日光市

2022年10月23日

日光市の栗山観光ドライブインに行く!

DSC_1151

今日は日光市の旧栗山村にある栗山観光ドライブインで昼食を食べました。





DSC_1152

お店の感じです。天井の高い店内で木製の6人掛のテーブル席が4席ありました。





DSC_1154

真ん中にストーブの付いた8人掛のテーブル席も1つありました。奥には寂れた感じで土産物コーナーもあります。




DSC_1155

お店のメニューです。山の幸の岩魚や鹿刺し・舞茸を使った料理があります。





DSC_1153

 その他に蕎麦とうどん・一品料理がありますが・・・


店に入るや否や店のおばちゃんが「現在は蕎麦とうどんしかやっておりません。」と一言

次から来るお客にも都度都度説明していました。やってないのならメニューから外せばと思うのですが・・・ 入っていきなり第一声で言われると店のヤル気の無さが伝わって来るので・・・




DSC_1156

  注文したのは舞茸天ぷらそば(800円)です。





DSC_1158

舞茸天ぷらそばですが、舞茸の他に姫竹・獅子唐・南京と何か大きな葉っぱの天ぷらがのっていました。出汁は甘めの味付けで蕎麦は手打ちでは無さそうな食感の蕎麦でしたが、舞茸の天ぷらはコリコリとした食感でほのかな舞茸の香りと旨味があってとても美味しかったです。舞茸の天ぷらは美味しいが全体的にはまぁ普通な感じでしたが、バイクでカラダが冷えてたので温まって良かったです。





DSC_1160

ドライブインの敷地内には栗山温泉・四季の湯が併設されていて、おそらく現在はこちらの営業がメインなのでしょう。店のおばちゃんは店と温泉を忙しそうに行き来してました。





DSC_1159



「栗山観光ドライブイン」




◎営業時間/8:00〜21:00


◎定休日/不明


住所/栃木県日光市黒部21





DSC_1150




tanjo0711 at 15:35|PermalinkComments(0)

2021年12月05日

日光市のホテルサンシャイン鬼怒川に泊りに行く!

DSC_0426

昨日今日と1泊2日でGoToトラベルを利用して家族サービスで、栃木県日光市にある鬼怒川温泉ホテルサンシャイン鬼怒川に泊りに行きました。






DSC_0427

ホテルの部屋は13階だったので、ホテルの真横にある鬼怒楯岩大吊橋や鬼怒川が小さく見えるくらい見晴らしが良く景色が良かったです。






DSC_0430

チェックインして軽くひとっ風呂浴びて、お楽しみのディナーバイキングです!まずはビールで乾杯〜






DSC_0429

まずは刺身や寿司などの和食を食べました。栃木のヤシオマス刺身が美味しいですねぇ〜 また那須野ヶ原牛のステーキも最高でした。






DSC_0433

生ビールを2杯飲んで次は日本酒!酒は日光市の酒蔵・渡邊佐平商店の酒・鬼笑いです。






DSC_0431

日本酒を飲みながら、カニとヤシオマス刺身を鱈腹食べました!美味しくて酒が進みますねぇ〜






DSC_0434

最後は揚げ物系や肉類を食べまくり!夕食はビール2杯に日本酒2本飲んで美味しい料理を堪能しました。






DSC_0438

食後少し休憩して2回目の温泉です!露天風呂はこんな感じでした。







DSC_0435

   家族旅行は楽しい〜 (^∀^)v



       就寝 zzz




5時起床〜 朝からゆったり温泉に浸かって朝食バイキング!






DSC_0440

まずは和食から いろんな料理があるからいっぱい食べてしまうんですよねぇ〜






DSC_0441

   朝は軽めなの v(^∀^) イェーイ! 





DSC_0442

 和食をガッツリ食べた後は少し洋食系を・・・ 

  でもバイキングはあかんわ〜 

   食べ過ぎてまう。

    でも美味しい〜


1泊2日の短い時間でしたが、温泉に入ってバイキングを堪能し家族団欒で楽しいひと時を過ごす事ができました。






DSC_0444

チェックアウトして、ホテルの近くでSL大樹を見て鬼怒川を後にしました。


おわり


0714 0408

tanjo0711 at 22:22|PermalinkComments(0)

2021年10月04日

日光市のドライブインニュー三沢に行く!

