浜娘

2022年09月17日

大槌町の地酒だった浜娘を飲みながら大槌町の民宿で晩酌!

DSC_0894

今日は1泊2日で岩手県に弾丸ツーリングに来ていて、今晩は大槌町の民宿で晩酌! 飲んだ酒は山田町の業務スーパー山田店1320円で購入した、盛岡市の酒蔵・赤武酒造の酒「浜娘・純米酒」です。赤武酒造は元々は岩手県大槌町の酒蔵でしたが、東日本大震災の津波で酒蔵が流され盛岡市に移転して新たに再出発した酒蔵でAKABUの銘柄が人気で有名です。今回飲んだ浜娘は大槌町に酒蔵があった時の昔からの銘柄で、この酒は岩手県限定の酒みたいで、純米ですが原料米は精米歩合60%の削り込んだ米を使用ししていて、飲んだ感想はやや濃醇な少しフルーティーな香りのある、甘くてジューシーな後味がスッキリとしていてゴクゴク飲めてしまう酒で旨味もしっかりとあってとても美味しく素晴らしかったです。さすが人気の酒を醸す酒蔵の酒ですねぇ〜 ◎





◎原材料名/米(国産)・米麹(国産米)

◎精米歩合/60%

◎アルコール分/15度

◎内容量/720㎖







赤武酒造7




製造者




赤武酒造株式会社




岩手県盛岡市北飯岡1-8-60







DSC_0899

今日の酒の肴は民宿の夕食です。地物の海の幸が使われてて、温かみのある家庭的な手造り料理でどれもとても美味しく酒がメチャ進みました。一日で550劼眩ったツーリングの疲れもぶっ飛びました。^^




tanjo0711 at 23:50|PermalinkComments(0)

2020年05月20日

赤武酒造の浜娘と肴はいわちくのキムチホルモン

浜娘・本醸造

今日は岩手県金ヶ崎町のイオンスーパーセンター金ヶ崎店1100円で購入した、盛岡市の酒蔵・赤武酒造の酒「浜娘・本醸造」を飲みました。赤武酒造は元々、岩手県の沿岸地域の大槌町にあった酒蔵ですが、東日本大震災の津波で甚大な被害を受け盛岡市に移転した酒蔵です。最近では移転した復活蔵で立ち上げたブランド・AKABUが特約店販売で人気がありますが、今回飲んだ浜娘は震災以前から大槌町等の沿岸地域で親しまれていた銘柄で、現在でも地元で販売されています。酒は本醸造ですが精米歩合60%の吟醸酒並みに削った米で酒を仕込んでいます。飲んだ感想は少しフルーティーな香りを感じるやや淡麗の少し甘口の酒で香りがありながらも旨味もしっかりと感じられる酒でクオリティーが高くとても美味しい酒でした。




◎原材料名/米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール

◎精米歩合/60%

◎アルコール分/15度

◎内容量/720㎖





DSC_5084



赤武酒造株式会社 




岩手県盛岡市北飯岡1-8-60







DSC_5082



DSC_5371

岩手県宮古市にある浄土ヶ浜ビジターセンターでは大槌町時代の浜娘の酒が現在も展示されていました。「海龍神水」と言う銘柄もあったみたいですね。



キムチほるもん

今日の酒の肴は岩手県紫波町のいわちくが製造する岩手で人気のあるホルモンシリーズのキムチ味のキムチホルモンです。




ホルモン炒め

今回はニラと一緒に炒めて食べました。ホルモンは柔らかく味が濃いめなのでニラを入れても味が薄くならないで美味しかったです。


tanjo0711 at 21:30|PermalinkComments(0)