温泉

2022年11月22日

1泊2日で会津に家族旅行に行く!

DSC_1303

先週の土日に1泊2日で福島県の会津に家族旅行に行きました。まずは下郷町の大内宿を散策しました。昔の宿場町の風景が今も残り茅葺屋根の家が立ち並ぶ風景が美しいです。





DSC_1297

昼食は大内宿で有名な蕎麦屋さん・三澤屋に行きました。





DSC_1299

名物の箸の代わりにネギで食べる高遠そばを食べました。コシのある蕎麦でネギをかじりながら食べると辛みが少しプラスされて美味しかったです。





DSC_1301

ネギで蕎麦を食べるのは難しいけど、蕎麦メッチャ美味しい〜





DSC_1305

大内宿を散策した後は会津若松市にある東山温泉東山パークホテル新風月へ ここが今回の旅行の宿泊地で全国旅行支援割で泊まります。





500

チェックインして宿泊代金を支払うと福島県観光特典クーポンを1人1000円分ずつもらえました。






DSC_1323

チェックインして少しゲームコーナーで遊んだ後は温泉に入りました。






露天風呂

内湯と露天風呂があり、露天風呂の方は源泉掛け流しでした。





DSC_1319

温泉に入った後は会津のべこの乳のレトロ自販機でコーヒー牛乳を買いました。






DSC_1320

べこの乳のコーヒー牛乳は味が濃くてメチャ美味しかったです。






DSC_1306

そして今回の旅行のメインイベント〜 ディナーバイキングです!






DSC_1307

ここのホテルは伊東園ホテルズのホテルなので、アルコール類が飲み放題なのが嬉しいですよねぇ〜 アルコール類はビールに酎ハイ、気になる日本酒は燗酒は大関のパック酒・蔵出し辛口でした。






DSC_1308

そして嬉しい事に会津の地酒が3種類も揃えてあり、名倉山の普通酒に花春の純米辛口・弥右衛門の本醸造がありました。





DSC_1309

まずはビールと花春の純米酒を飲みながら、刺身や寿司などの和食系を食べました。







DSC_1311

  ディナーバイキング美味し〜い!(^∀^)v

おいおい いつも言ってるけど食べ放題やねんからもっとたくさん料理取って来い!







DSC_1312

福島県のブランド豚の豚タンの鉄板焼きがメチャ美味しいです。






DSC_1313

次に肉系をガッツリ食べながら、ビールと弥右衛門の本醸造を飲みました。






DSC_1315

一通り料理を堪能した後は日本酒を飲みながら美味しかった豚タンばかり食べまくりました。^^



ディナーバイキングではビール3杯に日本酒4合飲んで食べまくってお腹いっぱいで爆睡しました。



  朝5時起床〜 朝風呂にゆっくり入って





DSC_1321

  朝食バイキング〜 まずは和食系をガッツリと





DSC_1322

  次に肉系を食べまくり 朝からお腹パンパンです。






鶴ヶ城

チェックアウト後は鶴ヶ城を散策して道の駅あいづで買い物をして帰路に就きました。

短い時間でしたが家族団欒で楽しい時間が過ごせてリフレッシュする事ができました。(^∀^)


家に帰って体重計にのると行く前より2圓眤僚鼎増えていました。(泣)

  明日から摂生摂生

 
おわり


0714 0408




tanjo0711 at 23:37|PermalinkComments(0)

2022年11月07日

会津ツーリング!南会津町の湯ノ花温泉に行く!

DSC_1227

肌寒くなりましたが、土曜日に愛車のアドレス110で福島県南会津町の湯ノ花温泉に行きました。






DSC_1226

湯ノ花温泉には湯畑の湯・天神の湯・弘法の湯・石湯の4つの共同浴場があり、温泉街の宿屋や商店・民家で200円で売られてる入浴券を買って入浴します。券を買うと一日4か所の温泉が入り放題です。でも券を買わずに入浴していると1000円を徴収されるみたいです。





DSC_1216

まず最初に湯ノ岐川の川べりにある石湯に行きました。






DSC_1215

ここは大きな石があるので石湯と呼ばれ、浴槽も石でできています。






DSC_1212

ここが石湯です。奥に脱衣場がありますが男女共用で温泉も混浴です。源泉の温度が高くメチャ熱くて10秒くらいしか入れませんでした。後で入浴券を買った民家の住民に聞くと川の水をバケツで汲んで入れて湯温を下げて入るそうです。






DSC_1214

温泉の分析書には源泉の温度は56.5℃となっていました。そら熱くて入れませんね。







DSC_1217

次に行ったのは天神の湯で、ここも男女共用の混浴です。





DSC_1218

でも残念ながら朝早かったせいもあって、清掃を終えて湯を溜めてる最中で入浴できませんでした。






DSC_1222

次に訪れたのは湯畑の湯です。ここは建物が立派ですね。






DSC_1221

ここは脱衣場も温泉も男女別々で完全に分かれています。






DSC_1219

建物は立派ですが浴槽が小さいのには驚きました。入りたかったが清掃中の札が掛かっていて、これから掃除をする雰囲気があったので写真だけ撮らせてもらいました。






DSC_1223

最後は弘法の湯です。ここも立派な建物で一番綺麗な感じがしました。






DSC_1225

建物の中に休憩所やコインロッカーも設置されていました。男女別の共同浴場で4つの温泉の中で一番綺麗で清潔感がありました。







DSC_1224

浴槽も大きめで、4つの共同浴場の中で唯一シャワーが設置されていて体を洗う事も可能です。湯温もちょうど良く気持ち良くゆったりとはいれました。


今回は朝早かった事もあり2つの温泉しか入れませんでしたが、次回は4つの温泉に入りたいと思います。値段も1日200円で4つの温泉に入れるのでお得ですし温泉好きの方にはたまりませんね。^^ 気になる方は是非、福島県南会津町の湯ノ花温泉にお越しください。


tanjo0711 at 23:13|PermalinkComments(0)

2022年10月11日

2泊3日で群馬旅行に行く!

DSC_1050

3連休は2泊3日で群馬県を旅行しました。初日は白糸の滝鬼押出し園を散策し、1泊目は群馬県嬬恋村・奥軽井沢温泉ホテルグリーンプラザ軽井沢で宿泊です。





DSC_1052

チェックインしてひとっ風呂浴びてディナーバイキング〜





DSC_1053

和洋中といろいろ料理がありますが、ハロウィンが近いのでカボチャを使った料理が結構ありました。ライブキッチンの焼き立てのステーキがメチャ美味しいです。





DSC_1054

   酒は浅間酒造の浅間錦の辛口を飲みました。





DSC_1055

   ステーキが美味しくて5皿食べました。





DSC_1056

バイキングはいつも貧乏根性が出て食べ過ぎて苦しくなるんですよねぇ〜

鱈腹食べてまた温泉に入って爆睡しました。






DSC_1057

  次の日、 おはよう〜 (^∀^)v






DSC_1058

  朝風呂に入って朝食バイキング〜 





DSC_1060

おいおい たくさん料理あるんやから もっと取ってこい!






DSC_1061

朝からまたまたガッツリ食べてお腹いっぱいです。






DSC_1063

朝食後はチェックアウトして、おもちゃ王国へ 朝から夕方前までガッツリ遊びまくり






DSC_1064

2泊目は群馬県草津町の草津温泉の湯畑の前にある大東舘に宿泊しました。





DSC_1071

チェックインした後は目の前の湯畑を散策しました。





DSC_1070

    湯畑で記念撮影〜 (^∀^)v






DSC_1068



DSC_1073



DSC_1074



DSC_1077




DSC_1067

散策の後は宿泊先で頂いた、市町村割のクーポン券で群馬の地酒を買いに行きました。






DSC_1086

夕食前にひとっ風呂! 温泉は小さめですが湯畑源泉掛け流しの温泉で、泉質がメチャ良くて癒されます。






DSC_1089

  囲いにおもいっきり囲われていますが露天風呂です。






DSC_1079

  入浴後はお楽しみのディナーバイキング〜






DSC_1081

まずは生ビールを飲みながら、ローストビーフ・すき焼き・山育ちのサーモンの刺身を堪能しました。どれも美味い!





