2019年08月01日

秋田県の甲類焼酎・そふと新光を飲む!

DSC_3542

今日は秋田県仙北市にあるスーパー、よねや・角館店181円で購入した、湯沢市の酒類メーカーでオエノングループでもある、秋田県醗酵工業の焼酎「そふと新光20°」を飲みました。この焼酎・糖蜜と酒粕等を原料に連続式蒸留機で製造された甲類焼酎です。アルコール度数は20度と日本酒の原酒並みなので、冷やしてそのままストレートで飲みました。蓋を開けるとほのかな甘みを有する消毒液の匂いがします。飲むと香り通り最初かすかな甘さが広がりますが、後味はアルコール辛くエキス分が無いので旨味は無く辛いだけでしたが飲みやすかったです。




◎酒類の分類/焼酎甲類

◎アルコール分/20%

◎原材料/糖蜜・酒粕・米こうじ

◎内容量/200㎖






DSC_3447



秋田県醗酵工業株式会社





秋田県湯沢市深堀字中川原120番地8




tanjo0711 at 19:58│Comments(2) 焼酎と泡盛 

この記事へのコメント

1. Posted by skekhtehuacso   2019年08月01日 21:29
5 秋田のそふと新光とか山形の爽とか、あるいは熊本の八代に由来する三楽とか、甲類でもこれらは地焼酎ですね。
手を出そうかとも思いつつも、あたしゃやっぱり甲類ということでどれも同じだろうと思って躊躇いたしております。
2. Posted by 丹醸   2019年08月04日 18:15
skekhtehuacsoさん こんばんは

コメントいただきありがとうございます。


確かにあまり甲類焼酎は個性が出難いので、どこのやつも同じ様な味わいですが、現地で飲んだり買って帰って旅を思い出しながら飲むと何か私は美味しく感じるんですよねぇ〜^^

北海道のサッポロソフトがおすすめです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