極めろ!韓国料理!

2013年05月18日

とらふぐの皮を使って韓国料理を作ってみた!

韓国料理・河豚皮 (1)
今日は知人からとらふぐの皮を頂いたので、私が韓国滞在中に韓国のふぐ料理屋で大好きだった料理、ふぐ皮とセリの和え物を作ってみました。まずふぐ皮に棘があるので皮引きと言う作業を行って棘の部分を剥ぎ取るんですが、この作業は良く切れる柳刃包丁と、かなりの熟練した技術が必要で難しいです。私もやってみました綺麗に棘を取り除くのは無理でしたが、少しは取り除けたと思う・・・ 皮引きしたふぐ皮を塩揉みし湯引きして刻みます。そして洗った生のセリも刻んでボールにふぐ皮とセリそしてチョコチュジャンと言う唐辛子酢味噌と唐辛子粉を混ぜ合わせれば完成です。

韓国料理・河豚皮 (2)
味は最初、甘辛く後味は激辛だが、ふぐ皮のプルプルとした食感とセリのシャキシャキ感、そしてセリの独特の爽やかな香味が食欲をそそります。この料理はビールとの相性がメチャ良くて最高です!気になる方は是非作ってみて下さい。(^∀^)湯引きして売っているふぐ皮を使うと簡単に作れますよ! 唐辛子酢味噌はダイソーの調味料コーナーで売ってます。


tanjo0711 at 12:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年10月12日

韓国でポピュラーなグロイ生き物・ユムシをさばいて食べる!

sdf

今日は韓国でポピュラーで海鮮居酒屋等で良く見かけるグロイ生き物「개불」(ケブル)日本名では「ユムシ」を釣り道具屋さんに売っていると聞いたので、尼崎市にあるフィッシングマックス武庫川店に買いに行きました。 韓国ではほとんどが食用らしいが、日本では北海道やごく一部の限られた地域でしか食べる習慣が無く、ほとんどが鯛釣りのエサとして使われています。


P1160214

   
じゃ〜ん! ユムシお買い上げ〜!(^∀^)

   1匹 80円 安い!

   6匹買いました。 

 

P1160218
 

   家に持ち帰り塩水で泳がしてみました。

     グロイ でしょ〜 (^∀^)

  変幻自在?^^ 観察してると形や硬さ色をよく変えます!

  それでは食べる為にさばいてみましょう〜

      ↓      ↓      ↓

 

 P1160224

ユムシはカラダの両端に牙を持った口と、もう片方に肛門があるので切り落とします。口を切り落とすと多量の血液・・・?赤い体液と内臓が出てきます。今回は分かりやすい様にまな板で包丁で切ってみましたが、まな板が血の海になるので流し台で流水しながら包丁では無くて口と肛門をハサミで切ってやるのが清潔でベストです。


P1160226

両サイドを切り落とし円筒形状になったユムシの腹をハサミで縦に切って流水で体液と内臓を綺麗に取り除きます。そして身は硬直してコリコリですが表面はニュルニュルとしています。


P1160229

最後はキッチンペーパーで水分を拭き取ってカットして盛り付ければ完成〜(^∀^)? 箸でつかみ難いので、つかみやすい形状に工夫して切ると食べやすいです。 韓国では主にチョコチュジャンと言う「唐辛子酢味噌」胡麻油に塩を入れて食べますが、私的には素材の味が分かりやすい「わさび醤油」で食べるのが一番お勧めです! 食べた感じは食感はコリコリ クニュクニュで味はほのかに甘く臭味がなくて美味しいです!例えれば赤貝やミル貝を刺身で食べている様な感じです。 日本酒との相性も抜群で酒の肴に最適ですよぉ〜!^^ 気になる方は韓国で食べるか釣り具屋で買って自分でさばいて食べましょう〜 


    韓国でユムシを食べた時の記事はコチラ ↓  ↓  ↓ 

                                クリック ↓  ↓  ↓

            2008年10月11日

         2009年2月12日

                        2009年4月12日

                        2009年6月23日






人気ブログランキングへ

↑ ↑ ↑ 日本食・郷土食の良さを皆様に知って頂こうと、日々頑張っております。 たくさんの人に見て頂き日本食・郷土食に関心を持って頂けるよう応援して頂けると幸いです。よろしくお願いします。 m(__)m


tanjo0711 at 19:25|PermalinkComments(8)TrackBack(0)

2009年08月13日

釜山の郷土料理を食べる!

P1080092

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日は昼食を食べに釜山の中心部から地下鉄で30分くらいの所にある釜山市は東菜区(トンネグ)に来ています。東菜と言えば温泉が有名ですが、有名な郷土料理もあるんです!

P1080093

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その有名な郷土料理とは「동래파전」トンネパジョンと言う料理で分かりやすく言えば、ネギチヂミみたいな料理です。ネギチヂミは小麦粉にきざんだネギを入れてお好み焼きみたいに焼いたものだが、トンネパジョン、大きく長めに切った大量のネギの間に海産物や肉・卵を入れて小麦粉ではなく、イワシのダシを入れて練ったもち米粉を使って焼きます。味は軽く焦げ目がついて香ばしく、ネギが甘く海産物の旨みがあって食感が中がフワフワ外はサクサクとしていてメチャメチャ美味しかったです!パジョンと一番相性が良いとされている酒のマッコリとは、やっぱりメチャメチャ良く合います! ほんと最高で〜す! 是非お試しを・・・・

P1080094



tanjo0711 at 14:15|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2009年08月12日

慶州に郷土料理を食べに行く!