DSC_1080

   ディナーバイキング美味し〜い! ^^






DSC_1084

お次は群馬泉の冷酒を飲みながら和食系を堪能しました。サーモンの刺身がメッチャ美味いです。





DSC_1085

  今日も和洋中を鱈腹ガッツリ頂きました。





DSC_1090

     家族旅行は楽しい〜 (^∀^)






DSC_1093

   翌朝 朝食前に湯畑を散歩しました。





DSC_1094





DSC_1091

   早朝の湯畑は人が少なくて散策しやすいです。






DSC_1092

       イェーイ! 






DSC_1095

朝食バイキング〜 さすがに2日連続で朝夕バイキングはきついかなぁ・・・ あまりお腹減ってませんが、ガッツリ食べてしまうんですよねぇ〜






DSC_1096

    朝夕ともに料理が美味しく食べまくり・・・







DSC_1065

おまけ 旅館のゲームコーナーにあったコスモスの自販機! 不稼働でしたがレアですねぇ〜 状態も非常に良いです。






DSC_1066

      魔界村 懐かしい〜





DSC_1100

チェックアウト後は草津名物の湯揉み公演を見学しました。


今回、2泊3日でバイキング4回と食べまくり、自宅に帰って体重計にのると2.5圓梁僚鼎増えていましたが、美味しい物をたくさん食べて家族団欒でゆったりと過ごせてリフレッシュできました。


おわり

0714 0408



tanjo0711 at 22:20|PermalinkComments(0)

2022年06月05日

群馬ツーリング!沼田・みなかみ方面を巡る

DSC_1705

今日は早朝から群馬ツーリングで沼田・みなかみ方面に行きました。自宅から日光を抜けて道中、国道122号線沿いにある群馬県みどり市の丸美屋自販機コーナー





DSC_1703

こっち方面に出かける際は、いつもここで朝食を食べてます。^^ さすがレトロ自販機の聖地・丸美屋自販機コーナー!早朝でも人が多かったです。





DSC_1704

食べたのは天ぷらそば(250円)バイクで冷えたカラダにはこれが一番うまい〜 






DSC_1709

まず最初に訪れたのは群馬県川場村にある日本百名山の武尊山から湧き出る「お諏訪の水」です。






DSC_1712

ここは車でもアクセスしやすく、美味しい湧水が年中湧出していて無料で天然水が汲めます。ここで持参したペットボトルに5ℓくらい水を汲みました。飲んでみたが冷たくて美味しいです。





DSC_1717

次にやって来たのは群馬県みなかみ町にあるJR上越線の秘境駅・土合駅です。




DSC_1718

ここは改札口から階段を462段下りた地下にホームのある、日本一のモグラ駅なんです。





DSC_1737

駅の時刻表です。上り下り共に電車は1日5本しかありません。でも季節と曜日によっては臨時列車も運行されている様です。






DSC_1719

現在は無人駅なので切符を買わずに改札口を抜けて、地下ホームのある長岡・新潟方面へ ちなみに上りの水上・高崎方面は改札口の前に地上にホームがあります。






DSC_1720

地下に下りる階段の手前から外を見たらこんな感じで、自然に囲まれてとても綺麗です。こんな自然が広がる地下にホームがあるんですねぇ〜




DSC_1721

出た〜 ホームにつながる地下階段! 遠くてホームが見えませんね。






DSC_1728

462段もの階段をひたすら階段を下りる事、10分! ホームに到着です。







DSC_1723

下ってきた階段を見上げると入口が小さく見えます。意外に辺鄙な所にありますが、車でやってきた観光客が多かったです。






DSC_1725





DSC_1729

ホームは薄暗いと言うか真っ暗です。でも静かでメチャ涼しいです。気温は年中一定らしいですよ。





DSC_1733

ちょうどホームにすぐに運良く1日5本の電車が来ました。





DSC_1736

電車を見送って、下りてきた階段をひたすら登り土合駅を後にしました。






DSC_1739

そして次にやって来たのは、今回のツーリングで一番の目的地!谷川岳ドライブインです。ちなみに場所は土合駅のほぼ隣です。ここで早めの昼食を食べました。詳しくは別枠で後日ブログにアップします。





DSC_1751

腹ごしらえをした後はみなかみ町の宝川温泉・汪泉閣






DSC_1752

ここの3つある露天風呂は混浴で何年か前から男女共に湯編み着を着用しなければいけなくなりました。湯編み着は温泉が用意した指定の物だけが着用可で、入浴料に湯編み着のレンタル料が加算されてるので値段は1500円と高いです。





DSC_1753
 
盗撮とかが多いのか?この温泉は至る所に携帯持ち込み禁止や撮影禁止等の貼り紙がされていました。その為、画像はありませんが、イメージ的には画像の川の両サイドに露天風呂がある感じです。






DSC_1754

露天風呂はどれもプール並み大きくたくさんの人が一度に入浴できます。






DSC_1755

男女別に内湯もありますが、殺風景な普通の温泉って感じなので、目玉は露天風呂でしょうね。湯編み着強制着用のせいか?あんまり秘湯って感じはせず、和風のスパって感じでした。カップルとか友達同士で行くのは良いかもしれませんね。







山田魚店

温泉に入った後は沼田市の山田魚店で刺身を買って帰りました。







DSC_1760

その後は沼田市から日本で3番目に標高の高いルートを走る国道120号を走って帰路に就きました。





DSC_1761

ここが群馬県と栃木県の県境にある金精トンネルを抜けた栃木県側にある海抜1843m地点です。標高が高く少し寒かったです。今日は384卅ってメチャ疲れました。


おわり





tanjo0711 at 00:55|PermalinkComments(0)

2022年05月28日

息子とニケツで会津ツーリングに行く!

アドレス110にけつ

今日は朝から愛車のアドレス110に息子とニケツで会津ツーリングに行きました。息子は今日がツーリング 初・デビューです。^^ ちなみに私。丹醸、ブログに登場するのは十数年ぶり! はい もうおやじになりました。(泣)





DSC_1631

まず最初に訪れたのは福島県南会津町の混浴の秘湯・木賊温泉です。






DSC_1632

川べりにある木賊(とくさ)温泉岩風呂、昨日の雨で川の水が増水していますが、温泉には影響の無い範囲でした。入浴料は入口のポストに200円入れて入ります。




DSC_1634

ちょっと熱めのやや硫黄の臭いがある温泉ですが、泉質が非常に良く気持ち良くて癒されます。





DSC_1635

次に訪れたのは金山町の大塩天然炭酸場です。






DSC_1640

ここは天然の炭酸水がコンコンと湧く不思議な場所です。ここは会津で私の好きな場所ベスト3には入りますね。





DSC_1636

天然の炭酸水でカルピスソーダ作りまくり〜 ^^






DSC_1639

天然炭酸水のカルピスソーダは優しい味わいでメチャ美味しいです。






DSC_1642

炭酸水を汲んだ後は西会津町に移動して道の駅にしあいづで買い物をして、道の駅からすぐ近くのドライブイン芝草で昼食を食べました。詳しくは後日ブログにアップします。






DSC_1655

昼食を食べた後は湯川村の道の駅あいづで買い物をして、そして会津坂下町の会津のべこの乳・アイス牧場で会津のべこ(牛)の乳で作った美味しいアイスクリームを食べました。






DSC_1656

そして会津ツーリングお約束の喜多方市のマカベ精肉店で馬刺し等の酒の肴を買いました。






DSC_1657

そして最後に下郷町の弥五島温泉・郷の湯で2回目の温泉に入って帰路に就きました。値段は350円


今日は子供と一緒に会津地方をぐるりと一周回って会津の旅を満喫しました。二人乗りで354劼眩ったのでメッチャ疲れましたが、とても楽しかったです。また親子でツーリングに行きたいと思います。

0714

tanjo0711 at 22:02|PermalinkComments(0)

2021年12月05日

日光市のホテルサンシャイン鬼怒川に泊りに行く!

