川魚料理

2021年05月23日

白河地酒・千駒の本醸生貯と肴は西郷村の林養魚場ますつり公園で釣ったニジマス!

千駒・本醸生貯涼泉

今日は福島県西郷村にあるイオン白河西郷店367円で購入した、白河市の酒蔵・千駒酒造の酒「千駒・本醸造生貯蔵酒・涼泉」を冷酒で飲みました。酒は本醸造ですが精米歩合60%の削り込んだ米を使用していてアルコール度数は15度台で標準です。飲んだ感想はやや淡麗のスッキリとしたやや辛口の酒で、後味は辛さが消えて甘味が口の中に広がり旨味もしっかりとあってとても美味しかったです。




◎原材料名/米(国産)・米麹(国産米)

◎精米歩合/60%

◎アルコール分/15度以上16度未満

◎内容量/300㎖







千駒酒造



製造者



千駒酒造株式会社




福島県白河市年貢町15番地1






福島県酒造協同組合のホームページ







ニジマス刺身

今日の肴は福島県西郷村の林養魚場・ますつり公園で持ち帰りしたニジマスの刺身です。食べた感想は癖が無く脂がのってて旨味があってメチャ美味し〜い!日本酒がほんと進みます。





ニジマスフライ

フライは美味しいけど日本酒にはちょっと合わないので、飲んだ後にご飯と一緒に食べました。



tanjo0711 at 23:35|PermalinkComments(0)

福島県西郷村の林養魚場・ますつり公園に行く!

林養魚場

今日は福島県西郷村にある林養魚場・ますつり公園に行きました。







釣り堀

ここ林養魚場のますつり公園は敷地内に大きな生簀が6つもあり、そこで泳ぐニジマスやイワナ釣って店内で調理してもらって食べる事ができます。ホンマかどうかはわかりませんが、看板には日本一の養魚場と書かれていました。






鱒釣り

 
  がんばってニジマスを釣るぞぉ〜






DSC_8843


  ニジマス釣れたぁ〜 (^∀^)v






DSC_8840

  
   僕も釣れたけど魚が怖い〜 (泣)






DSC_8842


  イェーイ ニジマス釣れたぁ〜 (^∀^)v







にじます亭

釣った魚は生簀の横にある、にじます亭で魚の重量を計量して魚の代金と調理賃を支払って店内で食べる事ができます。






鱒料理

今日は子供たちがニジマスを大小合わせて7匹釣って、刺身・塩焼き・フライに料理してもらいました。新鮮なニジマスはどれもメチャ美味しいです!






鱒刺身

特に最高なのが刺身!身はコリコリで臭味が全く無くて旨味があって美味い!美味過ぎる!あぁ〜 日本酒が飲みたい!でも今日は運転手なので、この刺身をおかずに丼飯を2杯半食べました。ちょっと食べきれないくら釣り過ぎたみたいで、数匹は刺身とフライにしてもらい持ち帰り用にしてもらったので、今晩家で日本酒を飲みながらじっくり楽しみたいと思います。


0714 0408

tanjo0711 at 18:55|PermalinkComments(0)

2021年05月17日

栃木地酒・大那の無加圧搾りと肴は鬼怒川の遠藤鯉店の鯉!

大那・無加圧搾り

今日は栃木県大田原市の酒蔵・菊の里酒造の酒「大那・純米吟醸・無加圧搾り無濾過生酒」を冷やして飲みました。原料米は地元・大田原産の酒造好適米・吟のさとを精米歩合55%まで磨いて使用しています。飲んだ感想は華やかなフルーティーな吟醸香の香るやや甘口の酒で飲んでてガス感があってシュワシュワとします。生酒特有の麹バナがあってフレッシュな感じと後味には旨味がしっかりとあってとても美味しかったです。




◎原材料名/米(国産)・米麹(国産米)

◎原料米/栃木県大田原産・吟のさと100%使用

◎精米歩合/55%

◎アルコール分/16度

◎内容量/720㎖








菊の里



菊の里酒造株式会社



栃木県大田原市片府田302-2



栃木県酒造組合(酒々楽)のホームページ


 栃木の酒で乾杯!


以前に紹介した栃木の酒の記事はコチラ!









遠藤鯉店

今日は日光市鬼怒川の遠藤鯉店鯉の洗いを買いに行きました。






鯉生簀

鬼怒川の水を引き込んだ生簀には鯉が元気に泳ぎ回っていました。






鯉の洗い

今回は鯉の洗い1000円分を購入〜 

自家製の酢味噌と鯉のアラをサービスで頂きました。







鯉の洗い2

遠藤鯉店の鯉の洗いは鬼怒川の綺麗な水で育てられているので、臭味が無く適度に脂がのってて旨味があって特製の酢味噌に付けて食べるとサッパリとしてメチャ美味しく日本酒が進みます! 40切れくらい入ってて1000円は安過ぎますね。





鯉の煮付け

頂いた鯉のアラで鯉の煮付けを作りました。腹の部位を使ったので脂がのっててトロっとしててメチャ美味しいです。





鯉こく

そして鯉のアラでもう一品 自家製の4年熟成味噌を使い背骨の部位と白子とセリで鯉こくを作りました。骨から出汁が出て白子はフワフワと旨味があって美味しく味噌との相性は抜群で飲んだ後の〆にはもってこいでした。

tanjo0711 at 21:50|PermalinkComments(2)

2021年05月09日

千葉地酒・五人娘の純米生酒と肴は千葉県産の鯉の洗い!