P1080083

 

今日は朝から日帰りで慶州(キョンジュ)に来ています!慶州と言えばコンナムルクッパや韓定食が有名ですが、쌈밥정식サムパブジョンシクと言う「葉包み御飯定食」も有名なので食べに行きました。


P1080084

 

じゃ〜ん! これがサムパブジョンシクです!

実におかずが30品近くも出てきます! これで2人前です! いろいろなおかずを葉野菜に御飯と一緒に包んで頂きま〜す。 流石 人気のある名店なだけあります!どのおかずもメチャ美味しいです! が・・・・ 量が多すぎて腹ペコで2人で食べても完食はできませんでした。こんなに量があって値段は1人9000ウォンと安過ぎでしょ〜^^ 美味しいよ!




P1080085

 

 

P1080086


 

P1080091



tanjo0711 at 20:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年08月11日

済州島の郷土料理を食べる!

P1080058

済州島、最終日の朝食は済州島で超有名な食堂で全国の名店100選にも選ばれている「유리네」(ユリネ食堂)に行きました。

P1080053

この店は韓国の有名な芸能人は勿論、イ・ミョンバク大統領や著名人が足を運ぶ名店なのです。その為、店の壁にはサイン色紙がギッシリ貼られています。朝9時に食堂に来ても、席はほぼ満席で混雑しています。

P1080056

そしてこの店で食べたのは、済州島の郷土料理である「해물뚝배기」ヘムルトゥッペギです。 ヘムルトゥッペギとは海鮮鍋のことで、済州島の海の幸であるアワビエビカニウニアサリがふんだんに入っていてボリューム満点です!味は味噌味で海産物のダシが出て濃厚な旨みがありメチャ美味しいです!特にアワビが柔らかくて最高〜!^^

P1080055



tanjo0711 at 21:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年08月10日

済州島の麺料理を食べる!

P1080003

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日は夕食に済州島の麺類の郷土料理を食べに行きました。

P1080004

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 食べた料理は「꿩메밀칼국수」クォンメミルカルククスと言う料理を食べました。この料理は雉肉の入った手打ち蕎麦で、この店では注文してから店のおばちゃんが手でそば粉をこねて麺を造っていました。味は雉を煮込んでとったスープらしく雉の旨みが出たスープはあっさりで甘味があり美味しいです!蕎麦は太いですが、太さと長さが不規則で機械ではなく包丁で直接切った感じが伝わってきます。蕎麦の食感は少しバサバサ気味ですがスープが良く絡んで美味しいです。 



tanjo0711 at 21:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年08月09日

済州島で黒い豚を食べる!

P1080022

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日は世界遺産に登録されているソンサニルチュルボン(城山日出峯)に来ていま〜す!^^ 天気が悪く霧が多くて火山岩で出来た美しい山の全景が見えなくて残念でした。

P1080025

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして山に登った後、昼食に城山日出峯の登り口にある食堂で済州島(チェジュド)の特産品である黒豚の料理「흑돼지오겹살」フッテジオギョブサルを食べました。

P1080029

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 フッテジオギョプサルとは、黒豚の五枚肉の事で、皮と脂肪と肉で5層になっている事から、こう呼ばれるらしいです。

P1080030

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 焼けた肉はハサミで切り、味噌やゴマ油塩を付けてサンチュに包んで頂きます。肉は柔らかくて甘味があり、脂分が多いですがしつこくなく意外にアッサリとしていて、たくさん食べても胸焼けせずメチャメチャ美味しかったです! (^∀^)黒豚最高〜!



tanjo0711 at 22:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年08月08日

済州島の郷土料理を食べる!

P1080024

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日は済州島に来て2日目 西帰浦市内の観光スポットを回っている途中に郷土料理を食べることにしました。

P1070977

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1070981食べたのは済州島の郷土料理の1つである「성게국」ソンゲク(ウニ汁)です。 韓国ではソンゲ(ウニ)はあまり食べませんが、済州島では良く獲れることから食べる習慣があるようです。ソンゲクは、ウニとトコブシと大量のワカメを入れて煮たスープで、トコブシとウニの旨みが出て磯の香りが香りメチャ美味しいです。ウニは旨み成分が出てしまって味が無くパサパサしているだけだが、その旨みはスープに溶け出しているのでスープは最高です!^^

P1070978



tanjo0711 at 22:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年08月07日

韓国産清酒のカップ酒を飲む!

