国道

2022年09月07日

日本で4番目に短い国道177号を原付で走破する!

国道177号

今日は盆休みのロングツーリングの時に国道177号を原付で走破したので紹介します。


国道177号は京都府舞鶴市の舞鶴港から大手交差点までの700mを結ぶ日本で4番目に短い国道です。



    国道177号のウィキペディアはコチラ



画像は国道177号の起点となっている舞鶴漁港です。起点を示す標識などは探したけど見つかりませんでした。





177

起点から終点側を見た画像です。道幅は広く奥の方で少し左にカーブしています。


15:30 それでは国道177号原付走破行ってみよう〜





1771

途中にあった道路標識にはちゃんと国道177号と表示されています。





1773

そして終点の大手交差点の手前にあった標識です。この先の大手交差点で国道177号が終わってるのがわかります。






1775


15:31  終点の大手交差点に到着〜


     国道177号原付国道走破達成! ^^



走破時間 1分

走行距離 700m

平均時速 42/h



距離の短い国道、いわゆる港国道の一つである国道177号を原付で走破できてちょっと嬉しいです。^^


そして国道と言えば通称おにぎりでお馴染みの国道標識ですよねぇ

でも残念ながら起点から終点に向かう道中にはおにぎりは設置されていませんでした。


  が・・・・




1772

終点の大手交差点から舞鶴港に向かう方向には国道177号の国道標識、おにぎりが2か所設置されていました。 ちょっとレア〜 そして何か嬉し〜い また国道標識の横のアパートの名前がR177コーポと言うのが良いですね!






1774

そして最後に終点の大手交差点の国道175号側に設置されている標識には国道177号の始まりもちゃんと表示されていました。おまけに左下にある国道175号のキロポストは国道175号の終点に設置されているキロポストで三桁国道での設置はレアです。





国道177号おにぎり

おわり

tanjo0711 at 21:54|PermalinkComments(0)

2022年08月01日

太平洋側を走る国道6号を原付で走破する!

DSC_1524

今日はアップがかなり遅くなりましたが、ゴールデンウイークに愛車のスズキ・アドレス110で国道6号を走破したので紹介します。


国道6号は東京都中央区の日本橋を起点に終点の宮城県仙台市宮城野区の苦竹ICまでを結ぶ354.5劼琉貳鵡馥擦任后




      国道6号のウィキペディアはこちら



早朝4:30に栃木の自宅を出発して、起点の日本橋を目指しました。




DSC_1439

日本の道路の起点である日本橋に到着したらお約束の日本国道路元標のレプリカと東京市道路元標の前で記念撮影〜^^






DSC_1441

そして日本橋の橋のど真ん中(中心)に埋め込まれているのが・・・






DSC_1440

     
              本物の日本国道路元標です!!! 

観光客のほとんどが先ほどのレプリカの方を本物と思い写真を撮っていますが、本物は日本橋の真ん中に埋め込まれてる事は意外に知られてないんですよね。






DSC_1443

8:00  国道6号の起点・日本橋をスタート!


6号の起点は国道4号・14号・17号の起点でもあり、最初は4つの国道の重複区間になります。





DSC_1445

起点から約400mほど走ると室町3丁目交差点で国道17号は重複区間から外れます。






DSC_1446

室町3丁目交差点を右折して起点から500mの所に最初の国道標識(通称おにぎり)が出てきましたが、表示されているのは一番格上の国道4号だけで、格下の6号と14号の表示はありませんでした。





DSC_1447

起点から700m走った首都高速1号の本町入口の交差点で一番格上の国道4号が左折して重複区間から外れます。でもこの国道6号は国道4号のバイパスみたいな感じで、起点から700mで一旦分かれますが、終点の手前約20卉賄澄Φ点から333劼僚蠅任泙森舂して重複区間になります。ここでは地名の書いた案内標識では無く国道標識に矢印の補助標識を付けて国道4号と6号の分岐が案内されています。






DSC_1448

起点から800m所には国道4号が重複区間から外れ国道6号が一番格上なので国道6号の国道標識が出てきました。ちなみに格下の国道14号の表示は起点から一切ありません。






DSC_1449

8:05 都営バス小伝馬町停留所の横に

   国道6号最初の1卉賄世離ロポストがありました。






DSC_1450

8:08  起点から約1.7卉賄

ここ浅草橋交差点で国道14号が右折して重複区間から外れ、ここから国道6号の単独区間に入ります。





DSC_1451

走り出して10分くらいで国道6号の主要都市の距離を示す距離標識が出てきました。茨城県の県庁所在地・水戸市まで108辧

この画像を拡大してよく見ると歩道のパイロンがある所にネズミ捕りの速度を計測する警察官が座っています。私はそれに気づかず、その横にバイクを停車させて歩いて距離標識の写真を撮りに行ったらやたら不審そうに見られましたが、職質はされませんでした。^^ 100mくらい先には取り締まる数人の警官と白バイが2台いましたが、こちらも不審そうにジロジロ見てきましたが、お咎め無し(汗)







DSC_1452

8:18 ここは台東区の吾妻橋交差点

交差点からは東京のシンボル・東京スカイツリーとアサヒビールの本社とオブジェが見えます。




DSC_1453

8:30 ここは浅草側の言問橋の袂です。

ここからは東京スカイツリーが真正面に綺麗に見えます。

また国道6号のおにぎりとスカイツリーとのツーショットも撮れます。^^






DSC_1454

8:36 国道6号 6卉賄世離ロポスト





DSC_1455

9:00 国道6号 2つ目の県・千葉県に入りました。





DSC_1456

千葉県内に入るとキロポストの表示が日本橋からでは無く、東京から〇〇劼良充┐吠僂錣蠅泙靴拭






DSC_1457

千葉県内に入ると国道6号は慢性的な渋滞が続き距離が全然伸びません。





DSC_1459

10:00 国道6号は3つ目の県・茨城県に入りました。






DSC_1461

10:50 ここは茨城県土浦市

ここで早くも国道6号終点の仙台までの距離標識が出てきました。

   ゴールの仙台市まで293辧!! まだ遠い〜

茨城県内も千葉県ほどでは無いが渋滞が多く思ったほど進めません。




DSC_1462

12:40 ここは茨城県茨城町 国道6号100卉賄世謀達!






DSC_1463

12:40 茨城県の県庁所在地の水戸市に入りました。






DSC_1464

12:55 ここは茨城県ひたちなか市

    
111劼離哨輒椶離ロポストを発見!
 なんか嬉しい^^






DSC_1467

14:35   ここは茨城県北茨城市

国道6号は茨城県に入り日立市付近から海沿いを走りますが、波打ち際を走る箇所は意外に少なく、ここ北茨城市の磯原海岸付近といわき市の数か所だけで、太平洋側を走る国道のイメージがある国道6号ですが、「あぁ 海が綺麗〜」と言う景色は少ないです。






DSC_1468

14:50 国道6号4つ目の県・福島県に入りました。






DSC_1470

14:55 ここは福島県いわき市の勿来海岸です。

この辺りも国道6号は波打ち際を少しですが走り景色が綺麗です。






DSC_1473

15:10 小浜漁港入口交差点で1日目の国道6号の走破は終わり。






DSC_1474

小浜漁港入口交差点を左折して300mくらいの所にある、

 いわき健康センター・北投の湯で宿泊します。


サウナや風呂にゆったりと入ってのんびりしました。^^






DSC_1475

風呂上りは食堂でビールを飲みながら桜エビと北寄貝・マグロの入った海鮮丼を食べました。 メチャうまい〜





DSC_1476

漫画を読みながら、いわき市の地酒・又兵衛で晩酌 至福のひと時^^


  ほろ酔いになった所で爆睡〜 zzz


5:00 

起床〜

   
朝風呂にゆっくり浸かって・・・


7:00 

昨日、中断した小浜漁港入口交差点から2日目スタート!






DSC_1477

7:10 走り出して10分ほどで太平洋と日本海を結ぶ本州横断国道、

    国道49号の起点・常磐上矢田交差点を通過します。

国道49号は原付国道走破済なので気になる方はブログ上から探してみて下さい。^^






DSC_1478

7:13 いわき市の久世原トンネル内に

      200卉賄世離ロポストがありました。






DSC_1479

国道6号には東日本大震災の津波で浸水した区間が標識で表示されています。





DSC_1480

7:35 かなり汚れてますが222卉賄世離哨輒椶離ロポスト発見!





DSC_1485

8:05 福島県富岡町の交通情報の案内板

電光掲示板ってシャッタースピードを変えずに普通に普通に撮ったら文字が写らないですよねぇ〜

国道6号の交通情報案内板には「この先、帰還困難区域」と表示されていました。






DSC_1486

8:10 富岡町の国道6号線の放射線量を測定する為に設置された

     空間線量計を通過、放射線量は0.663μSv/h






DSC_1491

8:17 福島第一原子力発電所がある大熊町に入りました。






DSC_1490

ここは原発事故から11年経過した現在も帰還困難区域になっています。

2020年3月4日から国道6号は二輪車の帰還困難区域の通行制限が解除されましたが、自転車・歩行者は被ばく量の関係で現在も通行できません。






DSC_1492

人の住んでない帰還困難区域にひっそりとあった国道6号の標識とキロポスト、帰還困難区域に入ったとたんに国道6号の通行量は極端に減りました。






DSC_1493

8:25 国道6号の福島第一原発に一番近い所に

  設置された空間線量計、ここの放射線量は1.126μSv/h






DSC_1497

8:27 福島第一原子力発電所の入口を通過






DSC_1499

  国道6号から見える福島第一原子力発電所





DSC_1494

  手前に見えるのは除染した土でしょうか・・・ 

  奥には建屋と解体用のクレーンも見えます。

  被ばく量が多いので長居はできませんね。
(汗)

   何か怖いし悲しい気持ちになりました。






DSC_1496

8:30 大熊町を抜けて双葉町に入りました。

  ここも一部の区域を除き帰還困難区域になっています。






DSC_1500

帰還困難区域では国道6号の通り抜けのみが可能で、

横道にはバリケードが設置されていて一切入る事ができません。





DSC_1501

8:50 双葉町に設置された放射線量を測る空間線量計、

    ここの放射線量は0.656μSv/hでした。

やはり福島第一原発から離れると放射線量は下がりますが、汚染されてない普通の場所との放射線量を比較すれば桁違いです。







DSC_1502

8:55 双葉町を抜けて浪江町に入りました。

  国道6号はここから帰還困難区域が解除されます。






DSC_1505

9:00  浪江町の道の駅なみえで少し休憩〜


道の駅の放射線量は0.0085μSv/hとかなり放射線量は少なくなっていました。






DSC_1504

  道の駅の敷地内にあるラッキー公園






DSC_1503

可愛いポケモンがいるので子供たちも大はしゃぎ〜






DSC_1506

9:40  道の駅・南相馬に到着〜

道の駅なみえが開いて無かったのでここで朝食を食べました。

ここで食べた鶏肉の入ったおこわがメチャ美味しかったです。






DSC_1507

道の駅を出てすぐにこんな標識が・・・

ここはいわき市と仙台市の中間地点らしいです。

私的にはって言うか国道ファン的には国道6号の中間地点の標識が欲しいですよね。でもこう言う標識とかあると心が和んで嬉しくなるし、国道走破した時の達成感も湧くんですよねぇ〜






DSC_1509

10:25   ここは福島県相馬市

      国道6号300卉賄に到達!






DSC_1511

10:39 国道6号5つ目の最後の県・宮城県に入りました。






DSC_1521

11:11 山元町の坂元ドライブインで早めの昼食〜







DSC_1519

  モツニラ炒め定食(880円)を食べました。

      美味しかったぁ〜^^


    詳しくはコチラで紹介しています。 ↓


    宮城県山元町・坂元ドライブインの記事






DSC_1525

12:00 ここは宮城県亘理町の阿武隈橋のたもと

 ここにありました! 国道6号333卉賄のゾロ目のキロポスト!







DSC_1526

12:05 ここは宮城県岩沼市の藤浪交差点の手前です。

この先の藤浪交差点で国道6号は再び国道4号との重複区間となります。






DSC_1527

これが藤浪交差点の手前にある国道6号最後のキロポストです。

            333.9





DSC_1528

国道4・6号の起点・日本橋から700mの所で分かれて、またここ藤浪交差点で合流して重複区間となるんですね。まぁ大雑把に言えば国道6号は国道4号のバイパスなのかなぁ・・・






DSC_1529

そしてこれ!藤浪交差点内に設置された国道4号の333劼離哨輒椶離ロポスト!!!同じ起点から始まりすぐに分かれて、また藤浪交差点で合流した時の国道6号のキロポストは333.9劼嚢馥4号のキロポストは333辧海沿いと内陸を走ってもその差は僅か約900mとどちらを走っても距離が変わらないのが凄いですね!でも時間的には国道4号の方が早いと思います。






DSC_1532

  合流してからの案内標識の表示は国道4号






DSC_1533

   国道標識:通称おにぎりも国道4号

もはや国道6号の表示は皆無 でもここは歴とした国道6号でもあります!






DSC_1534

12:37 国道6号の終点のある東北最大の街・仙台市に入りました。






DSC_1538

12:53 ここは仙台市若林区蒲町

ここで国道6号終点の苦竹I.C交差点までの距離標識が出てきました。

      終点まであと3辧







DSC_1540

13:00 国道6号の終点・若竹I.C交差点に到着!


     東京 ー 仙台間  354.5


     国道6号 原付国道走破です! (^∀^)v



走行時間 約13時間10分(食事・トイレ休憩等を含む)

平均時速 約27/h

給油回数 1回(福島県いわき市)

ガソリン代 869円




国道6号は海沿いを走ってるイメージがあったが意外に海沿いを走る区間が少なく、ちらほら遠くに海が見えたって感じですね。前半の東京・千葉・茨城の南部までは交通量が非常に多く走り難かったです。後半は原発の帰還困難区域を含め交通量が少なく走りやすいが、帰還困難区域を通過する際は原発事故の恐ろしさを感じ心が痛みました。全体的に国道6号は国道4号のバイパス的な感じもあるし距離も国道4号の半分ほどで、国道4号がフルマラソンなら国道6号はハーフマラソンって感じですかねぇ。でも一桁国道の国道6号を原付で走破できて感無量です。

残る原付国道走破の一桁国道は国道5号と国道9号の2つ!

乞うご期待^^





DSC_1523

おわり

tanjo0711 at 06:06|PermalinkComments(0)

2021年12月28日

東京都港区の日本で2番目に短い国道130号を原付で走破する

DSC_0172

今日は東京都港区にある日本で2番目に短い国道130号を原付で走破したので紹介します。


国道130号は起点の東京港から終点の芝四丁目交差点までの0.5劼魴襪岼貳鵡馥擦任后

 

画像の奥に見えるのが東京港です。





DSC_0164

ここが東京港です。トレーラーがいっぱい止まってました。





DSC_0166

国道130号の起点にはちゃんと起点を示すキロポストが設置されていました。



10:00  起点の東京港をスタート!





DSC_0178

10:03 終点の芝四丁目交差点に到着〜


途中に交差点が2か所あって信号に引っ掛かりましたが、引っかからなかったら1分くらいで走破できそうですね。^^





DSC_0180

終点の芝四丁目交差点は国道15号に接続しています。






DSC_0181

非常に残念なことに国道130号線には上下線共に国道標識(通称おにぎり)は探し回りましたが1本も設置されていませんでした。


国道標識が無いのは残念でしたが日本で2番目に短い国道130号を原付で走破できてちょっと嬉しいです。^^ 


おわり

tanjo0711 at 20:00|PermalinkComments(0)

2021年11月29日

三陸海岸沿いを走る国道45号を原付で走破する!


DSC_9591

今日はUPがかなり遅くなりましたが、7月に国道45号を愛車のスズキ・アドレス110で原付国道走破をしたので紹介します。


国道45号は宮城県仙台市の勾当台公園前交差点を起点に三陸海岸線沿いを走り終点の青森県青森市の青い森公園前までの516劼魴襪岼貳鵡馥擦任后



  国道45号のウィキペディアはコチラから






DSC_9535

今回は国道7号を原付走破した後にチャレンジしたので便宜上、国道45号を終点の青森から起点の仙台に向けて走破しました。


国道45号はここ終点の青森市の青の森公園前から青森県十和田市の野崎交差点までの76劼漏幣紊覇本一長い国道でもある国道4号との重複区間となっています。





DSC_9536

終点のキロポストの横の歩道上にはこんな案内板もありました。でも格下の国道45号については書いていません。



それでは行ってみましょう〜 国道45号原付国道走破!



18:00 国道45号の終点・青の森公園前をスタート! 






DSC_9537

1劼瓦箸縫ロポストが設置されていますが、表示されてるのは格上の国道4号の表示だけで国道45号の表示はありません。






DSC_9538

20分くらい走ったところで主要都市までの距離標識がありましたが、この標識でも表示は国道4号のみで国道45号の表示はありませんでした。61卆茲僚熟妥鳥圓嚢馥4号との重複区間が解消されるまで国道45号の表示は皆無です。





DSC_9539

残念ながら国道標識(通称おにぎり)も国道4号の表示だけで国道45号の国道標識はありませんでした。






DSC_9540

18:23 夕日で分かり難いですが国道45号は陸奥湾の海沿いを走ります。





DSC_9543

19:20  走り出して1時間20分!

国道45号は国道4号との重複区間の終わる十和田市に入りました。






DSC_9547

19:30 十和田市の野崎交差点の手前にある道路標識です。

この標識を見るとこの先の野崎交差点で国道45号は国道4号との重複区間が解消されて単独区間に入る事がわかります。






DSC_9549

ここが野崎交差点で、ここから三陸海岸に向けて走り国道45号の単独区間の始まりです。





DSC_9551

野崎交差点を左折してすぐにありました!国道45号の国道標識・おにぎり〜^^






DSC_9552

国道45号の単独区間に入って15分くらい走ると、国道45号の主要都市までの距離標識が出てきました。岩手県北部の久慈市まで79辧






DSC_9553

暗くて見落としが多かったキロポストですが、国道45号では起点から終点に向かう対向車線側にしかキロポストは設置されていませんでした。起点の仙台まで432辧
終点からスタートしてるんで・・・





DSC_9556

20:05 岩手県の主要都市・宮古市までの距離も表示されました。

       宮古市まで152辧 






DSC_9557

21:00 黙々と走り続けて岩手県に入りました。






DSC_9558

岩手県に入って少し走ると国道45号のゴール地点・仙台までの距離が表示されました。

      ゴールの仙台まで383辧 遠いなぁ〜



21:30 

岩手県久慈市内の久慈北IC交差点まで走り今日の走破はここまで

     
     久慈市内の健康ランドで温泉に入って爆睡 zzz






DSC_9559

4:30 起床〜 朝風呂に入って軽く朝食を食べて


6:00 お世話になった久慈健康ランド古墳ノ湯を出発!