DSC_0060

昨日、日光にツーリングに行った時に旧栗山村で現在は日光市のドライブインニュー三沢で昼食を食べたので紹介します。






DSC_0065

店内はこんな感じで、近くの山で獲れる動物の剥製でしょうか?剥製やキノコの写真がたくさん飾られていました。座席は4人掛のテーブル席が6席に座敷にはテーブルが4席ありました。






DSC_0062

お店のメニューです。丼物やカレーライス・うどん・蕎麦・ラーメン・定食と一通り揃っていますが、メニューは少なめです。






DSC_0068

注文したのは唐揚げ定食(750円)です。唐揚げ定食は唐揚げにポテトサラダと大量のキャベツの千切り・ご飯と味噌汁・漬物が付いています。唐揚げは衣がサクサクしていて肉は柔らかく普通に美味しかったです。キャベツの千切りが大量に付いてくるので野菜不足の方には良いかもしれませんね。山奥の田舎で安い値段で素朴な定食が食べれて良かったです。






DSC_0061




「ドライブインニュー三沢」





◎営業時間/11:00〜15:00


◎定休日/不明


住所/栃木県日光市上栗山719



tanjo0711 at 23:57|PermalinkComments(0)

2021年07月04日

日光市の大江戸温泉物語・日光霧降に行く!

DSC_9259

昨日今日と1泊2日で近場ですが、栃木県日光市の霧降高原にある大江戸温泉物語・日光霧降に泊まりに行きました。







DSC_9261

今回泊まった部屋です。洋室のメゾネットタイプで室内は広々としてます。






DSC_9274

      螺旋階段を登ると・・・




DSC_9262

上にもう一部屋あります。部屋はメチャ広いけど座敷がないので、私的には何か落ち着きませんね。







DSC_9270

チェックインしてまず最初に温泉行きました。







DSC_9271

露天風呂です。温泉は建物の最上階の6階にありますが・・・





DSC_9272

常に霧が立ち込めていて景色は見えません。さすが霧降と言う地名なだけありますね。滞在中ずっと霧が出てました。






DSC_9263

風呂上がりは無料ラウンジに行きました。ここではチェックインから22時までビールや酎ハイ・ハイボール・ジュースなどが無料で飲めます。






DSC_9264

温泉の後はメインイベント!ディナーバイキングです!






DSC_9266

まずは日本酒が飲みたいので、和食を中心にチョイス!





DSC_9265

飲んだ酒は地元・日光地酒で片山酒造「日光路・本醸造」です。地元の食材で日光湯葉や関東で一番気温の下がる場所・日光市土呂部で育てられてるヤシオマスの刺身などご当地の食材を使った料理もあってメチャ美味しいです。





DSC_9268

次に中華系とご当地食材は、栃木県那珂川町のブランド猪肉・八溝ししまるを使った猪汁を食べました。




DSC_9267


 ディナーバイキング 美味しい〜 
(^∀^)v







DSC_9269

最後の〆は宇都宮餃子や餡かけ焼きそばなどなど、腹に溜まるものたべまくり! 特に甘エビとローストビーフが美味しかったので食べまくりました! ここのディナーバイキング時間は17時〜20:30でその間、時間制限が無いのでゆっくり食べれるのが嬉しいですね。


食後は無料ラウンジのビールを何度も取りに行ってビールを飲みながら、子供達が最近熱中している将棋をして遊びました。





DSC_9276

寝る前にまた温泉に入りましたぁ〜 夜遅かったので貸切状態でした。

  
    そして爆睡〜 zzz







DSC_9277

朝6時起床〜 朝風呂に入って、遠くへ行きたいを見て、

    
      朝食バイキングで朝からガッツリ!



自分で具材をチョイスする海鮮丼が美味かった!







DSC_9278

次に洋食系も・・・ 海鮮丼が美味しいので3杯とウインナーを20本くらい食べまくってお腹いっぱいです。


食後はチェックアウトが11時なのでそれまで、また温泉に入ったりしてのんびりしました。短い時間でしたけど家族団欒で楽しいひと時を過ごせて幸せでした。(^∀^)



おわり

0714 0408



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 栃木県情報へ
にほんブログ村

tanjo0711 at 15:02|PermalinkComments(0)

2021年05月16日

日光市の奥鬼怒温泉・加仁湯に行く!

DSC_8793

今日は朝からハイキングを兼ねて栃木県日光市にある、関東最後の秘湯とも呼ばれている奥鬼怒温泉郷加仁湯に行きました。車で行けるのは、今は無き夫婦渕温泉が存在した夫婦渕駐車場までで、そこから先は奥鬼怒歩道(山道)を歩きます。






DSC_8795

山道の他に奥鬼怒スーパー林道がありますが、日光国立公園内で環境保護の為か?一般車両は入れなくて工事車両や関係者の車しか立ち入れません。奥鬼怒温泉の宿泊利用者のみ宿屋の送迎者で入れるみたいです。




DSC_8797

熊が出るのは怖いが、注意しながら加仁湯を目指します。







DSC_8796

山道は鬼怒川の源流を沿いを歩くので、景色の良い所も結構ありました。






DSC_8799

途中で昼食〜 

自然の中で食べるおにぎりは美味しい〜^^





DSC_8802




DSC_8804

4.5劼了各擦鯤發事、1時間半 奥鬼怒温泉郷の加仁湯に到着です! 加仁湯には異なる5つの源泉があり、いろいろな温泉が楽しめます。また入口の右手にある小さな屋根は足湯で無料で利用できます。