白花壽福カップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

           








今日はウルルン島で飲んだ清酒について紹介します。 






P1070826P1070815

 
韓国では結構有名な韓国産清酒「백화수복」ペッカスボク(白花壽福)のカップ酒タイプが意外に意外のウルルン島と言う小さな島に唯一あるコンビニ・ファミリーマート・鬱稜島店で1900ウォンで売っていたので買いました。この白花壽福と言う韓国産清酒は1升壜や4合壜ではどこでも販売されていますが、180mlのカップ酒タイプは、私が今まで韓国の数々の酒販売店を見に行ったが見かけたのは今回を含めて2回目です!ウルルン島と言えばイカ!!!イカに合う酒と言えば清酒!!!って事でコンビニ売られていた6本を全部買い占めました!^^ そして飲んだ感想は、あまり売れていないのだろう壜詰日が去年の年末で半年以上経過しています。味は冷蔵庫に入っていたから色も付いておらず、味はスッキリとした甘口の酒で後味に旨みが残らないのか? 何か薄っぺらくも感じてしまいますが、韓国産清酒としてはかなり美味しいです!値段が1900ウォンなので日本の増醸酒を詰めたカップ酒と同じくらいの値段がして、韓国の酒としては高めですが韓国でそこそこの味の清酒が飲めるので嬉しいです。


◎原材料名/無明記 

◎アルコール分/14% 

◎内容量/180ml




(수)두산
 
(株)斗山
 
전라북도군산시소룡동176-1
 
全羅北道群山市小竜洞176-1


 
P1070864
 
ウルルン島に来て2日目と3日目の晩はイカを肴に酒を飲みました! 2日目は船着場で出ていたスルメ屋台で焼きスルメを買いました。




 
P1070865
 
焼きスルメは2枚で5000ウォンと少し高いですが、焼きたて熱々のスルメは美味しく清酒との相性は抜群で〜す!^^





 
P1070945
 
3日目は船着場に出ている魚屋の露店でイカをさばいてもらう事にしました。










 
P1070946
 
元気に泳ぎまわるスルメイカ 美味しそうでしょう〜?(^∀^)








 
P1070944
 
そして店のおばちゃんに頼んで、3匹をさばいて刺身にしてもらいました!さすが直売!! 生きたイカが3匹さばいてもらって5000ウォンは安過ぎですよねぇ〜 ルンルン気分で宿屋に戻りました!(^∀^)

 
P1070948























大雑把にビニール袋に入れられていますが、さばきたての新鮮なイカの刺身は甘味があり食感が良くメチャメチャ美味しいで〜す!3人前以上あるが美味しいのでカップ酒3本飲みながら一人で全部食べちゃいましたぁ〜(^∀^)v 最高〜!


tanjo0711 at 19:05|PermalinkComments(0)

2009年08月05日

お気に入りの鰯料理・ミョルチサムパブを食べる!

P1070750

 

今日は昼食に私が釜山で一番お気に入りの食堂に食べに行ったので紹介します。この店は「멸치쌈밥」ミョルチサムパブと言う、イワシの葉包み御飯が有名な店で新聞やTVでも何回か紹介された事があるらしいです。私も釜山に行けば必ず行く店の1つです。


P1070751

 

 

P1040268P1070754

これがミョルチサムパブで、イワシと辛いチョンヤンコチュと言う唐辛子を入れて味噌で味付けしたスープを、サンチュ・昆布・タンポポの葉っぱみたいな野菜の上に御飯・スープの具・ミョルチジョッ(イワシの塩辛)をのせて包んで食べます。包む物の量が多いので大きな口を開けて食べなければいけないが、イワシの旨み・唐辛子の辛さ・塩辛の臭さ苦さ塩辛さ・タンポポの葉の様な野菜の渋さ等、いろいろな味がミックスされ絶妙な味わいで、これが癖になるんです!全体的に塩辛を使った料理なので塩分が高めの料理ですがメチャメチャ美味しいですよ〜!



tanjo0711 at 19:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年08月04日

ウルルン島の名物料理を食べる!

P1070934

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日はウルルン島で食べた「ホンハプ」・貽貝(イガイ)を使った料理を紹介します。ウルルン島は別に貽貝の産地として有名でもないが、홍합밥ホンハプパブと言う貽貝を入れて炊いた炊込み御飯が名物で島内にあるほとんどの食堂で食べる事ができます。

P1070930

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1070931P1070933

 

 

 

 

 

 これがホンハプパブ・貽貝の炊込み御飯です! 細かく切った貽貝と野菜を米と一緒に炊いて、海苔をまぶして玉葱と醤油・ゴマ油等で作ったタレをお好みでかけて味を調節しながら良くかき混ぜて食べます!味は磯の香りが漂う貽貝の旨みタップリの料理で、最後に釜の底にできた「おこげ」がメチャメチャ美味しかったです! ホンハプパブは島では貽貝を使ってるだけに意外に(^∀^)高く食堂での平均価格は12000ウォンでした。



tanjo0711 at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

鮫に喰われる!じゃなくて鮫を喰う!

P1070953

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここは釜山にある韓国最大の魚市場とも言われているチャガルチ市場で、私は先週からチャガルチ市場内に住んでいるので、毎晩 市場に繰り出し酒の肴の獲物を探してします。(^∀^)

P1070957

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そしてチャガルチ市場に気になる店が立ち並ぶ一角があるで行ってみました。ここは「상어」サンオ(サメ)の専門店街なんです! 

P1070956  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    じゃーん! これがサンオ(サメ)です!

P1070954 

 

 

 

 

 

 

 

      

 

サメは手前のバサバサしてそうな部分が皮付きの肉です。そして奥のすべすべした感じのは、サメの胃袋らしいです。どちらも湯引きにしてあり、チョコチュジャン(唐辛子酢味噌)をつけて頂きます。サメは湯引きしているので脂っ気がほとんどなく、さっぱりとしていて癖もなく食べやすいです!私的には胃袋がクニュクニュと食感と味が良くてメチャ美味しかったです!釜山の地元の焼酎・C-1とも相性が良いです!肉の部位は、やはり見た目どうりパサパサとしていましたが味は良く美味しかったです。辛い青唐辛子と一緒に食べると結構美味しく焼酎がすすみますよぉ〜 (^∀^)



tanjo0711 at 22:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年08月03日

ウルルン島でイカの内臓を食べる!

