は止めている藤田酒造店の酒「富士泉・流氷生」を冷酒で飲みました。酒は酒蔵近くにある個人経営の商店・フレンドリーマートすずきで458円で売られていましたが、壜詰日が2018年8月で壜詰から1年9ヶ月経過しているので、見切品で180円で買いました。酒は10年前に飲んだ時は精米歩合65%の米で仕込んだ普通酒でしたが、今回買ってみると普通酒ですが精米歩合は70%に変更されていました。




カビ

飲もうとして蓋をはずすと壜の口の周りにはカビが生えていました。打栓があまく極微量に酒が漏れてカビが生えたのでしょう。酒の中に入らない様に慎重にカビを拭き取って飲みました。飲んだ感想は濃醇な甘口の酒でロトっといたとろみのある感じの酒で、カビが付いてたけど酒にカビ臭は移っておらず、しっかりと旨味を感じる熟成した酒でとても美味しかったです。こんな美味い酒が180円で買えたのはラッキーでした。^^




◎原材料名/米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール

◎精米歩合/70%

◎アルコール分/15度以上16度未満

◎内容量/300㎖





藤田酒造店




藤田酒造店  藤田聡




茨城県石岡市井関994-1




DSC_5988


豚足

今日の酒の肴は茨城県桜川市の肉の青木豚足です。




とんそく

食べた感想はトロットロでコラーゲンいっぱいで、付属の酢の効いた酢味噌がメチャあって美味しい〜 これは美味い!


tanjo0711 at 23:59|PermalinkComments(0)

2020年05月27日

酒造組合非加盟の宮城の浅勘酒造店の酒・酔舞と肴は鯨の鹿の子

酔舞

今日は宮城県大崎市にある酒蔵・浅勘酒造店722円で購入した酒「酔舞・金印」を飲みました。ここ浅勘酒造店で宮城県酒造組合非加盟で、東京の醸造機器メーカーの塚本鑛吉商店が平成14年に浅勘酒造店の事業を引き継いで現在に至っています。酒は糖類無添加の普通酒で飲んだ感想は濃醇なやや甘口の酒で後味に少しアルコール辛さがありますが、この酒は熟成酒なんでしょうね。グラスに注ぐと黄金色をしていて熟成された濃い旨味のある酒でとても美味しかったです。久々にメチャ美味しい普通酒に出会えました。これは美味い!◎




◎原材料名/米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール

◎アルコール分/15度以上16度未満

◎内容量/720㎖




浅勘酒造店 (2)



株式会社 浅勘酒造店



宮城県大崎市古川矢目字北谷地87





浅勘酒造店 (1)

酒蔵は田畑の広がる長閑な多田川の沿いにありました。この川の少し上流には寒梅酒造の酒蔵もあります。川の土手には浅勘酒造店が創業した翌年の大正9年に設置された道案内の標石が今も残されています。




浅勘酒造店 (3)

浅勘酒造店の店内に飾られていた昔の琺瑯看板です。良い感じに年季が入ってるしレア〜




鯨・鹿の子

今日の酒の肴はノルウェー産のミンク鯨の鹿の子です。加工者は宮城県石巻市の鯨肉の加工品等を製造する木の屋石巻水産です。




たれ

鹿の子は解凍して、木の屋石巻水産が販売する鯨刺身用のたれに付けて刺身で頂きます。このタレ、調味料メーカーのダイショーが製造してて1袋32円でした。




鹿の子

鹿の子は鯨の顎から頬にかけての関節周辺の肉で、鹿の子模様の様に脂肪の中に筋肉が入ってる事からそう呼ばれるそうです。食べた感想は歯ごたえのある食感で噛めば脂肪の甘みと肉の旨味があって美味しいです。特製のタレは焼肉のタレみたいな味わいでニンニクが効いていますが、結構鯨に合いますね。





人気ブログランキング

tanjo0711 at 22:00|PermalinkComments(0)

2020年05月19日

宮城地酒・森乃菊川と肴は宮城県産のホヤの刺身

森乃菊川

今日は宮城県仙台市内のみやぎ生協・新寺店367円で購入した、同市の酒蔵で宮城県酒造組合非加盟の森民酒造本家の酒「森乃菊川・純米酒」を飲みました。酒は精米歩合60%の米で仕込んだ無濾過の純米酒です。飲んだ感想はやや淡麗の酸味の強い辛口の酒で飲んでて酒が若い感じがして無濾過の割にあまり旨味が感じられず、私の好みの味の酒ではなかったです。




◎原材料名/米(国産)・米麹(国産米)

◎精米歩合/60%

◎アルコール分/15度以上16度未満

◎内容量/180㎖







DSC_4970




森民酒造本家 森さち





宮城県仙台市若林区荒町53




DSC_4968


ほや

今日の酒の肴はドンキで安かった宮城県産のホヤの刺身です。




ほや刺身

ホヤはポン酢をかけて頂きます。ホヤ独特の磯の香りが強烈ですが、ホヤの旨味もあってまぁまぁ美味しかったです。


tanjo0711 at 22:05|PermalinkComments(0)