DSC_8805

加仁湯館内の休憩所です。近隣の山で獲れた熊などの剥製が飾られていました。大自然の中にある宿屋ならではの光景ですね。






DSC_8807

まず最初に入ったのは第三露天風呂で、ここは混浴になります。





DSC_8806

硫黄の臭いが強いにごり湯で景色が良く、湯温も高温では無いので入りやすかったです。






DSC_8811

次に入ったのがカモシカの湯で小さな浴槽で、この湯は無色透明で湯温は熱めでしたが景色が良く開放感があります。





DSC_8810

次は第二露天風呂でここも混浴でした。湯温はぬる目で長く入るにはここが一番良いかもしれませんね。





DSC_8812

館内には飲泉所がありここで温泉が飲めます。硫黄の臭いがあり少し苦味がありますが、適量を飲むとカラダに良いそうです。





DSC_8813

最後に入ったのは館内にある内湯でここは男女別でここだけに洗い場が設置されていて洗髪などができます。適温のにごり湯でした。


残念ながら第一露天風呂は女性専用の為入れませんでしたが、5つの温泉の内の4つを堪能しました。館内では他のお客さんは2〜3人しか見かけず、温泉はほぼ貸切状態でゆったりできました。温泉を移る度に服を着るのが大変でしたが素晴らしい温泉を楽しめました。







「奥鬼怒温泉・加仁湯」




☆日帰り入浴


◎営業時間/9:00〜15:00


◎料金/大人800円 小学生500円


住所/栃木県日光市川俣871





奥鬼怒温泉・加仁湯のホームページ


0714 0408

tanjo0711 at 18:49|PermalinkComments(0)

2020年09月12日

日光市のきぬ川ホテル三日月に行く!

DSC_7241

今日はなんやったけ?go toトラベル? を利用して近場ですが、日光市の鬼怒川ホテル三日月に1泊2日で家族旅行に来てます。





DSC_7242

部屋から見た鬼怒川です。昨日のゲリラ豪雨の影響で増水して水が濁ってます。




DSC_7243

こちらも部屋から見た東武鬼怒川温泉駅です。駅の手前にあるのがSLの転車台でちょうどタイミング良くSL大樹も停車していて、特急のスペーシアも走ってきました。




DSC_7244

15時にチェックインして、プールで遊んで温泉に入ってお楽しみのディナーバイキングです!




DSC_7246

バイキングでは和洋中メニューが充実していました。




DSC_7255

特にここ鬼怒川のホテル三日月では栃木の食材にこだわってて栃木八珍が味わえます。



DSC_7247

実は昨日、鱈腹食べてブログにも載せたヤシオマスがありました。





DSC_7248

飽きずに今日もヤシオマスをガッツリ頂きます!その他に日光の湯葉刺しや、湯葉のにぎり寿司・鯉の洗いもありました。



DSC_7249

まずはヤシオマスを食べながら生中を飲みました。






DSC_7245

私の大好きな鮎の塩焼きもあり、テンションあがります!





DSC_7250

次に鮎の塩焼きとステーキ等を食べながら、日本酒は益子町の燦爛の辛口を飲みました。




DSC_7251

キリッとした辛口で飲みやすく結構美味しかったです。





DSC_7252

次に那珂川町で養殖されてる本モロコの唐揚げを始めエビチリ等の中華とバイキングの定番、カニです!何かPUFFYを思い出した・・・ ♪カニ食べ行こう〜 ^^




DSC_7253

次にまたまた、ヤシオマスと鯉の洗いをおかわり〜  鬼怒川と言えばこれだぁ!もしかしたら遠藤鯉店から仕入れてるのかなぁ? どちらも美味しく日本酒が進んで仕方ないです。美味い!





DSC_7254

最後の〆は宇都宮餃子に佐野ラーメン・鹿沼のニラ蕎麦・栃木市のじゃがいも入り焼きそば・那珂川町のブランド猪肉・ししまるを使った汁物を堪能しました。どれもメチャ美味しく栃木の美味いもんを一度に味わえて最高でした。

もうお腹いっぱいで動けないので、部屋でテレビ見ながら軽く飲んで寝ま〜す! 明日は朝風呂に入って朝食バイキングに挑みます!

ではおやすみ〜



DSC_7256


  家族旅行は楽し〜い! (^∀^)v

0714 0408

tanjo0711 at 21:55|PermalinkComments(0)

2019年11月02日

日光市・奥鬼怒方面ツーリング!