P1070862

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日はウルルン島に行った時に食べた、イカを使ったスープを紹介します!ウルルン島はイカの宝庫、刺身や一夜干し・スルメを作るのに、たくさんのイカをさばきます。でも、イカは身は食べても内臓は捨ててしまう事が多いですが、島ではそのイカの内臓を使った料理、「오징어내장탕」オジンオネジャンタンを食べました。 

P1070860

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1070861オジンオネジャンタンとは、イカの内臓にネギ・青唐辛子・豆もやし・大根を入れて味噌と唐辛子粉で味付けしたスープで、少し辛いですがイカの内臓からダシが出て旨みタップリで旨味と辛味がマッチしてメチャ美味しかったです。ある程度、具を食べたら御飯をスープに入れて食べると最高です! 値段は8000ウォンでした。 やはり離島はどこに行っても物価が少し高い!

P1070858



tanjo0711 at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

蔚山(ウルサン)の郷土料理・鯨を食べに行く!

P1070758

 
今日は釜山市内にある釜田(プジョン)駅からセマウル号に乗って日帰りで釜山広域市の隣にある蔚山(ウルサン)広域市に行って来ました。


P1070761

 

釜山市内の釜田駅から蔚山駅までは約1時間程で到着で〜す!

今回 蔚山を訪れた理由は、1つはいつもながら御当地のマッコリ探しと、もう1つは蔚山と言えば捕鯨・クジラで有名な町なので韓国ではあまりない、クジラを食べる習慣があるのです!その鯨料理を食べにやって来ましたぁ〜!




P1070770

 

蔚山駅から少し離れた所にある장생포チャンセンポ長生浦と言う場所が鯨で有名な所で、そこには韓国唯一のクジラ博物館があり、その周辺には鯨料理の店が立ち並んでいます。まず最初はクジラ博物館に行きました。


P1070763

 

実物大のクジラの模型です! メチャ!デカイです!


P1070768

 

日本の調査捕鯨で捕獲したクジラの骨を完全な姿で展示されています。これは日本から寄贈されたものです。


P1070766

 
その他にクジラの生態や生息地・捕鯨の歴史などなど、ここに来れば韓国の捕鯨の歴史やクジラについて詳しく学ぶ事ができます! 結構楽しかったですよぉ〜 入館料も2000ウォンと安いしね!^^


P1070769

 

クジラ博物館の横には実物の捕鯨船が展示されていま〜す!


P1070777

 

そして博物館を見学した後は、蔚山の郷土料理である鯨料理を食べに「コレミョンガ」と言う鯨料理店に行きました。

でも、どの店を見ても一人で食べれる鯨料理などはなく、3〜4人前の大皿で出て来る鯨の盛り合わせや、鯨の鍋物と言ったメニューしかないのですが、店の主人に「日本からわざわざ来た」と言う旨を伝えて無理に1人前を造ってもらいました。(^∀^)v




P1070772

 

そして 出て来ましたぁ〜
 
鯨料理〜!


P1070774

 

 

P1070776고래모듬コレモドゥムと言う鯨肉の盛り合わせを注文しました。通常(小)サイズでも60000ウォンするのだが、特別に1人前を30000ウォンで造ってもらいました。鯨肉盛り合わせは、生の赤身肉や皮や腸・脂身等を湯引きした物等、数種類の部位が出て来ました。日本でも非常に高価な部位・尾の身も少しだけ出て来たから嬉しかったです。食べ方は、辛い醤油に唐辛子が入ったタレや粗塩・コチュジャンと胡麻油を混ぜたタレの3種類で楽しめます。どれも柔らかく美味しいですが、脂身の部分の湯引きは独特の癖(臭い)があり、最初は美味しかったのですが食べ過ぎると臭いと脂っ濃さで少し気分が悪くなりかけました。でも全般的に美味しく、昼間っから焼酎が良くすすみましたぁ〜(^∀^) 日本で、これだけの鯨肉盛り合わせを30000ウォン(約2400円)位で食べるのは絶対に無理なので、美味しい鯨肉を堪能できて大満足でした! 鯨好きの方は、是非 蔚山を訪れてみてくださ〜い!




P1070778

 

最後にこの店では店の横にある作業場で鯨肉を茹でたり、大きな鯨肉をさばいたりと、直接店で作業を行っていました。でも鯨を食べてから作業場の写真を撮りに行くと作業がほとんど終わっていて残念でした。TT



tanjo0711 at 19:22|PermalinkComments(0)

2009年08月02日

ウルルン島と言えばオジンオ!!!

P1070827

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日はウルルンド(鬱稜島)に行った時、食べた오징어・オジンオについて紹介しま〜す!ウルルン島と言えばオジンオが全国的にメチャ有名で、島の至る所に画像の様なオジンオの石碑や銅像・看板などなど島中オジンオだらけです!(^∀^) ちなみに島のマスコットもオジンオです!^^ オジンオとは日本語でスルメイカです!