DSC_9562

6:20 

昨日、国道45号線走破を中断した久慈北IC交差点からスタート!


  でも何か交差点の地名標識の色が変わってませんか? 緑色・・・






DSC_9560

久慈北IC交差点の手前にあった標識です。右折すると国道45号ですが自動車専用道路を示す車の絵柄や緑色で久慈道路となっています。そして直進は久慈の市街地に続く道なんですが、国道395号となっています。





DSC_9561

右折すると国道45号なんですが、自動車専用道路となっていて左横の標識には「この道路は自動車専用道路のため歩行者、自転車、125娑焚爾離丱ぅ等は通行できません。」と書かれていて、私の愛車は110佞覆里把鵡圓任ませんでした。 

海沿いを走る区間の多い国道45号は東日本大震災の津波で甚大な被害を受けて、復興に向けて内陸部に国道45号のバイパス的な三陸沿岸道路や八戸久慈道路が次々に建設されて、そのほとんどが国道45号の自動車専用道路になっている為、歩行者や自転車・原付は通行できません。でもこれらの区間は旧道が国道45号のままで残っているので走れますが、問題なのは久慈北IC交差点から久慈IC交差点までの約4劼龍茣屬久慈道路だけは旧道も無いので歩行者や自転車・原付は走行できないのです。





DSC_9564

仕方ないので久慈北IC交差点を直進して国道395号線へ、

そしてすぐに出てきた標識!よ〜く見ると国道395号と書かれた標識の場所が不自然で後から表示を変えた痕跡が見受けられました。 
怪しい〜





DSC_9566

車道と歩道を区切るポールにもシールで訂正された様な感じで国道395号となっています。



  でも! 動かぬ証拠を発見できました!!! 


         ↓ ↓ ↓







DSC_9565

後から貼られた国道395号のシールが剥がれたポールには、

       
       国道45号の文字が!!!!



そうです!この道は元々国道45号だったのですが、久慈道路開通後に国道395号に降格して国道45号では無くなっていたのです。これによって国道45号の完璧な完全走破は自転車や原付ではできなくなってしまったのです。






DSC_9568

そしてここは久慈道路の終わる久慈IC交差点で、国道395号はここで国道45号とまた合流して、国道395号からは元々走っていた国道45号が分かりやすい様に大きな看板で国道45→と案内されていました。





DSC_9567

 
 それにしてもこの国道45号の案内板はデカイなぁ〜






DSC_9570

6:45 

国道45号は
の銘柄の酒を醸す(株)福来の酒蔵の前を通ります。






DSC_9571

東日本大震災の津波で甚大な被害を被った国道45号には、津波で被害を受けて浸水した区間が標識で表示されています。





DSC_9572

 浸水区間の距離も細かく表示されています。






DSC_9573

この様な感じで国道45号には至る所に、この様な津波浸水区間を示す標識が設置されていて、東日本大震災の津波での被害の大きさがうかがえます。





DSC_9574

7:05 ここは岩手県普代村

仙台まで333のゾロ目のキロポストがありました。






DSC_9575

7:25
 ここは岩手県田野畑村の閉伊坂峠

ここが国道45号最高地点で標高380mです。






DSC_9578

7:45 ここ岩手県岩泉町で仙台まで300卉賄世謀達






DSC_9579

7:48  ここは岩泉町小本地区

ここから国道45号一番の難所と言われてる中野坂に差し掛かります。

最高速度は30/hに制限され追い越し禁止です。






DSC_9580

急勾配を下り始めると見慣れない標識が・・・ 緊急避難所!





DSC_9581

この区間は約2キロにわたり約10%の急勾配と急カーブが続きます。





DSC_9582

ここが緊急避難所の様ですが草がボーボーです。ブレーキ効かなくなったらここに突っ込んでトラックを止めるみたいです。でも三陸道が開通してからは難所のこの区間をあえて走るトラックはほとんどいません。そして奥のに見える黒い物体は特殊仕様のオービスと電光掲示板で時速30キロ以上で通過すると電光掲示板の文字での警告と大音量での警告音が鳴るそうですが、試しに制限速度以上で走行しましたが現在は可動していませんでした。ちなみに5年前に国道45号を走破した時には電光掲示板の文字での警告は可動してましたが、警告音は5年前から鳴っていない様です。





DSC_9583

画像では急勾配・急カーブはあまり伝わりませんが、警告の黄色い標識の多さがそれを物語っています。





DSC_9584

8:00 国道45号の難所区間を抜けて少し走ると宮古市に入りました。






DSC_9585

8:15  ここは宮古市の田老地区

ここには昭和8年に襲った三陸大津波の浸水エリアを表す看板が設置されていました。






DSC_9586

9:40 ここは山田町にある鯨と海の科学館

国道45号から少しだけ外れて、前々から行きたかった鯨と海の科学館に行きました。

建物の壁には東日本大震災の津波が達した水位が表示されていました。






DSC_9587

かつてはクジラで栄えた山田町 ここ来るのは3度目で、でも2回は津波や台風の被害で休館中で3度目の正直で入館できました。





DSC_9588

実物大の鯨の模型は大きくて迫力がありました。






DSC_9589

鯨の骨格の標本です。こらも迫力があって素晴らしかったです。鯨に付いていろいろ学べて有意義な時間を過ごす事ができました。





DSC_9590

11:10 仙台まで200卉賄世謀達〜





DSC_9595

12:00 長かった岩手県の最後の街・陸前高田市に入りました。





DSC_9596

12:15 国道45号は東日本大震災津波伝承館の前を通ります。

ここは今回はパスしましたが、過去に2回訪れていて東日本大震災の津波について学ぶ事ができます。当時の事を思い出してしまい悲しい気持ちになりますが、一度は行っておきたい素晴らしい施設です。





DSC_9599

12:20 宮城県気仙沼市に入りました。





DSC_9600

12:50 国道45号は気仙沼市の大谷海岸海水浴場の前を通ります。

大谷海岸海水浴場は今年の夏に津波の被害から11年ぶりに復活し多くの海水浴客で賑わっていました。





DSC_9605

13:30  ゴールの仙台まであと100辧!!





DSC_9606

14:05  石巻市に入りました。





DSC_9607

14:55  国道45号・仙台まで45卉賄世謀達〜






DSC_9614

15:25 国道45号は日本三景の一つ・松島の前を通ります。





DSC_9613

コロナ前と比べるとかなり観光客は少なかったですが、松島の景色は以前と変わらずとても綺麗な島々がたくさん浮いていました。






DSC_9615

15:55 

国道45号の起点で今回のゴール地のある仙台市に入りました。





DSC_9616

仙台市内に入ると国道45号のキロポストは仙台まで〇〇kmから起点まで〇〇kmの表示に変わりました。





DSC_9617

16:10 

国道45号は青森県十和田市まで重複していた国道4号の高架の下をくぐります。






DSC_9618

16:22 国道45号の起点・
勾当台公園前交差点まであと1辧







DSC_9620

16:25 

ここはゴールの少し手前ですが、この国道標識(おにぎり)が国道45号最後のおにぎりです。





DSC_9633

16:30 国道45号の起点・
勾当台公園前交差点に到着!


      青森 ー 仙台間  516辧


           終点から起点に向かって走ったので逆走ですけどね・・・


     国道45号 原付走破達成〜 (^∀^)v



走破時間 13時間50分(食事・休憩時間を含む)

平均時速 37.3/h

給油回数 1回 (岩手県宮古市)

ガソリン代 760円





DSC_9624

国道45号の起点・勾当台公園前交差点には仙台市道路元標が設置されていました。





DSC_9626




DSC_9625


最後は国道45号原付走破記念に愛車のアドレス110


     
     仙台市道路元標で記念撮影〜



今回、国道7号を走破してからの国道45号走破だったので便宜上、青森の終点から起点の仙台を目指す形となりましたが、最初の十和田市までの76劼蝋馥4号との重複区間で国道45号の表示は皆無で存在感はありませんでしたが、単独区間に入るとリアス式海岸で入り組んだ地形の三陸海岸をぐねぐねと走り全然距離が伸びませんが、景色が良く海が綺麗で交通量も比較的少なく走りやすかったです。東日本大震災の津波で甚大な被害を受けた国道45号ですが、復興も進みメインとなる国道45号のバイパス扱いの三陸道が次々に開通し元の国道45号は交通量が減って少し寂れた感がありましたが、復興した国道45号を原付で走破できて感無量です。






DSC_9594

おわり


tanjo0711 at 23:10|PermalinkComments(0)

2021年08月22日

車両が通れない階段国道のある国道339号を原付で走破する!

DSC_9518

今日は7月に行った青森ツーリングで国道339号を愛車のスズキ・アドレス110で原付国道走破したので紹介します。


国道339号は青森県弘前市を起点に終点の青森県外ヶ浜町に至る一般国道です。その道中には車やバイク・自転車も通行できない、超絶レアな国道が階段になってて歩行者のみが通れる「階段国道」のある国道としても有名です。



  国道339号のウィキペディアはコチラ!





DSC_9490


12:50 国道339号起点の青森県弘前市の運動公園入口交差点

         スタート!







DSC_9491

スタートして100mほど走ると距離標識が出てきましたが、そこに表示されてるのは断然格上の国道7号です。起点の運動公園入口交差点から国道339号バイパス入口交差点までは国道7号と国道339号の重複区間になっていますが、その区間マイナー国道の国道339号の表示は一切ありませんでした。





DSC_9496

これは国道339号バイパス入口交差点の少し手前にある標識です。この標識を見るとこの先の国道339号バイパス入口交差点で国道7号と国道339号との重複区間が終わる事がわかります。




DSC_9497


13:05 ここは国道339号バイパス入口交差点です。

    ここから国道339号の単独区間が始まります。





DSC_9498

国道339号の単独区間に入るとすぐに国道339号の主要都市・五所川原市と景勝地で有名な龍飛までの距離標識が出てきました。






DSC_9500

単独区間に入って1kmくらい走ると、国道339号の初の国道標識(通称おにぎり)がありました。






DSC_9503


13:40 

  国道339号の主要都市・五所川原市に入りました。






DSC_9509


14:25 

国道339号は本州最北の湖・十三湖の湖畔を少しだけ走ります。






DSC_9504

 
 愛車のアドレス110を十三湖をバックに記念撮影〜






DSC_9505


14:30

十三湖はシジミが有名なので十三湖の畔にあるしじみ専門店・奈良屋しじみ亭で遅めの昼食を食べました。






DSC_9506

お店のメニューです。しじみ専門店なのでほとんどのメニューがしじみ料理です。^^






DSC_9507

そして注文したのはしじみ亭昼定食(1100円)です。十三湖産のしじみを使った特製ラーメンに津軽の郷土料理のホタテの貝焼き味噌が付いています。






DSC_9508

まずはしじみラーメンから、やさしい塩味でしじみの旨味タップリの汁に麺が絡んでとても美味しかったです。貝焼き味噌はホタテの旨味と味噌がマッチして玉子を入れるので少しまろやかになりますが、ご飯にメチャ合う味でとても美味しかったです。お昼から青森の名物を2つも同時に堪能できて大満足でした。






DSC_9510

十三湖を過ぎて少し走ると国道339号は日本海の波打ち際を走り景色がとても良くて交通量が少なく気持ち良く走れます。






DSC_9511

同じ様な景色が続きますが奥の小高い山の向こう側に龍飛崎があります。




DSC_9512

山の上からはさっき通ってきた海岸線沿いの道が小さく見えます。






DSC_9513

15:40 国道339号の終点のある外ヶ浜町に入りました。






DSC_9514


15:45 


外ヶ浜町に入って龍飛崎の観光地エリアに入ると・・・

     急に道が階段に・・・・


  出ました! 階段国道!!! レア〜






DSC_9515

全国唯一の超レアな階段国道なので観光客向けに看板や案内図も設置されています。






DSC_9517

ここからは車両が通行できないので国道339号走破の為に徒歩で行きます。






DSC_9519

階段国道は小高い丘の上から始まっており、急な階段を下っていきます。






DSC_9520

階段国道の中間地点くらいにもありました!国道339号の国道標識(通称おにぎり)!!!しかも補助標識ダブル表示で「階段国道」と「竜飛」の地名入り!激レア この竜飛の補助標識の付いた国道標識はここにだけしか設置されていないので、車両の走れる区間には存在していません。






DSC_9521

ジグザグに階段を下りて行くと民家や海岸が見えてきました。






DSC_9522

ここが階段国道の一番下です。階段の段数は362段もありました。ネットで調べると距離は388.2mで標高差が約70mもあるそうです。この階段の先の海沿いの道が車両も通行できる国道339号の続きとなり終点の外ヶ浜町の三厩まで続きます。






DSC_9523

徒歩で下った階段国道を登りバイクに乗って、階段国道へ行く途中に国道ではありませんが、階段国道の下側の国道339号につながる道があるのでそこから下側に行きます。







DSC_9524

国道ではない道を550mほど下ると国道339号が出てきました。右折すると終点の方で左折すると階段国道の下側につながります。






DSC_9525


16:10

さっき下った階段国道の下から再び原付国道走破スタートです!^^






DSC_9526

ちなみに階段国道の下側の目の前は龍飛漁港で、北海道が見えるかも・・・と期待しましたが、霧が出ていて見えませんでした。

残念・・・







DSC_9527

階段国道から先の国道339号は終点まで海岸線沿いを走ります。







DSC_9530


16:30


  国道339号の終点・外ヶ浜町三厩に到着!


国道339号 弘前市ー外ヶ浜町間 約107kmを走破!

     
      国道339号原付国道走破達成〜




走破時間 3時間40分(食事・休憩・階段国道散策時間含む)

平均時速 29.1/h

給油回数 0回







DSC_9528

国道339号は交差点では無く道路上で急に終点となり、そこから国道280号に変わります。終点の地点にはわかりやすく標識と石柱のモニュメントが設置されていたので、何か原付国道走破の達成感を感じ嬉しくなりました。^^



国道7号と重複区間から始まる国道339号は起点の弘前市から単独区間に入り主要都市の五所川原市の市街地までは交通量も多く生活道的なイメージだが、その先からの十三湖や龍飛方面は交通量も少なく絶景の広がるドライブルートで他県ナンバーの車が目立つ観光道って感じでしたが、アップダウンがあるが大海原を望む絶景が何とも言えませんね。素晴らしい〜 そして何と言っても国道339号の目玉は日本唯一の階段国道ですね。原付国道走破なのに走れないのが複雑な気持ちですが、変わってて面白い場所でした。色々な顔を持ち変化に富んだ国道339号を走破できて良かったです!^^






DSC_9533


おわり

tanjo0711 at 19:59|PermalinkComments(0)

2021年08月03日

日本海沿いを北へ向かう国道7号を原付で走破する!

DSC_9395

今日は7月の連休に国道7号を愛車のスズキ・アドレス110で原付国道走破をしたので紹介します。

国道7号は新潟県新潟市中央区の本町交差点を起点に終点の青森県青森市の青い森公園前までの471.3を結ぶ一般国道です。


  国道7号のウィキペディアはコチラ





DSC_9382

まずは自宅の栃木県那須塩原市から4時間かけて国道7号起点の本町交差点に行きました。本町交差点は国道7号や8号・17号等の多くの国道の起点となっていて、交差点横には新潟市道路元標が設置されています。





DSC_9379

新潟市道路元標の横には国道7号の起点を示すキロポストも設置されていました。





DSC_9383

5:50 起点の本町交差点をスタート!






DSC_9386

5:53 

1劼曚豹覆爐塙馥7号最初の国道標識(通称おにぎり)がありました!





DSC_9387

5:56

起点から1.5卉賄世嚢馥7号最初のキロポストが設置されてました。





DSC_9388

6:00 

国道7号は今代司の日本酒を醸す今代司酒造の酒蔵の前を通過します。






DSC_9389

6:07 ここは紫竹山I.C

ここまで多数の国道と重複してましたが、ここで重複区間が終わり国道7号単独区間に入ります。




DSC_9391

6:10 

国道7号単独区間に入ると、国道7号の主要都市までの距離標識が出てきました。新潟県最北の村上市まで60辧






DSC_9392

6:15

国道7号の単独区間になる紫竹山I.Cから新発田市の新発田バイパスに入るまでの区間は新潟バイパスで最高速度は70/hと結構スピードを出して走る事ができます。でもその為、新潟バイパスは排気量50娑焚爾慮局佞箏攫嵶召歪鵡圓禁止されています。





DSC_9393

6:35 

新発田市に入って国道7号は次の主要都市までの距離標識が出てきました。山形県鶴岡市まで121辧






DSC_9397

7:56 ここは新潟県村上市

   国道7号100地点に到達!





DSC_9398

8:00 ここは新潟県村上市府屋

この辺りから国道7号は日本海沿いを走ります。






DSC_9406

8:10 国道7号2つ目の県・山形県に入りました。






Dpo8

国道7号は鼠ヶ関と言う場所に新潟県と山形県の県境がありますが、この鼠ヶ関の集落の県境はちょっと変わってて県境が山や川で境になってるのでは無く、民家の路地が県境になってるので少し寄り道して見に行きました。






Dpoi9

この道路の黄色い線の左が新潟県で右が山形県です。そしてここは新潟と山形の県境だけでなく、中部地方と東北地方との境目でもあります。





Dpoit7

県境の横には記念スタンプが押せるスタンプ台も設置されていました。





dpoie5

私も県境通過記念にスタンプを押しました。^^

そして国道7号へ戻り走破を再開〜





DSC_9407

鶴岡市に入るとすぐに次の秋田県の主要都市までの距離標識が出てきました。秋田県秋田市まで161辧






DSC_9408

8:35 ここは山形県鶴岡市

   起点から111のゾロ目キロポストを発見!

