四家酒造店

2022年05月03日

旅先の福島県いわき市でいわきの地酒・又兵衛のカップ酒を飲む!


DSC_1476

今日は愛車のアドレス110で旅に出てまして・・・ 今日の晩酌は宿泊地のいわき市の地酒「又兵衛・佳撰カップ」を2本飲みながら、酒の肴にあたりめを食べました。酒は糖類無添加の普通酒で飲んだ感想はやや淡麗の辛口の酒でキリッとした辛さの中に旨味もそこそこ感じられて美味しかったです。酒はいわき市内のスーパー・マルト玉川店206円で買いました。





◎原材料名/米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール

◎アルコール分/15度

◎内容量/180ml






製造者



合名会社 四家酒造酒造店




福島県いわき市内郷高坂町中平14





福島県酒造協同組合のホームページ


tanjo0711 at 20:26|PermalinkComments(0)

2016年11月08日

いわきの地酒・清福と肴は長久保のしそ巻

いわき (2)

「今日の晩酌!VOL.1304」今日は福島県いわき市にある酒蔵・鷺酒造店820円で購入した酒、「清福・上撰」を少し冷やして飲みました。この酒、ラベルを見る限りでは糖類無添加の普通酒です。飲んだ感想はやや濃醇な苦辛い酒で飲んでて香木の様な・・・お焼香の匂いの様なものが、この酒にはあります。ちょっと不快に感じます・・・ 後味もアルコール辛さが残り旨味は大して感じられず、まぁ普通に飲める普通の酒でした。値段相応です。



◎原材料名/米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール


◎アルコール分/15度






鷺酒造店 (2)


発売元 鷺酒造店 鷺清一


福島県いわき市植田町中央1-4-4




鷺酒造店 (3)



福島県酒造協同組合のHP





鷺酒造店 (1)

酒蔵の敷地内は広々としてて更地になったばかりの様な感じがありました。ラベルには製造元ではなく、発売元と書かれていて製造者名の後にはSのアルファベットが付いていたので住所地では壜詰めしておらず、おそらく酒蔵の雰囲気からしても自醸してないと思われます。



又兵衛

今回飲んだ清福・上撰のキャップです!火の玉みたいな特徴的なキャップだったので、このキャップどこかで「見た事あるなぁ」っと思いつつネットで探してたら、こちらのブログでこの火の玉の様なキャップと商品の酒が紹介されてました。このキャップが使われている商品は、鷺酒造店と同じいわき市内にある酒蔵で「又兵衛」という銘柄の酒を醸してる四家酒造店の酒でした。キャップで製造元がバレてしまってますね・・・・ だから製造者名の後のアルファベットの四家(しけ)酒造店の頭文字のだったんですね。




いわき (1)

今日の酒の肴は夏休みに福島県いわき市にあるスパリゾート・ハワイアンズに行った時にお土産屋で570円で購入した、いわき名物の「長久保のしそ巻」です。



いわきき

長久保のしそ巻は長久保食品と言う会社が製造している漬物で細切りの沢庵をしそで巻いて醤油漬けにした物らしいです。食べた感想はコリコリとあの沢庵を嚙んだ時の歯ごたえがあり、シソの爽やかな風味と甘辛い醤油味がマッチして美味しいです。でも漬物なので味が濃く酒の肴に合わない事もないですが、どちらかと言うとご飯のおかず向けですね。


tanjo0711 at 20:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年09月28日

福島県いわき市の地酒カップ・又兵衛

又兵衛カップ

今日は福島県いわき市に行った時に市内のスーパーMARUTO・高坂店193円で購入した、いわき市の蔵元・四家酒造店の酒、又兵衛のカップ酒を飲みました。酒は値段の割りに糖類無添加の普通酒です。飲んだ感想はやや淡麗の辛口酒で後味に苦さと辛さが残ります。旨味は大して感じられませんが、値段を考慮すれば味的にそこそこ飲める酒で美味しかったです。


◎原材料名/米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール

◎アルコール分/15度


合名会社 四家酒造店

福島県いわき市内郷高坂町中平14


tanjo0711 at 18:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年07月05日

マンボウを肴にいわきの地酒を飲む!

又兵衛・本醸造

がんばろう!東北・東北の酒で乾杯!96杯目 福島県

「今日の晩酌!VOL.1193」今日は昨日、福島県のいわき市に行って市内のスーパー・MARUTO・高坂店896円で購入した、同市にある酒蔵・四家酒造店の醸す酒「又兵衛・辛口本醸造」を冷やして飲みました。ラベルには吟味した精米歩合60%の酒米を使用していると書かれていますが、酒米の品種は書かれていません。でも本醸造ながら規格は吟醸酒並ですね。飲んだ感想は淡麗のスッキリとした辛口の酒で飲みやすいですが、後味に少し苦味とアルコール辛さを感じます。でも辛さの中に旨味もそこそこ感じられる酒でまぁまぁ美味しかったです。


◎原材料名/米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール

◎精米歩合/60%

◎アルコール分/15度


四家酒造場 (4)

合名会社 四家酒造店

福島県いわき市内郷高坂町中平14


四家酒造場 (1)


福島県酒造協同組合のホームページ


マンボウ (1)

今日の肴は昨日、いわき市の小名浜にある鮮魚市場で特価で500円で買ったマンボウを調理して食べました。


マンボウ (2)

まず1品目はマンボウの肝和えです。マンボウの身はシャキシャキと繊維質なので手で裂けるので、裂いた身をマンボウの肝に味噌・砂糖を加え和えて出来上がり!マンボウの身と肝は少しだけ独特の癖がありますが、濃厚でウニみたいな味わいで結構美味しいです!私は大丈夫ですが、この味は好き嫌いがハッキリする味わいです。


マンボウ (3)

2品目はマンボウの湯引きです。手で裂いたマンボウの身をサッと湯がいて酢味噌でいただきます。湯引きはマンボウの独特の臭味が消えて、茹でる事により身に甘みと旨味が出て鶏肉みたいな食感になり食べやすくて美味しいです。この食べ方が、私的には一番簡単で低カロリーで美味しい食べ方だと思います。


マンボウ (4)

3品目はマンボウの肝和え炒めです! こちらは1品目の肝和えをフライパンで炒めるだけです。炒める事により水分の多いマンボウの身の水分が飛び、肝油が表面に出てきて濃厚な味わいになり美味しいです。


今日はマンボウ料理を3品作りマンボウを堪能しました。マンボウは珍しい食材なのであまり巷では売られていませんが、和歌山の南紀地方や千葉県から岩手県にかけての沿岸部で食べる習慣があるので、魚市場などで手に入りやすいです。そして値段もお手頃なので、魚市場などで見つけたら是非、チャレンジしてみて下さい。(^∀^)


tanjo0711 at 21:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)