DSC_4331

今日は朝から栃木県日光市の奥鬼怒方面にツーリングに行きました。まずは鬼怒川公園駅近くで東武鉄道のSL大樹を見ました。





DSC_4332

行楽シーズンなのにSL大樹には乗客が15人くらいしか乗っておらず閑散としていました。もしかしたら手前の駅・東武ワールドスクウェア駅でたくさんの乗客が下りたのかもしれませんねぇ・・・




DSC_4338

SL大樹を見た後は東武鉄道の新藤原駅前にある、遠藤鯉店鯉の洗いを買いました。




DSC_4377

鯉の洗い1000円分を購入〜 数えてみたら45切れ入ってて4〜5人前はあります。 さばきたてで新鮮な鯉の洗いがこの量で1000円はありえませんね。



DSC_4374

いつもならが店のおばちゃんが鯉のアラをおまけでたくさんくれました。鯉こくにして食べたいと思います。





DSC_4348

鯉を買った後は国道121号を北上し川治温泉から県道23号線をひたすら鬼怒川沿いを走り、川俣温泉にある間欠泉にやってきました。





DSC_4342

これが川俣温泉にある間欠泉で、約1時間に1回高く源泉が吹き上がりますが、私は20分くらい見てましたが大きくは吹き上がりませんでした。でも10分に1回くらい2〜3メートル小さな吹き上がりはあり、それは見る事ができました。




DSC_4349

川俣温泉から更に鬼怒川を上流の方に進み女夫渕温泉の跡地へ、紅葉が進みとても綺麗ですが寒いです。




DSC_4350

かつてはこの場所に女夫渕温泉唯一の一軒宿・女夫渕温泉ホテルがありましたが、2013年に発生した震度5強の地震で大きく損壊して廃業し女夫渕温泉は残念でなりませんが消滅しました。




DSC_4361

女夫渕温泉の跡地に行った後は、その手前にある平家平温泉の一軒宿・こまゆみの里で温泉に入りました。




DSC_4359

ここ平家平温泉は内風呂は男女別ですが露天風呂は男女混浴です。でも脱衣所は男女別々となっています。




DSC_4353

大自然の中に木をくり抜いた一人用の風呂が4つくらいあります。源泉が直で入っているので結構熱めです。




DSC_4357

メインの露天風呂は岩風呂です。日帰り入浴の始まる時間に行ったので客は私しかおらず貸切でした。




DSC_4358

一人用の木の浴槽に入りながら紅葉の景色が見られるなんて幸せですね。




DSC_4356


DSC_4355

平家平温泉は泉質も良く、少し熱めだが大自然の景色を見ながら入ると癒されます。




DSC_4369

温泉あった後は昼食を食べに川俣温泉の少し手前にある、ちょっと怪しい雰囲気の川俣またぎの里に行きました。店の前の看板には熊や鹿・雉などあまり見慣れない看板がたくさん出ています。




DSC_4362

店の内部です。昭和の匂いがプンプンする店内で客席数も多くやや広い店内ですが、店を切り盛りするのは年老いた店主一人の様です。




DSC_4363

お店のメニューです。店名がまたぎの里と言う名前なので、メニューも熊や鹿・鴨・猪などのまたぎが獲る獲物を使ったジビエ料理ばかりです。





DSC_4364

注文したのは、熊丼(1200円)です!熊丼に味噌汁と自家製と思われる糠の臭いがプンプンする糠漬けが付いています。




DSC_4366

熊丼は熊肉に玉葱・糸こん・ピーマンが入ってて、すき焼きみたいな甘辛い味付けでした。熊肉は少し硬めで、わずかながら癖を感じますが、まぁ普通に美味しかったです。それと糠臭い自家製っぽい糠漬けが意外に美味しかったです。



DSC_4367

〆は鬼怒川で獲れる山椒魚の串焼きです。2匹で400円!食べた感想は意外にあっさりではなく、こってりした感じで癖はなく食べやすいです。メスだった様で腹には卵が入っており、モチモチとした食感でした。山椒魚には味はないのか?タレの味しかしなかったです。



今日は半日ほどでしたが、奥鬼怒の紅葉の景色と温泉、そして奥鬼怒の山の恵み(ジビエ)を堪能できて良かったです。奥鬼怒には気になるお店や場所がたくさんあるのでまた行ってみたいと思います。





人気ブログランキング




にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 栃木県情報へ
にほんブログ村

tanjo0711 at 21:43|PermalinkComments(0)

2018年11月18日

日光市の船場亭に鮎料理を食べに行く!