DSC_0426

昨日今日と1泊2日でGoToトラベルを利用して家族サービスで、栃木県日光市にある鬼怒川温泉ホテルサンシャイン鬼怒川に泊りに行きました。






DSC_0427

ホテルの部屋は13階だったので、ホテルの真横にある鬼怒楯岩大吊橋や鬼怒川が小さく見えるくらい見晴らしが良く景色が良かったです。






DSC_0430

チェックインして軽くひとっ風呂浴びて、お楽しみのディナーバイキングです!まずはビールで乾杯〜






DSC_0429

まずは刺身や寿司などの和食を食べました。栃木のヤシオマス刺身が美味しいですねぇ〜 また那須野ヶ原牛のステーキも最高でした。






DSC_0433

生ビールを2杯飲んで次は日本酒!酒は日光市の酒蔵・渡邊佐平商店の酒・鬼笑いです。






DSC_0431

日本酒を飲みながら、カニとヤシオマス刺身を鱈腹食べました!美味しくて酒が進みますねぇ〜






DSC_0434

最後は揚げ物系や肉類を食べまくり!夕食はビール2杯に日本酒2本飲んで美味しい料理を堪能しました。






DSC_0438

食後少し休憩して2回目の温泉です!露天風呂はこんな感じでした。







DSC_0435

   家族旅行は楽しい〜 (^∀^)v



       就寝 zzz




5時起床〜 朝からゆったり温泉に浸かって朝食バイキング!






DSC_0440

まずは和食から いろんな料理があるからいっぱい食べてしまうんですよねぇ〜






DSC_0441

   朝は軽めなの v(^∀^) イェーイ! 





DSC_0442

 和食をガッツリ食べた後は少し洋食系を・・・ 

  でもバイキングはあかんわ〜 

   食べ過ぎてまう。

    でも美味しい〜


1泊2日の短い時間でしたが、温泉に入ってバイキングを堪能し家族団欒で楽しいひと時を過ごす事ができました。






DSC_0444

チェックアウトして、ホテルの近くでSL大樹を見て鬼怒川を後にしました。


おわり


0714 0408

tanjo0711 at 22:22|PermalinkComments(0)

2021年10月16日

奥会津の木賊温泉共同浴場・岩風呂に入って会津若松市の吉し多で桜寿司定食を堪能する!

DSC_0128

今日は愛車のスズキ・アドレス110で会津ツーリングに行きました。まずは令和元年10月に会津地方を襲った台風19号の被害で温泉に入れなかったが、復旧して入れる様になった福島県南会津町の木賊温泉共同浴場・岩風呂に行きました。





DSC_0124

ここが木賊温泉共同浴場・岩風呂です。温泉は西根川沿いにあり、温泉の建屋は綺麗に再建されましたが、建屋の周辺は台風による大雨で流れ込んだ土砂が今も川縁に堆積しています。






DSC_0126

入口の募金箱に入湯料の200円を入れて入浴します。






DSC_0125

入口には温泉分析書が掲示されていました。温泉の成分や効能などが書かれています。






DSC_0127

これが岩風呂で大人が4〜5人は入れそうです。人が居たので画像はありませんが、この風呂の奥にも同じ様な大きさの風呂がもう一つありました。脱衣所は女性専用のみで男性は風呂の前に棚があるのでそこで服を脱ぎます。そしてこの岩風呂は混浴です! 湯温はちょうど良い湯加減で少し河原の臭いと言うか藻の様な臭いがありますが、とても気持ち良くて癒されました。




「木賊温泉共同浴場・岩風呂」



◎営業時間/24時間入れます!

◎定休日/なし

◎入湯料/200円

住所/福島県南会津郡南会津町宮里







DSC_0133

温泉を堪能した後は会津若松市に移動して昼食に私お気に入りで行きつけの馬肉料理の名店・吉し多に昼食を食べに行きました。






DSC_0130

注文したのはいつもですが桜寿司定食(935円)です。桜寿司定食は馬肉のにぎり寿司6貫と巻き寿司4つとおかずと味噌汁・漬物が付いています。





DSC_0131

コスパ最強で新鮮な馬肉で握った桜寿司は絶品でメチャ美味しいです!いつもながら肉寿司を堪能し大満足で店を後にしました。安くて美味しい馬肉料理を食べたい方には会津若松市の吉し多をお薦めします。




「吉し多」



◎営業時間/11:00〜14:00 17:00〜22:00

◎定休日/日曜日

住所/福島県会津若松市東栄町5-14


tanjo0711 at 18:37|PermalinkComments(0)

2021年09月21日

福島県金山町の湯倉温泉共同浴場に行く!

DSC_9956

今日は先週の日曜日に奥会津にツーリングに行った時に福島県金山町にある湯倉温泉共同浴場に行ったので紹介します。ここ湯倉温泉共同浴場は無人の温泉で建物の中にある集金箱に協力金・寄付金と言う形で入浴料として300円以上を集金箱に入れて入浴します。無人の施設ですがとても綺麗に管理されていて、温泉以外にも畳張りの休憩室にテレビやエアコン等も設置されていて温泉に入ってくつろぐ事もできます。また休憩室から見える只見川の景色も美しくて癒されます。






DSC_9957

温泉は大人が4〜5人入れるくらいの大きさで湯はやや熱めで茶色をしています。源泉を引き込む湯量を調節する事で温度も調節できますが、湯もみ用の板も備え付けてありました。只見川を見ながらゆったりと入る温泉は格別でした。





「湯倉温泉共同浴場」





◎営業時間/7:00〜19:00


◎定休日/なし


◎入浴料/協力金・寄付金として300円以上


住所/福島県大沼郡金山町本名上ノ坪1890-4


tanjo0711 at 22:08|PermalinkComments(0)

2021年09月12日

蔵王温泉大露天風呂に行く!

蔵王温泉大露天風呂2

昨日、山形方面にツーリングに行って山形市内の蔵王温泉大露天風呂に入ったので紹介そます。ここの温泉は朝9:30オープンで私は開門と同時に一番乗りでした。





ざおう

ここは雪の降る冬季は休業してて、春から秋までしか入れません。





Dd88

入口から温泉に続く道沿いにある川です。この川自体から湯気が上がってるので川に温泉が湧いてるんでしょうね。





D44




蔵王温泉大露天風呂

ここが蔵王温泉大露天風呂で大きな露天風呂が2つあって、ここは混浴では無く男女別々です。温泉は綺麗な緑がかった水色で強酸性の硫黄泉なので舐めると酸っぱかったです。湯温は手前の上段がやや熱めですが入れないほどでもないですが、下段がちょうどいい湯加減で長湯できて景色を楽しみながらゆったりと入れて良かったです。森の中にある秘湯で泉質も良くメチャ素晴らしい温泉でした。





「蔵王温泉大露天風呂」




◎営業期間/4月下旬〜11月下旬


◎営業時間/9:30〜16:30


◎入湯料/大人600円 子供350円


住所/山形県山形市蔵王温泉853-3


tanjo0711 at 19:17|PermalinkComments(0)

2021年08月07日

奥会津ツーリング!金山町の大塩温泉に入って三島町のドライブイン雪国茶屋に行く!