五人娘・純米酒

今日は千葉県香取郡神崎町にある道の駅・発酵の里こうざき600円で購入した、同町の酒蔵・寺田本家の醸す酒「五人娘・純米生酒」を冷酒で飲みました。自然酒で有名な寺田本家のこの酒、無農薬栽培の米を精米歩合70%に精米し、酵母無添加で自然の蔵付き酵母の力で生酛造りで仕込まれた純正の自然酒です。飲んだ感想はやや淡麗の酵母無添加の天然の生酛の独特な酸味がある、やや辛口の酒で少しどこか漬物の糠漬けを思わせる味わいがあります。スッキリとしててフレッシュ感と旨味もあってこれはこれで美味しい酒でした。





◎原材料名/米(国産)・米麹(国産米)

◎精米歩合/70%

◎アルコール分/15度

◎内容量/300㎖







寺田本家



製造者



株式会社 寺田本家




千葉県香取郡神崎町神崎本宿1964






寺田本家2



鯉洗い

今日の酒の肴は酒と同じく道の駅で買った、神崎町の割烹ぐんじの神崎町産の鯉の洗いです。






鯉の洗い

1パック300円と安い分、5切れ入っていませんが一切れ一切れが肉厚で食べ応えがあり、噛めば旨味があって身の締まった歯ごたえのある食感で、付属の酢味噌でサッパリと食べるとメチャ美味しかったです。

tanjo0711 at 21:59|PermalinkComments(0)

2021年03月29日

加須地酒・亀甲花菱と肴は加須市の八百善三俣支店で買った鯉の洗い

亀甲花菱・特純

今日は埼玉県加須市の酒屋さん・かめや酒店1310円で購入した、同市の酒蔵・清水酒造の酒「亀甲花菱・特別純米酒」を飲みました。酒は精米歩合60%の米で仕込まれててアルコール分は15度です。飲んだ感想は淡麗の軽い口当たりのやや辛口の酒で、飲んでて少しツワリ香があるやや不快に感じる酸味と苦味が口の中に残ります。旨味はあまり感じられず期待した味とは違いイマイチでした。ちょっと亀甲花菱の上撰や金印の様な旨味ののった酒を期待していただけに残念でした。





◎原材料名/米(国産)・米麹(国産米)

◎精米歩合/60%

◎アルコール分/15度

◎内容量/720㎖







清水酒造7



製造者




清水酒造株式会社




埼玉県加須市戸室1006





埼玉県酒造組合のホームページ








八百善三俣支店

今日の酒の肴は加須市の鮮魚店・八百善三俣支店で買った群馬県板倉町産の鯉の洗いです。






鯉の洗い9

付属の酢味噌に付けて頂きます。洗いは厚切りで歯ごたえがあり、噛むと鯉の旨味があって酢味噌でサッパリとした味わいでメチャ美味しかったです。

tanjo0711 at 21:15|PermalinkComments(0)

2021年03月11日

茨城地酒・府中誉と肴は霞ヶ浦産の鯉のうま煮

府中誉・特醸

今日は茨城県鉾田市のスーパー、カスミ大洋店1037円で購入した、石岡市の酒蔵・府中誉(株)の酒「府中誉・特醸酒」を飲みました。酒は特定名称酒の表示が無いので糖類無添加の普通酒と思われますが、原料米の米の精米歩合は60%と高精白で直汲み壜燗火入れをしたこだわりのある普通酒で壜は王冠口の壜を採用しています。飲んだ感想はやや淡麗の辛口の酒で直汲みで壜燗火入れだからでしょう。壜内に発酵過程で生じた炭酸ガスが残ってるので少しシュワシュワとしたガス感を感じます。飲んでて酒は比較的綺麗ですが、後味にはアルコール辛さがカーッときて苦味もありますが、辛さの中に旨味も感じられる酒で美味しかったです。





◎原材料名/米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール

◎精米歩合/60%

◎アルコール分/15度

◎内容量/720㎖








府中誉酒蔵



製造者



府中誉株式会社




茨城県石岡市国府5丁目9番32号







鯉うま煮

今日の酒の肴は行方市ののはら水産が製造する、霞ヶ浦産の鯉を使った鯉のうま煮です。






鯉うま煮

食べた感想は甘辛い味付けで身は少しパサパサした感じがしますが、中に詰まってる卵や内臓は旨味があって脂ものっててメチャ美味しかったです。

tanjo0711 at 20:38|PermalinkComments(0)

2021年03月07日

つくば地酒・男女川の純米吟醸生酒と肴は行方産の鯉の洗い

男女川・純米吟醸生酒

今日は茨城県つくば市の酒蔵・稲葉酒造869円で購入した酒「男女川・純米吟醸生酒」を冷やして飲みました。酒のラベルには精米歩合55%としか書かれておらず原料米の表示はありませんが、HPを見てみると掛米麹米ともに原料米は地元・つくば市産の五百万石と紹介されていました。飲んだ感想は薄っすらとフルーティーな吟醸香の香るやや辛口の酒で新酒の生酒特有の麹ばなを感じ、後味は旨味と甘くてジューシーな味わいが広がって高価な酒ですが、とても美味しかったです。




◎原材料名/米(国産)・米麹(国産米)

◎精米歩合/55%

◎アルコール分/15度

◎内容量/300㎖







稲葉酒造



製造者



稲葉酒造 代表:稲葉伸子




茨城県つくば市沼田1485番地








鯉の洗い7

今日の酒の肴は行方市の道の駅たまつくりで買った、行方市産の鯉の洗いです。






鯉の洗い

食べた感想は癖の無い歯ごたえのある食感で、適度に脂がのってて噛むと旨味が出てきて辛子酢味噌でサッパリと食べるとメチャ美味しかったです。

tanjo0711 at 22:18|PermalinkComments(0)

2021年03月04日

青森地酒・作田と肴は十和田湖産のわかさぎトバ

作田・純米吟醸

今日は青森県七戸町の酒蔵・(株)盛田庄兵衛の醸す酒「作田・純米吟醸」を冷やして飲みました。酒は酒蔵の隣にある酒屋さん・かわさく酒米店660円で購入。この作田の銘柄は青森南部の8軒の酒販店で作る「よっきりの会」の限定販売の商品です。ラベルには書かれていませんでしたが、頂いだ冊子には原料米は精米歩合55%に磨いた青森県産の「華吹雪」と「レイメイ」を使用と書かれていました。飲んだ感想は少しフルーティーな吟醸香のある、やや濃醇な甘口の酒で飲んでて酒が濃く熟成した旨味がタップリと感じられる酒でとても美味しくて驚きました。これは美味い!◎





