2021年07月01日

山形地酒・松嶺の富士のカップ酒

松嶺の富士

今日は山形県寒河江市の道の駅・寒河江242円で購入した、酒田市の酒蔵・松山酒造のカップ酒「松嶺の富士・精撰カップ」を飲みました。この酒、ラベルの原材料名を見ると米と米麹だけで精米歩合も60%と高精白なんですが、純米酒などの特定名称酒の表示がありません。もしかしたら等外米を使用していたり、米麹の使用量が規定以下で純米酒と名乗れないのか・・・? でもその場合は「米だけの酒・純米酒に該当しません。」と書いてる酒が多いですよね。まぁ ただ単に純米酒やけど表示してないだけと私は思いますが、普通酒並みの値段なのと店のPOPには小印が精撰となってたのが気になりますが・・・ 飲んだ感想はやや淡麗で大辛口の苦辛い酒ですが、辛さの中に旨味もわずかながら感じられまぁまぁ美味しかったです。辛口好きの方には良いかも・・・ 





◎原材料名/米(国産)・米麹(国産米)

◎精米歩合/60%

◎アルコール分/15度以上16度未満

◎内容量/180㎖





醸造元



松山酒造株式会社



山形県酒田市字荒町17





tanjo0711 at 20:32│Comments(2) GO GO カップ酒 | 山形県の日本酒

この記事へのコメント

1. Posted by skekhtehuacso   2021年07月01日 22:02
5 道の駅寒河江(チェリーランド?)でも販売されるようになったのですね!
あたしゃかつて蔵元さんが蔵を置く酒田市の松山集落まで行って入手いたしました。
同時に入手した本醸造300ml瓶のほうがおいしかったように記憶しております。
2. Posted by 丹醸   2021年07月01日 22:32
skekhtehuacsoさん こんばんは

コメント頂きありがとうございます。

チェリーランドの山形の酒の品揃えは凄いですね!私の中では山形1と思ってます。山形県すべての地方の酒が売られていますね。

私は今回、酒田市内のスーパーを10軒以上巡りましたが、 松山酒造の酒は皆無でした。今度は酒蔵に行ってみようと思います。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