    
いつ見てもゾロ目のキロポストは何か嬉しい・・・





DSC_9413

9:00  鶴岡市の国道7号沿いにある道の駅あつみで休憩〜

そして道の駅の敷地内にある早磯ドライブインで朝食を食べました。

 
 早磯ドライブインで朝食を食べた記事はコチラ!





DSC_9414

10:15 ここは山形県酒田市

ここで早くも国道7号終点の青森市までの距離標識が出てきました。

    終点の青森市まで315辧 遠ぉ〜






DSC_9415

11:05 国道7号3つ目の県・秋田県に入りました。






DSC_9419

11:43 ここは秋田県由利本荘市

 起点から222のゾロ目のキロポストに到達!

200劼離リキロのキロポストは探したけど設置されていませんでした。





DSC_9420

海沿いをバイクで走ると気持ちが良いですねぇ〜






DSC_9421

12:50 ここは秋田県秋田市

国道7号は銀鱗の銘柄の日本酒を醸す那波商店の酒蔵の横を通過します。






DSC_9425

13:38 ここは秋田県八郎潟町

    起点から300地点に到達!





DSC_9429

15:00 ここは秋田県能代市

 起点から333のゾロ目のキロポストだぁ〜





DSC_9430

15:40 ここは秋田県北秋田市

国道7号沿いにある道の駅・たかのす大太鼓の里で休憩〜





DSC_9431

秋田名物のババヘラアイスを食べて涼をとります。





DSC_9432

値段は200円でサッパリとした甘さで昔懐かしい味わいで美味しかったです。






DSC_9433

16:35 ここは秋田県大館市

国道7号は北鹿の銘柄の日本酒を醸す(株)北鹿の酒蔵の前を通過します。





DSC_9439

17:07 ここは秋田県大館市

    起点から400卉賄世謀達! 





DSC_9441

17:15 国道7号4つ目最後の県・青森県に入りました。




17:50 

青森県に入り弘前市の堀越東側交差点まで25劼曚描り、今日の原付国道走破は終わり!そしてそこから今日の宿泊地に移動〜





DSC_9442

つがる市のオートキャンプ場で原付ソロキャンプです!






DSC_9444

まずはテントを張ってキャンプ場にある温泉に入りました。家族で車で来てるお客さんの中に原付で来てソロキャンプしてる私、珍しいのか?周りの人から結構見られました。
(汗)





DSC_9450

温泉に入ってスッキリした後は、近くのスーパーに買い出しに行って、青森地酒と青森県産の刺身と値引きになった惣菜を買いました。キャンプで飲む日本酒は美味いですねぇ〜 ホタテも格別でした。^^

 
     飲んで食べた後は爆睡zzz






DSC_9453

翌朝 3:30 起床〜

朝食に軽くラーメンを食べて荷物をまとめて出発!




6:00 

昨日中断した弘前市内の堀越東側交差点をスタート!







DSC_9458

6:20 走り出して20分!

  国道7号の終点のある青森市に入りました。






DSC_9460

6:25 国道7号最後のゾロ目のキロポスト

         444辧





DSC_9461

 4が4つのゾロ目もあります。444.4






DSC_9462

青森県内では結構、この様にキロポストと国道標識を兼ねてる個所が多かったです。 





DSC_9463

6:50 国道7号は北海道新幹線の高架の下をくぐります。






DSC_9467

6:59

青森市内の中心部ではキロポストを設置するスペースが無いのか?信号機のポールにステッカーで起点から距離を1m単位で細かく表示されていました。ちなみにこのステッカーが国道7号最後のキロポストで、数十メートル先に終点があります。 






DSC_9465


7:00
 国道7号の終点・青い森公園前に到着!

   
   国道7号 新潟ー青森間 471.3劼鯀破! 

     
      国道7号原付国道走破達成〜




走破時間 13時間
(食事・休憩時間含む)

平均時速 36.2/h

給油回数 1回(秋田県由利本荘市)

ガソリン代 765円





ゴールの青い森公園前には国道7号の終点を示すキロポストが設置されていました。ちなみに青い森公園前は日本一長い国道4号と日本で6番目に長い国道45号の終点でもあります。








DSC_9470

終点のキロポストの横の歩道上にはこんなモニュメントも設置されていました。



今回2日間に分けて国道7号を原付で走破しましたが、国道7号は新潟県と山形県の県境の少し手前辺りから秋田県秋田市くらいまでは波打ち際を走り景色が非常に良く気持ちが良かったです。また国道7号は起点の新潟市や主要都市の酒田市・秋田市などでは少し交通量が多く渋滞箇所があったものの、ほとんどの区間で交通量が少なく走りやすかったです。そして道中に道の駅が多いのも魅力の一つで各地の名産品や新鮮な野菜・ご当地物が買えるのが嬉しかったですね。最後に2日間は晴天に恵まれ、途中危なそうなエリアもあったが運良く夕立に打たれる事も無く、快適に日本海の海沿いを走る国道7号を原付国道走破ができて感無量です。


おわり



tanjo0711 at 23:03|PermalinkComments(0)

2021年07月18日

太平洋と日本海を結ぶ日本横断・国道49号を原付で走破する!

DSC_9211

今日は6月に太平洋と日本海を結ぶ日本横断国道の国道49号を新しく愛車になったスズキ・アドレス110で走破をしたので紹介します。


国道49号は福島県いわき市常磐上矢田交差点を起点に終点の新潟県新潟市中央区栗ノ木橋交差点までの242.2kmを結ぶ一般国道です。



   国道49号のウィキペディアはコチラから






DSC_9148

国道49号の起点は国道6号の常磐バイパス上の常磐上矢田交差点で、この先の分岐点が国道49号の起点となります。






DSC_9149

7:00 国道49号の起点・常磐上矢田交差点をスタート!





DSC_9150

走り出して200mほどで国道49号の距離標識が・・・

いきなり、国道49号の終点のある新潟まで244km!!!






DSC_9151

国道49号の起点には起点を示す標識やキロポスト等はありませんでしたが、走り出してすぐに国道49号最初の起点から0.5km地点を示すキロポストがありました。






DSC_9152

7:07 起点から3km地点で初めて起点から

    何kmを示すキロポストが出てきました。






DSC_9153

7:08 8分ほど走ってやっと国道49号線、

    最初の国道標識
(通称おにぎり)が出てきました。






DSC_9154

7:20 常磐自動車道の入口・いわき中央I.C交差点

2車線あった広々とした道が1車線となり山道が始まります。






DSC_9155

7:55 福島県平田村に入りました。






DSC_9156

8:10 福島県最大の都市・郡山市に入りました。






DSC_9157

8:10 ここは郡山市ですが、

国道標識の下の地名の表す補助標識には「牛骨」の文字が・・・

この牛骨の文字を見たら韓国料理の牛骨スープ・コムタンが食べたくなりました。^^ ちなみにここは牛骨と書いて「うしぼね」と読むそうです。






DSC_9158

8:20 国道49号は郡山市のたに川酒造の酒蔵の前を通過します。






DSC_9159

8:35 郡山市の市街地に入ると交通量が多く、

    渋滞が目立つ様になりました。

国道49号は東北新幹線の高架を横切ります。






DSC_9160

8:50 国道49号は関東と東北を結ぶ大動脈、

    国道4号あさか野バイパスの下を横切ります。






DSC_9161

9:10 郡山の市街地を抜けると交通量は一気に減り、

    車線が減少し山道になります。

ここから会津との境にある中山トンネル
(中山峠は旧道)まで登坂が続きます。

    



DSC_9162

9:13 峠を登り始めるとすぐに

    熱海ドライブインがありました。

    ここで朝食を食べて休憩します。






DSC_9169

ここで山菜そばセット(550円)を食べました。

     
    詳しくはコチラをどうぞ  ↓ ↓ ↓

     
    郡山市の熱海ドライブインに行く!


     腹ごしらえをして出発〜




DSC_9172

9:55 中山トンネルに着きました。

このトンネルの真ん中辺りで会津の猪苗代町に入りましたが、境界を示す物や標識等は一切ありませんでした。
ちなみに中山峠のある旧道は国道から降格し現在は通行止め。






DSC_9175

10:00 猪苗代町に入って坂を下ると国道49号は、

     猪苗代湖の湖畔を走ります。






DSC_9174

景色が良いので猪苗代湖をバックに記念撮影〜 ^^






DSC_9176

10:06 ここは猪苗代町・起点から100km地点に到達

でもなぜか?キロポストには「いわきから」では無く「いわきまで」となっていました。設置ミス・・・?^^






DSC_9177

10:10 会津の名峰・磐梯山が見えてきました。

  でも残念ながら上部を雲で覆われていました。






DSC_9179

10:20 国道49号は有名な野口英雄の記念館の前を通ります。






DSC_9182

10:26 ここは猪苗代町の猪苗代湖畔

白鳥の遊覧船の前に111kmのゾロ目のキロポスト発見!






DSC_9183

10:33 会津若松市に入りました。






DSC_9184

会津若松市内の国道49号線沿いには赤べこ公園があります。







DSC_9186

ここには会津の郷土玩具の巨大な赤べこの滑り台がありました。






DSC_9187

11:03 湯川村に入りました。

湯川村内の国道49号の区間は短く1.9kmしかありません。





DSC_9188

11:07 阿賀野川に架かる橋を渡ると会津坂下町に入りました。






DSC_9189

11:11 べこの乳でお馴染みの会津乳業のアイス牧場で休憩

    




DSC_9194

ほんとは会津のべこの乳を使ったソフトクリームが食べたかったが、朝食のデザートにアイスクリームが出たので、今回は飲むヨーグルト! 味が濃くて美味い〜





DSC_9190

アイス牧場の入口には冷たい天然水が沸いていて、ここでペットボトルの水を補給します。いつもながら冷たくて美味い!






DSC_9195

11:25 ここは会津坂下町の中心部

国道49号は馬刺しの名店・堀商店坂下ドライブインの前を通過します。今回は会津ツーリングでは無いので馬刺しはお預け・・・






DSC_9196

11:33 柳津町に入りました。

会津若松や会津坂下の街中を抜けると交通量は減ってきました。







DSC_9197

11:40 国道49号、福島県の最後の町・西会津町に入りました。






DSC_9200

12:15 ここ鳥井峠が福島県と新潟県との県境です。

      新潟県阿賀町に入りました。





DSC_9209

13:10 阿賀町の国道49号線沿いにある、
    
    津川ドライブインで昼食を食べます。






DSC_9206

 食べたのはモツ炒め定食(850円)です。


   詳しくはコチラから ↓ ↓ ↓


 新潟県阿賀町の津川ドライブインに行く!






DSC_9213

13:30  ここは新潟県阿賀町!

    国道49号200km地点に到達!






DSC_9214

13:40 阿賀野市に入りました。




DSC_9217

13:55 ここは新潟県阿賀野市!

 国道49号222kmのゾロ目のキロポストを発見!

でも設置場所が無かったのか?新潟方面行きの方には222kmのキロポストの設置は無く、あったのはいわき方面行きだけです。






越後桜酒造H

14:00 国道49号は越後桜酒造の酒蔵の前を通ります。





DSC_9218

14:23 ここは阿賀野川に架かる新横雲橋






DSC_9220

この橋の真ん中で国道49号最後の都市・新潟市に入ります。





DSC_9223

14:37 ここは亀田バイパスの紫竹山ICの手前の地点です。






DSC_9222

ここに国道49号最後のキリキロのキロポストがありますが、肝心なキロ数が剥がれていて分かりません!!! でも240km地点です。そしてその下には、新潟市道路元標が設置されてて国道7号や8号等の多くの国道の起点や終点となってる本町交差点までの距離が表示されています。ちなみに国道49号の終点は本町交差点では無く、その約3km手前の栗ノ木橋交差点になります。






DSC_9224

14:38 ここは亀田バイパスの紫竹山ICです。

この先で国道49号は格上国道の国道7と国道8号との重複区間となり吸収されます。そして交通量が多く写真は撮れませんでしたが、国道49号最後のキロポストは240.6kmでした。





DSC_9225

14:42 ここは紫竹山交差点の手前です。

この先の紫竹山交差点から栗ノ木橋交差点までの区間は実に国道7号・8号・17号・49号・403号・459号の6つの国道の重複区間となっていますが、標識には一番格上の国道7号の表示しかありません。





DSC_9227

14:45 ここは新潟市の馬越交差点

ここで国道49号
(表向きの表示は格上の国道7号)はJR信越本線の高架をくぐります。





DSC_9231

14:47 国道49号は今代司酒造の酒蔵の前を通ります。






DSC_9230


14:50
 国道49号の終点・栗ノ木橋交差点に到着!

 
 国道49号線 いわきー新潟間 242.2kmを走破!


      国道49号原付国道走破達成〜



走破時間 7時間50分(食事・休憩時間を含む)

平均時速 30.9km/h

給油回数 0回





到着して国道49号の終点を示す標識や表示物等を探しましたが、既に格上国道に吸収されて表向きでは存在を消していますので見つける事ができませんでした。


全国には太平洋側から日本海側を結ぶ日本横断国道が何個かありますが今回初めて走破できて嬉しいです。また梅雨の時期でしたが天気にも恵まれ途中からは快晴で気持ち良く走る事ができました。国道49号は都市部では渋滞が多かったが、都市部を繋ぐ山間部は等は交通量は少なく、また降雪地帯を走る国道なので除雪スペースがあり道幅が比較的広く走りやすかったです。そして何と言っても国道49号はドライブインのメッカですね!なんせ起点のいわき市から新潟県内はちょっと少ないですが、ドライブインを銘打つお店が多いこと! 今回も朝食・昼食と利用させてもらいました。^^ ドライブイン好きの方には是非おすすめの国道です!





DSC_9234

 おわり

tanjo0711 at 22:36|PermalinkComments(0)

2020年10月30日

国道308号を原付で走破する!

DSC_6907

今日はUP遅くなりましたが遅くなりましたが、

8月に国道308号線を原付で走破したので紹介します。


国道308号は大阪市中央区の新橋交差点を起点とし、終点の奈良市の三条大路2丁目交差点までの33.8劼魴襪岼貳鵡馥擦任后

 
国道308号の詳しい事はコチラのウィキペディアを参考に



9:35 ミナミのど真ん中の新橋交差点をスタート!






DSC_6906

新橋交差点には国道308号線の起点を示す標識などは何もありませんでしたが、新橋交差点の国道25号(御堂筋)側の少し手前の標識では新橋交差点が国道308号の起点となってる事が分かります。






DSC_6909

ビルが立ち並ぶ街中を走り出して500mほどで国道308号って事が分かる最初の標識が出てきますが、国道308号の国道標識(通称おにぎり)は見当たりません。





DSC_6911

国道308号線は起点から数キロは長堀通となっています。






DSC_6912

9:58 走り出して23分で国道308号次の都市・東大阪市に入りました。

この辺りでは国道308号は阪神高速13号東大阪線の下を走ります。





DSC_6914

10:00 東大阪市の高井田西6丁目東交差点です。

ここで初めて国道308号の国道標識(通称おにぎり)が出てきます。





DSC_6915

東大阪市の阪神高速の下を走る区間辺りの国道308号線は緊急交通路に指定されていて大災害には一般車両は通行禁止となります。






DSC_6916

東大阪市の石切付近で国道308号は第二阪奈道の西石切入口から第二阪奈道に接続します。ちなみに第二阪奈道は国道308号にも指定されていて国道308号のバイパス道になります。




DSC_6917

国道308号の通行は有料の第二阪奈道が現在メインとなっていますが、利用者は少ないが旧道も現存しており、ここ近鉄けいはんな線の新石切駅を右折して旧道へと続きます。





DSC_6918

10:22 新石切駅を右折して少し走ると箱殿交差点があり、ここから狭い旧道で峠越えをします。電柱には国道308号を示す標識も付いています。





DSC_6919

道幅はまだ広いですが、急勾配の住宅街を国道308号は通り抜けます。





DSC_6920

10:29
 国道308号は近鉄奈良線の高架をくぐって幅員減少区間へ





DSC_6922

近鉄奈良線の高架をくぐった所から幅員が減少し、国道308号は一方通行になります。狭い道でもちゃんと標識には国道308号と表示されています。




DSC_6923

道が狭くなり急勾配の為、舗装はアスファルトでは無く、コンクリートの〇型の滑り止めの付いた道路となっています。






DSC_6924

途中で開けた所があったので、バイクを止めて後ろを見渡すと、大阪の町が広がっていて綺麗でした。





DSC_6925

この先も急勾配が続き電光掲示板には「幅員狭小」の注意喚起がされていました。





DSC_6926

少し進むと急勾配で急カーブの国道308号の難所へ突入です。画像ではあまり分かり難いですがかなり急です!