◎原材料名/米(国産)・米こうじ(国産米)

◎精米歩合/55%

◎アルコール分/16度以上17度未満

◎内容量/300㎖







盛田庄兵衛3



製造者



株式会社 盛田庄兵衛




青森県上北郡七戸町字七戸230







酒蔵カード

酒屋さんで酒を買うと盛田庄兵衛の酒蔵のカード「青森地酒カード」がもらえました。店主曰く青森のいろいろな酒蔵のカードがあるみたいで集める人もいるのだとか・・・ 青森と言えば漁師カードが最近人気があるみたいですが、青森地酒カードも人気が出ると良いですね。






わかさぎトバ

今日の酒の肴は青森県の十和田湖産のわかさぎで作ったわかさぎトバです。






わかさぎ

食べた感想はカリッと少しパサパサとした食感で若干川魚独特の癖を感じますが、噛むと旨味が出てきて美味しかったです。

tanjo0711 at 20:22|PermalinkComments(0)

2021年02月19日

郡山地酒・笹の川と肴は西郷村の林養魚場のニジマスの刺身

笹の川

今日は福島県郡山市の酒蔵・笹の川酒造の酒「笹の川・純米酒」を飲みました。酒は精米歩合60%の米で仕込まれててアルコール度数は14度台とやや低めです。飲んだ感想はやや淡麗の苦辛い酒で苦味がいつまでも口の中に残る感じがあります。旨味は少なめですがまぁまぁ美味しかったです。





◎原材料名/米(国産)・米麹(国産米)  

◎精米歩合/60%

◎アルコール分/14度

◎内容量/180㎖







笹の川酒造と貨物



笹の川酒造株式会社



福島県郡山市笹川1丁目178





福島県酒造協同組合のホームページ








にじます

今日の酒の肴は福島県西郷村のまるごと西郷館1080円で購入した同村の林養魚場虹鱒の刺身です。







ニジマス

冷凍なので流水で解凍してわさび醤油で頂きました。食べた感想は少し歯ごたえのある食感で脂がのってて噛むと旨味が口の中に広がり、癖が無いのいくらでも食べんれますねぇ〜 これは美味し〜い 酒がメチャ進みます!

tanjo0711 at 20:56|PermalinkComments(0)

2021年02月18日

御殿場地酒・金明の純米酒と肴は浜名湖産のうなぎ蒲焼の缶詰

金明・純米酒

今日は静岡県小山町の道の駅ふじおやま1310円で購入した、御殿場市の酒蔵・根上酒造店の酒「金明・純米酒」を飲みました。酒は一升壜と同じ王冠口の4合壜を採用してて、原材料の米は精米歩合60%で純吟並みの精白です。飲んだ感想はやや淡麗に感じる辛口の酒で、心地良い酸味があり後味はほのかに甘味も感じられて淡麗ながら旨味も適度にあって美味しかったです。また燗を付けると旨味がまして燗も美味しかったです。





◎原材料名/米(国産)・米麹(国産米)

◎精米歩合/60%

◎アルコール分/15度以上16度未満

◎内容量/720㎖







根上酒造



製造者



株式会社 根上酒造店




静岡県御殿場市保土沢850-4






金明酒蔵




うなぎ蒲焼缶詰

今日の酒の肴は静岡県浜松市の浜名湖食品が製造するうなぎ蒲焼の缶詰です。原料の鰻は地元・浜名湖産を使用していて値段はドンキで1缶1058円でした。ちょっと高価だが国産ウナギを使用しててこだわりを感じます。






浜名湖食品

缶切りで蓋を開けると鰻は紙で包まれていました。身崩れ防止なのかなぁ・・・






うなぎ蒲焼き

包まれてる紙を剥がしレンチンで30秒ほど温めて頂きます。食べた感想はちょっと上品な薄めの味付けで、店頭で売られてる鰻の蒲焼に比べ少しパサパサした食感がありますが、脂は適度にのってて美味しく酒の肴にも最適でした。日本で住んでれば鰻の蒲焼きはスーパーや百貨店など食料品を扱う店で大抵買う事ができて、あまり鰻の蒲焼の缶詰の必要性を感じませんが、海外生活などで鰻の蒲焼きが身近に食べれない環境の方には賞味期限も長いし重宝する品かもしれませんね。

tanjo0711 at 19:48|PermalinkComments(0)

2021年02月05日

郡山地酒・雪小町と肴は郡山産の鯉の洗い!

雪小町・純米酒

今日は福島県郡山市の酒蔵・渡辺酒造本店の酒「雪小町・純米酒」を飲みました。



   実はこの酒・・・






懸賞

去年の年末に鯉の洗いを食べて、郡山市の県南鯉養殖漁業協同組合の懸賞に応募して当選して頂いた酒なんです!






イルボンスル

180㎖入りの1合壜ですが、郡山エリアの6軒の酒蔵の酒が1つになった郡山地酒探訪セットです。






郡山地酒

6蔵の純米酒の詰め合わせでした。



今回飲んだ雪小町の純米酒は精米歩合70%の米で仕込まれててアルコール度数は14度台とやや低めで飲んだ感想は淡麗の少し酸味を強く感じるやや辛口の酒で、飲んでて少し薄っぺらくも感じましたが、旨味はそこそこ感じられて結構美味しかったです。





◎原材料名/米(国産)・米麹(国産米)

◎精米歩合/70%

◎アルコール分/14度

◎内容量/180㎖









雪小町酒蔵



製造者



有限会社 渡辺酒造本店




福島県郡山市西田町三町目字桜内10






福島県酒造協同組合のホームページ








鯉の洗い88

今日の酒の肴は郡山市の熊田水産磐梯鯉の洗いです! 近所のスーパーで一人前を手軽に買えるのでしょっちゅう酒の肴に買って食べてますが、いつもながらメチャ美味しいですねぇ〜 日本酒との相性も抜群です!