DSC_2936

今日は仕事が忙しくてUPできなかったが、先週の日曜日に栃木県日光市の鬼怒川の畔にある船場亭に鮎料理を食べに行ったので紹介します。



DSC_2935

落ち鮎の習性を利用した漁法(やな漁)の採捕許可書が掲げられていました。



DSC_2939

やな漁の漁期が10月いっぱいまでだったので、行った日にはやな漁は終わっており、やなの解体作業が行われていました。



DSC_2952

店の前の水槽にはやな漁で獲れた落ち鮎でしょうか・・・? たくさんいました



DSC_2951

やな漁では天然のウナギも獲れるみたいで、数匹のウナギがいました。



DSC_2937

店内の様子です。囲炉裏のある席や座敷、また川べりの鬼怒川が見渡せる景色の良い席がありました。



DSC_2938

店内では炭火で鮎が焼かれていて見るからに美味しそうでした。



DSC_2943

DSC_2942

お店のメニューです。鮎料理をはじめ、ウナギなどの各種川魚料理や田舎料理もやってるので、地元の食材を使った舞茸の天ぷらや鹿刺し・日光のゆば刺しなどもあります。



DSC_2945

まず最初に鮎刺し(1000円)を食べました。鮮度抜群でさばくのが上手なので、出てきた時にはまだ鮎が生きていて口をパクパクさせて動いていました食べた感想は身がコリコリと歯ごたえが良くメチャ美味しかったです。ここで日本酒を飲みたいところですが、この日は運転手だったのでおあずけでした。残念・・・ ちなみに酒は日光地酒・清開でした。



DSC_2947

地元・日光産の舞茸の天ぷら(800円)です。香り・味が良く揚げたての熱々は美味しかったです。



DSC_2940

お次に食べたのが日光ゆば刺し(850円)です。クリーミーで甘みがあって美味しい〜 こちらも日本酒が欲しくなる一品でした。



DSC_2948

最後にメインの鮎A定食(1300円)です。鮎の塩焼き2匹に小鉢・ご飯・味噌汁・漬物が付いています。炭火で焼かれた鮎の塩焼きは表面がカリッと香ばしく美味しいですねぇ〜


今日は船場亭で鮎料理と日光の地の食材を堪能しました。やな漁が見れなかったのは残念ですが美味しい料理が食べれて良かったです。特に鮎の刺身が最高でした!来年はやなが設置されているやな漁の時期に必ず行ってみたいと思います。




DSC_2953




「船場亭」



◎営業時間/10:00〜18:00 ラストオーダー17:00まで

◎定休日/12月〜3月は毎週水曜日

住所/栃木県日光市大渡1057




人気ブログランキング





にほんブログ村



0714 0408

tanjo0711 at 21:05|PermalinkComments(0)

2018年07月15日

1泊2日・日光市の湯西川温泉に小旅行

DSC_2111

昨日、今日と近場ですが、1泊2日で栃木県日光市の湯西川温泉に行ってきました。まず最初に湯西川ダムを見学するツアーに申し込んで、ダム見学をしました。画像は湯西川ダムを真下から見た画像です。




DSC_2110


見学ツアー前の準備体操〜(^∀^)





DSC_2113

ダムの中と外観を見た後は水陸両用車に乗ってダムの中を見学しました。





DSC_2116

水陸両用車は窓が無いので、開放感があり気持ち良いです。






DSC_2117

水陸両用車から見たダムの内側です。




DSC_2120

ダム見学の最後にダムカードも頂けました。





DSC_2121
 
ダム見学の後は宿泊する宿、湯西川温泉のホテル湯西川に行きました。



DSC_2135

到着してまずは、貸切の深い風呂・立ち湯に入りました。




DSC_2136

貸切風呂の他にも一般の露天風呂や屋内の温泉があります。




DSC_2125

温泉に入った後は、お楽しみのディナーバイキングです!和洋中いろいろありました。



DSC_2122

夏のまぐろフェア開催中で、美味しいまぐろの寿司が堪能できました。




DSC_2124

また私の大好きな鮎の塩焼きもあり、テンション上がりました。^^




DSC_2128

酒も飲み放題で日本酒は栃木の酒を提供しており、大田原市の鳳鸞と栃木市の北冠の酒がありました。大吟醸や純米吟醸も飲み放題です。




DSC_2126

燗酒は栃木市の北関酒造の糖類入りの安酒でした。




DSC_2129

まずは和食中心に食べましたが、やっぱ鮎の塩焼きが一番美味しく、日本酒が進みます!




DSC_2130


DSC_2132

洋食系も充実していて、味も良く美味しかったです。




DSC_2133

まぐろフェアのまぐろのにぎりが美味しく、3貫入りを5皿15貫食べました。




DSC_2134

いろいろ食べれて嬉しいよぉ〜^^




DSC_2131

〆はカニとホタテの炊き込みご飯です。素材の旨味が出ててメチャ美味しかったです。




DSC_2137

翌日の朝もバイキングで、朝から和食を食べまくりました。^^




DSC_2138

ハム美味しい〜 (^∀^)v


温泉に入ってゆったりして、バイキングで食べまくりの1泊2日でした。体重がホテルに着いた時と帰る時とでは、2.5kgも違ってたのには驚き!!!食べまくりで体重2.5kg増!(泣) 明日から摂生しなければ・・・・^^ でも家族で楽しいひと時を過ごせました。






 ← 栃木県情報はコチラから
にほんブログ村

0408 0714


tanjo0711 at 23:18|PermalinkComments(0)

2017年04月19日

久々に鬼怒川の遠藤鯉店に鯉を買いに行く!

