2013年07月18日

この福島の酒レアかも・・・ 松美と里

松美と里・山廃純米酒・瑠璃 (1)

 
がんばろう!東北・東北の酒で乾杯!55杯目 福島県

「今日の晩酌!VOL.993」今日は福島県塙町にある道の駅はなわ・天領の郷1500円で購入した同町にある酒蔵・家満寿美合資会社の酒「松美と里・山廃酛純米酒・神代からの酒・瑠璃」を飲みました。ここの酒蔵、社名が難読で家満寿美と書いて「やまずみ」と読むらしいです。そして家満寿美合資会社は福島県酒造協同組合には加盟してないらしく、酒造組合のホームページでは紹介されていません。




松美と里・山廃純米酒・瑠璃 (2)

酒は精米歩合70%の米で仕込んだ山廃純米酒でラベルには書かれていないが、店頭のPOPには瑠璃は3年古酒と紹介されていました。グラスに注ぐと黄金色ですが、少しサエが悪く透明度がイマイチです。飲んだ感想はやや淡麗のかなり酸味が強く感じますが、飲めないほどの酸味ではなく酒を飲み込むとスッと消えます。三年古酒なので少し老ねていますが酸味の後に少しながら旨みも感じられてますが酸味が特徴的な酒でした。そして気になったので酒が回転する様に壜を激しく回してみたら竜巻状に滓らしきものが回転しているので、おそらく白ボケ(白ボケは透明度に濃淡を生じない)ではなく軽い火落ちの疑いが・・・  もしかしたら酸味は山廃の物ではなく火落菌から発生した可能性も考えられますね。気になるので今後火落ちが進行するか、飲まないで様子を見る事にします。単なる滓だったらスミマセン m(__)m



◎原材料名/米(国産)・米こうじ(国産米)

◎精米歩合/70%

◎アルコール分/16度




家満寿美合資会社1306 (4)


家満寿美合資会社


福島県東白川郡塙町大字植田字坂の下15



家満寿美合資会社1306 (6)

酒蔵の横に架かる橋です。名前は「松緑橋」と書いて(まつみどりはし)ですが、家満寿美合資会社の銘柄はこの橋に名前と関係あるのか・・・? 「松美と里」と書いて、まつみどりでは無く(まつみとり)らしいです。 社名も難読だが銘柄も難読ですねぇ〜 なんかややこしい・・・



昆布巻き

今日の酒の肴は栃木県産の干瓢を使って昆布巻きを作ってみました。自画自賛ですが今回はなかなか上手に出来てとても美味しかったです。


tanjo0711 at 20:37│Comments(2) 福島県の日本酒 

この記事へのコメント

1. Posted by 太泉八雲   2013年07月20日 05:09
塙の家満寿美はわたくしのデータベースにはありましたが、廃業扱いとなっていました。まだ現役でしたか。それとも最近再開されたのかな?酒造組合に参加していないのはメリットが薄いからでしょうか?廃業していたかと思ったら、道の駅限定、地元スーパー限定の酒蔵もまれに見ます。地元資本でPBのような醸造をしているのかな?
でも日本酒でそんな小回りが利く醸造ってできるのでしょうか?
2. Posted by 丹醸   2013年07月27日 12:00
太泉八雲さん こんにちは

毎度ながらコメントが遅くなってしまって本当に申し訳ありません。m(__)m

私の知る中では、自醸を止めて他社酒を詰めて売ってる酒蔵は、酒造組合を脱退しているケースが多いです。奈良の太田酒造や淡路島の本庄酒造・栃木の熊久保酒造・金子酒造・福島の白河醸造など 酒があまり売れないので組合費がもったいないのでしょう。基本 小仕込はコストが掛かり過ぎて採算が合わないと思います。酒が売れないご時勢ですから余ってる酒蔵から安く買った方がリスクもありませんし・・・家満寿美合資会社の酒は1・2・3年古酒と糖類添加酒の佳撰酒が販売されていますが、どれも老ね老ねの酒だったので私の考えでは酒の在庫が多過ぎて、現在休造中で売れ残ってる酒を細々壜詰めしているのかもしれませんね。買ったいずれの酒もラベルの社名の後ろに記号がなかったので住所地、即ち家満寿美合資会社で壜詰めされていると思われます。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