tanjo0711 at 23:14|PermalinkComments(0)

2020年12月11日

大分の安いパック酒と肴は鯉の洗いと赤マンボウ

豊後の鬼ころし

今日は那須塩原市内にあるDS・トライアル那須塩原店399円で購入した、大分県臼杵市の酒蔵・藤居酒造のパック酒「豊後の鬼ころし」を飲みました。この豊後の鬼ころし10年前に180㎖入りのブリックパックの酒を飲んでいますが、その時は製造者は藤居酒造では無く杵築市の中野酒造でした。今回、超久々に買ってみるとパックのデザインはそのままで製造者が変わってました。中野酒造は「ちえびじん」の銘柄で最近高級酒路線を走っているので、安酒を大々的に売っててイメージダウンになりかねないので豊後鬼ころしの販売権を譲渡したのかもしれませんね。でも社名の後ろに製造所固有記号の+Mがあったので製造は中野酒造がしている可能性はありますが・・・ またパックには「当社のお酒は九州、国東半島の海と山のミネラルをたっぷりと含む地下200mより湧出している清冽な天然水を使用しています。」と言う文言も健在ですし・・・ まぁ憶測はその辺にして置いて、酒は糖類入りの増醸酒でアルコール度数は13度台と低いです。飲んだ感想は淡麗のスッキリとしたやや辛口の酒でアルコール度数が低い分、軽くて飲みやすく後味は辛さが消えて甘くて少しベトベトした感じがありますが、旨味もそこそこあって糖類添加酒ながら900㎖で399円と言う値段を考えればコスパも良く美味しかったです。






5555


◎原材料名/米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール・糖類

◎アルコール分/13度

◎内容量/900㎖







藤居酒造


製造者



藤居酒造株式会社+M



大分県臼杵市野津町大字野津市213-2







DSC_7955

今日の酒の肴は酒と同じくトライアルで半額で買った郡山の熊田水産鯉の洗いと千葉県産のマンダイこと赤マンボウの刺身です。





DSC_7957

まずは赤マンボウから、見た目はマグロの赤身にも見えますが、食べ感想は淡白で脂っ気が全く無く水っぽくて旨味もあまりなくてイマイチでした。半額の149円で買っても値段相応って感じですね。鯉の洗いは少し脂がのっててコリコリした食感んで旨味もあって酢味噌で食べると美味しかったです。

tanjo0711 at 22:24|PermalinkComments(0)

2020年12月07日

郡山地酒・笹の川と肴は郡山産の鯉甘露煮

笹の川・吟生

今日は福島県郡山市内にあるヨークベニマル荒井店583円で購入した、同市の酒蔵・笹の川酒造の酒「笹の川・吟生」を冷酒で飲みました。酒は精米歩合58%の米で仕込まれた吟醸酒の生酒で、飲んだ感想は微かにフルーティーな吟醸香を感じる淡麗の辛口の酒でフレッシュな感じと生酒独特の味わいがあり、そして後味はほのかに甘さを感じて旨味もそこそこあって美味しかったです。





◎アルコール分/15度以上16度未満

◎精米歩合/58%

◎アルコール分/15度

◎内容量/300㎖







笹の川酒造



製造者



笹の川酒造株式会社



福島県郡山市笹川1丁目178






笹の川酒造と金太郎



 福島県酒造協同組合のホームページ






鯉甘露煮

今日の酒の肴は郡山市内のスーパー・かわちや安積店で買った、同市の熊田水産の製造する鯉甘露煮です。郡山市は食用鯉の生産量日本一の町で鯉を食べる習慣があり、市内のスーパーでは鯉の洗いや鯉の甘露煮を良く見かけます。





鯉

食べた感想は甘〜い味付けで少し身はパサパサとした食感です。甘露煮は鯉をそのまま輪切りにして煮込んでいるので内臓や骨・鱗も付いています。でも鱗も骨も柔らかくなっててそのまま食べれるし、何と言っても内臓が旨味があってメチャ美味しいです。お菓子並みに甘いですが酒の肴にも最適でした。

tanjo0711 at 20:33|PermalinkComments(0)

2020年09月12日

日光市のきぬ川ホテル三日月に行く!

DSC_7241

今日はなんやったけ?go toトラベル? を利用して近場ですが、日光市の鬼怒川ホテル三日月に1泊2日で家族旅行に来てます。





DSC_7242

部屋から見た鬼怒川です。昨日のゲリラ豪雨の影響で増水して水が濁ってます。




DSC_7243

こちらも部屋から見た東武鬼怒川温泉駅です。駅の手前にあるのがSLの転車台でちょうどタイミング良くSL大樹も停車していて、特急のスペーシアも走ってきました。




DSC_7244

15時にチェックインして、プールで遊んで温泉に入ってお楽しみのディナーバイキングです!




DSC_7246

バイキングでは和洋中メニューが充実していました。




DSC_7255

特にここ鬼怒川のホテル三日月では栃木の食材にこだわってて栃木八珍が味わえます。



DSC_7247

実は昨日、鱈腹食べてブログにも載せたヤシオマスがありました。





DSC_7248

飽きずに今日もヤシオマスをガッツリ頂きます!その他に日光の湯葉刺しや、湯葉のにぎり寿司・鯉の洗いもありました。



DSC_7249

まずはヤシオマスを食べながら生中を飲みました。






DSC_7245

私の大好きな鮎の塩焼きもあり、テンションあがります!