遠藤鯉店 (4)

今日は日曜日続きまた日光市に行って、久々に遠藤鯉店に鯉を買いに行きました。




遠藤鯉店 (2)

遠藤鯉店の生簀です!元気に鯉が泳ぎ回っていました。 

水は店の横を流れる鬼怒川から引き込んでるそうです。



遠藤鯉店 (1)

私が店を訪れた時にちょうど水揚げされたばかりの元気な鯉が箱の中でバタバタと暴れていました。そして店のおっちゃんが鯉をおとなしくさせる為に、棍棒で鯉の頭を叩いて失神させていました。失神した鯉はまな板の上にのせられ、さっきまでバタバタと暴れてたのが嘘の様におとなしくしてました。これぞ本当の「まな板の鯉」やなぁって思いました。(^∀^)



遠藤鯉店 (5)

今回、購入したのは鯉の洗い1000円分で、黄色いのは付属の自家製の酢味噌です。鯉のアラは無料で頂いたので鯉こくを作ろうと思います。



遠藤鯉

鯉の洗い!美味しそうでしょ〜う!(^∀^)

遠藤鯉店の鯉は臭みが無く美味しくて、しかも安い!

これだけ入って1000円ですよ!素晴らしい〜



遠藤鯉店 (3)




「遠藤鯉店」


◎営業時間/不明

◎定休日/不明


住所/栃木県日光市藤原312




人気ブログランキングへ




  ← 栃木県情報はコチラから
にほんブログ村




tanjo0711 at 20:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月17日

日光・川治温泉の福助屋に行く!

福助屋 (1)

今日は昨日、川治温泉に行った時に昼食を食べた、川治温泉街にある大衆食堂「福助屋」を紹介します。福助屋は川治温泉街を流れる男鹿川の川べりの高台にあります。画像は川沿いの遊歩道から撮ったものです。



福助屋 (2)

福助屋は温泉街の中心部を走る国道と温泉がある男鹿川との間の狭い路地にある食堂で、あまり人目につきませんが、レトロな雰囲気を放っています。



福助屋 (4)

福助屋のメニューです。結構メニューが豊富です!



福助屋 (5)

まず最初に注文したのが、焼そば(600円)です。昔ながらの目玉焼きがのった焼そばで、具はキャベツと豚肉のみのシンプルな具材で味は薄味でしたが、まぁまぁ美味しかったです。



福助屋 (6)

 
  焼そばメッチャ美味し〜い!(^∀^)




福助屋 (7)

次に頼んだのは、名物らしい・・・ 温泉ラーメン(750円)です。具はチャーシューに玉子・ワカメ・メンマ・ナルト・海苔・ネギが入っています。食べた感想はシンプルなアッサリ醤油味で、家で作る手作りラーメンみたいな、素朴な味わいでした。




福助屋 (3)



「福助屋」



◎営業時間/10:00〜21:00


◎定休日/不定休


住所/栃木県日光市川治温泉高原50-2





人気ブログランキング




  ← 栃木県情報はコチラから
にほんブログ村

0714




tanjo0711 at 21:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月16日

日光の川治温泉・薬師の湯に行く!

image

今日は日光市の川治温泉にある共同浴場・薬師の湯に行きました。

画像は男鹿川の川べりにある薬師の湯の男女混浴の露天風呂・岩風呂です。

薬師の湯には男女別の内湯と男女混浴の露天風呂とがありますが、今日は設備不良の為か・・・?現在は日曜日だけ入る事のできる混浴の露天風呂・岩風呂に入りに行きました。



薬師の湯

内湯のある建物で料金を払い露天風呂にはいります。料金を払うと内湯と露天風呂の両方を入る事ができます。入浴料は大人510円ですがJAFカードを提示すると日光市民料金の300円と同じになり210円引きでかなりお徳です!



image

露天風呂は2つあり、脱衣場横には大きめの風呂がありました。



image

  
   お湯が綺麗で気持ち良い〜(^∀^)



image

川のすぐ横にある、もう一つ風呂です。こちらの湯はかなりぬるくて長時間浸かっていられます。



image

薬師の湯の露天風呂は屋外の温泉としては清潔で湯がとても綺麗でした。でも観光客が歩く遊歩道沿いにあって道からは丸見えなので、抵抗のある方には不向きかもしれませんが、解放感があってとても気持ち良かったです。気になる方は是非、川治温泉の薬師の湯に行ってみて下さ〜い!癒されますよ!(^∀^)




「薬師の湯」



◎営業時間/10:00〜21:00


◎定休日/水曜日 祝日の時は翌日

  12月30日〜1月5日までは無休

※現在、混浴露天風呂は日曜日のみ営業


◎料金/一般510円 小学生250円 幼児無料

     日光市民/一般300円 小学生150円


住所/栃木県日光市川治温泉川治278番地2



  ← 栃木県情報はコチラから
にほんブログ村

0714

tanjo0711 at 23:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年11月16日

日光の松月氷室に天然氷のかき氷を食べに行く!