P1070822

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ウルルン島に来たら絶対スルメイカを食べようと思っていたので、島に到着した初日の晩は民泊の前にある食堂で「오징어회」オジンオフェ(スルメイカの刺身)を食べました。

P1070851

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オジンオはもちろん!超新鮮な生きたオジンオをその場で、さばいて食べさせてくれます!

P1070821

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たいていオジンオフェは3匹くらいをさばいて大皿に盛って出てくるので一人で食べる様な料理ではないので、店の主人に頼んで1匹だけをさばいてもらいました。1匹10000ウォンと食堂で食べたから少し高いですが、コリコリとした食感で噛めば甘味がたくさん出てきて美味しいです!普通韓国ではオジンオフェはチョコチュジャン(唐辛子酢味噌)で食べるのだが、わさび醤油を用意してもらって食べると最高に美味しかったです!焼酎がメチャすすみましたぁ〜 画像は1匹1人前ですが、食堂にたまたま船で知り合ったスウェーデン人がいたので一緒に分け合って食べました!(^∀^)



tanjo0711 at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

豚の背骨肉スープを食べる!

P1070784

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ウルルン島を旅した後は、釜山を生活拠点にしておりま〜す!^^ 今日は夕食に「뼈다귀해장국」(ピョダギヘジャンク)を食べに行きました。この店はピョダギヘジャンクが美味しい店で、私の行き付けの店で釜山行けば必ず行く店の1つです。^^

P1070786

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1070787P1070788

 

 

 

 

 

ピョダギヘジャンクとは、豚の背骨を長時間煮込んでシレギ(干した大根葉)・ニラ等を入れ味噌や唐辛子粉で味付けした料理です。味は辛い豚骨ラーメンのスープの様な味わいで濃厚な旨みがあり美味しいです!骨は熱せられて熱いので大きなお皿にあげて冷ましてから骨に付いた肉を剥ぎ取って食べます!肉の量は少ないですが、柔らかくメチャ美味しいです!骨を全部引きあげたらスープに御飯を入れて良くかき混ぜて食べると最高ですよ!(^∀^) ちなみにソウル地方では、ピョダギヘジャンクはメニューに뼈다귀탕・ピョダギタンと書かれている店が多かったです。



tanjo0711 at 21:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年08月01日

ウルルン島の伝統酒を飲みながら郷土料理を食べる!

P1070841

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日はウルルンド(鬱稜島)に行った時に飲んだマッコリと郷土料理を紹介します。ウルルン島にはポンネ滝と言う有名な滝があって、その滝に行く道沿いに幾つか食堂が点在しています。この一帯ではウルルン島の特産物であるカボチャで造った自家製のカボチャマッコリを飲む事ができます。

P1070843

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 カボチャマッコリは、大きな鉢に1杯8000ウォンです!夏場で暑いので、マッコリが醗酵し過ぎるのでマッコリは甕ごと冷蔵庫に入れられていました。

P1070842

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 甕からマッコリを柄杓ですくっているところです。店員のおばちゃんが、「一人で全部飲めないでしょ? だから私が一緒に飲んであげる」とか言い出し仕事もしないで、一緒に飲み始めたから驚きました。^^ 

P1070845

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 マッコリは黄土色をしており、カボチャの色が出ていました。味は色からして最初「甘ったるいのかなぁ・・?」とか考えていたが、飲んでみるとそこそこ甘みがある程度のスッキリとした味で、後味に爽快な酸味がありました。カボチャで造っているからドロッとしているっぽいが、粘度はなくサラッとしていて飲みやすくてかなり美味しかったです!さすが手造りの伝統酒って感じがします!(^∀^)

P1070846

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1070849そしてカボチャマッコリを飲みながら食べたのは、ウルルン島の郷土料理である山菜を使ったビビンパブで名前もそのまんま「산채비빔밥」サンチェピビンパブ(山菜ビビンパブ)です!私が知っている山菜はワラビだけでしたが、いろいろな山菜が入っていました。それを豪快にスプーンで混ぜて頂きます!←上の画像を参考 味は普通のナムルを使ったビビンパブとほとんど変わらず普通でした。でも大自然の空気の美味しい山の中の食堂で食べたのでメチャ美味しく感じました!(^∀^)v



tanjo0711 at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年07月26日

ソウルで友達とマッコリを飲みに行く!

P1070717

 

昨日からソウルに来ていま〜す!そして昨日は金浦市に住んでいる友人とソウルの外れにある松亭(ソンジョン)駅前で待ち合わせて、マッコリを飲みに行きました。まず最初は前にも行った事があるが、インチョンの江華島(カンファド)にあるマッコリ醸造場の直営酒場で飲みました。

P1070718

 

 

 最初にモドゥムジョン(お焼きの盛り合わせ)を注文してマッコリを注文しました!韓国ではジョンとマッコリの相性は非常に良いとされていて、人気がありジョンをおつまみにマッコリを飲む人が多いです!焼きたての熱々のジョンはメチャ美味しくマッコリにホント合いますよぉ〜!(´∀`)

P1070719

 

 

次に食べたのはチョクパルで豚足です!セウジョと言うオキアミの塩辛を付けて食べると最高に美味しいです!

次にセングル(生牡蠣)を注文しようとしたが、品切れでなかったから、韓国語では、이차(イチャ)2軒目に行く事にしました!はしごで〜す!