DSC_7250

次に鮎の塩焼きとステーキ等を食べながら、日本酒は益子町の燦爛の辛口を飲みました。




DSC_7251

キリッとした辛口で飲みやすく結構美味しかったです。





DSC_7252

次に那珂川町で養殖されてる本モロコの唐揚げを始めエビチリ等の中華とバイキングの定番、カニです!何かPUFFYを思い出した・・・ ♪カニ食べ行こう〜 ^^




DSC_7253

次にまたまた、ヤシオマスと鯉の洗いをおかわり〜  鬼怒川と言えばこれだぁ!もしかしたら遠藤鯉店から仕入れてるのかなぁ? どちらも美味しく日本酒が進んで仕方ないです。美味い!





DSC_7254

最後の〆は宇都宮餃子に佐野ラーメン・鹿沼のニラ蕎麦・栃木市のじゃがいも入り焼きそば・那珂川町のブランド猪肉・ししまるを使った汁物を堪能しました。どれもメチャ美味しく栃木の美味いもんを一度に味わえて最高でした。

もうお腹いっぱいで動けないので、部屋でテレビ見ながら軽く飲んで寝ま〜す! 明日は朝風呂に入って朝食バイキングに挑みます!

ではおやすみ〜



DSC_7256


  家族旅行は楽し〜い! (^∀^)v

0714 0408

tanjo0711 at 21:55|PermalinkComments(0)

2020年09月11日

栃木地酒・大那と肴は鬼怒川の遠藤鯉店のヤシオマス!

大那・純米吟醸

今日は栃木県那須塩原市内にあるスーパー・ヨークベニマル那須塩原店660円で購入した、大田原市の酒蔵・菊の里酒造の酒「大那・純米吟醸」を冷やして飲みました。菊の里酒造の大那ブランドの酒、東京方面で人気のある栃木県を代表する有名な銘柄で特約店販売しかされていなかったのですが、先日買い物に行ったら近所のスーパーで売られていたので驚きました。しかも特純の生貯ではない大那の3デシ壜は見た事が無かったので珍しいので買いました。たぶん新製品と思われます。大那の純米吟醸は地元那須産の五百万五を100%使用し精米歩合は55%とやや米を削り込んでいます。飲んだ感想は吟醸香は全く香らないやや淡麗の最初苦辛い味わいのする酒で、後味は苦辛さが消えて適度な酸味とわずかながら旨味を感じ、飲んでて少し荒い感じがしますがまぁまぁ美味しかったです。




◎原材料名/米(国産)・米こうじ(国産米)

◎原料米/那須産・五百万石100%使用

◎精米歩合/55%

◎アルコール分/16度

◎内容量/300㎖





菊の里酒造



製造者



菊の里酒造株式会社




栃木県大田原市片府田302-2




栃木県酒造組合(酒々楽)のホームページ







遠藤鯉店2

今日は栃木県日光市の鬼怒川にある遠藤鯉店に行きました。





ヤシオマス生簀

店の前の生簀には鯉や栃木県で開発されたニジマスの一種のヤシオマスも元気に泳ぎ回っていました。





遠藤鯉店

今日は事前予約しておいてヤシオマスをさばいて刺身にしてもらいました。画像はヤシオマスをさばいて刺身を作っているところです。私は個人的に今回は注文しましたが、主にヤシオマスの刺身は鬼怒川温泉街の旅館やホテルなどに納めてるそうです。





ヤシオマス刺身

じゃ〜ん! 準備されたヤシオマスの刺身です。 遠藤鯉店ではヤシオマスは1匹単位での販売しかしていないので、比較的小振りの物を選んでもらって1匹4300円でした。





ヤシオマスあら

そしてさばいたアラも付けてくれました。






ヤシオマス刺身12

1トレーに12人前入ってて2トレーで24人前ありました。





ヤシオマス2人前

とりあえず2人前を盛り付けて食べてみました。食べた感想は癖が全くなくて脂が結構のっててメチャメチャ美味しいです!日本酒が進んで仕方ないですね。






ヤシオマスあら塩焼き

頂いたアラを塩焼きにしました。鮭みたな感じで脂がもの凄いですが、アラですが身が結構付いてて食べ応えありでした。




ヤシオマスあら汁

飲んだ〆にはアラであら汁も作りました。脂が多いので濃厚でヤシオマスの旨味が良く出ててメチャ美味しかったです。


今日は日本酒を飲みながらヤシオマスを堪能し刺身は一人で10人前も食べてしまいました。食べきれない分はご近所さんにおすそ分けしました。


tanjo0711 at 20:53|PermalinkComments(0)

2020年09月03日

長野地酒・水尾と肴は長野県産の子鯉の甘露煮

水尾・淡風

今日は長野県飯山市の酒蔵・田中屋酒造店638円で購入した酒「水尾・特別純米酒・淡風」を冷やして飲みました。この酒、精米歩合59%と中途半端な精米歩合の米で仕込まれた特別純米酒で仕込水に野沢・水尾山の湧水を使用しているそうです。飲んだ感想は淡麗のやや辛口の酒で飲んでて、プリンスメロンやプラモデル用のボンド系の香りを感じます。ちょっと人によっては不快にも感じる変わった香りがありますが、旨味も少しあってまぁまぁ美味しかったです。味からするとちょっと値段がお高い感じですね。





◎原材料名/米・米こうじ

◎精米歩合/59%

◎アルコール分/13度

◎内容量/300㎖







水尾



株式会社 田中酒酒造店




長野県飯山市大字飯山2227




鯉甘露煮

今日の酒の肴は長野県佐久市の楽群堂本舗の製造する子鯉の甘露煮です。




鯉甘露煮2

 食べた感想は鯉独特の癖を少し感じてパサパサとした食感ですが、甘い味付けで旨味も少しあってまぁまぁ美味しかったです。 


tanjo0711 at 23:55|PermalinkComments(0)