DSC_9713

今日は朝から愛車のスズキ・アドレス110で奥会津ツーリングに行きました。






DSC_9699

まず最初に行ったのは福島県金山町にある大塩温泉共同浴場です。ここの温泉は朝7:30から温泉に入る事ができて、温泉維持の為の協力金300円を回収箱に入れて入浴します。





DSC_9703

大塩温泉の温泉の成分です。泉質はナトリウム塩化物・炭酸水素塩温泉です。






DSC_9705

内湯です。少しこじんまりとしていますが、大人5〜6人は入れそうです。ここの源泉は38.5℃とぬるめの温泉ですが、毎分120リットルの湧出量がありもちろん源泉掛け流しです。温泉は少し錆びた色の塩味がして炭酸泉の効果で浸かってるとカラダがポカポカしてきます。






DSC_9702

温泉からは只見川が一望できて景色がとても綺麗です。






DSC_9701

かなり小さいですが大人2〜3人は入れるくらいの外湯もあります。内湯より更にぬるいですが景色を楽しみながらゆったり入れます。

今日は景色をのんびり見ながら、30分くらい温泉に浸かって癒されました。とても気持ちが良かったです。





DSC_9712

温泉に入った後は温泉から1劼らいのすぐ近くにある、大塩天然炭酸水の湧出する炭酸場へ行きました。国道252号沿いでは大きな看板が出ていました。





DSC_9706

ここが炭酸場でこの森の少し入った所に全国的にも珍しい炭酸水の湧く場所があります。





DSC_9710

大塩天然炭酸水の由来が紹介されていました。






DSC_9707

ここが湧出している炭酸水の井戸がある所です。







DSC_9711

ここが炭酸水の湧く井戸ですが、二酸化炭素が溜まっていて危険なので網がしてあります。そして井戸にコップを落として井戸の炭酸水も以前は飲めましたが、現在はコロナ対策の為に中止しています。






DSC_9708

現在は井戸の炭酸水は飲めませんが、その横から湧き出る炭酸水は飲む事ができます。市販されてる人工的に作った炭酸水に比べれば炭酸の効きが弱く微炭酸な感じですが、シュワシュワとしてて冷たくて美味しく、コンコンと湧き出てくる炭酸水で飲んでて何か不思議な感じがしました。今度来る時はガムシロップとレモン果汁を持参して、その場でレモンソーダを作って飲みまくろうと思います。(^∀^)







DSC_9715

大塩温泉と大塩天然炭酸場を楽しんだ後は国道252号を会津若松方面に行き、三島町の国道252号線沿いにあるドライブイン雪国茶屋で昼食を食べました。





DSC_9716

店内の感じです。昭和の雰囲気のある店内で4人掛のテーブル席が3席ありました。





DSC_9717

そして座敷にはテーブルが2席ありました。





DSC_9719

お店のメニューです。 メニューはドライブインにしては少なめですが、ラーメンやカレー、会津名物のソースかつ丼もありますが、ここの店は会津の伝統の蕎麦打ちを継承しているお店らしいので手打ち蕎麦が人気があり、また餅も人気があるみたいで各種いろいろな餅も充実しています。






DSC_9721

お餅ラーメンがメチャ気になりましたが、蕎麦が食べたい気分だったので、手打ち蕎麦大盛(1100円)を注文しました。






DSC_9722

少しコシのある手打ち蕎麦は蕎麦の香りが良くてとても美味しかったです。次回はお餅ラーメンを食べてみたいと思います。^^ スイカは店主が暑いからとサービスで出してくれました。







DSC_9714





「ドライブイン雪国茶屋」






◎営業時間/10:00〜18:00


◎定休日/不明


住所/福島県大沼郡三島町大登中原1275-1





DSC_9725

食後は会津の道の駅を何ヶ所か巡り、最後は喜多方市のお気に入りで行きつけのマカベ精肉店馬刺しを買って帰路につきました。


おわり

tanjo0711 at 20:58|PermalinkComments(0)

2021年07月23日

青森県深浦町の不老不死温泉に行く!

DSC_9481

ソロキャンプツーリング2日目は前々から行ってみたかった、青森県深浦町の不老不死温泉に行きました。不老不死温泉は世界自然遺産・白神山地の麓の景勝地・黄金崎にある一軒宿の温泉です。





DSC_9479

旅館内にも内湯もありますが、何と言っても不老不死温泉は海の波打ち際にある露天風呂が超有名です。




DSC_9477

露天風呂は男女混浴の浴槽と、その隣に女性専用の浴槽があります。






DSC_9478

波打ち際にあり日本海が一望できて絶景です。また夕日がメチャメチャ綺麗らしいです。温泉は茶褐色の塩辛い塩化物泉で湯温はぬるめなので景色を楽しみながら長く浸かっていられました。気持ち良くて癒されました。 青森県でも都市部から離れてて距離がありますが、一度は行ってみる価値のある温泉ですね。温泉好きの方には是非おすすめです。





「不老ふ死温泉」



日帰り入浴


◎入浴時間:8:00〜16:00


◎入浴料:大人600円 こども300円


tanjo0711 at 23:52|PermalinkComments(0)

2021年07月04日

日光市の大江戸温泉物語・日光霧降に行く!

DSC_9259

昨日今日と1泊2日で近場ですが、栃木県日光市の霧降高原にある大江戸温泉物語・日光霧降に泊まりに行きました。







DSC_9261

今回泊まった部屋です。洋室のメゾネットタイプで室内は広々としてます。






DSC_9274

      螺旋階段を登ると・・・




DSC_9262

上にもう一部屋あります。部屋はメチャ広いけど座敷がないので、私的には何か落ち着きませんね。







DSC_9270

チェックインしてまず最初に温泉行きました。







DSC_9271

露天風呂です。温泉は建物の最上階の6階にありますが・・・





DSC_9272

常に霧が立ち込めていて景色は見えません。さすが霧降と言う地名なだけありますね。滞在中ずっと霧が出てました。






DSC_9263

風呂上がりは無料ラウンジに行きました。ここではチェックインから22時までビールや酎ハイ・ハイボール・ジュースなどが無料で飲めます。






DSC_9264

温泉の後はメインイベント!ディナーバイキングです!






DSC_9266

まずは日本酒が飲みたいので、和食を中心にチョイス!





DSC_9265

飲んだ酒は地元・日光地酒で片山酒造「日光路・本醸造」です。地元の食材で日光湯葉や関東で一番気温の下がる場所・日光市土呂部で育てられてるヤシオマスの刺身などご当地の食材を使った料理もあってメチャ美味しいです。





DSC_9268

次に中華系とご当地食材は、栃木県那珂川町のブランド猪肉・八溝ししまるを使った猪汁を食べました。




DSC_9267


 ディナーバイキング 美味しい〜 
(^∀^)v







DSC_9269

最後の〆は宇都宮餃子や餡かけ焼きそばなどなど、腹に溜まるものたべまくり! 特に甘エビとローストビーフが美味しかったので食べまくりました! ここのディナーバイキング時間は17時〜20:30でその間、時間制限が無いのでゆっくり食べれるのが嬉しいですね。


食後は無料ラウンジのビールを何度も取りに行ってビールを飲みながら、子供達が最近熱中している将棋をして遊びました。





DSC_9276

寝る前にまた温泉に入りましたぁ〜 夜遅かったので貸切状態でした。

  
    そして爆睡〜 zzz







DSC_9277

朝6時起床〜 朝風呂に入って、遠くへ行きたいを見て、

    
      朝食バイキングで朝からガッツリ!