P1070720

 

そして次に行った店は、牡蠣を専門とする店で牡蠣の他に貝類を豊富に取り扱っており、貝好きな私にとってはたまらない店です!(^∀^)

P1070725

 

まず最初は、ソウルでは珍しいクッスンダン(麹醇堂)の100%米を使用した生マッコリを取り扱っていたので、それを飲みながらモンゲ(ホヤ)と私が好きなグロイ生き物「ケブル」のセットで10000ウォンと安かったので注文しました!ケブルはいつもながらコリコリとした食感が良くてメチャ美味しくモンゲは磯の香りが強い食べ物でパイナップルみたいな感じが、するがまぁまぁ美味しいです。

クッスンダン・センマッコリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

      今日飲んだクッスンダン(麹醇堂)と言う会社の生マッコリで名前もそのまま「국순당・생막걸리」(クッスンダン・生マッコリ)です。このマッコリ原料は輸入産だが、米を100%使用したマッコリで味はスッキリと甘く上品な味わいで濁度は低めで真っ白い色をしていて、米マッコリらしい色合いでした。雑味がなく飲みやすいので非常に美味しかったです。マッコリに海産物は合わないと考えている私ですが、このマッコリは海産物とも結構合い、マッコリが海産物に合わないと言う概念が覆りました。(^∀^)

◎原料名/白米(輸入産)100%・甘草

◎添加物/アスパルテーム0.009%

◎容量/750ml

◎アルコール分/6%

◎酒類の種類/生濁酒

製造者

(주)국순당

(株)麹醇堂

所在地

강원도 횡성군 둔내면 현천리81-3

江原道横城郡屯内面県川里81-3

P1070729

 

そして次に店の基本メニューである、セングル(生牡蠣)を食べました!そのまま唐辛子酢味噌に付けて食べても美味しいが、付属の大根キムチと一緒に食べても美味しいです!口の中いっぱいに牡蠣独特の味と磯の香りが広がり最高に美味しいです!牡蠣はマッコリより焼酎が合うので、ここから焼酎に切り替えました。

P1070727

 

 最後は、チョゲチムと言う貝の蒸物を食べました。大アサリやタイラギ貝・ムール貝・おまけでタコなど色々入っていてテーブルで蒸しながら熱々を食べると最高です!焼酎が進みま〜す!

この日は、友人と2人で17時から24時までメチャメチャ飲んでメチャメチャ食べて、久しぶりに会ったので話が弾みとても楽しかったです!そして深夜バスに乗って宿屋まで帰りましたぁ〜(^∀^)



tanjo0711 at 21:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年07月25日

タレで絡めた鴨焼肉を食べる!

P1070716

 
昨日は社長の友人来ていたので、昼食に行きつけの近所の食堂で鴨肉料理を食べに行きました。


P1070707

 
昨日食べた料理は「인삼오리주물럭」インサムオリチュムルロクと言う名前の料理でチュムルロクとは揉むと言う意味で、オリ(鴨肉)とインサム(朝鮮人参)・キャベツ・エノキ・玉葱・トッ(餅)をコチュジャンのタレで揉み込んで鉄板で焼いて食べる焼肉なのだが、焼くと鴨の脂や野菜の水分が出てくるので何か焼肉と言うより見た目はすき焼みたいな感じがします。


P1070708


 

P1070711
食べ方は焼けた肉や野菜をサムパブ(葉包みご飯)の様にサンチュに辛いチョンヤンコチュと生ニンニクを入れて包んで食べます!味は甘辛くて鴨肉の脂の旨みが出て肉は柔らかくメチャメチャ美味しいです!でも後味に、唐辛子の辛さがグッと来るので、ここで焼酎をグイッと飲めば最高に美味しいんですねぇ〜 これぞ韓国料理って感じがします!今日は昼真っから鴨料理を食べながら地元の醸造場のマッコリと全羅北道の焼酎であるハイト焼酎を飲みました!




P1070714

 

最後の〆は、 コレで〜す!
  

食べ終わった鴨の脂タップリのタレにご飯とサンチュ・海苔を入れて炒めま〜す!



P1070715

 

ポックムパブ(炒め飯)の出来上がり〜!(^∀^)

味は甘辛くて鴨の旨みタップリの脂が何とも言えず美味しいです!日本で鴨鍋をした後に蕎麦とネギを入れて鴨蕎麦も美味いが、この鴨ポックムパブも最高です!(´∀`)



tanjo0711 at 19:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年07月22日

全羅道の郷土料理を食べる!

P1070614

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日は家から車で10分位の所にある食堂に、社長とお得意さんと昼食を食べに行きました。

P1070611

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1070613そして全羅道の郷土料理であるホンオ(腐ったエイ)を唐辛子粉入れて煮込んだ「홍어탕」ホンオタンを食べました。ホンオタンは以前にもソウルで食べた事があったが、その時は臭いが臭過ぎて食べ難かったが、今回食べたホンオタンはほとんどく臭味がなく、逆に旨味がありかなり美味しかったです。ホンオは軟骨しか無いので煮込んだホンオ料理は太い骨まで良く噛めば食べれます。食感も味の一つと考える韓国の料理らしいですねぇ〜^^ みんな骨までバリバリ食べてました!