DSC_6927

写真を撮ってたら郵便局の配達員がバイクで下っていきました。こんな悪路を毎日配達するのは大変でしょうね。






DSC_6928

私が休憩がてらに写真を撮ってたら数台の車が登っていきましたが、タイヤを空転させながら登る車も多く、道にはスリップ痕がたくさん付いていました。急勾配を物語っていますね。





DSC_6930

バイクは車体が軽いのでスリップはしませんが、エンジンをうならせながら登って行きました。





DSC_6931

急勾配を登りきると少し平坦になり、集落があるのか道がいくつか分岐していましたが、本線の国道308号は分かりやすい様に標識が出ていました。また国道308号は交通量も少なく途中に近鉄の電車の駅が幾つかある事からハイキング道としても人気がありハイカーが多いです。






DSC_6932

10:50 奈良県生駒市に入りました。






DSC_6934

ここ暗峠が大阪府と奈良県の県境となっていて、道は江戸時代に敷かれた石畳が今も現存していてメチャ良い雰囲気を醸し出しています。






DSC_6936

ここは日本の道100選にも選ばれていて、日本の道100選の石碑もありました。






DSC_6942

暗峠付近は昔は宿場や茶店で賑わった様で道幅も少しは広めですが、乗用車同士の擦れ違いは神経を使いそうですね。






DSC_6939

暗峠を登ってきた側です。標識は大阪府東大阪市となっていて、大阪府とは思えないくらい雰囲気のある絵ですね。





DSC_6946

メチャ暑かったので、暗峠で現在も営業してる茶店・すえひろで休憩しました。





DSC_6943

何か長閑でメッチャ落ち着く所です。茶店で一緒になった後ろのバイクの人は福島県の福島市から国道308号を走りに来ていました。






DSC_6944

メチャ暑くて汗びっしょりだったので、涼をとるために冷やしぜんざい(550円)を食べました。





DSC_6945

冷やしぜんざいは優しい甘さで、かき氷が入ってるのでギンギンに冷えててメチャ美味しい〜 またアクセントの塩昆布も絶妙〜





DSC_6937

茶店の壁には暗峠の歴史が紹介されていました。






DSC_6949

涼をとった後は暗峠を下ります。奈良県側の下りは道幅が広いです。奥の下に見えるのは生駒の市街地です。






DSC_6950

数キロ進むとまた道幅が狭くなり道路はアスファルトからコンクリートに変わりました。





DSC_6955

峠を下り切り、市街地に出ると国道308号は近鉄生駒線の線路を横切ります。そして電柱を見て下さい。国道308号はこの奥の踏切を渡って左折しますが、一本手前を左折すると「菊司」の銘柄の酒を醸す菊司醸造の酒蔵があるので寄り道をします。^^






DSC_6953

踏切から数百メートル行くと、そこに酒蔵はあります!

 菊司醸造で日本酒を買いました。





DSC_6956

酒を買って国道に戻り踏切を左折すると、国道308号は民家の密集する住宅街の中を抜けて行きます。





DSC_6957

小高い丘を登り切って振り返ると、南生駒の町が広がります。奥に見える山は先ほど冷やしぜんざいを食べた暗峠です。





DSC_6958

住宅街を過ぎると国道308号は道幅の狭い雑木林を抜けて行きます。冬季は勾配が激しいのでチェーンが必須なんでしょうね。





DSC_6960

この画像だけ見ると道は国道では無く私道や林道レベルですよね!でもここは歴きとした国道で国道308号線です。^^





DSC_6959

雑木林を抜けると道は狭くグネグネとしてるけど、ちらほら民家も出てきました。




DSC_6962

グネグネした道を抜けると急に民家が広がり、奥には奈良市内の街も見えてきました。ちゃんと国道の標識もあります。^^





DSC_6964

下り坂を下りきると、国道308号は国道308号のバイパスでもある有料の第二阪奈道路の下をくぐります。




DSC_6965

第二阪奈道路をくぐると、民家の間の路地みたいな所を国道308号は通ります。電柱にはちゃんと国道標識と住所地の標識がありました。そして奈良市の看板は見つかりませんでしたが、知らん間に奈良市に入っていました。





DSC_6966

少し進むと市街地に出てきて、比較的大きな道路・県道7号と交差します。そしてここは奈良市の砂茶屋の交差点で標識をよく見ると、ここの交差点・7:30〜9:00までの1時間半の間、国道なのに進入禁止になるんですね。





DSC_6968

狭い民家の間を抜けると国道308号はセンターラインのある道幅の広い道路になりました。ここはバス道で奈良市バスの路線になっています。






DSC_6969

でもすぐに道幅が狭くなり住宅密集地を走りますが、この狭い道もバス道でバス停でバスが停車するたびに渋滞ができていました。






DSC_6970

住宅街の先には近鉄橿原線の尼ヶ辻駅があり、国道308号はその横を通り抜けます。






DSC_6972

駅前で交通量が多く踏切があって道幅が狭く、しかもバス道なのでここの踏切は安全対策の為に警備員が配置されているそうです。ちょうど踏切の前に警備員が立っています。





DSC_6973

尼ヶ辻駅から数百メートル進むと都橋西詰交差点があります。ここで国道308号のバイパス道である第二阪奈道路(有料)と合流します。





DSC_6974

合流すると交通量が激増しました。そして車線は片側3車線と広く、国道らしい道になりました。






DSC_6976

合流してからは、綺麗で立派な住所地の補助標識付きの国道標識(おにぎり)が設置されていました。





DSC_6977

ここは国道308号終点の三条大路2丁目交差点の200mくらい手前ですが、ここの標識を見るとこの先で国道308号が終わってるのが分かります。





DSC_6978


12:35
 国道308号終点・三条大路2丁目交差点に到着〜






DSC_6979

交差点には西日がメチャ当たるのか色あせた、国道308号の国道標識(おにぎり)に、国道標識の上には一方通行や追い越し禁止等の道路の状況の終わりを示す補助標識が付いていました。国道の終わり(終点)としてこの補助標識が使われてるのは初めて見ました。ある意味珍しくてレアですね!^^



大阪市(新橋交差点)−奈良市(三条大路2丁目交差点)間

   
    33.8km 国道308号 原付走破 達成〜!




走破時間 3時間(食事・休憩時間含む)

平均時速 11.2km/h

給油回数 0回




今回は十数年ぶりに国道308号を走破しましたが、昔からあまり変わっておらず、短距離の中に都会と田舎の両面を持つ変化が目まぐるしい国道で、田舎区間では道幅は激狭で急勾配と酷道です。国道って感じは無く生活道っぽい国道ですが、佇まいが非常に良く特に県境の暗峠の江戸時代から残る石畳は素晴らしいですね。久々に時間を掛けて起点から終点までゆっくりと国道308号を走破できて感無量です。


変化に富んだ面白い国道なので興味のある方は是非走破してみて下さいね。お薦めです!^^



おわり

tanjo0711 at 03:08|PermalinkComments(2)

2020年08月27日

日本海側を走る国道8号を原付で走破する!

DSC_6724


今日は盆休みを利用して国道8号を原付で走破したので紹介します。


愛車のホンダ・Dio110
(原付2種)で栃木県那須塩原市の自宅を4:00に出発して、国道8号線の起点のある新潟市の本町交差点を目指しました。




DSC_6732

国道8号は新潟県新潟市の本町交差点を起点とし、終点の京都府京都市の烏丸五条交差点までの602.1劼魴襪崙本で7番目に長い一般国道です。


  国道8号のウィキペディアはコチラ





DSC_6733

起点の本町交差点の横には新潟市道路元標が設置されています。





DSC_6737

新潟市道路元標は交差点の歩道上に埋め込まれあるので、知らない人が見るとただのマンホールと思うかもしれませんが、道路の起点となる大切なものなんですよ。




DSC_6727

クリックして画像を大きくし読んでみましょう。





DSC_6729

ここ本町交差点は青森県青森市までを結ぶ日本で8番目に長い国道7号を始め、国道8号・国道113号・国道289号・国道350号の起点となっていて、また日本の道路の起点で日本道路元標のある日本橋を起点とする国道17号の終点であり、国道116号・国道402号の終点でもあります。





DSC_6730

国道8号は途中まで国道7号との重複区間となっており、道路上の標識は格上の国道7号の表示がされています。


それでは行ってみよう〜 原付国道走破!


この日は台風から変わった温帯低気圧の影響で新潟県内に入ったくらいから生憎の雨でしたが・・
 

8:00 国道8号の起点・本町交差点をスタート!




DSC_6739

走り出して3分程で、初めての国道標識(通称おにぎり)が出てきましたが、表示は格上の国道7号だけです。




DSC_6741

主要国道に1卷茲棒瀉屬気譴討い襯ロポストです。1劼離ロポストは見落としか設置されていないのか? 見つける事ができませんでしたが、重複区間ではキロポストも格上の国道7号の表示でした。




DSC_6742

8:10 国道8号は今代司の日本酒を醸す今代司酒造の酒蔵の横を通過します。




DSC_6744

8:15 ここは紫竹山交差点です。

起点から約4劼僚蠅砲△觧臙飮蓋鮑硬世嚢馥7号と国道8号の重複区間が終わります。標識を見てみると、国道7号と国道8号が分かれているのが分かります。




DSC_6746

国道7号との重複区間が終わり、国道8号単独区間に入ると暫く、3車線の広々とした道が続きます。主要都市までの距離標識が出てきました。長岡まで56辧繊,海蛙軍礇丱ぅ僖垢楼貳牝擦世制限時速が70/hとスピードを出して走る事が出来ます。でもこの道は歩行者・自転車・50娑焚爾慮局佞猟鵡圓篭愡澆箸覆辰討い泙后ちなみに私の愛車は原付2種に該当し排気量は110佞覆里把鵡垈椎修任后




DSC_6747

8:27 8劼離ロポストに到達

今まで起点の本町から〇劼班充┐気譴討泙靴燭、

8夘婉瓩ら新潟から〇劼班充┐吠僂錣蠅泙靴拭





DSC_6749

8:28 走り出して約30分

国道8号単独区間に入り、やっと国道8号の国道標識(おにぎり)が設置されていました。





DSC_6750

9:00 ここは新潟県三条市

ここで新たな距離標識が出てきました。上越まで98辧




DSC_6751

10:25 ここは新潟県柏崎市

   起点から100卉賄世謀達!

この辺りから朝から降り続いた雨が上がり始めました。



DSC_6752

10:30 ここも新潟県柏崎市

次の県の県庁所在地・富山までの距離標識が出てきました。

     富山まで146辧





DSC_6757

10:37 ここは新潟県上越市

この手前の柏崎市と上越市との市境辺りから国道8号線は日本海沿いを走り始めます。





DSC_6758

11:35 新潟県上越市名立区の国道8号線沿いにある、名立ドライブインでちょっと早めの昼食を食べました。




DSC_6760

ドライブインは国道沿いの波打ち際にあり、荒れた日本海の白波が凄かったです。




DSC_6767

食べたのは刺身定食で1200円でした。刺身の量はちょっと少ない感じがしたが、新鮮な地物の刺身は最高に美味しかったです。


  腹ごしらえをして出発〜




DSC_6780

上越市を抜けて新潟県最後の町・糸魚川市に入ると国道8号は海沿いの断崖絶壁の波打ち際を走り、国道で一番の難所と言われている親不知(おやしらず)に差し掛かります。




DSC_6781

親不知に差し掛かる手前付近では国道8号は旧北陸本線で現在は第三セクター鉄道会社に移管された路線、えちごトキめき鉄道の日本海ひすいラインと北陸道に挟まれる感じで走っています。





DSC_6782

14:15 ここは新潟県糸魚川市

親不知記念広場の展望台から見た親不知です。

ここから富山県との県境に向かって、国道8号は断崖絶壁の岩場を縫う様にして走ります。




DSC_6783

看板には親不知について書かれています。クリニックして読んでみましょう。




DSC_6784

カーブの連続の親不知の国道の難所を抜けると、

14:25 国道8号2つ目の県・富山県に入りました。




DSC_6788

14:30 ここは富山県朝日町

    富山県に入ってすぐの所にありました。

     国道8号200劼離ロポスト!

     起点から200卉賄世謀達〜




DSC_6789

15:06 ここは富山県黒部市

国道8号の主要都市・金沢までの距離標識が出てきました。

      金沢まで102辧




DSC_6790

15:09  ここも富山県黒部市

   国道8号222劼離哨輒椶離ロポスト発見!

      
111劼離哨輒椶離ロポストは見落とし(泣)





DSC_6797

17:00 富山県高岡市の道の駅・万葉の里高岡の前にある万葉の里交差点まで走って本日の原付国道走破は終了〜


 高岡市内の北陸健康センター・アラピアに移動して、

 
 風呂とサウナを堪能し、カップ酒を飲んで爆睡!


4:30 起床〜


5:40 昨日、原付国道走破を打ち切った万葉の里交差点から2日目スタート!







DSC_6798

6:10 ここは富山県小矢部市

国道8号の主要都市・福井までの距離標識が出てきました。

    福井まで107辧




DSC_6799

6:25 国道8号3つ目の県・石川県に入りました。




DSC_6801

6:30 ここは石川県津幡町

    起点から300卉賄世謀達!




DSC_6802

6:37 ここ石川県津幡町内で国道8号は国道159号と重複区間になります。重複区間は津幡バイパスの舟橋JCTから今町JCTまでの約6.5劼任后9馥刺玄韻呂舛磴鵑罰焚爾旅馥159号の標識も表示され、ダブルおにぎりになってます。^^ しかもご丁寧に「重複区間」の補助標識付き!




DSC_6806

7:10 ここは石川県白山市

   国道8号 333劼離哨輒椶離ロポスト発見!^^





DSC_6807

7:35 ここは石川県小松市

343劼離ロポストから親切に起点の新潟から〇〇劼班充┐気譴襪茲Δ砲泙靴拭でもこの後、数キロ走ったらまた新潟から〇〇劼良充┐肋辰┐泙靴拭





DSC_6808

7:47 ここは石川県加賀市

国道8号の国道標識(おにぎり)はただ単に国道標識のみで設置されてましたが、加賀市内に入ってからは国道標識の下に補助標識で地名が書かれるようになりました。たいていの国道の国道標識の下には地名が書かれてる事が多いが国道8号は少ないです。





DSC_6810

8:30 国道8号4つ目の県・福井県に入りました。





DSC_6812

8:50 ここは福井県坂井市

    起点から400卉賄世謀達!





DSC_6817

10:25 ここは福井県越前市

国道8号の主要都市・大津までの距離標識が出てきました。

     大津まで120辧






DSC_6818

10:40 ここは福井県南越前町

国道8号 444劼離哨輒椶離ロポストを発見!
(^∀^)






DSC_6820

10:50 ここは南越前町の道の駅・河野です。





DSC_6819

道の駅の駐車場からは日本海が一望できます。

この辺りから国道8号は海沿いを走ります。




DSC_6822

11:00 ここは福井県敦賀市

ここで国道8号の終点・京都までの距離標識が出てきました。

    
終点の京都まで111辧




DSC_6824

11:03 ここも福井県敦賀市

国道8号は綺麗な若狭湾の海を望みながら走ります。






DSC_6826

11:11 ここは敦賀市の国道8号線沿いにある、

     帰り山観音霊場





DSC_6827

ここでは霊水を汲む事ができるので、維持費の協力金を支払ってペットボトルに霊水を詰めてもらいました。冷たくて美味しかったです。




DSC_6833

12:10 国道8号5つ目の県・滋賀県に入りました。





DSC_6834

12:30 ここは滋賀県長浜市

国道8号は日本最大の湖・琵琶湖の横を少しだけかすめます。





DSC_6836

12:33 長浜市の塩津交差点で国道8号は国道303号と重複区間になります。 重複区間を示すダブルおにぎりもちゃんとありました。




DSC_6838

12:40 ここは長浜市の木之本I,C口交差点

ここから国道365号との重複区間にもなり、約550mほどですが国道8号・303号・365号の3国道の重複区間になります。そしてそんな短い区間にもちゃんと3国道の重複区間を示すトリプルおにぎりがありました。これはレア〜





DSC_6840

12:55 ここもまだ滋賀県長浜市ですが

     国道8号 500卉賄世謀達!





DSC_6841

13:00 まだまだ長浜市ですが、

    ここの地名おもろいですね。 っですよ!^^





DSC_6843

14:50 ここは滋賀県野洲市

国道8号最後のゾロ目の555劼離ロポストを発見!




DSC_6848

15:05 ここは滋賀県栗東市

名神高速の栗東I,C入口付近で国道8号は終点の京都市下京区の烏丸五条交差点まで国道1号との重複区間となります。I,C入口を過ぎた所からの標識は格上の国道1号の表示となり格下の国道8号の表示は無くなりました。





DSC_6846

I,C入口にあった560.7のキロポストが国道8号最後のキロポストでした。




DSC_6851

その次にあったキロポストは国道1号のキロポストで469.7は国道1号の起点・東京の日本橋からの距離になります。





DSC_6854

15:13 ここも滋賀県栗東市

重複区間に入って数キロ走ると出てきました国道標識のおにぎり!でも表示は国道1号のみで国道8号の表示はありません。




DSC_6855

15:17 ここは滋賀県草津市

キロポストも国道1号の表示のみです。





DSC_6858

15:45 国道8号6つ目、最後の県・京都府に入りました。





DSC_6859

15:53 ここは京都府京都市

京都府に入ると標識には親切に格下の国道8号も表示されるようになりました。





DSC_6862

16:03 ここは京都市東山区

京都府内の国道8号の区間は7.9劼斑擦い任垢、

    1か所だけありました!

国道1号と国道8号のダブルおにぎりの国道標識!

       激レア〜




DSC_6863

16:10 国道8号の終点・烏丸五条交差点に到着!




DSC_6865

国道8号線 新潟ー京都間 602.1劼鯀破!

     
      国道8号・原付走破達成〜



到着して交差点の周りを歩き回って国道8号終点を示すキロポストや標識等が無いか探しましたがありませんでした。残念・・・



2日間の内、初日の半日は雨に見舞われその他は猛暑で、雨にぬれたり暑かったりと結構辛かったですが、国道8号は都市部では車線が2〜4車線もあり、北陸地方の積雪の多い地域を走る国道なので道幅が少し広く、除雪の雪をためるスペースなのでしょう。路肩が広く作られていて原付は非常に走りやすい環境でした。(滋賀県・京都府を除く)日本海の海沿いを走る区間の景色がとても綺麗で、そして何と言っても国道8号線沿いには道の駅が多い事!営業時間内だった道の駅には全て立ち寄りましたが、その地域の特産品や地酒等が買えて結構楽しめました。前から走破してみたかった日本海側を走る国道8号を原付で走破できて感無量です。



走破時間 19時間30分(食事・トイレ・休憩含む)

平均時速 30/h

給油回数 2回(新潟県糸魚川市・石川県加賀市)

ガソリン代 1313円




tanjo0711 at 19:57|PermalinkComments(0)

2019年07月23日

国道120号を原付で走破する!

DSC_3347

今日は今月初めに原付で国道120号線を走破したので紹介します。


国道120号は栃木県日光市の神橋交差点を起点とし終点の群馬県沼田市の下川田町交差点までの96.3kmを結ぶ一般国道です。






DSC_3348

起点の神橋交差点の横にあるのは交差点の名前になってる神橋です。





DSC_3350

神橋交差点の真ん中の歩道上に日光町の道路元標が埋め込まれています。





DSC_3349

ちなみにここ神橋交差点は国道119号・120号・122号の起点となっています。


6:00 起点の神橋交差点をスタート!