松月氷室 (1)

もう冬ですが日光市にある松月氷室に天然氷で作ったかき氷を食べに行きました。夏場は観光客で行列ができてる松月氷室ですが、この時期の夕方に行ったのでお客は私たちだけでした。



松月氷室 (2)

店内には天然氷を作る様子を撮った写真が飾られていました。



松月氷室 (3)

松月氷室では色々なかき氷の種類があり、私が大好きな味は「ミルクココア」味で値段は600円! 最近はこればっかり食べてます!(^∀^) 練乳とココアパウダーが天然氷のフワフワな氷にマッチしてメッチャ美味しいんです!どこかティラミスに似た味わいがあります! 食べてみたい方は是非、日光の松月氷室へ


「松月氷室」

◎営業時間/11:00〜18:00

◎定休日/月曜日 月曜日が祝日の時は営業翌火曜日休業

住所/栃木県日光市今市379


   ← 栃木県情報はコチラから
にほんブログ村

0714

tanjo0711 at 20:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年11月15日

日光のにっこう茶屋・かなめやで、ヤシオマスを食べる!

かなめや (3)

今日は日光方面に遊びに行ったので、昼食に日光の道の駅にある「にっこう茶屋・かなめや」に行きました。


かなめや (1)

メニューを見て気になった料理は、やしお鱒と秋鮭いくら親戚丼です!ヤシオマスは私もちょくちょく食べていますが、ヤシオマスは栃木県水産試験場で品種改良されたニジマスで、身の色が県花のヤシオツツジの花の色に似ている事から命名されたらしいです。ヤシオマスの脂にはDHAやEPAを多く含むのでカラダに良いそうですよ。



かなめや (2)

ここの店、地元日光の食材を多く取り入れていて、小鉢のきのこと小松菜のお浸しや漬物・デザートのわらびもちも美味しかったです。さすがに秋鮭のイクラは地元の物じゃないですけど、やしお鱒はいつもながら癖が無く美味しかったです。これで1500円なら結構満足ですね。


「にっこう茶屋・かなめや」

◎11:00〜19:00

◎定休日/無休らしい・・・

住所/栃木県日光市今市719-1



  ← 栃木県情報はコチラから
にほんブログ村

tanjo0711 at 20:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年02月24日

日光の半月山で鹿狩りをする。

山

 

今日は知人のハンターの人達と3人で日光市にある半月山に鹿狩りをしに行きました。中禅寺湖の畔に車を止めて半月山展望台を目標に雪山を歩き回りました。そして画像は半月山展望台から撮った写真です。手前の山が足尾銅山で有名な山で、地平線の奥の方には薄っすらと小さく富士山も見えます。

鹿狩り

 

知人のハンターが鹿を仕留めたので、雪山の崖を注意しながら降りてその場で鹿を解体・・・ その前に!! 鹿狩りを補佐した記念に一枚撮ってもらいました。^^ 

鹿狩り (1)

 

解体した鹿肉は部位ごとに袋に詰めて、重いのでソリに乗せて運びます。あと雄鹿だったので角も忘れずに持ち帰りました。

鹿狩り (2)

 

荒く解体して持ち帰った鹿肉は筋や不要部位を取り除いて血抜きをします。食べきれない分は冷凍保存します。私も少し肉を分けてもらったので食べてみたいと思います。



tanjo0711 at 17:35|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2013年01月20日

ラーメン大好き!NO.145

らーめん・ききょう (1)

 

今日は鬼怒川温泉に行く道中、昼食に日光市内にあるラーメン屋「めん屋ききょう」でラーメンを食べました。


らーめん・ききょう (2)

 
ここのラーメンは塩味がお勧めで、スープは栃木軍鶏(シャモ)とモンゴル産の自然塩で作ったシンプルなあっさりラーメンです。私は「塩ねぎラーメン」(700円)を食べました。画像では具はネギしか無い様に見えるが、ネギの下に山クラゲと茎わかめ、そしてチャーシューが1枚隠れています。味は超シンプルなアッサリ味ですが、栃木軍鶏の出汁の旨みを感じ、美味いスープが麺に絡んで結構美味しかったです。こってりラーメン好きな方には物足りないラーメンですが、あっさりとしたラーメンが好みな方にはお勧めです。




◎無料トッピング/なし

◎営業時間/11:30〜14:30  17:00〜20:00

◎定休日/木曜日

住所/栃木県日光市倉ケ崎212-16

ラーメンマニア評価☆☆






tanjo0711 at 19:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年06月28日

栃木の酒!清開を飲む!