P1070612



tanjo0711 at 19:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年07月20日

鴨の葉包みご飯・オリサムパブを食べる!

P1070226

 

今日は昼食を食べに家の近所にある食堂に行きました。


P1070502

 

そして今日食べた料理は「오리쌈밥」(オリサムパブ)言う料理です。オリサムパブと言う料理は鴨肉とキャベツ・玉ねぎ・ネギを入れて唐辛子で甘辛く煮た料理です。


P1070500


 

P1070504食べ方は、サンチュにご飯を敷いて取出した具と生のニンニクと激辛の唐辛子で有名なチョンヤンコチュと味噌を包んで食べます!味は甘辛く煮込んだ旨みタップリの鴨肉と唐辛子の辛さとニンニクの食欲をそそる味がミックスされてマジ美味しいです!そしておかず数がメチャメチャ多いですねぇ〜食べきれませんよ〜^^ そして店の主人が私が日本人で韓国料理に関心がある事を知ると、「これも食べなさい!あれも食べなさい!」と写真に写っているおかずの他にマンドゥ(韓国の餃子)や鶏の焼いたものやテンジャンク(味噌汁)・ムルキムチなどなど5品くらい追加でおかずを出してくれました。なんせ田舎なので日本人が珍しかった様です!^^ 美味しいオリサムパブと食べらきれないくらいのおかずを堪能して5000ウォンは安過ぎますねぇ〜 さすが食の全羅道って感じがします!人も優しくのんびりしています!(^∀^)



tanjo0711 at 19:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年07月17日

牛肉のスープを食べる!

P1070632

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日は家から比較的近所にある食堂に昼食を食べに行きました。

P1070630

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして 今日は、 「갈비탕」 カルビタン と言う

      韓国ではポピュラーな料理を食べました!

P1070631

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 カルビタンは骨付き牛バラ肉と大根を煮込み、肉が柔らかくなったら取り出し、醤油とゴマ油・ネギ・胡椒・ニンニクで味付けをして取り出した肉をまた戻して煮込んだスープです!味は淡白な味わいで超アッサリです!牛骨の旨みが出て美味しいですが、出されたカルビタンをそのまま食べる人は少なく、辛味を付けるために唐辛子粉やみじん切りにした青唐辛子を入れて、更にそこに白飯を入れて雑炊みたいな感じにして食べるのが韓国流ですねぇ〜 でも私はシンプルな素材の味を楽しみたいので、最初半分はそのまま何もせず食べて、後から韓国流で頂きます!^^ 意外にカルビタンに使われる肉はパサパサとしてて歯に良く引っかかるから食べる時は注意してねっ!(^∀^) それとこの料理、韓国の結婚式の披露宴に行けば必ずと言って良いほど出て来る料理の1つです!私も韓国の結婚式に行った時、食べましたぁ〜 また結婚式が続くと「またカルビタンかよぉ〜」って感じになるらしいですよ!



tanjo0711 at 18:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年07月15日

韓国の年中行事を楽しむ!

昨日は韓国は「복날」ポンナル(伏日)でした!ポンナルとは日本で言うと「土用の丑の日」にあたり、暑気払いで滋養食「ポシンタン(犬肉)やサムゲタン(鶏肉)」等を食べる日であります。「ポンナル」は全部で3日あり、それぞれ初伏(チョボッ)、中伏(チュンボッ)、末伏(マルボッ)と呼ばれ、初伏から末伏までの時期は、一年で最も暑く「三伏(サンボッ)」と言われます。


今年のポンナルは、  初伏  7月14日

              中伏  7月24日

              末伏  8月13日  です!


最近はポンナルには、ただ単に滋養食を食べるだけの傾向にありますが、田舎に行けば今でも昔ながらの酒と食べ物を用意して川で泳いだり遊んだりする風習が残っています。

 

P1070651

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

  と言うわけで・・・ 昨日は仕事もしないで社長の友人たちと朝から近所の唐辛子畑が広がる河原に出向きポンナルを楽しむ事に・・・ (^∀^)

 

P1070643

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まず最初は、役割を分担し鶏を使った料理「닭백수」タッペクスと言う鶏の蒸し煮を作りました。

 

P1070642

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして私の担当は、社長と家の前の雑貨屋のおっちゃんとニンニクの皮むきをしました。手に染み付いたニンニクの臭いが、一日たった今もとれませぇ〜ん!^^

 

P1070641

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 他のおっちゃん連中は鶏を煮たり、砂ズリの皮むきをしていました。画像では分かりにくいが河原で砂ズリの皮むきをしています。何度も砂ズリが川に流されて拾い集めてるおっちゃん達の姿が無邪気で面白かったです^^

 

P1070647

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

じゃーん〜  これがタッペクスと言う韓国料理です!

調理法は超簡単! 水に鶏・高麗人参・ナツメ・ニンニクを入れて煮るだけです! 昨日は鶏5匹と砂ズリとレバーも一緒に煮ました!

 

P1070648

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まず最初はすぐに火が通り出来上がった、砂ズリとレバーを唐辛子粉とコショウを混ぜた粗塩で頂きます!新鮮な砂ズリはコリコリと食感が良くメチャ美味しいです!酒が進みますねぇ〜(^∀^)

 

P1070654

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これがタッペクスで、手で肉を引き裂いて塩で頂きます!韓国料理と言えばタレの味の濃い辛い味付けの料理が多いですが、この料理は素朴で素材の味が生きていて、辛い韓国料理に飽き気味な私はメチャメチャ美味しく感じて食べまっくって飲みまくって前半からブッ飛ばしました!(^∀^)

 

P1070652

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんな 昼真っから、 飲んで!食って!