起点から最初の約6kmは国道120号と122号の重複区間になります。





DSC_3351

走り出して300mで出てきました!国道120号最初の国道標識(通称おにぎり)!





DSC_3352

走り出して3分ほどで国道120号の距離標識が出てきました。終点のある沼田市まで87辧





DSC_3354

ここは起点から6km先にある細尾大谷橋交差点です。ここで国道120号と122号の重複区間は終わり、ここから単独区間になります。





DSC_3355

走り出して15分ほどで走り屋さん達の間では有名ないろは坂に差し掛かります。





DSC_3356

ここは標高差500mもあり、上りと下りは別々で一方通行となっています。





DSC_3357

いろは坂は一方通行で2車線と走りやすそうですが、駐停車禁止で制限速度は40km/hとスピードが出せない様になっていますが・・・ 走り屋の人たちは御構い無しにビュンビュン飛ばして走って行きましたけどね・・・





DSC_3358

いろは坂は上りと下り合わせて48つのカーブがあり、それをいろは48音に例えてカーブごとに、い→ろ→は→に→ほ→へ→とと言う様に標識が設置されています。





DSC_3359


DSC_3360

こんな感じで登坂の急カーブが続きます。





DSC_3362

走り出して25分で標高1000m地点を通過!





DSC_3364

15カーブまで来ました。上りのカーブはあと5つ!




DSC_3365

登ってきたきた後ろを見渡すと、山の下一面に雲がかかっており、かなり標高が高い事が伺えます。





DSC_3366

走り出して30分 海抜1173m地点に到達!

ここには日本の道100選の石碑がありました。





DSC_3367

いろは坂も日本の道100選に選ばれているんですね。確かに普通の道と比べれば変わってるし景色も素晴らしいですからね。





DSC_3368

6:35 明智平ロープウェイのりばの横を通過します。





DSC_3370
 
明智平ロープウェイのりばからは一方通行じゃなくなり、急に対面通行に変わるので注意が必要です。





DSC_3371

6:40 この先の二荒橋前交差点でいろは坂の一方通行区間の合流地点になります。





DSC_3372

6:42 国道120号は二荒山神社の大きな鳥居の下をくぐります。そして左手に見えるのは中禅寺湖です。





DSC_3373

   中禅寺湖の前で記念撮影〜





DSC_3374

6:55 ここは三本松園地 標高は1395mです。




DSC_3376

三本松園地の先は有名な戦場ヶ原で一直線の道が続きます。




DSC_3377

ここが戦場ヶ原です。高い山の上に平らな土地が広がります。





DSC_3378

戦場ヶ原を抜けると、国道120号は金精道路になります。ここから先、群馬県境までは冬季通行止めとなり冬場は閉鎖されて国道120号は分断されます。




DSC_3382

金精道路に入ると急な登坂になります。




DSC_3385

後を振り返ると登ってきた道が小さく見えます。右奥に見える水たまりは湯ノ湖です。





DSC_3386

坂を上り切ると栃木県と群馬県を結ぶ金精トンネルがあります。





DSC_3388

7:18 群馬県に入りました!

金精トンネルの真ん中あたりに県境がありました。

トンネルのあるここ金精峠付近は国道120号で一番標高の高い所で、標高は1840mもあり、国道としては国道292号・国道299号に次いで3番目に高い所を走る国道です。





DSC_3389

  トンネルを抜けると・・・

7:20 群馬県片品村に入りました。




DSC_3391

トンネルを抜けると断続的に急な下り坂が続きます。





DSC_3392

群馬県内に入ると3桁国道には基本設置されていキロポストがありました。





DSC_3393

ここは丸沼湖畔近くです。ここから先は大雨が降ると通行止めになります。また落石の多い区間でもあるので注意が必要です。





DSC_3394

7:45 起点から50km地点に到達

ここで国道120号の約半分を走破しました。






DSC_3395

この辺りでは大滝川が国道120号沿いを流れます。






DSC_3396

山を下り片品村の市街地に出ると、国道120号1つ目の道の駅・尾瀬かたしながあります。






DSC_3398

8:00 国道120号最後の街・沼田市に入りました。





DSC_3399

沼田市に入ると国道120号は天然記念物と名勝に指定されている吹割の滝の横を通過します。





DSC_3401

せっかくなので吹割の滝を見に行きました。国道から遊歩道を歩いて10分くらいです。





DSC_3402

行った日はちょうど前日に雨が降った事もあり、水量が多く轟音を立てて滝が流れていて迫力がありました。





DSC_3404
 
吹割の滝を後にして、少し走ると「左大臣」の銘柄の日本酒を醸す大利根酒造の酒蔵の前を国道120号は走ります。ここで休憩がてらに日本酒を買いました。^^





DSC_3405

8:35 国道120号2つ目の道の駅・白沢がありました。





DSC_3406

8:55 国道120号86卉賄世謀達!終点まであと少し





DSC_3407

ここは国道120号の終点・下川田町交差点の手前にある標識です。この標識を見ると、この先の下川田町交差点で国道120号が終わってるのがわかります。




DSC_3409

9:05 国道120号の終点・下川田町交差点に到着〜





DSC_3408

 
 国道120号 96.3km 原付走破〜





走破時間:3時間5分(休憩時間含む)

走行距離:96.3km

平均時速:31.2/h

給油回数:0回




起点の日光市の神橋交差点から群馬県との県境・金精峠を抜けるまでひたすら登坂で、その間、いろは坂や華厳の滝(下り側)・中禅寺湖・戦場ヶ原など国内有数の観光名所を通る国道120号線、群馬県側も吹割の滝がある等、見どころ満載で標高が高く大自然の中を突き抜ける国道で走ってて景色が良く空気が美味しくて楽しかったです。また早朝に走ったので交通量が非常に少なかったのも印象的です。冬季は閉鎖され走れなくなる国道なので、避暑地を求めて夏場や紅葉の綺麗な秋に走るのがおすすめかもしれませんね。


tanjo0711 at 23:23|PermalinkComments(0)

2019年06月11日

国道122号を原付で走破する!

DSC_3901

ツーリングの季節到来〜 (^∀^)って梅雨入りしてもうたけど・・・(汗)

今日は先週の土曜日に国道122号線を愛車の原付・ホンダDio110で友人と2ケツ(2人乗り)で走破したので紹介します。


国道122号は栃木県日光市の神橋交差点を起点に東京都豊島区の西須鴨交差点までの163.9kmを結ぶ一般国道です。




DSC_3903

これが交差点の名前にもなっている神橋です。神橋は日本三大奇橋の一つらしいです。




DSC_3904

神橋の下を流れる大谷川(だいやがわ)の川の水がとても綺麗でした。



DSC_3906

神橋交差点の真ん中にある、日光国立公園の看板の下には・・・




DSC_3905

日光町道路元標が設置されています。



5:40 国道122号の起点・日光市の神橋交差点をスタート!



DSC_3908

走り出して300mほどで、一番最初の国道標識(おにぎり)が出てきました。でも国道標識は国道120号となっています。起点の神橋交差点から細尾大谷橋交差点までは国道120号と国道122号の重複区間となっており、この区間では格下の国道122号を示す標識は一切ありませんでした。





DSC_3911

起点から6kmほど走ると、国道120号と国道122号との分岐点の細尾大谷橋交差点です。ここで初めて標識に国道122号が表示されるようになりました。



DSC_3913

ここが細尾大谷橋交差点です。ここを左折すると国道122号の単独区間が始まります。



DSC_3914

国道122号の単独区間に入って300mくらい走るとありました。国道122号の国道標識・通称おにぎりが・・・




DSC_3915

単独区間に入って500mくらい走ると国道122号の主要な町までの距離標識が出てきました。




DSC_3918

国道122号で一番長い、日光と足尾銅山で有名な足尾町とを結ぶトンネル・日足トンネルは2765mもあります。距離が長い為、入口に非常時用のトンネル信号が付いています。




DSC_3920


    足尾トンネル  483m




DSC_3923


6:30 群馬県みどり市に入りました。




DSC_3924
 
群馬県に入るとすぐに、水が流れる石のオブジェがありました。




DSC_3925

群馬県に入って山を下り始めると、国道122号1つ目の道の駅・富弘美術館があります。ここは美術館で道の駅ですが、産直とかはなさそうです。





DSC_3926


国道122号は群馬の水がめ?草木ダムの横を通過します。




DSC_3928

ここは群馬県みどり市内ですが、いきなり標識に神戸駅が出てきて驚いてたら・・・

「こうべ」では無く「ごうど」でした。確か岐阜県にも神戸と書いて、「ごうど」と読む神戸町があった様な・・・




DSC_3931

7:01 みどり市の国道122号沿いにある、

人気スポット・丸美屋自販機コーナーに到着です!




DSC_3936

さすが山の中にある人気スポット!

早朝からバイクのツーリング客や他県ナンバーの車で賑わっていました。




DSC_3932

ここ丸美屋自販機コーナーは昭和なレトロな自販機が今も現役で稼働しているオートレストラン(自販機食堂)です。



DSC_3934

朝食に唐揚げラーメン(300円)を食べました。お金を入れて30秒ほどで熱々のラーメンが出てきます。具はラーメンに唐揚げ2個とウズラの煮卵が1個とシンプルですが、美味しかったです。




DSC_3935

友人は天ぷらうどんとチャーシューメンの麺類を2杯も食べてました。^^



DSC_3933

私は次にトーストサンドを食べました。




DSC_3937

自販機に200円を入れて40秒待って出てきました!

ツナトースト(マスタード入り)

トーストは厚く無くて薄っぺらいですが、超熱々で美味しかったです。


腹ごしらえをして出発〜!



DSC_3938

7:35 次の街 群馬県桐生市に入りました。

群馬県に入ってから国道122号は1車線の下り坂が続きます。




DSC_3939

国道122号2つ目の道の駅は桐生市にある、道の駅くろほね・やまびこです。ここは産直とかがありますが、朝早かったので営業時間外でした。




DSC_3940

ここは群馬県みどり市の大間々の市街地です。山を下り切り町中を国道122号は走ります。ここは関東平野の外れでここから終点の西須鴨まで平坦な道が続きます。


さっき桐生市に入ったのに、またみどり市に戻りました。桐生市は平成の大合併により、市が東西に分断された形となっており、その真ん中をみどり市が貫いているので、国道122号はみどり市→桐生市(西側地区)→みどり市→桐生市(東側地区)とみどり市と桐生市を2回ずつ通過します。




DSC_3943

ここもみどり市大間々の市街地ですが、国道122号は赤城山の銘柄の日本酒を醸す近藤酒造の酒蔵の横を通過します。




DSC_3944

みどり市の大間々町6丁目中交差点から桐生市の広沢町四丁目交差点までの約7.4kmは国道122号と国道353号との重複区間になります。重複区間には親切に重複区間を示すダブルおにぎりがありました。






DSC_3947

広沢町四丁目交差点で国道353号との重複区間が終わると、今度は広沢町四丁目交差点から国道122号は国道50号との重複区間となります。車線も2車線となり走りやすいです。そして重複区間を示すダブルおにぎりもちゃんとありました。^^




DSC_3949

8:42 群馬県太田市に入りました。





DSC_3951

国道50号との重複区間にみどり市の酒蔵・近藤酒造の倉庫らしき建物がありました。





DSC_3953

桐生市の広沢町四丁目交差点から約8.7km重複区間が続き、この先の太田市の只上交差点で重複区間が終わります。




DSC_3954

重複区間が終わり単独区間に入っても車線は2車線と走りやすいです。




DSC_3955

9:08 群馬県邑楽町に入りました。

邑楽町に入る少し手前で2車線から1車線になり、また道が狭くなりました。





DSC_3956

邑楽町に入ると次の主要都市までの距離標識が出てきました。




DSC_3957

9:25 群馬県館林市に入りました。





DSC_3958

館林市に入ると国道122号は群馬県の県道7号との重複区間になります。




DSC_3960

9:40 群馬県明和町に入りました。

    1車線の道が続いています。




DSC_3962

明和町の途中から道幅が広くなり2車線になり走りやすいです。




DSC_3964

9:47 埼玉県羽生市に入りました。




DSC_3965

国道122号線3つ目の道の駅・はにゅうです。ここでは鯉の洗いや鮒の甘露煮等の川魚のお惣菜などが買えます。




DSC_3966

10:15 埼玉県加須市に入りました。




DSC_3967

距離標識に埼玉県最後の街・川口市までの距離が出てきました。




DSC_3968

10:29 埼玉県久喜市に入りました。




DSC_3969

10:40 埼玉県白岡市に入りました。




DSC_3970

10:43 埼玉県蓮田市に入りました。





DSC_3971

蓮田市に入り、国道122号は清龍の銘柄の日本酒を醸す清龍酒造の酒蔵の横を通ります。




DSC_3972

10:59 埼玉県さいたま市に入りました。




DSC_3982

さいたま市に入ると国道122号は東北道の横を並走します。




DSC_3975

距離標識に東京都北区の赤羽までの距離が表示されました。もう少しで国道122号の終点です。




DSC_3983

11:28 埼玉県川口市に入りました。




DSC_3984

終点が近いですねぇ〜 北区の王子までの距離が表示されました。




DSC_3986

11:55 東京都北区に入りました。

    ゴール目前! あと少しです。




DSC_3988

この先の王子駅前の王子駅前歩道橋交差点で国道122号は有名な「明治通り」になります。




DSC_3991

王子駅前歩道橋交差点を右折し、明治通りになると都電荒川線が400mほどですが国道122号を走ります。路面電車の軌道敷内は車は通行できますが、バイクは通行禁止となっています。




DSC_3993

この先の西巣鴨交差点で国道122号は終点となります。標識を見ると交差点の向こう側は都道305号になっています。







DSC_3999

西巣鴨の交差点にあった、この標識を見れば国道122号の終点がうかがえます。




DSC_3997

12:20 国道122号の終点・西巣鴨交差点に到着です!



走破時間:6時間40分(休憩時間含む)

 走行距離:163.9km

 給油回数:0回

 平均時速:約24.5km/h



 国道122号原付走破です!(^∀^)




起点の日光市から群馬県みどり市の市街地までは自然あふれる気持ちの良い国道でしたが、みどり市の市街地から終点の西巣鴨までは、平坦ですが町中を通るルートなので、交通量が多く渋滞箇所もいくつかあって走りにくかったです。そして排気ガスで顔が真っ黒にもなりましたが、都会の道と田舎の山道を併せ持つ国道122号を走破できて良かったです。でも2人乗りはしんどかったぁ・・・


tanjo0711 at 21:33|PermalinkComments(2)

2018年11月28日

国道10号を原付で走破する!

DSC_1945

かなりUPが遅くなってしまいましたが、東京を出発して国道1・2・3号と鹿児島まで走破した後は国道10号を原付で走破したので紹介します。



DSC_1949

国道10号は国道3号とは反対側の九州の大分・宮崎を通って福岡県北九州市門司区から鹿児島県鹿児島市を結びます。国道3号・10号共に起点と終点は同じです。


国道10号は福岡県北九州市の老松公園前交差点を基点に終点の鹿児島県鹿児島市の照国神社前交差点を結ぶ463kmの一般国道です。



DSC_1948

スタートする照国神社前交差点は国道10号の終点ですが、国道3号・国道225号と3つの国道の終点でもあり、オブジェには3つの国道の終点を示す表示がされていました。



DSC_1946

今回、終点の鹿児島から起点の福岡を目指すかたちになります。

 
8:40 終点の照国神社前交差点をスタート!




DSC_1947

8:41 50mほど走ると早くも次の主要都市・宮崎までの

     距離標識が出てきました。

          宮崎まで127km!



DSC_1953

9:00 走り出して20分

国道10号は鹿児島湾の海岸線沿いを走ります。

雲が掛かっていましたが桜島が綺麗でした。



DSC_1955

9:14 走り出して12kmで国道10号はじめての

     キロポストがありました。


この時、運良く日豊本線の特急きりしま3号・鹿児島中央行きが通過していきました。(^∀^)ラッキー






DSC_1957

9:52 国道10号は鹿児島県霧島市に入り、

     国道504号との重複区間になります。

でました!国道の重複区間をあらわすダブルおにぎり!^^



DSC_1960

10:53 国道10号2つ目の県・宮崎県に入りました。



DSC_1961

11:11 宮崎県都城市内で国道10号と国道269号の

     重複区間でダブルおにぎりを発見!



DSC_1972

14:40  宮崎市内に入って出てきました。

国道10号の主要都市・大分まで距離標識が・・・

        大分まで193km!



DSC_1973

15:45 国道10号は宮崎県日向市に入り、

     日向灘を望む海岸線沿いを走ります。



DSC_1976

17:47 ここは宮崎県延岡市の山中

門司まで222kmのゾロ目のキロポストがありました。



DSC_1977

17:50 国道10号3つ目の県・大分県に入りました。



DSC_1978

18:38 ここは大分県佐伯市

国道10号の終点・北九州市までの距離標識が出てきました。

     北九州まで170km!



DSC_1979

18:52 ここは大分県臼杵市

     まっすぐ行けば大分市内だが、

     左折すると三重に行けるなんてぇぇぇ!ワープ・・・?^^




DSC_1982

19:55 国道10号は大分駅前を通過します。



20:00 大分駅からほど近い豊の国健康ランドに到着!


   ここでゆったり温泉に浸かって明日に備えて爆睡します。


     翌朝6時半起床! 朝風呂に入って〜



DSC_1987

8:00 お世話になった豊の国健康ランドを出発!



DSC_1988

8:04 走り出してすぐに交差点が・・・


        かんたん!


     何がかんたんなのか・・・?



DSC_1989

8:05 まさかの国道10号の補助標識にも・・・


       かんたん!