2020年08月29日

山形地酒・一生幸福と肴は最上養鯉場の鯉の甘露煮

一生幸福

今日は山形県長井市内にあるスーパー、びっくり市・長井店407円で購入した、同市の酒蔵・鈴木酒造店・長井蔵の酒「一生幸福・特醸・歓びの酒」を少し冷やして飲みました。ここ鈴木酒造店は元々福島県浪江町にあった酒蔵ですが、東日本大震災で全建屋が流出し現在も警戒区域に指定されている福島では休業していますが、震災後に全株式を取得し鈴木酒造店長井蔵となった山形の長井蔵で酒造りを続けています。酒はラベルを見る限りでは特定名称酒の表示が無く、普通酒と思われますがラベルには米の品種は書かれていないものの「酒造好適米100%使用」と書かれていて精米歩合は65%で普通酒としてはこだわりを感じます。飲んだ感想はキリッとしたやや淡麗の辛口の酒で飲んでて結構辛くて後味はアルコール辛さでカーッときますが、意外にその辛さがひいた後で旨味が感じられて大辛口ながら味のある酒で普通酒としてはとても美味しかったです。




◎原材料名/米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール

◎原料米/酒造好適米100%使用

◎精米歩合/65%

◎アルコール分/15度

◎内容量/300㎖




鈴木酒造店・長井蔵



株式会社 鈴木酒造店・長井蔵



山形県長井市四ツ谷1-2-21






鯉の甘露煮

今日の酒の肴は山形県大江町にある道の駅おおえで買った同町の最上養鯉場が製造する鯉の甘露煮です。山形ツーリングの帰り道でゲリラ豪雨に遭って保冷バッグに雨水が侵入しラベルがボロボロになってしまったが、甘露煮の中には雨は入ってなくてセーフでした。




鯉です

長時間煮込まれてるのか?骨まで柔らかくて食べれます。かなり砂糖の使ってるのでしょう。びっくりするくらい極甘で驚きました。でも甘さの中に鯉の旨味があって美味しかったです。


tanjo0711 at 23:59|PermalinkComments(0)

2020年08月22日

郡山地酒・藤乃井の大吟醸と肴は郡山の廣瀬養鯉場の鯉の洗い!

藤乃井・大吟醸 (2)

今日は福島県郡山市にある酒蔵・佐藤酒造店500円で購入した酒「藤乃井・大吟醸」を冷やして飲みました。この酒、山田錦を精米歩合40%まで削り込んで仕込んだ大吟醸で全国新酒鑑評会の出品酒だそうです。しかもこの酒、今年の新酒鑑評会で入賞をした受賞酒なんです。そんな酒が3デシ壜箱入りで500円はありえませんよね。超コスパ良すぎです! 飲んだ感想は香り高いフルーティーな吟醸香の香るやや淡麗の辛口の酒で、酒がとても綺麗で雑味が全く無く後味は甘さが口の中にぐっと広がり、旨味もしっかりと感じられてとても美味しかったです。さすが鑑評会の入賞酒ですね。今回の全国新酒鑑評会はコロナの影響で決審が中止となり金賞酒の選定がありませんでしたが、この酒はもしかしたら金賞に選ばれてたのかもしれないくらい素晴らしい酒でした。それにしても値段が500円はありえへんなぁ コスパ◎




藤乃井・大吟醸 (1)


◎原材料名/米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール

◎原料米/山田錦100%使用

◎精米歩合/40%

◎アルコール分/16度以上17度未満

◎内容量/300㎖





DSC_7142



有限会社 
佐藤酒造店



福島県郡山市富久山町久保田字久保田5






DSC_7140




福島県酒造協同組合のホームページ




DSC_7143


廣瀬の鯉

今日の酒の肴は郡山市内のヨークベニマルで買った、郡山の廣瀬養鯉場鯉の洗いです。




鯉の洗い

食べた感想は癖が少なく食べやすく適度に脂ものってて酢味噌に付けて食べるとサッパリとしてとても美味しかったです。


tanjo0711 at 23:59|PermalinkComments(0)

2020年08月20日

滋賀地酒・竹生嶋と肴はウグイ寿し

竹生嶋

今日は滋賀県高島市にある酒蔵・吉田酒造1375円で購入した酒「竹生嶋・純米酒・吟吹雪」を少し冷やして飲みました。この酒、精米歩合55%まで磨いた滋賀県産の酒造好適米である「吟吹雪」を100%使用しています。飲んだ感想はやや淡麗の酸味が最初ちょっと強く感じる苦辛い酒で、少し荒っぽい感じで旨味も思ったほど、大して無く今まで飲んだ竹生嶋の酒の中では一番私の好みではなかったかなぁ・・・




◎原材料名/米(国産)・米麹(国産米)

◎原料米/吟吹雪100%

◎精米歩合/55%

◎アルコール分/15度以上16度未満

◎内容量/720㎖





吉田酒造・竹生嶋



吉田酒造有限会社



滋賀県高島市マキノ町海津2292





吉田酒造


うぐい寿し

今日の酒の肴は滋賀県長浜市の魚友商店の製造する、うぐい寿しです。うぐい寿しは鮒寿司と同じく、なれずしの一種で魚と米で発酵させた滋賀県(琵琶湖)の郷土料理です。




ウグイなれずし

表面の米を軽く取ってスライスしそのまま頂きます。食べた感想は発酵からくる独独の臭気と酸味がやや強く感じられますが、噛むとウグイの旨味が出てきて酸味とマッチして美味しく食べれます。さすがに旨味は鮒寿司には劣りますが、値段も高価な鮒寿司に比べ安価なので鮒寿司の代用品として食べるのが良いですね。お茶漬もお薦めです。


tanjo0711 at 20:06|PermalinkComments(0)

2020年08月05日

大和郡山地酒・萬穣と肴は郡山の磐梯鯉の洗い

萬穣・吟醸 (1)