自分で具材をチョイスする海鮮丼が美味かった!







DSC_9278

次に洋食系も・・・ 海鮮丼が美味しいので3杯とウインナーを20本くらい食べまくってお腹いっぱいです。


食後はチェックアウトが11時なのでそれまで、また温泉に入ったりしてのんびりしました。短い時間でしたけど家族団欒で楽しいひと時を過ごせて幸せでした。(^∀^)



おわり

0714 0408



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 栃木県情報へ
にほんブログ村

tanjo0711 at 15:02|PermalinkComments(0)

2021年06月15日

車中泊1泊2日で行く山形県の旅〜

DSC_8997

土曜日の明け方に自宅を出発して1泊2日で山形に行ってきたので紹介します。


まず最初に訪れたのは山形市の観光名所・山寺です。







DSC_9000

山寺は崖に建つお寺で、一番上の奥の院まで1000段の階段があります。





DSC_9001

風情があって景色も良く素晴らしかったです!






DSC_9005

山寺に登った後は天童市の道の駅や将棋資料館に行って、昼食は村山市の板そばの名店・あらきそばに行きました。店は江戸時代に建てられた茅葺屋根の古民家で風情があります。






DSC_9010

ここの板そばは太く食べ応えがあって噛むと蕎麦の旨味が口の中に広がり最高です!




DSC_9008

突き出しで出てくるワラビの漬物も塩辛いですが美味しいです。





DSC_9013

昼食を食べた後は酒蔵やスーパーを巡り酒を買いあさりました。^^





DSC_9016

そして次に訪れたのは尾花沢市の名湯・銀山温泉です。





DSC_9023

温泉街を散策した後は、汗を流すために銀山温泉の公衆浴場・しろがね湯に行きました。





DSC_9022



DSC_9020

温泉は家庭の浴槽3〜4個分くらいのこじんまりとした温泉ですが、泉質が良くメチャ気持ち良かったです。





DSC_9027

 お風呂上りのかき氷は美味し〜い!^^





DSC_9025



DSC_9028

温泉に入った後は酒田方面に移動しながら酒集めをして、酒田市の玉簾の滝を見に行きました。マイナスイオンが出てて気持ちが良かったです。





DSC_9036

1日目はここまでで、晩は庄内町の道の駅で車中泊をして、庄内町の地酒・やまと桜のカップ酒を飲んで爆睡しました。





DSC_9049

早朝に道の駅を出発して朝食を食べに、酒田市のさかた海鮮市場内にある食堂「とびしま」に行きました。ここは朝7時から営業していて、朝から新鮮な海鮮物が食べれる事で定評があります。





DSC_9050

食べたのは人気の朝めし定食(500円)です。ご飯に焼魚・刺身・イカと大根のたいたん・味噌汁・海苔・漬物が付いています。どれもメチャ美味しくて最高!これが500円で食べれるのは凄いですね。




DSC_9051

そして単品でオコゼの刺身も注文しました。オコゼは400円で鮮度抜群でメチャ美味しかったです。





DSC_9053

 僕は中トロとご飯と味噌汁〜





DSC_9065

そしてお次は鶴岡市に移動して、佐久間利兵ェ観光農園さくらんぼ狩りをしました。





DSC_9059

農園内には数種類の品種のさくらんぼが実をつけていて綺麗です。




DSC_9057
 
 さくらんぼ狩り イェーイ!^^




DSC_9063

 自分で採ったさくらんぼは美味し〜い





DSC_9064

1時間食べ放題で料金は1500円 美味しいさくらんぼを鱈腹堪能しました。^^



その後、下道で地道に栃木まで帰りました。2日で山形の観光地を幾つも巡る事ができて、心配していた雨にも降られずに山形県を大いに満喫する事ができました。また山形県でゲットした酒は飲んだら紹介していきたいと思います。


おわり



0714 0408

tanjo0711 at 21:28|PermalinkComments(0)

2021年05月29日

会津若松市の芦ノ牧ドライブインで昼食を食べて食後はお隣の芦ノ牧ドライブ温泉に行く!

DSC_8883

今日は会津ツーリングに行ったので、福島県会津若松市の芦ノ牧温泉街の国道118号線沿いにある芦ノ牧ドライブインで昼食を食べました。





DSC_8886

店内の様子です。昭和の香りがする店内で6人掛のテーブル席が5席ありました。






DSC_8885

店の奥には座敷があり、テーブルが3つあります。






DSC_8884

お店のメニューです。メニューは少なめでラーメンに蕎麦・カレー・カツ丼・焼肉定食、ちょっと気になる朝めし定食・そして会津名物のソースカツ丼があります。店には11時半に行きましたがお客はおらず私一人だけでした。





DSC_8888

前回は2軒隣のドライブインあいづで名物のソースかつ丼を食べて量が多くて油がきつく気分が悪くなった思いがあるので、今日は名物は置いといてラーメン(550円)を食べました。ラーメンはシンプルな昔ながらの中華そばって感じで、あっさりの醤油味ですが素朴な優しい味わいでとても美味しかったです。






DSC_8882




「芦ノ牧ドライブイン」




◎営業時間/10:00〜17:00


◎定休日/
不定休


住所/福島県会津若松市大戸町小谷湯ノ平91







DSC_8899

食後はお隣の芦ノ牧おみやげセンターに併設されている、芦ノ牧ドライブ温泉に行きました。






DSC_8898

コチラも昭和の匂いがプンプンする、芦ノ牧ドライブ温泉!ここは日帰り専用の銭湯みたいな温泉だが、歴きとした芦ノ牧温泉でしかも源泉掛け流しなんです!






DSC_8897

入浴料は大人400円・小学生150円・乳幼児90円です。安いですけど・・・ 乳幼児も金取るんかい!!!って感じですね。^^






DSC_8893

脱衣所です! ロッカーは24個ありますが・・・





DSC_8891

温泉はコンパクト! 家庭の浴槽2〜3個分くらいの温泉が2つ 熱いのとぬるいのがありました。





DSC_8892

屋外には露天風呂もあって屋内より少しは大きい浴槽があります。でも屋内の2つの温泉のオーバーフローを溜めてる温泉なのでぬるいですが、少しは開放感あります。 

今日は食後の12時過ぎに入りましたが、利用客はおらず貸切でした。昭和の匂いプンプンでレトロ好きの方にはもってこいの温泉だと思います。値段も安く芦ノ牧温の源泉掛け流しなのでオススメです!






DSC_8894




「芦ノ牧ドライブ温泉」





◎営業時間/10:00〜17:00


◎定休日/不定休


◎入浴料/大人400円・小学生150円・乳幼児90円


住所/福島県会津若松市大戸町大字小谷湯ノ平89





tanjo0711 at 19:15|PermalinkComments(0)

2021年05月16日

日光市の奥鬼怒温泉・加仁湯に行く!