しかも字体に遊び心を感じるのは気のせいか・・・

どうやらかんたんはこの地域の地名みたいですね。



DSC_1990

8:17 ここは大分県別府市

前方に別府タワーが見えます。

遠目で見ると大阪のシンボル・通天閣の様な雰囲気も感じます。



DSC_1997

9:55 ここは大分県宇佐市

国道10号は全国に44000ヶ所ある八幡神社や八幡社の総本宮である宇佐神宮の前を通過します。



DSC_2002

11:35 国道10号最後(4つ目)の県・福岡県に入りました。



DSC_2003

13:27  門司まであと20km!



DSC_2011

13:40 ここは北九州市小倉北区の三萩野交差点です。

ここ三萩野交差点から起点の老松公園前交差点までの14kmの区間は国道3号と国道10号との重複区間となり、この交差点で国道3号と合流します。



DSC_2005

三萩野交差点には国道10号の表示としては最後になる、門司まで14kmを示すキロポストがありました。



DSC_2012

14:00 国道3号と合流した重複区間では

     格下の国道10号の表示は国道標識やキロポストに

     一切表示されなくなり国道10号の存在感は皆無です。



DSC_2013

14:03 ゴールの少し手前です!

     関門海峡の対岸に本州の下関が見えます。



DSC_2014

14:10 国道10号の起点・老松公園前交差点に到着です!


国道10号・鹿児島ー福岡間 463kmを走破!

         逆走ですけどね・・・^^


      国道10号原付走破達成です!


国道3号に続き国道10号を走破し、九州を1周する2大国道を走破できて感無量です。




走破時間 17時間30分(食事・トイレ休憩を含む)


平均時速 26.4km/h


給油回数 2回
(宮崎県延岡市・福岡県豊前市)


ガソリン代 1403円



tanjo0711 at 20:33|PermalinkComments(0)

2018年10月09日

国道3号を原付で走破する!

DSC_1878

もう10月に入りちょっとUPが遅くなってしまったが、国道2号を原付走破した後は引き続き国道3号を原付で走破したので紹介します。

国道3号は福岡県北九州市門司区の老松公園前交差点を起点に終点の鹿児島県鹿児島市の照国神社前交差点までの390.2kmを結ぶ一般国道です。


7:20 起点の老松公園前交差点をスタート!



DSC_1880

7:22 走り出して200mほどで最初の国道3号の標識(おにぎり)が出てきました。



DSC_1882

7:27 走り出してまもなく国道3号線は関門海峡沿いを走り、対岸に見えるのは山口県下関市です。



DSC_1883

7:45 九州最大の都市・福岡市までの距離標識が出てきました。

      福岡市まで70km!



DSC_1885

8:20 ここは北九州市小倉北区の三荻野交差点です。

ここで国道3号最初のキロポストが設置されていました。

           「門司から14km!」 

またここ三萩野交差点は起点の老松公園前交差点から大分・宮崎経由で鹿児島を結ぶ国道10号線との重複区間でもありますが、この区間内では格下の国道10号を示す標識などは一切ありませんでした。



DSC_1887

9:33 ここは福岡県古賀市!

ここで国道3号の主要都市の熊本までの距離標識が出てきました。

      熊本市内まで129km! 



DSC_1888

9:45 九州最大の都市・福岡市に入りました。 



DSC_1889

10:33 愛車のDio110が走行距離40000km! 




DSC_1891
 
10:45  国道3号線・2つ目の県、佐賀県に入りました。

佐賀県内を走る国道3号の区間は非常に短く、11.5kmしかありません。



DSC_1892

11:00 ここは佐賀県鳥栖市

国道3号 111kmのゾロ目のキロポストを発見!



DSC_1893

11:02 佐賀県からまたまた福岡県に入りました。



DSC_1886

暑いのでここでコンビニで買った袋入りかき氷を食べて休憩〜



DSC_1902

12:40 国道3号線3つ目の県・熊本県に入りました。



DSC_1903

13:05 ここは熊本県山鹿市

ここで国道3号の終点の鹿児島までの距離標識が出てきました。


      鹿児島まで228km!



DSC_1911

15:08 ここは熊本市南区

国道3号・200km地点に到達!



DSC_1912

15:11 国道3号と国道57号との重複区間で、

     ダブルおにぎりを発見!



DSC_1913

15:50 ここは熊本県八代市

  門司から222km!のゾロ目のキロポスト^^



DSC_1916

16:55 熊本県津奈木町の国道3号線沿いにある、

     日本酒を造る酒蔵・亀萬酒造です。

     ここで休憩がてらに日本酒を購入しました。^^





DSC_1919

17:30 国道3号最後(4つ目)の県・鹿児島県に入りました。



DSC_1920

17:50 ここは鹿児島県出水市

     国道3号・300km地点に到達!



DSC_1921

暑いのでまたまた袋入りのご当地かき氷を食べました!

          味は金時!

申し訳なさそうに数個入ってる小豆が美味しかったです。^^




DSC_1923

18:25 ここは鹿児島県阿久根市

     国道3号の右側には東シナ海が広がります。



DSC_1924

18:40 鹿児島県いちき串木野市

     国道3号最後のゾロ目キロポストを発見!

     門司から333km!



DSC_1926

19:43 国道3号終点の鹿児島市内に入りました。



DSC_1929

20:10 国道3号終点の照国神社前交差点に到着です!



DSC_1927

照国神社前交差点横の中央公園に設置されてる、

国道3号終点の石碑の前で記念撮影〜
(^∀^)




国道3号・福岡−鹿児島間 390.2kmを走破!


    国道3号原付走破達成です!




晴天で非常に暑い一日で何度もジュースやアイスを食べましたが、無事国道3号を原付走破できて感無量です。



走破時間 12時間50分(食事・トイレ休憩を含む)

平均時速 30.4km/h

給油回数 1回(熊本県宇城市)

ガソリン代 659円




DSC_1949

次は国道3号とは反対側の大分や宮崎を通って福岡から鹿児島を結ぶ、起点と終点が国道3号と同じの国道10号を走破したので紹介します。



tanjo0711 at 21:45|PermalinkComments(0)

2018年08月14日

日本一短い国道174号を原付で走破する!

DSC_1785

先月、国道2号を走破した時に、ついでに日本一短い国道174号も走破したので紹介します。


国道174号は兵庫県神戸市中央区の神戸港(税関本庁前交差点)から国道2号(税関前交差点)に至る一般国道で、距離は日本一短く187.1mです。


5:20 国道2号の税関前交差点を左折してスタート!



DSC_1788

左折して20mほどで出てきました!!!

日本一短い国道を示す、国道174号の標識が・・・

これはレアですねぇ〜^^



DSC_1790

5:20  20秒で神戸港の税関本庁前交差点に到着!

     神戸港−国道2号・税関前交差点間 187.1m

     国道174号・原付走破達成〜(^∀^)


走破時間 20秒

走行距離 187.1m

平均時速 33km/h

給油回数 0回



DSC_1791

短い国道ですが、187.1m間にちゃんと国道174号の国道標識・通称おにぎりも設置されていました。^^


10年ぶりくらいに久々に走った国道174号ですが、いつ走っても短いですね! この日も何か嬉しくて国道174号を3往復しました。^^




tanjo0711 at 21:00|PermalinkComments(0)

2018年08月12日

国道2号を原付で走破する!

DSC_1775

先日の国道1号原付走破の紹介に続き、今日は国道2号の原付走破を紹介します。国道2号(通称:ニコク)は大阪府大阪市の梅田新道交差点を起点とし終点の福岡県北九州市門司区の老松公園前交差点までの537kmを結ぶ一般国道です。まずは起点の梅田新道交差点にある大阪市道路元標の前で記念撮影です!^^



DSC_1767

国道2号には起点を示す、標識やキロポストは設置されていません・・・ この画像は国道176号線の梅田新道交差点の前にある標識ですが、この標識を見ると梅田新道交差点が、国道1号と国道2号との境目であることを知る事ができます。




DSC_1774

4:20 国道2号の起点・梅田新道交差点をスタート!




DSC_1778

スタートして5kmくらい走ると大阪市西淀川区の歌島橋交差点の手前で、国道2号で初めての国道標識(通称おにぎり)が出てきました。



DSC_1780

4:32 出発して早くも次の県の兵庫県に入りました。

  大阪府内の国道2号は非常に短く6km程しかありません。




DSC_1781

ここは兵庫県尼崎市

大阪府内の国道2号には主要都市までの距離標識は無く、兵庫県内に入って初めての距離標識が出てきました。

兵庫県の県庁所在地・神戸まで25km!




DSC_1782

兵庫県に入って国道2号線・7km地点で、初めて主要国道に1km毎に設置されているキロポストがありました。不親切なのか大阪府内は国道2号に関する道路標識等が少ない様な気がしました。



DSC_1783

4:50 東の田園調布と並び西の高級住宅街のある、兵庫県芦屋市に入りました。



DSC_1785

5:18 神戸市中央区・税関前交差点

この交差点は日本で一番短い国道の国道174号との分岐の交差点で、国道174号は起点から終点までの距離は187.1mとメチャ短いです。



DSC_1796

5:51 ここは神戸市垂水区 

国道2号は明石海峡大橋のたもとを走り抜けます。



DSC_1801

6:00 ここは兵庫県明石市

国道2号は東経135度・日本標準時子午線を横切ります。

郵便局後ろに頭を出しているのは、日本で初めて竣工された天文科学館の明石市立天文科学館で、建物は東経135度の日本標準時子午線上に建っています。



DSC_1803

ここは兵庫県明石市内、

次の県の主要都市・岡山までの距離標識が出てきました。

岡山まで117km!



DSC_1806

7:30 兵庫県太子町

国道2号起点の大阪から100km地点に到達!



DSC_1809

8:18 国道2号 2つ目の県・岡山県に入りました!



DSC_1810

ここは岡山県備前市の三石第二トンネルの前です。

ここで次の県の主要都市・広島までの距離標識が出てきました。

広島まで205km!



DSC_1812

県境の峠を下り国道250号との重複区間に入り岡山市内で出てきました!国道2号と国道250号との重複区間を示すダブルおにぎりの標識が・・・^^



DSC_1813

10:48 岡山県倉敷市 国道2号・200km地点に到達!



DSC_1816

11:25 国道2号3つ目の県、広島県に入りました。



DSC_1817
 
12:12 広島県尾道市に入って国道2号は本土と芸予諸島の向島との間に架かる、しまなみ海道の尾道大橋の下をくぐります。



DSC_1818

広島県尾道市で発見!通常の国道標識(おにぎり)より遥かに大きく、3〜4倍はありそうな巨大おにぎり!^^ 画像ではあまり大きさが実感できませんが・・・



DSC_1819

ここは広島県三原市 

国道2号の情報掲示板に不安なお知らせが・・・

 「 国道2号・30キロ先災害通行止 」



DSC_1822

広島県三原市・国道2号は海岸線沿いを走り、沖に見える芸予諸島の島々がとても綺麗でした。



DSC_1824

12:48 西日本豪雨で甚大な被害を受けた広島県三原市本郷地区に入ると、国道2号は道路の陥没や路肩が崩れたりしてる箇所が多くなってきました。この先、数キロ走った所で通行止めとなり、被害の大きかった集落を避けながらナビでバイクで走れそうな道を探しながら迂回しつつ国道2号の走行可能地点を目指しました。



DSC_1825

15:57 被災地を迂回しながら走ること約3時間、なんとか広島市内に出てくる事ができましたが、道中被害現場を数多く目撃して悲惨過ぎる事態に昔、阪神大震災で被災した時の記憶が蘇り走りながら涙がとまりませんでした。

西日本豪雨で被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。

また一日も早い復旧と被災された皆様の日常生活が早く戻る事を心よりお祈り申し上げます。



DSC_1829

16:45 ここは広島県廿日市市、国道2号は宮島競艇場の横を通り、その間には広電宮島線が走ります。運良く宮島口行きのグリーンムーバーが通過していきました。



DSC_1830

またこの場所は、国道2号が広電宮島線とJRの山陽本線に挟まれる様にして走る区間で、停車中に運良く山陽本線の電車もきました。



DSC_1831

国道2号線沿いから見た世界遺産の厳島神社のある安芸の宮島です。さすが日本三景の一つでとても美しいです。画像を拡大すると小さく厳島神社の大鳥居が見えます。




DSC_1833

17:10 4つ目の県・山口県に入りました。



DSC_1834

国道2号は山口県岩国市に入ると小規模な崖崩れの場所が数箇所ありました。迂回も覚悟しましたが、運良く復旧作業が終わってたり、仮道路ができてたりと迂回する事なく走行できました。画像は国道2号の岩国市内の山奥に突如現れるテーマパークみたいな食事処・いろり山賊です。秘密のケンミンショーにも紹介された地元で大人気のお店らしいです。でもこの日は豪雨の影響で臨時休業してました。



DSC_1835

18:08 ここは山口県岩国市玖珂町

    国道2号・400km地点に到達!



DSC_1836

19:30 ここは山口県防府市

ここで国道2号の終点・北九州までの距離標識が出てきました。

終点・北九州まで87km!



DSC_1839

20:30 今日は山口県宇部市の瓜生野交差点まで走り、

     国道490号を南下し宇部市の市街地へ

そして宇部市内にある健康ランド・カッタの湯で1泊しました。



DSC_1838

疲れたカラダを癒す為にひとっ風呂浴びて、夕食に唐揚げ定食を食べました。風呂と仮眠室の利用と夕食が付いた湯ったりセットが平日1280円とメチャ安かったです。

爆睡して、朝3時半起床!

4:30 カッタの湯を出発して、昨日国道2号を離脱した宇部市内の瓜生野交差点に戻りスタート!



DSC_1860

6:10 ここは山口県下関市

国道2号を走る事、1時間20分 本州と九州の間にある関門海峡に付きました。



DSC_1842

国道2号は関門トンネルを通って九州に渡りますが、その関門トンネルは51cc以上の二輪車と乗用車・バス・トラック等は通行できますが、その他の歩行者や自転車・50ccの原付は通行できません。その為、国道2号線から少し離れた場所に関門トンネル人道があり、そこから歩行者等は九州に渡る事ができます。まずはバイクで九州に渡らずに、バイクを止めて関門トンネル人道を歩いて九州に渡ってみました。



DSC_1858

入口には料金箱があり歩行者は無料ですが、自転車と原付は通行料20円を支払わなくてはなりません。



DSC_1859

この大きなエレベーターに乗って、地下のトンネル道まで降ります。



DSC_1845

ここがエレベーターを降りた先にある関門トンネル人道です。そしてトンネルの壁をよ〜く見てください!国道2号のおにぎりがあります。国道2号から少し離れた関門トンネル人道もれっきとした国道2号に指定されています。



DSC_1846

なが〜い地下道が続きます!長すぎてゴールが見えません!



DSC_1856

関門トンネル人道内での自転車と原付は乗る事が禁止されていて、歩行者同様に歩いて移動しなければなりません。乗って移動すると監視カメラで監視されていて、拡声器で降りる様に注意されるそうです。



DSC_1848

トンネルの真ん中にありました!

山口県と福岡県の県境です。

ここが本州と九州の境目です!レア〜^^



DSC_1849

この関門トンネル人道は長さが780mあるようです。



DSC_1850

トンネルを歩くこと約10分!福岡県北九州市側に着きました。



DSC_1851

関門トンネルの紹介がされています。



DSC_1855

北九州市側の関門トンネル人道の入口に出てきました。

この人道トンネルは防犯上の安全を考慮してか・・・?

午前6時から午後10までしか通行する事ができません。



DSC_1854

関門トンネル人道を通り抜け北九州市側から見た関門海峡です。潮の流れが非常に速く感じられ、たくさんの船が行き来し素晴らしい風景でした。対岸に見えるのは山口県の下関市です。



DSC_1861

関門トンネル人道で九州側に歩いて行った後は本州側に戻り、今度はバイクで関門トンネルを通ります。私の愛車は原付の分類に属しますが、排気量が110ccあるので関門トンネルを通行する事ができます。料金所で通行料の20円を払い、関門トンネルにGO〜!



DSC_1862

7:02 ここが関門トンネルの入口です!長さは3461m



DSC_1866

関門トンネルの内部です。北九州方面行きは通勤ラッシュの時間帯でもあったので渋滞したました。



DSC_1867

7:08 関門トンネル底部にありました。

    山口県と福岡県との県境〜

    国道2号最後の県・福岡県に入りました。



DSC_1869

関門トンネルを抜けて少し走ると国道2号終点の老松公園前交差点が見えてきました。福岡県内の国道2号の区間は2.3kmと国道2号が走る6府県の中で一番短いです。画像は老松公園前交差点手前にある標識で、この標識を見るとこの先で国道2号が終わり、国道3号に変わるのが分かります。




DSC_1873

7:20 国道2号の終点・老松公園前交差点に到着です!



DSC_1871

老松公園前交差点の真ん中には国道2号の終点を示す、大阪から537km地点のキロポストが設置されていました。


国道2号線・大阪(梅田)-福岡(門司)間 537kmを走破!


  国道2号・原付走破ほぼ達成です。

豪雨の影響で迂回もしたので、完全な走破とは言えませんが、念願の国道2号走破ができて感慨無量です。


走破時間 18時間20分(食事・トイレ休憩時間含む)

平均時速 29km/h

給油回数 2回(岡山県倉敷市・広島県廿日市市)

ガソリン代 1372円



この次は続いて国道3号を走破します!^^


tanjo0711 at 20:53|PermalinkComments(0)

2018年07月25日

国道1号を原付で走破する!

DSC_1540

今月、日本の一般道の大動脈で起点を東京・日本橋とし終点の大阪・梅田新道交差点までの543.1kmを結ぶ国道1号を原付で走破したので紹介します。




DSC_1543

日本橋のたもとには、東京市道路元標と日本国道路元標が設置されています。でもこの日本国道路元標はレプリカで本物は・・・


   ここ!  ↓



DSC_1538

日本橋の橋の中心部分に埋め込まれています。




DSC_1537

これが本物の日本国道路元標です。


8:50 起点の日本橋を出発し終点の大阪の梅田を目指します!




DSC_1544

走り出して2〜300mほどで日本橋交差点があり、ここに国道1号線最初のおにぎり(国道標識)が登場します。しかもここは重複区間なのでダブルおにぎりです!^^ ここで国道1号と国道15号が分かれます。




DSC_1548

9:15 皇居の桜田門の前を横切ります。




DSC_1549

9:35  バックに東京の旧シンボル?東京タワーを望む事ができます。




DSC_1551

ここは東京都大田区 

ここで国道1号が通過する主要都市の静岡までの距離標識が出てきました。

静岡まで162km!




