國冠

2022年04月30日

廃業してブランド継承された國冠は六甲の麓で醸され遠く離れた鹿行地域で今も絶大な人気を誇る!肴は霞ヶ浦の湖の幸

國冠・上撰本醸造

今日は茨城県行方市の酒屋を兼ねた食料品店・クボタストア1628円で購入した酒「國冠・上撰本醸造」を飲みました。國冠を醸す国冠酒造は灘の酒蔵でしたが阪神大震災で蔵が倒壊して甚大な被害を被り廃業しました。その後、ブランドは灘五郷は西郷の沢の鶴(株)が継承し現在に至ります。そして國冠の酒は私自身、日本全国いろいろ地酒を探し求めて旅しててもほぼ見かけませんが、茨城県のある地域では酒屋やスーパーで國冠がどこでも普通に売られていて、飲食店の看板にも國冠のロゴがありふれています。偶然にも國冠は六甲(ろっこう)の麓の灘五郷で醸されて、遠く離れた茨城県の南東部の※鹿行(ろっこう)地域で今も地元のお年寄りに支えられて大衆酒として絶大の人気を誇っています。まぁたまたま六甲と鹿行で読み方が同じだけなんですけどね・・・ 酒は精米歩合70%の米で仕込まれた本醸造でアルコール度数は15.5度です。飲んだ感想はやや淡麗の軽い口当たりの甘く感じる酒で、飲んでてアミノ酸が多いのか?ちょっとクドイ感じのアミノ酸の旨味があり、後味はアルコール辛さが口の中に残ります。でも一升壜で1628円と言う値段を考えると結構飲めて美味しかったです。

※鹿行地域とは:鹿島灘(太平洋)と霞ヶ浦に挟まれた茨城県南東部のエリアで昔の鹿島郡と行方郡の頭文字を取って「鹿行」と呼ばれ、現在では鹿嶋市・神栖市・鉾田市・行方市・潮来市が鹿行地域にあたります。





國冠箱入り


◎原材料名/米(日本産)・米麹(日本産米)・醸造アルコール

◎精米歩合/70%

◎日本酒度/+2.0 酸度/1.5 アミノ酸度/1.6

◎アルコール分/15.5度

◎内容量/1.8ℓ








P1330553



製造者




沢の鶴株式会社




神戸市灘区新在家南町5丁目1番2号






灘五郷酒造組合のホームページ






霞ヶ浦の湖の幸

今日の酒の肴はツーリングの時に道の駅などで買った霞ヶ浦の湖の幸です。






湖魚

まずは行方市の道の駅たまつくりで買った同市の理崎食品鯉の唐揚げ甘酢あん伊藤水産白魚と皮海老のゴタ干しです。鯉の唐揚げはサクサクとした食感に甘酸っぱい甘酢が爽やかで鯉の旨味とマッチしてメチャ美味しいです。ゴタ干しは少し塩味が強めでそのまま食べてたら辛かったです。これはご飯と一緒に食べるのがベストですね。






鯉のうま煮

次はツーリングの時に昼食を食べた潮来市のドライブイン魚文300円で買った鯉のうま煮です。尾の部位で美味な内臓が入ってない部分なので安かったです。内臓の入った部位は800〜1200円で売られていて、大きさにもよりますがそこそこ値が張ります。食べた感想は結構甘い味付けで尾の部位なだけに身がしまってて結構硬めでしたが旨味があって美味しく、これで300円だったらお買い得ですね。

tanjo0711 at 23:59|PermalinkComments(0)

2014年08月14日

これ!レアかな?國冠のカップ酒!

國冠・佳撰・ニューカップ200

今日は茨城県鹿嶋市内の酒屋さんの前にある自販機で200円で購入した、灘五郷は西郷の沢の鶴(株)がブランド継承して販売している「國冠」のカップ酒「國冠・佳撰・NEW CUP200」を冷酒で飲みました。酒は糖類・酸味料入りの増醸酒で、アルコール度数は13度とやや低めです。味は淡麗の酸味が浮いたやや辛口の酒で、何か酸味料の味が強く味の素みたいな味がして、飲んでて少しくどく感じました。不味くは無いが、美味くも無く普通でした。

◎原材料名/米・米麹・醸造アルコール・糖類・酸味料

◎アルコール分/13度以上14度未満



國冠自販機 (2)

茨城県鹿島市内の酒屋さんにあった國冠の自販機!ボロボロで壊れてそうでしたが、恐る恐るお金お入れてみると・・・ 生きてました!^^ しかも自販機に190円と書かれているのに、200円を入れて酒は出てきたが、おつりが出てこない!!! 「10円返せ〜」って感じですが、200円に値上がりしたのかも知れませんねぇ。


國冠自販機 (1)

沢の鶴株式会社

神戸市灘区新在家南町5丁目1番2号

灘五郷酒造組合のホームページ


tanjo0711 at 23:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年02月06日

廃業してブランド継承された灘の酒・國冠を飲む!

國冠・上撰本醸造

「今日の晩酌!VOL.726」
今日は千葉県方面を旅した時に茨城県は神栖市内の酒屋さんで発見し284円で購入した酒「國冠・本醸造・生酒」を冷酒で飲みました。國冠の酒は元々、天保3年に埼玉県川越市で創業した酒蔵で大正5年に灘・魚崎郷に進出しました。そして大正8年に久星酒造株式会社を設立。昭和28年でまは埼玉と灘の2ヶ所で製造していましたが灘・魚崎郷に集約し、その後・昭和59年に社名を国冠酒造に変更しました。平成7年1月17日に発生した阪神大震災で酒蔵が倒壊し、國冠のブランドは灘五郷は西郷にある沢の鶴蠅ブランド継承して製造販売をしています。私としては関西で國冠の銘柄での沢の鶴の酒を販売している所を見た事が無いですが、茨城県内では売っている酒屋さんをちらほら見たり國冠の看板を掲げる酒屋さんや飲み屋を多く見ました。そっちの方面では沢の鶴より國冠のブランドの方が知名度があるのかも知れませんね。そして飲んだ感想は淡麗のやや甘口に感じて飲みやすいが薄っぺらい酒です。生酒の個性は全く感じられなくて酸味があり、後味に若干苦味が残ります。旨みも少しは感じられるのですが、味のバランスがイマイチの酒でした。




◎原材料名/米・米麹・醸造アルコール

◎精米歩合/70%

◎アルコール分/13.5度

沢の鶴株式会社

神戸市灘区新在家南町5丁目1番2号

お  ま  け   ↓



           

国冠自販機

















    
今も現役で大阪市生野区の酒屋さんで稼動している國冠の自販機です!残念ながら売られてる酒は広島の千福と灘の白鶴でした。



tanjo0711 at 22:47|PermalinkComments(2)