     ワイワイ 大はしゃぎです!! (^∀^)

 

P1070644

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この川で、酒に酔ってカラダが火照ってきたら急冷します!みんな急に服を脱ぎ出してパンツ一丁で泳ぎ始めました!私もパンツで泳ぎました!子供に返った様な感じでとても楽しかったです!^^

 

P1070649

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  泳いで冷えたカラダは、鶏を煮て出たスープに刻んだネギと激辛のチョンヤンコチュと醤油を入れて頂きます!激辛だけど旨みタップリで最高です!

 

P1070650

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ある程度、飲んで食って泳いだ後は韓国人の大好きな花札で〜す!昼過ぎから始めて、酒を飲みながら18時過ぎまで延々と花札をやっていましたぁ〜(′∀`)

 

P1070656

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 長時間花札をして小腹が減ると、最後の〆に煮込んで出たダシ汁に生米を入れて煮込んで雑炊を作って食べました!鶏エキスが濃縮された雑炊は激旨です!何杯でも食べれます!最高〜

 

P1070653

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 結局この日は、朝から夕方の19時半まで飲んで食ってを繰り返しましたぁ〜 12人でビール中壜40本・焼酎15本・マッコリ6本を飲みました。私も昨日は韓国に来て一番多く飲んだと思います。

 

昨日は日本では絶対に経験する事のできない、昔ながらの韓国の年中行事を体験させてもらって楽しかったです!また韓国人の人とふれ合って韓国人の優しさを更に実感する事ができたし本当に最高の1日でした。今日は勿論!二日酔いだったけどねっ!(^∀^)v



tanjo0711 at 22:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年07月12日

全州市内に夕食を食べに行く!

P1070569

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日はお世話になっている社長さん一家と一緒に車で全州市内に出て夕食を食べに行きました。いつもは自転車で1時間かけて全州市内に出て来ますが、今日は車に乗せてもらったので25分で来れたし疲れないので快適です!最近いつも車の便利さを実感させられます!^^

P1070563

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 P1070566そして今日は「동태찌개」(トンテチゲ)と言う料理を食べました。トンテとは冷凍したスケソウダラの事で、トンテチゲはその冷凍スケソウダラを醤油と昆布・唐辛子粉・コチュジャンで造ったスープに、ネギ・春菊・豆腐・大根・豆モヤシを入れて煮込んだ料理です。味は唐辛子が効いて非常に辛い料理ですが、スケソウダラは身は柔らかく骨も少なく臭みも無くて食べやすいです。スープは野菜や昆布・スケソウダラから旨み成分が出ているので、辛い味の中に濃厚な旨味がありメチャ美味しかったです。

P1070564

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おかずの品数は少なかったけど、ボコボコで焦げついたアルミ鍋は雰囲気があり良いですねぇ〜 ←古いイメージを出す為にわざとしているらしいが・・・ でもアルミ鍋で調理するとアルミイオンが溶け出しアルツハイマーになりやすいので心配ですねぇ〜^^



tanjo0711 at 20:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年07月06日

鴨料理を食べに行く!

P1070226

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日は家の前の道をずーっとまっすぐ1.5km行った所にある食堂(厳密に言うと2軒隣の食堂)で、世話になっている社長さん夫妻と昼食を食べに行きました。

P1070221

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1070223そして今日食べた料理は「솔잎돌판오리훈제」(ソリプットルパンオリフンジェ)と言う料理で、名前だけ聞いても何のこっちゃサッパリ分かりませんねぇ〜 日本語に直訳すれば松葉石板鴨燻製となりますが、説明すれば石鍋で松の葉っぱと鴨の燻製を煮込んだ料理です。具材は松葉と鴨の燻製の他にニンニク・ナツメ・人参・きゅうり・ツルニンジンが入っています。見た感じ鍋料理ぽいですが、そのままよそって食べるのではなく、煮込んだ鴨の燻製と野菜だけを取り出して、サンチュに包んでからしか味噌を塗って食べます。松の葉っぱは香りを出す為の物で食べれませんよ!^^ 味は鴨肉は少し塩っ気がありますが香ばしくて柔らかくメチャ美味しかったです!ちなみに煮汁は飲まないらしいですが、あまりにも良い匂いがするので私は飲んでみましたが、少ししょっぱいですが鴨の濃厚な脂と旨み成分が出ていて、濃厚な豚骨ラーメンのスープみたいな感じでかなり美味しかったです。美味しいのでやたら飲んでたら、一緒に行った社長夫妻や隣の席のお客に不思議そうな目つきでジロジロ見られました。^^ 最後にこの料理は鴨を丸々1匹使った料理で3〜4人前はあります。価格は35000ウォン

P1070222

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さすが食の全羅道〜 食堂に行くと出て来るおかずの質と量が違います!画像に写りきっていないが、鴨料理を注文するとおかずが15品くらい出て来ました。ここの店で使用する野菜は全て自家農園で有機栽培された野菜だけを使用しているのでメチャメチャ美味しいです!。



tanjo0711 at 19:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)