2020年05月16日

茨城地酒・藤田酒造店の富士泉と肴はなまずの蒲焼き

富士泉

今日は茨城県石岡市にある酒蔵・藤田酒造店1633円で直売してもらった酒「くれない富士泉・純米吟醸」を冷やして飲みました。ここ藤田酒造店は茨城県酒造組合非加盟の酒蔵で、年老いた蔵元が一人で酒を醸してると噂を聞いていましたが、今回応対してもらった方(おそらく蔵元の息子さん)によると最近は自醸してないらしく、気に入った酒を他の酒蔵から買い付け自蔵でブレンドして製品化してると話されていました。まるでウイスキーで言うボトラーズブランドみたいな感じでしょうか・・・ 日本酒業界が衰退して行くこれからの時代、自醸止めた酒蔵も長年の醸造で培った調合(ブレンド)の技術等を駆使してボトラーズブランドみたいな形でこだわりの酒を販売して行くのも有りかなぁって私は思います。他社の酒とただラベルを張り替えて売るだけはちょっとなぁとは思いますが・・・ たしか灘五郷の「灘一」の銘柄の松竹梅酒造も独自でブレンドして製品化してたと思います。そして話は戻って酒は精米歩合が明記されていませんが純米吟醸酒でアルコール分は15度台です。飲んだ感想は少し香りのある淡麗の甘口に酒で、少しダレた感じがありますが旨味もそこそこあってまぁまぁ美味しかったです。でも1633円の味わいでは無いですね。味からしたら少し高い気がします。




◎原材料名/米(国産)・米こうじ(国産米)

◎精米歩合/無明記

◎アルコール分/15度以上16度未満

◎内容量/720㎖





DSC_5990



藤田酒造店 藤田聡




茨城県石岡市井関994-1




DSC_5988

画像の右奥に自醸してないからか?甑用の和釜が錆びてひっくり返って置いてありますね。手前の青い重油タンクとその横の洗壜機の煙突が綺麗そうなので、洗壜は行って壜詰してる感じはありますね。あくまでも憶測ですが・・・



DSC_5987

山手から酒蔵の裏手を見た感じでは老朽化が進んでる感じがしました。





DSC_5992

酒蔵の事務所にあった酒の見本です。壜の後ろにあるカップ酒がレアですが現在は終売のようです。




DSC_6007

酒を買った時にもらった納品書です。代表者が酒のラベルに明記の蔵元の名前と同じの藤田聡となっていますが、それを訂正印で訂正して藤田醸司と書き変えてるので世代交代で蔵元が変わったのかもしれませんね。




DSC_6010

酒を買った時に頂いた富士泉のパンフレットです。現在はこの6種類の酒だけの販売だそうです。




なまず蒲焼き

今日の酒の肴は行方市観光物産館で買った、行方市のなまず屋の製造する行方産のなまず(キャットフィッシュ)を使ったなまずの蒲焼きです。




なまず蒲焼

グリルで焼いて頂きます。食べた感想は身は柔らかくポロポロほぐれる感じで少し癖もありますが、脂が結構のってて旨味があって美味しかったです。




tanjo0711 at 22:01|PermalinkComments(0)

2020年05月09日

行方地酒・東竹乃葉と肴は行方市観光物産館こいこいで買った霞ヶ浦の湖の幸

DSC_6001

今日は茨城県行方市内にある田舎の個人経営のスーパー、クボタストア1273円で購入した、同市の酒蔵・竹乃葉酒造の酒「東竹乃葉・精撰」を飲みました。ここ竹乃葉酒造は現在は茨城県酒造組合非加盟で自醸してないみたいです。噂によると酒蔵の息子さんが石岡市の「白菊」の銘柄の酒を醸す酒蔵・廣瀬商店で蔵人として働いているそうです。酒は糖類入りの糖類添加酒でアルコール度数は15度です。

※行方市(なめがたし)




DSC_6011

ラベルの社名の後に製造所固有記号が書かれて無いので、自社で壜詰してるのかなぁ・・・ って感じもするが、ただ単に品質表示基準に対応してないだけと思われます。その理由が「緘」の文字の王冠です。この王冠は茨城県水戸市の酒造メーカー・明利酒類が自醸してない蔵に酒を売る時に良く使用してる王冠ですし、小さい酒蔵の自醸酒が糖類添加酒であったとしても小売店で一升壜の販売価格が1273円で販売するのは厳しいかと思われるからです。ちなみに自醸してない笠間市の酒蔵・武藤酒類醸造の糖添酒の「東海」にも同じ王冠が使われています。飲んだ感想はやや淡麗の甘辛い酒で少しベトベトした感じがあって後味にアルコール辛さがツーンっときます。そして酒が少し老ねてますが、旨味もそこそこ感じられ糖添酒としてはまぁまぁ美味しかったです。




◎原材料名/米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール・糖類

◎アルコール分/15度

◎内容量/1.8ℓ






DSC_5983




有限会社 竹乃葉酒造




茨城県行方市四鹿30






DSC_5984

酒蔵は小高い丘の上の雑木林に囲まれる様な感じで建っていて敷地内は高い壁があるので中の様子が分かり難かったですが、隙間から見えた感じからすると敷地内にP函が散乱していたりと、自醸している雰囲気は感じられませんでした。




DSC_5986

今日は茨城県行方市にある道の駅たまつくり行方市観光物産館「こいこい」に行ってきました。




DSC_5978

道の駅は国道354線沿いで霞ヶ浦の畔にあり、目の前には霞ヶ浦が広がります。




DSC_5975

湖の町なだけあって道の駅で売られてるのは鯉の刺身や洗い・鮒の煮付けなど川魚が豊富です。



DSC_5976

鯉の甘煮は人気なのか?かなり売られてました。




DSC_5977

その他に白魚やワカサギ・小エビ・なまず等が売られています。




DSC_5994

今日は鯉の刺身鯉の唐揚げなまずの照焼き白魚煮干を買いました。





DSC_6013

そして今日の酒の肴に選んだのは行方市ののはら水産が製造する鯉の刺身です。




DSC_6016

鯉の洗い違って刺身は湯引きをしていないので、脂が洗い流されていないので脂があって洗いと比べると濃厚で旨味を良く感じとても美味しかったです。





人気ブログランキング

tanjo0711 at 21:16|PermalinkComments(0)