今日は奈良県大和郡山市にある酒蔵・中谷酒造1080円で購入した酒「萬穣・吟醸・大和大納言 豊臣秀長」を少し冷やして飲みました。酒は精米歩合60%の米で仕込んだ吟醸酒ですが、飲んでみると吟醸香の全く無いやや淡麗辛口の酒で少し薄っぺらい感じもします。そして何か独特な味わいで苦味と渋味と酸味が際立ちます。後味には老香も強く感じられ火薬っぽいと言うかきな臭い感じがあり、個性の強い吟醸香の無い老ねた吟醸酒ですが、熟成酒好きの私には許せる味わいで熟成した旨味も少しながら感じられ720㎖で1080円結構の値段からすれば美味しかったです。





萬穣・吟醸 (2)


◎原材料名/米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール

◎精米歩合/60%

◎アルコール分/15度

◎内容量/720㎖




DSC_4573



中谷酒造株式会社



奈良県大和郡山市番条町561




DSC_4571



磐梯鯉

今日の酒の肴は福島県郡山市の熊田水産が製造する、福島県産の磐梯鯉の洗いです。この磐梯鯉は郡山ブランド認証産品に認証されています。




鯉洗い

食べた感想は適度に脂がのってて少し泥臭さを感じますが、旨味があって酢味噌に付けて食べるとサッパリとして美味しかったです。


tanjo0711 at 20:51|PermalinkComments(0)

2020年08月02日

新潟地酒・鮎正宗と肴は喜連川の鮎寿司

鮎正宗・純米酒

今日は新潟県妙高市にある酒蔵・鮎正宗酒造1430円で購入した酒「鮎正宗・純米酒」を冷やして飲みました。この酒、酒造好適米の「たかね錦」を精米歩合65%に磨いて仕込んだ純米酒です。飲んだ感想はやや淡麗の辛口の酒で飲んでて少し糠っぽい感じとエグみを感じて少し飲み難い感じの荒い酒でした。でも旨味は少しながら感じられますが、値段の割には普通でした。




◎原材料名/米(国産)・米麹(国産米)

◎原料米/たかね錦

◎精米歩合/65%

◎アルコール分/15度

◎内容量/720㎖





ayu



鮎正宗酒造株式会社




新潟県妙高市大字猿橋636





鮎正宗酒造


あゆずし

今日の酒の肴は栃木県さくら市にある、道の駅きつれがわで日曜日限定で発売されている寿司です。この鮎寿司、さくら市のさくらブランドに認定されていて、さくら市の明星漁業生産組合が製造しています。




鮎寿司777

店の売場の様子です。今日は営業開始時間の8:30に行って買いに行きました。売場には8個だけ置かれていたので、鮎寿司は日曜日8個限定の商品のようです。また夕方のニュース番組・everyにも紹介されたみたいですね。




鮎寿司

鮎寿司は1350円で8切れ入りで1切れ168円とちょっと高価ですが、酢で〆られた鮎の身には鮎の旨味が凝縮されていて、メチャ美味しく日本酒が進みました。

tanjo0711 at 23:23|PermalinkComments(0)

2020年08月01日

芋焼酎・西海の薫を飲む

西海の薫

今日は久々に芋焼酎を飲みました。酒は鹿児島県日置市の農業生産法人の原口酒造が製造する「西海の薫」です。那須塩原市のやまや西那須野店272円で買いました。この焼酎、アルコール度数が17度と先に水で割ってあるタイプの焼酎なので冷やしてストレートで飲みました。鹿児島県産のさつまいもを使用しているので、鹿児島県ふるさと認証食品に認証されていてEマークが付いています。飲んだ感想はほのかに甘く芋の香りを感じ、雑味が無くてスッキリと飲みやすく冷やして飲んだらとても美味しかったです。



◎本格しょうちゅう

◎原材料/さつまいも・米麹

◎アルコール分/17%

◎内容量/200㎖





農業生産法人 原口酒造株式会社



鹿児島県日置市吹上町入来652番地





煮干し

今日の酒の肴は茨城県の霞ヶ浦に行った時に買った、わかさぎの煮干しです。




わかさぎの煮干し

食べた感想はしっとりとしてて、柔らかく癖もほとんど無くて良い塩味が付いてて美味しかったです。酒の肴に良く合いました。


tanjo0711 at 23:59|PermalinkComments(0)

2020年07月28日

盛岡地酒・菊の司と肴はなまずの照り焼

きくのつかさ

今日は岩手県盛岡市にある酒蔵・菊の司酒造の酒「菊の司・本醸造」を飲みました。酒は菊の司酒造の目の前にある酒屋さん・平興商店390円で購入〜 飲んだ感想はやや濃醇に感じる辛口の酒で、飲んでて酒に雑味が無く少し熟成した様な旨味がしっかりとある酒でとても美味しかったです。この酒は私的には◎





◎原材料名/米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール

◎精米歩合/70%

◎アルコール分/15度

◎内容量/300㎖





菊の司酒造




菊の司酒造株式会社




岩手県盛岡市紺屋町4番20号





菊の司看板

酒を買った酒屋さんの壁にあった菊の司酒造の看板です。昔風な字体で書かれていますが、看板自体は比較的新しい物でした。





DSC_5319

岩手県花巻市の山の駅・昭和の学校で見つけた菊の司の琺瑯看板



なまず照り焼

今日の酒の肴は霞ヶ浦方面にツーリングに行った時に行方市観光物産館で買った、なまず照り焼です。この商品、キャットフィッシュと言う魚種のナマズを使用していて、行方市のなまず屋と言う会社が製造しています。




なまず

フライパンで焼いて頂きます。食べた感想は脂が結構のってて身は柔らかいです。そして癖が全く無くて食べやすくとても美味しかったです。これはおすすめ◎


tanjo0711 at 21:33|PermalinkComments(0)

2020年07月24日

茨城地酒・富士泉と肴は茨城の霞ヶ浦・涸沼の湖の幸!