DSC_1552

10:07 走り出して約1時間20分

東京都を抜けて神奈川県に入りました。




DSC_1553

ここは神奈川県川崎市の幸区 この様に国道1号線には1km毎に日本橋から距離を示すキロポスト(距離標)が設置されています。




DSC_1554

ここは神奈川県大磯町この先の、大磯駅入口交差点で国道134号との重複区間が終わります。



DSC_1557

日本橋から86km地点 ここは神奈川県小田原市内です。

ここで国道1号は箱根登山鉄道の線路を横切り箱根越えの登り道に入ります。



DSC_1560

ここは国道1号の箱根越えの途中にある、箱根駅伝でもお馴染みの箱根登山鉄道の小涌谷踏切です。



DSC_1562

ちょうど写真を撮ってる時に運良く遮断機が閉まり電車が来ました。



DSC_1565

13:40 箱根越えの途中で国道1号最高地点(874m)を通過!

山を登るに連れて天候が悪化し嵐になってきました。



DSC_1566

13:48 箱根の山を登り国道1号は観光地の芦ノ湖の前を横切りますが、大荒れの天気で湖がかなり荒れてました。



DSC_1568

国道1号線沿いにある、道の駅・箱根峠です。ここで昼食休憩をしました。



DSC_1570

14:14 箱根峠・標高846m地点!

悪天候の中、静岡県に入りました。



DSC_1572

悪天候で100km地点の記念すべきキロポスト(距離標)は見過ごしてしまい、103kmのキロポスト!^^



DSC_1574

箱根峠を下る途中に見えた下界

山の下は天気が良さそうでした。




DSC_1576

箱根峠を下ると予想通り天気で、悪天候だったのは箱根の峠越えだけでした。(泣)

ここは静岡県沼津市内です。ここで次の県の主要都市・名古屋までの距離標識が出てきました。

  名古屋まで234km!




DSC_1578

ここは静岡県富士市内です。時期的なものもあるのか・・・?上空は雲に覆われて国道1号を走行中、富士山は1度も姿を現しませんでした。(泣)



DSC_1577

ここは静岡市清水区蒲原の東京から153km地点です。この辺りは駿河湾沿いの浪打際を国道1号が走ります。



DSC_1581

静岡市駿河区中吉田の交差点です。ここには東海道の起点の京都まで320kmを示す石柱が立てられていました。



DSC_1587

17:00 今日は日本橋から静岡県藤枝市まで国道1号を走破し、国道をそれて焼津市に向かいJR焼津駅近くにある、エキチカ温泉くろしおで1泊しました。




1530817283129

まずはひとっ風呂浴びてリフレッシュします!




1530817276963

ひとっ風呂浴びた後は夕食!平日限定のセット料金で付いてきた、ネバネバの物が沢山入ったネバネバそば!ご当地もんの桜エビが入ってたのが嬉しかったです!とても美味しかったです。



DSC_1584

仮眠スペースです!ここで爆睡して、

2日目 朝3時起床!  

ひとっ風呂浴びて梅雨前線停滞で大雨の中、4時出発!






DSC_1588

4:17 ここは静岡県藤枝市の旧国道1号の瀬戸川の橋の上です。現在は藤枝バイパスが2015年に国道1号に昇格したため、この旧国道1号は県道381号に降格しました。その為、201km地点のキロポストには国道1号の表示が消されています。今回、原付で国道1号走破ですが、残念ながら国道1号の藤枝バイパスは125cc以下の原動機付自転車の通行が禁止されている為、走行できず、やむなく県道(旧国道)で藤枝バイパスを抜けるまで走行します。200km地点のキロポストは雨と暗さから見落とし(泣)




DSC_1590

5:38 静岡県浜松市の弁天島付近です。

     横に見えるのは浜名湖です!



DSC_1591

6:03 東京を出発して3つ目の県・愛知県に入りました。



DSC_1592

6:28 国道1号線を路面電車の豊橋鉄道東田本線が走ります。

     ここは豊橋公園前の電停です。



DSC_1595

ここは愛知県豊川市です!やっと念願のキリバン!

300kmのキロポストに到達!^^
 100km・200kmは見落とし







DSC_1597

国道1号線沿いにあるのは名鉄の車両基地でしょうか・・・?



DSC_1599

ここは愛知県岡崎市内、早くも滋賀県の県庁所在地である大津までの距離標識が出てきました。

大津まで154km!



DSC_1600

8:32 国道1号の中間地点にある大都市・名古屋市に入りました。



DSC_1603

10:10 東京を出発して4つ目の県・三重県に入りました。



DSC_1605

10:50 ここは三重県四日市市 

     東京から400kmのキロポストに到達!



DSC_1606

三重県内にもありました。

国道1号と国道25号の重複区間にダブルおにぎり!

しかもご丁寧に「重複区間」の補助標識付で・・・



DSC_1607

11:11 鈴鹿峠の手前にある、道の駅・関宿です。

     ここで朝昼兼用の食事休憩〜



DSC_1608

11:36 ここは鈴鹿峠に向かう上り坂、

鈴鹿峠越えの三重県側の国道1号は上り線・下り線別々で一方通行になっています。



DSC_1609

11:40 出発して5つ目の県・滋賀県に入りました。



DSC_1610

滋賀県内に入って西日本を襲う連日の大雨の影響で、名神高速の栗東ー豊中間が通行止めになり、高速道路の車やトラックが国道1号になだれ込み大渋滞を起こしました。



DSC_1611

13:35 雨が降り大渋滞の中、黙々と走り・・・

      京都府に入りました。



DSC_1614

京都市山科区内です。ここで国道1号の終点・大阪までの距離標識が出てきました。

大阪まで55km! 

朝3時に起きて雨の中、ひたすら走り続けて体力の限界が・・・ なんせ雨合羽の中は蒸れて服がビチョビチョで超不快で体力を奪います。 



DSC_1618

ここは京都市山科区・東山五条交差点近くです。ここにはここ1ヵ所にしか存在しない、レアな国道1号と国道8号の重複区間を示すダブルおにぎりがあります。国道8号は栗東市内で国道1号と合流し国道8号終点の烏丸五条交差点までの約30kmが重複区間となります。



DSC_1615

先ほどの国道標識から少し進んだ所の東山五条交差点近くです。この先から500mほどですが、二輪車は国道1号の高架道路を通れず、側道へ降ろされます。



DSC_1616

ここがその側道の降り口で、本線側には二輪車通行禁止の標識があります。



DSC_1619

14:07 国道1号は古都京都の文化財として世界遺産にも登録されている本願寺(西本願寺)の前を通ります。



DSC_1622

14:12 本願寺を通り過ぎて少し走ると、今度は世界遺産にも登録されている東寺の前を走ります。



DSC_1623

14:32 ゆるやかな洞ヶ峠を登り切ると、県境?いや府境で

     国道1号最後の都道府県・大阪府に入ります。



DSC_1625

15:23 ここは大阪市都島区です。ここで国道1号終点の梅田新道交差点までの距離標識が出てきました。

終点・梅田新道交差点まで4km!



DSC_1626

東京から540km地点!大阪市都島区東野田町

あと3.1kmでゴールです!^^



DSC_1628

15:30 国道1号が桜の通り抜けで有名な大阪造幣局の前を通ります。



DSC_1629

15:34 国道1号は日本一長い商店街で有名な天神橋筋商店街を横切ります。



DSC_1630

国道1号の終点・梅田新道交差点手前の標識です。

国道1号には終点を示す標識やキロポストが設置されていないのですが、この標識を見ると直進は国道2号、左折は国道25号、右折は国道176号となっており、この先で国道1号の終点をうかがい知る事ができます。



DSC_1631

15:40 国道1号の終点・梅田新道交差点に到着です!




DSC_1635

国道1号・原付走破の後は、梅田新道交差点の際にある「大阪市道路元標」の前で記念撮影〜(^∀^)v




DSC_1638

大阪市道路元標の経緯が書かれています。画像を大きくして読んでみてください。




DSC_1639

国道1号線・東京-大阪間 543.1kmを走破!


   国道1号・原付走破達成です!


2日目は終日、雨でかなり疲れましたが、

7年半ぶりにまた国道1号を走破できて感無量です。



走破時間 19時間50分(食事・トイレ休憩時間含む)

平均時速 27km/h

給油回数 2回
(静岡県藤枝市・愛知県弥富市)

ガソリン代 1338円



この次は続いて国道2号を走破します!^^


tanjo0711 at 22:45|PermalinkComments(0)

2018年07月03日

国道461号を原付で走破する!

DSC_1266

今日は6月の初めに、国道461号線を原付で走破したので紹介します。走破に使用したバイクは私の愛車、ホンダDio110の原付2種バイクです。

国道461号は栃木県日光市の七本桜交差点から茨城県日立市の国道461号入口交差点までを結ぶ全長125.6kmの国道で一部区間が非常に狭くても有名な国道らしいです。


 国道461号のウィキペディア


DSC_1269

ここが国道461号線の起点・日光市の七本桜交差点です。この交差点は国道119号の交差点でもあります。国道119号は日光街道とも呼ばれていて、交差点の横に見える杉の木は日光街道の杉並木の一部です。



DSC_1273

国道461号の起点には国土地理院の水準点の標識もありました。


6:20 日光市の七本桜交差点をスタート!




DSC_1274

走り出して100mほどで出てきました!おにぎりマーク^^

国道461号 初の国道標識(おにぎり)です!



DSC_1275

まずは矢板方面に向けて走ります。

道幅は広く2車線ありました。



DSC_1276

ここは日光市の豊田交差点の反対側車線です。国道461号の標識の下に補助標識で旧道とかかれています。これは国道461号の起点は現在の七本桜交差点ではなく、以前はこの交差点を右折して進んだ先にある、大谷向交差点が起点でした。その名残でしょう。



DSC_1277

反対車線側のさらに30mくらい前にあった標識です。以前の起点があった大谷向交差点に向かう旧道の方には国道461号の表示がありません。おそらく起点が変更された際に旧道は国道から外され降格したみたいです。



DSC_1278

鬼怒川に向かう道と分岐した後は1車線になりました。主要な街までを示す標識がでてきました。矢板まで19km



DSC_1281


6:45 鬼怒川に架かる橋の前で、次の町・塩谷町に入ります。




DSC_1283

塩谷町のおにぎり〜^^ 塩谷町は比較的交通量が少なく走りやすかったです。




DSC_1282


7:00 矢板市内に入りました。




DSC_1286

しばらく矢板の狭い道の市街地を走って、ここは矢板市中です。この先にある中交差点で関東と東北を結ぶ大動脈で日本一長い国道4号と合流し、国道461号との重複区間になります。

ちなみに日本一長い国道4号を原付国道走破した時の記事はコチラ!




DSC_1287

ありました!全国的にもやや珍しいダブルおにぎり!^^ 日本のほとんどの国道の重複区間の標識は格上の国道の表示しかない事が多い中、栃木県内は管轄の当局が親切なのか・・・?重複区間の格下の国道も標識に表示しています。 

ちなみに栃木県内には3国道の重複区間が複数あり、激レアなトリプルおにぎりを拝む事もできます。



DSC_2173


おにぎり三つ

今回の国道461号走破とは全く関係ありませんが、

参考までに激レアなトリプルおにぎりです!^^




DSC_1288

7:21 箒川に架かる野崎橋を渡ると大田原市に入ります。

奥に見える分岐で国道4号と国道461号の重複区間は終わります。




DSC_1291

ここがその分岐点です。側道側が国道461号で、国道4号との重複区間は約3.5kmです。




DSC_1292

7:26 大田原市に入ってから1kmほど走るとすぐに那須塩原市に入ります。




DSC_1293

そして那須塩原市内の国道461号の区間は約3kmと栃木県内では一番短い区間ですが、ちゃんと那須塩原市の地名の入った補助標識付のおにぎりもありました。




DSC_1296

7:33 那須塩原市内を約3kmほど走ると、また大田原市に入ります。




DSC_1300

大田原市の美原交差点の手前にある標識です。この先の美原交差点から国道400号と国道461号の重複区間になります。




DSC_1302

国道400号と国道461号との重複区間は約1.6kmと短めな事もあり、ダブルおにぎりの標識はありませんでした。でも神明町交差点には重複区間を表す、小さな標識はありました。




DSC_1303

金燈篭交差点にある金燈篭です。この金燈篭、夜になると燈篭に明かりがつきます。この交差点で国道400号と国道461号の重複区間が終わります。




DSC_1305

しばらく走ると国道461号線沿いにある、道の駅・那須与一の郷があります。




DSC_1306

ここは大田原市内の大豆田丁字路交差点です。ここから国道294号と国道461号の重複区間が始まります。国道461号には国道の重複区間が4ヶ所ありますが、その内の3ヶ所が大田原市に集中してあります。残りの1ヶ所は茨城県内です。




DSC_1308

国道294号と国道461号との重複区間は約200mと非常に短いですが、そんな短い区間に・・・


ありました!ダブルおにぎり!!!^^





DSC_1309

那珂橋西交差点を右折して重複区間を抜けると、那珂川に架かる那珂橋があります。




DSC_1310

那珂橋を渡って山道を登っていきますと、標識が・・・・

比較的道幅は広いですが、広いままの直進の道は格下の県道13号で、国道461号は右折させられて・・・・ ↓ ↓ ↓




DSC_1311

中央線の無い狭い道になります。




DSC_1313

ここは大田原市須佐木と言う山奥の集落です。国道461号線沿いにある唯一の酒蔵で、旭興の銘柄の酒を醸す渡邊酒造があります。




DSC_1316

8:30 長かった大田原市内を抜けて那珂川町に入りました。




DSC_1317

那珂川町内の大山田地区は道幅が狭くカーブの多い山道が続きます。




DSC_1320

那珂川町内の国道461号線沿いには、奇岩の御前岩があります。



どんな岩かと言うと・・・・





DSC_1318

形は想像におまかせします。(^∀^)



DSC_1319

奇岩の御前岩は国道沿いにありますが、その姿から道から丸見えではは良くないと、水戸黄門が、直接見えない様に腰巻竹を植えるように命じたらしいです。




DSC_1323

奇岩の御前岩をしばらく進むと、境明神峠に栃木県と茨城県の県境があります。

8:54 茨城県大子町に入りました。




DSC_1325

境明神峠を下ると主要な町までの距離を示した標識がありました。




DSC_1326

大子町の市街地に出てきました。茨城県に入って初のおにぎりを発見!




DSC_1329

大子町の市街地でJR水郡線の踏切を横切ります。国道461号は東北本線・水郡線・常磐線のJRの3路線を横切りますが、踏切があるのは唯一、大子町の馬頭街道踏切のみです。




DSC_1331

踏切を横切って少し走ると、JR水郡線の常陸大子駅前を通ります。




DSC_1333

常陸大子駅駅から少し走ると、湯の里大橋交差点にぶつかり、ここから右折して国道118号との重複区間になります。そしてこの湯の里大橋交差点は道の駅・奥久慈だいごの入口でもあって、ここで少し休憩をしました。




DSC_1341

道の駅では鮎の塩焼きが売られていました。




DSC_1337

いやぁ〜 みるからに美味しそうですねぇ〜




DSC_1338

美味しそうだったので1匹購入〜 川魚の中で塩焼きで一番美味しいのはやっぱり鮎ですねぇ〜 私は頭から尾まで全て食べてしまいます。^^




DSC_1342

道の駅を出発して少し走ると国道118号と重複して初めてのおにぎりが登場します!しかし茨城県側では格下の国道461号の表示は標識にはありません。




DSC_1345

袋田の滝入口交差点の300m手前にある標識です。この先の袋田の滝交差点で国道118号と国道461号の重複区間(約3.3km)が終わり、ここから終点の茨城県日立市まで国道461号の単独区間が続きます。




DSC_1346

袋田の滝入口交差点を左折し少し走ると、日本の名勝で那智の滝・華厳の滝とともに日本三大名瀑の袋田の滝があります。




DSC_1348

そしてしばらく走ると、国道461号初となる新月居トンネルがあります。このトンネル、昔は有料トンネルだったらしい・・・




DSC_1349

9:59 常陸太田市に入りました。

ここから15%の急勾配がはじまります。



DSC_1351

常陸太田市の地名入りのおにぎり発見!

国道461号単独区間に入ってからは、中央線のある比較的大きな道幅の道路で走りやすいです。




DSC_1352

広い道をゆったり走ってたら出てきました!

国道461号の難所の激狭区間の始まりを示す標識が!!

この先、左折幅員狭小の為

大型車両通行不能




DSC_1353

先ほどの標識の先を左折して橋を渡れば、まだかろうじて道幅はありますが、またまた警告の標識が・・・




DSC_1355

道幅が急激に狭くなりました。前から乗用車が来ましたが、バイクではかろうじてすれちがいができますが、乗用車同士ではすれちがえず、どちらかがバックしなければなりません。




DSC_1356

狭い上、急カーブの連続です!狭くて草木が生い茂る中にぽつんと、カーブ注意の補助標識付きのおにぎり発見!