DSC_8793

今日は朝からハイキングを兼ねて栃木県日光市にある、関東最後の秘湯とも呼ばれている奥鬼怒温泉郷加仁湯に行きました。車で行けるのは、今は無き夫婦渕温泉が存在した夫婦渕駐車場までで、そこから先は奥鬼怒歩道(山道)を歩きます。






DSC_8795

山道の他に奥鬼怒スーパー林道がありますが、日光国立公園内で環境保護の為か?一般車両は入れなくて工事車両や関係者の車しか立ち入れません。奥鬼怒温泉の宿泊利用者のみ宿屋の送迎者で入れるみたいです。




DSC_8797

熊が出るのは怖いが、注意しながら加仁湯を目指します。







DSC_8796

山道は鬼怒川の源流を沿いを歩くので、景色の良い所も結構ありました。






DSC_8799

途中で昼食〜 

自然の中で食べるおにぎりは美味しい〜^^





DSC_8802




DSC_8804

4.5劼了各擦鯤發事、1時間半 奥鬼怒温泉郷の加仁湯に到着です! 加仁湯には異なる5つの源泉があり、いろいろな温泉が楽しめます。また入口の右手にある小さな屋根は足湯で無料で利用できます。






DSC_8805

加仁湯館内の休憩所です。近隣の山で獲れた熊などの剥製が飾られていました。大自然の中にある宿屋ならではの光景ですね。






DSC_8807

まず最初に入ったのは第三露天風呂で、ここは混浴になります。





DSC_8806

硫黄の臭いが強いにごり湯で景色が良く、湯温も高温では無いので入りやすかったです。






DSC_8811

次に入ったのがカモシカの湯で小さな浴槽で、この湯は無色透明で湯温は熱めでしたが景色が良く開放感があります。





DSC_8810

次は第二露天風呂でここも混浴でした。湯温はぬる目で長く入るにはここが一番良いかもしれませんね。





DSC_8812

館内には飲泉所がありここで温泉が飲めます。硫黄の臭いがあり少し苦味がありますが、適量を飲むとカラダに良いそうです。





DSC_8813

最後に入ったのは館内にある内湯でここは男女別でここだけに洗い場が設置されていて洗髪などができます。適温のにごり湯でした。


残念ながら第一露天風呂は女性専用の為入れませんでしたが、5つの温泉の内の4つを堪能しました。館内では他のお客さんは2〜3人しか見かけず、温泉はほぼ貸切状態でゆったりできました。温泉を移る度に服を着るのが大変でしたが素晴らしい温泉を楽しめました。







「奥鬼怒温泉・加仁湯」




☆日帰り入浴


◎営業時間/9:00〜15:00


◎料金/大人800円 小学生500円


住所/栃木県日光市川俣871





奥鬼怒温泉・加仁湯のホームページ


0714 0408

tanjo0711 at 18:49|PermalinkComments(0)

2021年04月25日

塩原温泉郷・古町温泉のホテルおおるりに行く!

DSC_8583

地元ですが、昨日今日と1泊2日で那須塩原市民限定の那須塩原リフレッシュキャンペーンを利用して塩原温泉郷・古町温泉のホテルおおるりに家族で泊りに行きました。那須塩原リフレッシュキャンペーンは去年に続いて第2段です。ちなみに去年の那須塩原リフレッシュキャンペーンは黒磯温泉のかんすい苑・覚楽に行きました。






DSC_8585

ホテルおおるりは塩原温泉の中では大きい方の宿泊施設ですが、風呂は4か所あって全ての風呂は源泉掛け流しです。





DSC_8591

チェックインしてまずは、予約制の貸切風呂・七福神の湯に行きました。






DSC_8590

七福神の湯は家族用の小さめの露天岩風呂で開放感があって、家族だけの時間を過ごせます。






DSC_8589


   家族で入る温泉は楽しい〜 ^^






DSC_8593

お楽しみの夕食です。風呂上がりの生ビールは格別です!^^ あらかじめ用意されてメニューとバイキングがありました。





DSC_8594

生ビールの次は日本酒を冷やで飲みながらもつ煮やあさりの酒蒸し・肉を堪能しました。ちなみに酒は地元の天鷹で辛口で美味い!





DSC_8595

次は燗酒を飲みながら、家族が刺身を食べなかったので4人分を私が一人でたべました。






DSC_8596

美味しい夕食を堪能した後は、軽く休憩してから大岩風呂に行きました。






DSC_8599

大きな露天の岩風呂で湯は熱めです。豊富な湯量があるから源泉掛け流しでできるんですね〜 贅沢!







DSC_8586


  今日、3回目の温泉に入りまぁ〜す!^^







DSC_8600

3ヶ所目は桧風呂に入りました。側だけ桧の板が貼られてて風呂の中は桧では無く石でした。



 温泉を満喫して  爆睡zzz・・・・



  翌日






DSC_8602

朝食もバイキング方式で和食と洋食がいろいろありました。 普通に美味しかったし、朝からいろいろ食べれてお腹いっぱいです。^^






DSC_8584

食後はチェックアウト前に最後の温泉、もみじの湯に入りました。朝風呂は頭がスカッとするし気持ちがいいです。


短い時間でしたが家族団欒で温泉に入って楽しいひと時を過ごせました。ここホテルおおるりは大人の宿泊料金は6930円と結構安いのに那須塩原リフレッシュキャンペーンで市から5000円が補填されて大人1泊1930円、子供も補填で一律1000円と安く家族4人で激安で泊まれて大満足でした。


おわり


0714 0408

tanjo0711 at 20:45|PermalinkComments(0)

2021年01月30日

塩原温泉郷・上塩原温泉の旅館まじま荘に日帰り入浴に行く!

DSC_8168

今日は久々の温泉!^^ 地元・那須塩原市の塩原温泉郷は上塩原温泉の旅館まじま荘に日帰り入浴に行きました。






DSC_8164

まじま荘の温泉の泉質です。塩化物泉らしいです。







DSC_8155

まじま荘の温泉です。室内に比較的大きめの浴槽があります。





DSC_8154

その横には寝転んで温泉に浸かれる寝湯と少し深い歩行湯がありました。湯はちょっと塩気のあるやや温めでした。





DSC_8159

露天風呂です。気温が−5℃だったので露天風呂は内湯よりさらにぬるく感じましたが、空気が澄んでて雪景色でとても気持ちが良かったです。





DSC_8160

露天風呂の横には箒川が流れています。





DSC_8156

雪の降る露天風呂は空気が澄んでて気持ち良い〜 ^^






DSC_8162





「旅館・まじま荘」




◎日帰り入浴/10:00〜17:00


◎定休日/不定休


◎入浴料/大人600円・小人(0歳〜小学生)400円


住所/栃木県那須塩原市上塩原580




0714 0408

tanjo0711 at 21:53|PermalinkComments(0)

2020年11月23日

岩手県西和賀町の巣郷温泉・峠の湯に行く!

DSC_7860

今日は岩手県西和賀町にある湯田温泉郷の巣郷温泉・峠の湯に行きました。






DSC_7865

泉質はナトリウムー塩化物ー硫酸塩温泉で源泉掛け流しでは無いですが、料金は400円と良心的でした。






DSC_7862

風呂は室内の小さめの浴槽が一つあるだけですが、温泉は黄緑色の油臭プンプンの独特な臭い(異臭)のある温泉で温泉に入った後もカラダは油臭がします。でもカラダがいつまでもポカポカして気持ちが良かったです。







DSC_7861



「巣郷温泉・峠の湯」




◎営業時間/9:00〜21:00


◎定休日/不明


◎入浴料/400円


住所/岩手県和賀郡西和賀町巣郷63地割154-1



tanjo0711 at 19:17|PermalinkComments(0)

2020年11月07日

岩手県北上市の名湯・夏油温泉に行く!