富士泉・旨口 (1)

今日は茨城県石岡市にあるフレンドリーマートすずき1820円で購入した、同市の酒蔵・藤田酒造店の酒「富士泉・旨口」を飲みました。ここ藤田酒造店は前回もブログで紹介しましたが、酒造組合非加盟で代替わりして自醸を止めて他社から買った酒をブレンドして製品化している酒蔵ですが、今回飲んだ旨口は糖類入りの糖類添加酒でした。




DSC_6639

そしてちょっと気になったのが、この王冠!水戸市の大手酒類メーカーの明利酒類が自醸してない酒蔵に酒を売る時に使用してる王冠でした。ラベルに製造所固有記号
(明利酒類の場合MM)などは書かれていませんでしたが、もしかりたら明利の酒の可能性もありえます。たまたまかぶって同じ王冠を使用しているだけなのかもしれませんが・・・ まぁそれは置いといて、飲んだ感想はやや濃醇な糖添酒にありがちな甘辛い酒で後味はアルコール辛く旨味も少なくてまぁ普通の酒でしたが、燗を付けてみると驚き!甘味が増して辛さは意外に控えめになり、また旨味がかなり増して燗映えしてとても美味しく飲めました。この酒はひやより燗酒向けの酒ですね。私的には・・・ 富士泉の普通酒は虎の子が最強に美味いかなぁ〜






富士泉・旨口 (2)


◎原材料名/米・米こうじ・醸造アルコール・糖類


◎アルコール分/15.0度以上16.0度未満

◎内容量/1.8ℓ






DSC_6604


藤田酒造店(藤田聡) ←先代の名義




茨城県石岡市大字井関994-1




DSC_6603


DSC_6628

今日の酒の肴は行方市観光物産館で買った霞ヶ浦の湖の幸です。




DSC_6631

1品目 生白魚 生姜醤油をかけて刺身で頂きます。

少し苦味がありますが甘味も結構あってコリコリとした食感も良くメチャ美味しかったです。




DSC_6632

2品目 鯉の洗いと鯉の唐揚げ甘酢がけ

癖の少ない鯉の洗いは酢味噌との相性抜群でさっぱりして美味しい〜 唐揚げは鯉の旨味が閉じ込められていて甘酢とマッチして淡白な洗いとは逆にパンチが効いてて美味しかったです。




DSC_6634

3品目 生えび  
名前は分かりません。



DSC_6635

フライパンで炒って塩味を振って出来上がり! エビの旨味と塩味がマッチして美味しいです。殻ごと食べるので少しトゲトゲして口の中が痛い時がありますが、カルシウムがたくさん摂れそうですね。




DSC_6608

次に今日は茨城町の涸沼の近くにあるヤマキ川魚店に行って涸沼産のヤマトシジミを買ってきました。





DSC_6611

店内にはシジミ漁をする家族の写真が飾られていました。また店のおばちゃんが涸沼のシジミについていろいろ丁寧に説明してくれました。




DSC_6624

冷凍と生のシジミを買いました。今日は生の方を食べます!





DSC_6643

飲んだ後の〆 しじみのお味噌汁

身がぷりぷりとした比較的大粒の涸沼のヤマトシジミは良い出汁が良く出てメチャ美味しいです!今まで食べたしじみ汁の中で一番美味しかったです。これで肝臓も少しはいたわれるでしょう。^^ 美味しかったので、また涸沼方面に行った際には買おうと思います。

tanjo0711 at 23:58|PermalinkComments(0)

茨城県の霞ヶ浦・涸沼方面をツーリングする!

DSC_6592

今日は朝から実家の兵庫県から遊びに来ている兄と一緒に茨城県にツーリングに行きました。まず最初に日本で2番目に大きい湖・霞ヶ浦の湖畔を走りました。




DSC_6595

そして行方市の道の駅たまつくり行方市観光物産館に行きました。




DSC_6597

ここはブログで以前も紹介しましたが、霞ヶ浦の湖の幸がたくさん売られています。




DSC_6596

白魚やワカサギ・鯉や川エビなどいろいろあります。




DSC_6626

今日は生の白魚にわかさぎの煮干し・鯉の洗い・エビ等を買いました。




DSC_6598

そして買い物の後は店内にある飲食コーナーで名物で一日限定10食のなまずを使ったハンバーガー・なめパックンを食べました。




DSC_6601

なめパックンは新鮮な野菜となまずのパティを挟んだ、なまずバーガーで、ちょっと歯ごたえのあるパティだったが、旨味があって野菜とソースとの相性も良くとても美味しかったです。




DSC_6615

次に大洗町と茨城町にまたがる汽水湖でヤマトシジミの産地で有名な涸沼(ひぬま)に行きました。




DSC_6613

涸沼は淡水と海水が混じり合う汽水湖なので生息する魚種も多く釣人に人気の湖で、今日も他県ナンバーの釣人がたくさん来ていました。




DSC_6609

涸沼のすぐ近くにある、砂抜きシジミで地元で定評のあるヤマキ川魚店で涸沼産の砂抜きシジミを買いに行きました。




DSC_6624

生のシジミと冷凍のシジミを買いました。どちらも1つ500円で砂抜きシジミなのですぐに使えるのと、死んでるシジミは砂抜き時に除去されてて新鮮な生きてるシジミるだけらしいです。 これを調理して肝臓をいたわりたいと思います。^^




DSC_6617

涸沼を散策してシジミを買った後は大洗サンビーチに行きました。まだ梅雨が明けてませんが、海岸は多くの人で賑わっていました。ちょうどこの時に大洗港に北海道の苫小牧港から来たさんふらわあ号が入港していました。




DSC_6620

次に大洗海岸の近くにある日野治で昼食を食べました。





DSC_6622

食べたのは刺身定食(1580円)です。新鮮な刺身にイワシの南蛮漬とイワシのつみれ汁が付いています。刺身は新鮮でメチャ美味しくご飯が進みました。またイワシのつみれ汁も美味しく大満足でした。



ご飯を食べた後は那珂湊のお魚市場を散策して帰路に就きました。今日は雨に打たれる事は無く晴れ間も多く気持ちの良いツーリングができました。

おわり

tanjo0711 at 22:53|PermalinkComments(0)