DSC_1357

道幅が狭くて急カーブなのに、更に下り勾配もプラスされて走り難いです。



DSC_1358

難所を進んで行きますと、突如工事区間が・・・・ 近くにあった工事看板を見ると、難所の交通事情を解消する為に、トンネルを掘る工事予定がある為、その場所まで道幅を広げる工事中でした。トンネル完成はいつになる事か・・・・・・



DSC_1359

激狭区間を抜けると常陸太田市内の里美集落に出てきました。この先の折橋交差点で国道349号と交差します。




DSC_1360

折橋交差点を渡って反対車線側の標識を見ますと、こちら側にもこの先の激狭区間を示す警告看板が・・・ しかも大子方面は迂回するように促されています。




DSC_1361

折橋交差点から300mほど走れば酒蔵らしき建物があり、石柱には「清酒・東魁山」と書かれていました。気になったんで、中に入って行って家の方に「お酒を買いたいんですが」って話しますと「すみません、廃業しちゃってて酒は販売してないんですよ」との事、非常に残念でした。




DSC_1362

廃業した酒蔵から約7.5kmくらい走ると

10:32 高萩市に入りました。




DSC_1363

高萩市の地名が書かれている補助標識の付いた、おにぎりを発見!車にぶつけられたのか・・・?倒れそうになってました。



DSC_1365

高萩市の市境から約5.7kmくらい進むと、国道461号で2個目のトンネル「花貫第二トンネル」がありました。




DSC_1366

花貫第二トンネルを抜けると、国道461号で3つ目のトンネルで最後のトンネルである「花貫第一トンネル」があります。



DSC_1367

トンネルを抜けて少し進むと、秋になると紅葉がとても綺麗な花貫渓谷を横切ります。



DSC_1368

そして花貫渓谷を横切り道を下れば、国道461号は常磐道の下をくぐり高萩の市街地の方へ出て行きます。




DSC_1369

常磐道をくぐると急に民家が多くなり、市街地に出ます。




DSC_1370

高萩市内の民家の前にぽつんと、背の高い国道461号のおにぎりがありました。




DSC_1371

市街地を進むと、国道461号の終点である国道6号を示す標識が出てきました。




DSC_1373

市街地を走り続けて、日立市に入る手前で少しだけJR常磐線と並走します。




DSC_1372

11:05 日立市に入りました。

ここ日立市は国道461号最後の市町村になります。

また日立市は国道461号が通過する市町村の中で一番距離が短く、1kmほどしかありません。




DSC_1374

日立市に入って少し走ると、国道461号と国道6号とが交わる交差点「国道461号入口交差点」が見えてきました。




DSC_1375

国道461号の日立市の距離は1kmと非常に短く、今まで走ってきた終点(国道6号)に向かう側の車線には国道461号を示す標識(おにぎり)はありませんでしたが、対向車線側の起点(栃木県日光市)に向かう車線には、かろうじて日立市の地名の入った補助標識付きの国道461号のおにぎりがありました。




DSC_1378

11:10 終点の国道461号入口交差点に到着です!!

     
 走破時間:4時間50分(休憩時間含む)

 走行距離:125.6mk

 給油回数:0回

 平均時速:約26km/h



 国道461号原付走破です!(^∀^)


くねくねとした道で道幅も狭く目的地までの距離も地図で見るからに実用性の無い国道でした。 また走行時間より、画像を編集してブログを書く時間の方が長くてしんどかったです。(泣)長々と標識だらけのおにぎり記事^^を見ていただいてありがとうございました。また原付でどこかの国道を走破してみたいです。

※おにぎりとは逆三角形の国道標識の事です。


tanjo0711 at 20:35|PermalinkComments(2)

2016年08月09日

日本一長い国道4号を原付で走破する!

国道4号 (1)


今一番チャレンジしてみたい事の1つであった、


「国道4号の原付国道走破!」
にチャレンジしたので紹介しま〜す!(^∀^)


走破には愛車のホンダDio110の原付バイクを使用。


まずは栃木県那須塩原市の自宅から約160km離れた国道4号の起点・東京の日本橋を目指します。




国道4号 (2)


 国道4号の起点・日本橋に到着〜!


国道4号は東京都中央区の日本橋を基点とし、終点の青森県青森市の青い森公園前までの742.3kmを結ぶ日本一長い国道です。


  国道4号のウィキペディアはコチラ!




国道4号 (3)

日本橋には日本国道路元標があり、重複区間を含め国道1号・4号・6号・14号・15号・17号・20号の様々な国道の起点になっています。



国道4号 (4)

それでは行ってみよ〜う! 

 標識の写真を撮りまくりながら、国道4号走破!(^∀^)


13:00 
起点の日本橋をスタート! 長いけど最後まで見てネ!^^



国道4号 (5)

13:07 国道4号・1km地点通過

日本橋の基点を出発して初めて出てきた国道4号の標識、1km地点まで国道4号を示す標識は無し。




国道4号 (6)

13:13 JR上野駅の横をかすめます。

さすが大都会!スタートからずっと渋滞してます。




国道4号 (7)

13:15  4km地点通過!

国道4号の様に大きな国道には1km毎に起点からの距離を示す標識が立っています。




国道4号1 (1)

13:34 環七通りとの交差点を通過!

この辺りでは国道4号は日光街道と表示されていました。




国道4号1 (2)

   走り出して41分!


13:41  埼玉県に到達!




国道4号1 (3)

14:05 22.2km地点を通過! ゾロ目って何か嬉しい^^

先ほど1km毎に大きな標識があると紹介しましたが、100m毎にも小さな標識が立っており標識が立てれない部分には、画像の様に縁石などに起点からの距離を示すプレートが付けられています。




国道4号1 (4)

14:27 埼玉県越谷市の下間久里交差点を左折

ここは宇都宮方面へ早く行けるバイパス道・新4号国道
との分岐点です。今回は国道4号の現道走破を目指してるので現道ではないバイパスは使いません。道幅が狭く渋滞してますが、地道に頑張ります!^^




国道4号1 (5)

14:38 日本橋から34km地点を通過!

ここは埼玉県春日部市緑町、1km毎の地点標識には稀にその場所の住所が書かれている標識があります。



国道4号1 (6)

14:47  37km地点を通過!

えっ!どこか違ってません? そう!今まで日本橋から〇〇kmでしたが、詳しくは見てませんでしたが、35km地点くらいから日本橋ではなく東京から〇〇kmという表示に変わっています。




国道4号1 (7)

  
   利根川に架かる利根川橋を渡ると・・・


15:26  茨城県に到達!



国道4号 2 (8)

   
     東京から63.5km地点!


15:43  栃木県に到達!


埼玉県と茨城県の県境(古河市)から茨城県と栃木県の県境(野木町)までは、たった8kmくらいしかなく茨城県内の国道4号区間はメチャ短いです。



国道4号 2 (1)

15:58 栃木県に入ってしばらく走ると主要都市までの距離が書かれた標識がありました。次の県、福島県の県庁所在地・福島市までは202km! 遠〜い!(^∀^)



国道4号 2 (2)


16:06  
東京から74.4km地点を通過!


小山市の地酒・若盛を醸す西堀酒造の酒蔵があります。




国道4号 2 (3)

16:55  ここは宇都宮市の雀宮 

ついに来ました! キリ番・・・? キリkm!


  
東京から100km地点に到達です!^^



国道4号 2 (4)

17:55  ここは栃木県大田原市野崎付近

池錦の銘柄の日本酒を醸す池島酒造の酒蔵の目の前を国道4号が走ります。 




国道4号 2 (5)

18:20  栃木県那須塩原市に到達!

国道4号原付走破 1日目はここまで!(^∀^)

那須塩原市の自宅で、ぐっすり寝て明日に備えます。



国道4号 2 (7)

2日目  朝3:00起床!

 長距離走破用の荷物に装備を変更〜!

4:15  那須塩原市の自宅を出発!



国道4号3 (1)

4:23  那須町で那須岳の看板を発見!

確かに実際の山並みと看板の山並み似てます!

   でも那須岳の噴煙は出てなかったけどね・・・



国道4号3  (1)

4:41  福島県に到達!

ここから長〜い東北地方の始まりです!



国道4号3  (2)

5:01  ここは福島県泉崎村

 東京から200km地点に到達!!



国道4号3  (3)

5:24  福島県郡山市で次の県、宮城県の県庁所在地・仙台までの距離が書かれて標識が出てきました! 

   仙台まで131km!  がんばりま〜す!(^∀^)v



国道4号3  (4)


5:25  東京から 222 km !!!


 ゾロ目って何か癒される〜(^∀^) 

     111kmの標識は眠気に襲われて見過ごし撮り忘れ!ショック(・∀・)





国道4号3  (5)


5:50  福島県二本松市にある奥の松酒造の前を通過!



国道4号3  (6)


5:55 
二本松市の「二本松バイパスドライブイン」に到着!

 
ここは年中無休24時間営業なのでありがたいです。

 ここで腹ごしらえ 朝ごはんを食べます!



国道4号3

6:12   出てきましたぁ〜  チャーハン(620円)

朝から重そうですが、ここのチャーハンは油ギトギトじゃないんで美味しく食べれます!^^




国道4号3  (7)

6:35  阿武隈川に架かる弁天橋を通過!




国道4号4 (1)

6:58   ここは確か福島県桑折町だったはず・・・

早くも岩手県の県庁所在地・盛岡市が標識に出てきました!

     盛岡まで248km!!! 気合入れます!^^ 




国道4号4 (2)

    東京から293.1km地点!


7:10   宮城県に到達!




国道4号4 (3)

7:17  ここは宮城県白石市


 東京から300km地点に到達!!!



国道4号4 (4)

7:56  ここは宮城県岩沼市


    東京から 333 km !!!

ゾロ目の標識を見逃さない様に10km手前くらいから意識して走ってます!^^





国道4号4 (5)

8:11  東北最大の街・仙台市に到達!

さすが大都市!仙台に入る手前から徐々に交通量が増えてきました。




国道4号4 (6)

8:55   ここは宮城県富谷町 

  
東京から371km地点に到達!

ここでちょうど起点の東京と終点の青森との中間地点になります!

  やっと半分・・・  まだまだ頑張ります! (^∀^)



国道4号4 (7)

9:36   ここは宮城県大崎市


 東京から400km地点に到達!!!!


標識の画像ばかりでスミマセン!国道4号は旧東海道をほぼ踏襲した国道1号とは違って国道沿いに有名な場所や見所が無いんです。



国道4号4 (8)


10:16  岩手県に到達!


日本の県で一番面積の大きな岩手県!縦断するにはかなりの時間が掛かりそうです。




国道4号5 (1)

10:29  ここは岩手県一関市


  東京から 444 km !!!


眠過ぎて危うく444kmの標識を見逃すところでした。(汗)




国道4号5 (2)

10:37  岩手県平泉町に入ると・・・・

見慣れないハンバープレートが・・・  「平泉」

 
新しく出来たご当地ナンバーなんですね!平泉



国道4号5 (3)

11:20   ここは岩手県北上市

出てきました! 国道4号最後の県・青森まで253km!!

※道路標識の各都市までの距離表示は、県や市町村の入口(境)までの距離ではなく、県の場合は県庁・市町村は市役所・役場までの距離となります。




国道4号5 (4)

11:41  ここは岩手県花巻市、北上川に架かる橋の上


 東京から500km地点に到達!!!!!

 
やっと東京ー大阪間くらいの距離を走ったなぁ・・・  あと一息




南部杜氏伝承館 (1)

12:00  花巻市にある道の駅・石鳥谷で休憩〜

ここ花巻市石鳥谷町は南部杜氏発祥の地で道の駅内に南部杜氏伝承館があります。南部杜氏伝承館を見学して昼食(立喰い蕎麦)を食べて出発です!




国道4号5 (5)

13:23  岩手県の県庁所在地・盛岡市に到達!

仙台を抜けて交通量が減りましたが、盛岡市内の中心部も交通量が多く渋滞する所も何ヶ所かありました。




国道4号5 (6)

14:11  ここは岩手県盛岡市のはずれ

  東京から 555 km !!!

     
     でも・・・

         ↓    ↓   


国道4号5 (7)

14:14   555kmも嬉しいけど・・・・

4桁ゾロ目の555.5kmの方が何となく嬉しいです!(^∀^)

5(ゴー)が4つで、イケイケ×2って感じでテンション上がってきました!




国道4号6 (1)

15:00  ここは岩手県一戸町!


標高458m!国道4号最高地点を通過!



国道4号6 (2)

15:07  小繋トンネルを通過! 長さ145m

国道4号は日本一長い国道ですが、トンネルはたったの4箇所しかなく、あまり山岳地を通らないので起点の東京・日本橋から約590km離れた、ここ岩手県一戸町の小繋トンネルが最初のトンネルなんです!!!そして岩手県と青森県に2個ずつトンネルがあります。




国道4号6 (3)

15:12 2つ目のトンネル・笹目子トンネルを通過!
長さ611m





国道4号6 (4)

15:22  
ここも岩手県一戸町!(^∀^)



東京から600km地点に到達!!!!!!




国道4号6 (5)

15:45 東京を出発して最後の県!

      青森県に到達!

     あと一息ガンバリます!^^




国道4号6 (6)

16:53   ここは青森県十和田市


  東京から 666 km !!!


  国道4号最後のゾロ目の標識です。^^




国道4号6 (7)

17:35  ここは確か?青森県野辺地町だったはず・・・

東京から700km地点に到達!!!!!!!


これが国道4号最後のキリkmの距離標識だぁ〜(^∀^)




国道4号6 (8)

18:00    ここは青森県平内町

 
海だぁ〜  陸奥湾が見えてきましたぁ〜(^∀^)v




国道4号7 (1)

18:02    国道4号の終点で青森県の県庁所在地の


          
青森市に到達!


十和田市内くらいから雨が降り出し、青森市内に入る頃にはザザ降りの雨になってて最悪でした。




国道4号7 (2)

18:09  ここは東京から727.7km地点

国道4号で4個しかないトンネルの最後のトンネル、

     久栗坂トンネルを通過!長さ585m

3個目のうとうトンネルは雨降りと疲労から撮り忘れ(汗)




国道4号7 (3)

18:27 国道4号の終点・青森市の青い森公園前に到着!

  
   東京 − 青森間  742.3km


  国道4号 走破です(^∀^)v


走破時間 約19時間半(食事・トイレ休憩時間含む)

平均時速 38km/h

給油回数 3回(栃木県那須塩原市・宮城県柴田町・岩手県盛岡市)

ガソリン代 1666円


2日間で東京から742.3km走り切りました!道中あまり見どころは無かったですが、日本一長い国道を走破できて感無量です。



お し ま い!標識の画像ばかり長々と見ていただきありがとうございました。(^∀^)






   そ し て    ↓





国道4号7 (4)

国道4号の終点は日本で6番目に長い、仙台市と青森市を結ぶ国道45号の終点でもあり、青森県十和田市から国道4号と重複区間となっています。 国道4号走破した後は国道45号走破にもチャレンジしたので、今度紹介しま〜す!また標識の画像ばかりですが・・・(^∀^) 


tanjo0711 at 05:56|PermalinkComments(1)

2015年05月31日

3重複の国道の標識

DSC_2340

栃木県鹿沼市にあった道路標識です!

国道が3つも重複してるやん〜!(・∀・)


tanjo0711 at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年01月26日

国道1号を原付で走破する!そして新天地に赴く。

P1160785

先日、昔からの念願だった「原付での国道1号を走破!」を達成したので紹介しまぁ〜す!

走破に使用したバイクは9年前に転勤先の広島県呉市で購入した100ccの原付バイク「スズキ・アドレスV100」です!走行距離50,000kmを超えているポンコツですが、私の一番の愛車です!!(^∀^)v

国道1号は東京都中央区の日本橋を起点とし、終点の大阪市北区の梅田新道交差点までの543.1kmを結ぶ日本で4番目に長い国道で、昔の東海道をほぼ踏襲した現代の東海道です。

    国道1号のウィキペディアはコチラ


P1160651

今回は国道1号を逆走って感じになりますが、終点の大阪・梅田新道交差点から起点の東京・日本橋を目指します!

    7:20 梅田新道交差点を出発〜!


P1160656

 

P1160677

走り出して約1時間10分!

     8:34 京都府に到達〜!


P1160678

 8:56 世界遺産に登録されている東寺の前を通過!

P1160680

   9:20 
滋賀県に到達〜!


P1160682

9:47 「急がば回れ」の諺の発祥となった、

                     瀬田の唐橋を通過!


P1160688

 12:15  
三重県に到達〜!


P1160691

 13:14 大阪から143km 東京まで あと 400km!


P1160692

 13:19

四日市石油化学コンビナート煙突群を横目に見る!

P1160697

 14:00 
愛知県に到達〜!

P1160700

16:57 
静岡県に到達〜!



21:20 
静岡県富士市内の旅館に到着! そして宿泊 zzz!


        走行時間 約12時間 疲れたぁ〜 





翌朝 7:00 起床〜! (^∀^)v

   8:10 旅館を出発〜!


P1160712

静岡県と言えば富士山ですが、雲に覆われて富士山は1度も姿を現しませんでした。残念・・・


P1160710

9:39 
神奈川県に到達〜! 箱根は標高が高く寒い!



P1160716

 9:54 神奈川県最大の湖で、

       箱根駅伝の往路のゴールと

          復路のスタート地点としても

                有名な芦ノ湖を通過!

P1160717

 10:06 国道1号の最高地点・標高874m地点を通過!


P1160718

箱根峠を下りる途中、箱根駅伝に良く出てくる有名な箱根登山鉄道の小涌谷踏切を渡りました。踏切には引っかかりませんでした。^^

P1160726

 13:37 東京都に到達〜!

P1160729

 14:04 旧東京のシンボル・・・? ^^ 

               東京タワーを通過!


P1160739

14:25 日本橋に到着〜! 走破です! (^∀^)

P1160740

日本橋のたもとには日本国道路元標がありました。

P1160742

大阪 − 東京間  543.1km 走破!

  走破時間 約17時間

  給油回数 3回 (三重県亀山市・静岡県掛川市・神奈川県小田原市) 

  ガソリン代 2083円

走行時、寒波到来で激寒でしたが2日間、心配していた天気は比較的良くて雨や雪は降らなかったので良かったです。念願の国道1号を原付で走破できたので感慨無量です!(^∀^)v

原付国道走破



 でも! ここで 終わりではなくて・・・・

日本橋は国道1号の起点ですが、青森までつづく日本の国道・最長の国道4号の起点でもあります。

次は新天地に向けて国道4号を走ります!

   14:40 日本橋 出発〜!





P1160743

 15:22 埼玉県に到達〜!

P1160744

 16:33 茨城県に到達〜!

P1160747

 17:00 栃木県に到達〜!




   19:05 新天地栃木県那須塩原市に到着〜!

   自宅からの走行時間 約21時間半

   自宅からの走行距離  814km

   自宅からの平均時速 約38km/h

新天地那須塩原での活動にもご期待下さい!

   続きもweb(^∀^)v





tanjo0711 at 23:53|PermalinkComments(4)