DSC_7695

今日は岩手県北上市にある夏油温泉の元湯夏油に日帰り入浴に行きました。






DSC_7689

元湯夏油は内風呂2か所に夏油川沿いにある露天風呂5か所の計7か所の温泉に入る事が出来ます。1か所は女性専用で男性は入れません。露天風呂は基本混浴ですが女性専用の時間帯も設けられています。画像は露天風呂に向かう道中にある湯治客が宿泊する建物でしょうか?自炊部とかかれています。掘っ立て小屋みたいな感じで何か昭和って感じがしますね。





DSC_7681

まず最初に入ったのは真湯です。脱衣所は男女別になってましたが混浴です。入浴者が居たので画像はありませんが、湯加減もちょうど良く気持ち良かったです。





DSC_7682

次に入ったのは真湯の夏油川を挟んで対岸にある目の湯です。ここの湯はぬるく夏場は良いかもしれないが、今の季節はちょっと温まれないかも・・・ 脱衣所は共用でした。






DSC_7687

次に入ったのは大湯で元湯夏油で一番大きな浴槽のある露天風呂です。







DSC_7683

こんな感じで大人10人くらいは入れそうですが大湯の湯の温度は48℃もあり激熱です。入ったが1〜2分くらい浸かるのがやっとでした。

大湯の後は疝気の湯にも入りましたが、ここは脱衣所は共用で湯はややぬるめでちょうど良い湯温で長く入っていられます。この湯は屋根が無く雨ざらしで女性客も居たので画像は一切取れませんでした。






DSC_7693

最後に館内にある内風呂の小天狗の湯に行きました。館内にはもう1か所白猿の湯がありましたが清掃中で入浴できませんでした。






DSC_7692

小天狗の湯はやや熱めの湯で露天風呂の湯にあった硫黄系の臭いは無い温泉でした。


今日は3時間程ですが元湯夏油の5つの温泉に浸かり紅葉で景色も良く身も心もリフレッシュする事ができました。700円で異なる源泉のたくさんの湯が楽しめてとても良かったです。







DSC_7694




「夏油温泉・元湯夏油」




◎日帰り入浴時間/10:00〜15:00


◎入浴料/700円


◎営業期間/
5月初旬〜11月中旬まで


住所/岩手県北上市和賀町岩崎新田1-22


tanjo0711 at 22:25|PermalinkComments(0)

2020年10月11日

湯田温泉峡の珍しい駅舎の中にある温泉・ほっとゆだに行く!

DSC_7477

昨日は秋田方面で出かけた帰りに湯田温泉峡のある岩手県西和賀町のJR北上線・ほっとゆだ駅の駅舎の中の温泉で、全国的にも珍しい温泉「ほっとゆだ」に行きました。左の入口から入ると温泉で右側から入ると改札口があります。真ん中には売店がありました。





DSC_7478

温泉は人が入ってたので画像はありませんが、源泉掛け流し温泉で熱い湯船と普通とぬるい3種類の浴槽がありました。そしてユニークだったのが温泉内の壁にある列車用の信号機で信号の点灯する色で列車の発車時刻を案内していました。駅直結で源泉掛け流しの温泉に入れるのは嬉しいですね。旅行中に途中下車で入浴するもの良いですね!






DSC_7480

信号機が点灯していたので、温泉から出て数分すると横手行きのワンマンカーの普通列車が来ました。





「ほっとゆだ」




◎営業時間/7:00〜21:00


◎休館日/第2水曜日


◎入浴料/一般440円・小 中 260円


住所/岩手県和賀郡西和賀町川尻40-53


tanjo0711 at 15:55|PermalinkComments(0)

2020年08月29日

山形県の肘折温泉に行く!

DSC_7198

今日はツーリングで山形県大蔵村にある肘折温泉に行きました。




DSC_7199

国道458号を左折して県道57号に入ると変な形の蛇行した橋(肘折希望橋)を渡る?下る・・・ と肘折温泉はあります。




DSC_7200

肘折温泉の温泉街です。夏場の昼とコロナの影響もあってか観光客はほぼ居ませんでした。




DSC_7205

コロナの影響で旅館の日帰り入浴を休止している所が多かったので、共同浴場の「肘折温泉・上ノ湯」に行きました。入口で番台のおっちゃんに入浴料の300円を支払って入ります。




DSC_7204

温泉はシンプルな造りで脱衣所は木の棚があるだけです。




DSC_7202

温泉も小さめの浴槽が1つあるだけですが、誰もいなかったので一人でのんびりゆったりと温泉に入る事ができました。泉質も良くとても気持ちが良かったです。




DSC_7201



「肘折温泉上の湯」




◎営業時間/8:00〜17:00


◎定休日/木曜の午前(清掃の為)


◎入浴料/300円


住所/山形県最上郡大蔵村南山





tanjo0711 at 23:50|PermalinkComments(0)

2020年08月02日

塩原温泉郷の新湯温泉・中の湯に行く!

DSC_6704

今日は久々に晴れて天気が良かったので、軽いツーリングがてらに愛車の1984年製ホンダ・ロードフォックス改ミニカー仕様に乗って那須塩原市内にある塩原温泉郷・新湯温泉中の湯に行きました。




DSC_6712

ここ中の湯は新湯温泉街にある男女別々の共同浴場で、入口にある貯金箱に入湯料の300円を入れて入ります。




DSC_6710

ドアを開けると古びて少し汚いですが脱衣所があります。




DSC_6709

籠が3つしかないので、定員は3名なのかなぁ




DSC_6705

中の湯の浴場です。家の風呂2個分くらいの大きさの浴槽が1つあるだけで、大人が3人入れるくらいです。




DSC_6706

洗い場は無く、掛かり湯をして入るだけの浸かる為の温泉です。




DSC_6708

温泉は硫黄の臭いがプンプンする白いにごり湯で熱いですが、入ると気持ち良くいつまでもカラダがポカポカとします。

今日はのんびりと1時間くらい入ったり出たりを繰り返してゆったりと温泉を楽しみ癒されました。^^ 入浴後しばらく体から硫黄の臭いが抜けないのが難点ですが・・・




DSC_6713

中の湯の裏手には新湯爆裂噴火跡があり、今も蒸気が立ち昇り硫黄の色で黄色に染まり辺りは硫黄の臭いがプンプンとしています。





DSC_6703



「中の湯」



◎入浴時間/7:00〜18:00


◎入湯料/300円


住所/栃木県那須塩原市湯本塩原11




にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 栃木県情報へ
にほんブログ村

tanjo0711 at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年07月12日

黒磯のかんすい苑・覚楽に泊りに行く!

DSC_6495

昨日の昼過ぎから地元ですが那須塩原市黒磯の那珂川の河川敷にある温泉旅館・かんすい苑・覚楽に1泊2日で泊りに行きました。今回、コロナの影響で自粛モードが続く中、市民のリフレッシュの為に那須塩原市が那須塩原市民限定で行った「リフレッシュ!宿泊キャンペーン」に応募して行きました。このキャンペーン、那須塩原市内の指定された宿泊施設に期間内に泊まると宿泊料金の半分を市が補填してくれると言うもので上限額は大人1人1万円で小学生以下の子供は無料と結構お得なキャンペーンです。




DSC_6497

趣のある通路を歩いて館内に入ります。




DSC_6498

実は私、覚楽に来るのは4回目なんです。^^






DSC_6499

チェックインしてまず、ロビーでウエルカム抹茶と茶菓子を頂きました。




DSC_6506

今回泊まった部屋で〜す。広々とした和室でゆったりできます。




DSC_6500

部屋にあったこの茶菓子「とち餅あわせ」が、結構美味しかったです。





DSC_6505

覚楽は館内の雰囲気がとても良くゆったりとくつろげます。




DSC_6504

食事の前にまずは1回目の入浴〜 黒磯温泉・孝明の湯に入ります。





DSC_6501

覚楽の温泉です。確かここの温泉、結構地中深くまで掘削して温泉を掘ったそうです。源泉の温度が約30℃とやや低いので加温はしてるものの、湧出量は毎分100ℓくらいあり加水や循環などはしてなく源泉が楽しめます。




DSC_6503

室内にはハーブスチームバスもありました。めちゃ熱かったけど気持ち良かったです。



DSC_6502

そして外には桧露天風呂もあり、開放感があってゆったり浸かると癒されました。




DSC_6510

温泉に浸かってリフレッシュしたら、お楽しみの料理〜 そしてまず最初に生中を一気飲み! あぁ〜 美味い!^^





DSC_6508

本日のお料理のお品書きです。 A5ランクの栃木和牛美味そうですねぇ〜 鮎の塩焼きも楽しみです。^^





DSC_6514

ビールを飲みほして前菜を食べた後は、大田原地酒・旭興の特別本醸造を飲みながら刺身を堪能しました。真鯛・間八・まぐろとどれも美味しく日本酒が進みます!