清開・純米酒 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 








「今日の晩酌!VOL.877」
今日は日光市内にあるスーパー・かましん今市店1050円で購入した、同市にある蔵元・渡邊佐平商店の醸す酒「自然醸・清開・純米酒」を飲みました。実は酒蔵は酒を購入したスーパーの真横にあるんです!^^ スーパーの方が気軽に入れて安そうだから・・・(汗) 飲んだ感想はやや淡麗の辛口で酒に少し苦味があり、後味に強めの酸味が残ります。若い酒なのか・・・?あまり熟度を感じず味が乗ってない感じで旨みが乏しいです。ぬる燗を付けてみると辛くて少し薄っぺらい感じもしますが、米の旨みが出てきて燗映えして結構美味しいです。私的にはこの酒は冷よりぬる燗ですねぇ〜






清開・純米酒 (1)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 









◎原材料名/米(国産)・米こうじ(国産米)

◎精米歩合/65%

◎アルコール分/14度以上15度未満



渡邊佐平商店1206 (1)

 


株式会社 渡邊佐平商店




栃木県日光市今市450




清開菰樽

 

 




栃木県酒造組合(酒々楽)のホームページ




    栃木の酒で乾杯!

   以前に飲んだ栃木の酒の記事はコチラ!






tanjo0711 at 21:06|PermalinkComments(0)

2012年06月18日

栃木の酒!日光路を飲む!

日光路・本醸造

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 







「今日の晩酌!VOL.874」
今日は東武日光駅近くにある酒屋さん「米源」420円で購入した、日光市(旧今市市)の蔵元・片山酒造の醸す酒「日光路・本醸造」を冷酒で飲みました。片山酒造と言うと原酒が主力商品で「柏盛」の銘柄で販売していますが、加水した酒は「日光路」の銘柄で販売している様です。飲んだ感想はやや淡麗の少し辛口の酒で、飲んでてあまり特徴を掴めなく当たり障りの無い酒で、まぁ普通に美味しい酒でした。





◎原材料名/米・米麹・醸造アルコール

◎精米歩合/65%

◎日本酒度/+2

◎アルコール分/15度以上16度未満



片山酒造1206 (1)

 

片山酒造株式会社



栃木県日光市瀬川146-2




栃木県酒造組合(酒々楽)のホームページ



    栃木の酒で乾杯!

   以前に飲んだ栃木の酒の記事はコチラ!





tanjo0711 at 18:06|PermalinkComments(0)

2012年02月03日

原酒のカップ酒を飲む!

柏盛・原酒カップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はJR宇都宮駅にある「えきの市場」420円で購入した日光市にある蔵元・片山酒造の醸す酒「柏盛・原酒」のカップ酒を飲みました。私が前から思っている事なんですが、今日飲んだ片山酒造の酒は、どの酒も他社の酒に比べて価格設定が高く高価なんです!原酒と言えどもカップ酒1本で420円は高すぎです!飲んだ感想は濃醇な甘辛い酒で、アル添酒の原酒なので後味はアルコール辛いですが、熟成された旨みを感じる酒です。値段は高いが結構美味しい酒でした。


◎原材料名/米・米麹・醸造アルコール

◎アルコール分/19,0度以上20,0度未満

片山酒造株式会社

栃木県日光市瀬川146-2




tanjo0711 at 20:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年10月18日

栃木の酒!柏盛を飲む!

柏盛・大吟醸原酒・ほほえみ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 







「今日の晩酌!VOL.810」
今日は栃木県庁の近くにある「おいでよ!とちぎ館」で確か3450円くらいで購入した、栃木県は日光市にある蔵元・片山酒造の醸す酒「柏盛・大吟醸原酒・ほほえみ」を冷酒で飲んだ!白のフロスト壜に入っているので、酒の色が琥珀色に見えます。味はほのかにフルーティーな吟醸香の香るやや辛口の酒で、スッキリと飲み口が良く原酒とは思えないまろやかさがありました。そして香りがある酒のだが後味にはしっかりとした旨みも感じられる酒で美味しかったです。





◎原材料名/米・米麹・醸造アルコール

◎精米歩合/45%

◎アルコール分/17度以上18度未満




58e2c00d

 

片山酒造株式会社



栃木県日光市瀬川146-2


(片山酒造のホームページ)





栃木県酒造組合(酒々楽)のホームページ




    栃木の酒で乾杯!

  以前に飲んだ栃木の酒の記事はコチラ!






tanjo0711 at 18:50|PermalinkComments(0)