栃木和牛

次に出てきました。A5ランクの栃木和牛のサーロイン!見るからに美味しそう〜




A5

食べた感想は肉は非常に柔らかく、何と言っても脂が甘くてメチャ美味い!高級なので5〜6切れしかなかったが、20〜30切れくらいは食べたいなぁ〜 ^^




DSC_6515

次に栃木県産の鮎の塩焼きが運ばれてきました〜 めっちゃ良い匂いです。





覚楽オリジナルラベル

ここで私は日本酒を追加注文〜 お次は郡山地酒の笹の川を飲みましたが、ラベルが覚楽のオリジナルラベルでした。




DSC_6517

焼き立ての栃木県産の鮎の塩焼き最高〜 頭から骨ごと全部頂きます! 日本酒との相性最高〜 茶碗蒸しも上品な味わいで美味しかったです。





DSC_6520

次に天婦羅 海老に南京・しし唐・なすびです。揚げたて熱々はサクサクとした食感があって美味しかったです。




DSC_6521

最後にトウモロコシの炊き込みご飯と吸い物・漬物です。甘味のあるトウモロコシのご飯美味しかったです。




DSC_6522

〆のデザート〜 ちびちび飲んでたら家族にとられて私は食べてません。(泣)


以上 夕食でした。 


食後 もう一回 温泉に入って爆睡!







翌朝、5時起床〜 寝起きの温泉に入って


ぼーっとテレビを見る。







DSC_6526

朝8時 朝食〜 手の込んだ和食がたくさんあって久々に美味しい朝食を食べた!^^ 特にアサリの味噌汁が美味しかったぁ〜





DSC_6523

車で15分の近場やけど、温泉入って美味しい物食べて楽しかった〜




DSC_6524


 家族旅行は楽しい〜 
(^∀^)v









DSC_6527

朝から温泉と美味しい朝食を堪能して家路につきました。 いやぁ 何回来ても覚楽はいいですねぇ〜 近場でゆったりと高級気分を味わいたい時に最適です! 那須塩原市の計らい(心遣い)で身も心もリフレッシュする事ができました。明日からまた仕事頑張れそうです。^^

0714 0408




にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 栃木県情報へ
にほんブログ村



tanjo0711 at 20:45|PermalinkComments(0)

2020年05月02日

那須ブラーゼンが我が家に塩原温泉の源泉も持ってきた。

DSC_5926

今日、プロ自転車ロードレースチームの那須ブラーゼンが、塩原温泉郷・大綱温泉湯守田中屋の源泉をポリタンクに入れて我が家に届けてくれました。
 


コロナの影響でのサービスの一環で、詳しくはYahooニュースに出てたので見てみて下さい。 ↓




Screenshot_20200421-202933




DSC_5927

20ℓタンク5本の予定だったが、8本くらい持ってきてくれました。源泉は少し黄色っぽい色をしています。



DSC_5928

配達してくれた選手の人から手渡された注意事項の紙


熟読して我が家の温泉へ レッツゴー!^^




DSC_5933

源泉はかなり熱くて、浴槽に入れてから蓋をせずに2時間放置しても熱くて入れませんでした。洗面器で20分くらい混ぜても熱々で水でうめないで源泉を楽しみたいので無理して入ったが熱湯コマーシャルみたいな感じで熱くてすぐ出てしまいました。^^ 最後は冷蔵庫にあった保冷剤を5つ投入して何とか入れるくらいの温度になりました。贅沢な自宅での温泉は最高でメチャ気持ち良かったです。那須ブラーゼンの皆さん湯守田中屋さん素晴らしい温泉を有難うございました。





塩原温泉郷のホームページ




 ←栃木県情報はコチラから
にほんブログ村

0714 0408


tanjo0711 at 20:33|PermalinkComments(0)

2020年03月01日

岩手県遠野市を観光する!

DSC_5103

今日は朝から岩手県遠野市に観光に行きました。



DSC_5105

まず最初に訪れたのは、遠野のジンギスカンの元祖のお店・あんべに行きました。ここあんべは朝10:00から営業してるので10時に行ってブランチがてらにジンギスカンを食べました。



DSC_5109

店は座敷は4席くらいとテーブル席が3席とこじんまりとしています。




DSC_5106

お店のメニューです。ジンギスカンはマトンとラムの各部位があって種類が豊富ですが、単品で牛タンや豚ホルモンやレバー等もあります。



DSC_5111

今回、私はラムモモ定食(1320円)に単品でマトンカタ(825円)を注文しました。一緒に行った同僚はラムカタロースを注文してました。定食は肉にご飯、豚肉と鶏肉の入った吸い物と漬物が付きます。




DSC_5113

脂をまんべんなくジンギスカン鍋に敷いて、淵で野菜を焼きながら真ん中で肉を焼きます。あんべのジンギスカンはどの部位も厚切りで、しかも柔らかくて癖の少ない羊の肉なので食べやすくメチャ美味しかったです。




DSC_5114

ジンギスカンを堪能した後は、遠野と言えば河童が有名なので、河童の伝承地であるカッパ淵に行きました。シーズンオフなのか?立札には「水量を制限していて、ご迷惑をおかけします。」と書かれていました。ネットで見る様なカッパ淵の雰囲気は無かったです。




DSC_5115


DSC_5117

カッパ淵の途中に祠がありそこに河童がいました。^^ 何か左の河童、手にウ〇コを持ってる様に見えませんか?^^



DSC_5116

カッパ淵は200mくらい歩くと行き止まりでした。季節のせいもあるのか・・・ 思ってたよりしょぼくて残念でした。




DSC_5124

次に訪れたのは天然のラドン温泉が湧出する、踊鹿温泉・天乃湯に行きました。




DSC_5125

踊鹿温泉は建物はプレハブみたいな感じで小さな銭湯の様な感じがします。



DSC_5132

踊鹿温泉は茶色く濁った温泉でラドンや鉄・マンガン等が含まれてる単純弱放射能冷鉱泉だそうです。



DSC_5133

ラドンの含有量は県内2位の含有量を誇るとか・・・ 確かにラドン温泉は入っててあまり湯の温度が高くないのにカラダがやたらポカポカとして汗がメチャ出てきました。入浴後もカラダが熱かったです。狭くて古びた温泉でしたが、泉質はとても良かったです。 値段は大人700円でした。




DSC_5144

ラドン温泉に入って温まった後は、サンQふる郷市場に行きました。




DSC_5138

ここは遠野産の馬肉を扱うお店で、店内では馬刺しや馬肉が売られています。また店内の食堂では馬肉を使ったラーメンや丼ぶり・馬刺し定食なども食べれます。今日の晩酌用に馬刺しを買って帰路に就きました。 


遠野市日帰り観光 おわり


tanjo0711 at 19:35|PermalinkComments(0)